本ページはプロモーションが含まれています

「経理の仕事つまらない…」同じ毎日から抜け出す唯一の方法!

経理ってつまらん?

ワンパターンで退屈
できて当たり前で感謝されへん

仕事でもなんでも
ずっとイヤイヤやってたら
体にも心にもエエことあらへん

ちゃっちゃと転職してやりがい探そっ!

でもな
そんな退屈な仕事でも
身に付いたことはあるはずや

会社のしくみやお金の流れ
すべて数字で判断する習慣

そんなこんなを
認めてくれる会社はきっとある
いや、たくさんある

転職したら
もっと楽しくて
シゲキ的な毎日が待っとるよ!

年収500万円に達成していない方へ
応募から転職まであなた専任のサポーターが
マンツーマンで転職をサポートしてくれます
普通の求人サイトで仕事を探すより簡単で
あなたの希望条件に沿った転職が実現できます

経理の仕事はつまらない

か~、、、経理って、つくづくオモンナイわ。全部自分の金やったら、まだオモロイんかもしれんけど。うーん、やっぱ自分の金でもイヤか。。。

だって、数字ばっかり

経理の仕事が「数字だらけ」と感じるのは、一見するとクリエイティブな作業が少ないからかもしれません。毎日、似たような数字と向き合うことは、確かに一種の単調さを感じさせるかもしれませんね。

特に、数字があわへんときは最悪や!こっちの入力ミスやったら割と早いことわかるけど、そもそもの伝票の数字がまちがってました~みたいな日にゃぁ、、、

自分で作るものはない

経理では、直接的に新しい商品を生み出したり、目に見える成果を作ったりすることは少ないかもしれません。しかし、数字を通じて会社の健全な運営を支えるという、見えない価値を生み出しています。

あ。自分で作るものがあったわ。経理やっとるとな、最終結果をつくるための作業用シートだけはあっちこっち増えるんよ。せやから、ちょっと間が空くと、わけがわからんくなる!

決算の時だけ応援される…

決算期は経理部門の活躍が特に期待される時期です。この時期だけが経理の仕事の「見せ場」だと感じることもあるでしょう。しかし、その背後には、日々の地道な努力があります。

うちの場合は、年度末から6月アタマまでが戦場やな。せやけど「見せ場」なんて思うたことないわー。ただひたすら数あわせの毎日や。遅れて領収書を出してくる課長なんかもおったりして、「自分で払うて!」ってマジで思うで。(言えんけど。。。)

なんか、AIに代替されそう。。。

AIや自動化技術の進展により、経理の仕事の一部が代替される可能性はあります。しかし、戦略的な意思決定支援や分析といった、AIでは代替しきれない領域も多くあります。経理の専門知識を活かし、これらの分野でのスキルを磨くことが、これからのキャリアを豊かにする鍵かもしれません。

大手なんかは進んでて、RPAっつーの? 自動化ロボットが導入されてむっちゃ楽になったって、そこの経理の子が言うてた。その子なんかは、ロボットで対応できへん部分をちょっとだけカバーすんのと、あと、企画系の仕事もやらせてもらえるようになったんやて!ええわあ。。。

転職エージェントを使ってみたい

編集部
編集部

どれ使えばいいの?
とりあえず転職エージェント登録らしいけど

編集部
編集部

年齢制限で断られた…

編集部
編集部

お給料とか休み
増えるか不安…

そもそもやりたいことない
とりあえず会社辞めたい

無料dodaなら解決できます

転職エージェント業界大手のdoda年齢・学歴・職歴一切不問で、転職カウンセリングや書類作成サポート、応募手続き代行から入社後のアフターフォローまで完全無料で受けられます。さらに、応募するときは企業への推薦状まで用意してくれるので、あなたの特性を最大に活かしてくれます。

経理の仕事って単調作業でつまらない。

単調な作業はAIやらロボットやらにどんどんさせたらエエと思うねん! 余った人件費と時間は、AIより人に向いてるクリエィティブな仕事に集中させりゃエエやん!

毎年同じ作業の繰り返し…

経理の仕事には、年次決算や月次決算といった周期的な業務が含まれます。これらは確かに毎年、同じタイミングで繰り返される作業です。この繰り返しが、仕事を単調に感じさせる原因の一つかもしれません。

この仕事から何も生み出されず←だから誰にも感謝もされず

経理の仕事は、直接的に新しい製品やサービスを生み出すわけではありません。しかし、企業の財務健全性を維持し、事業運営の基盤を支える重要な役割を担っています。この見えない貢献は、企業にとって不可欠です。

ウチらがちゃんとしてへんかったら、会社もマトモな取引できへんし、社員も正しい給料もらわれへん。でも「ちゃんと」が当たり前やから、感謝されることがほぼないんよ。それも不満。

何も生み出されないから、やりがいが感じられなくて飽きた~

経理業務が「何も生み出さない」と感じる時、自分の仕事の価値を再発見する必要があるかもしれません。例えば、効率化やコスト削減に貢献することで、間接的に企業の利益向上に繋がる成果を生み出しています。

忙しくて労働時間が長い割に給料頭打ちで上がっていかない

経理職の給料が上がりにくいと感じる場合、スキルアップや資格取得を通じてキャリアアップの機会を探ることが一つの解決策です。例えば、公認会計士や税理士などの資格を目指すことで、より専門的な知識を身につけ、給与アップに繋げることができます。

まあ、誰でもできるって思われてんのよ。実際、会計ソフトさえできれば、簿記・会計の知識がゼロでも「作業」としてヤレルんよねー。そりゃ、会計士・税理士みたいにコンサル系の資格があれば給料は上がるけど、試験が超ムズイし。。。

もっと、バリバリ稼ぎたいのに~って←もっと稼げる仕事があるのでは!?

経理の仕事以外にも、自分のスキルや知識を活かせる職業は多く存在します。例えば、ファイナンシャルプランナー、経営コンサルタント、投資銀行員など、専門知識を活かして高収入を目指せる職業に挑戦するのも一つの道です。自分の強みや市場の需要を考えながら、キャリアの可能性を広げてみましょう。

監査法人の仕事もつまらない…

監査法人もなー。その企業の信頼度をあげるために、いっしょけんめい細かいとこまで調べてアドバイスするんやけど、企業からは、アラ探しをする「敵」みたいに思われたりするんよねー。

会計のプロだけどつまらない

監査法人での仕事は、会計のプロフェッショナルとしての高い専門性が求められます。しかし、高度な専門知識を持っていても、日々の業務がルーチンワークに感じられることはあります。

結局数字ばっかり

監査法人の業務は、企業の財務諸表が適切に作成されているかを検証することに集中しています。そのため、多くの時間を数字と過ごすことになります。この「数字との対話」が、仕事を単調に感じさせる要因の一つになっているかもしれません。

売上ばっかり

企業の売上や財務状態を分析することは、監査法人の重要な役割です。売上や利益に関する数字を追うことが多いのはそのためです。しかし、これらの分析がビジネスの成功にどのように貢献しているかを見出すことで、仕事に新たな意味を見いだすことができるかもしれません。

もうつかれた

監査法人での仕事に疲れを感じる時、自分のキャリアについて一度立ち止まって考える機会かもしれません。業務の多様性を求める場合、内部監査やコンプライアンス、リスク管理など、他の領域に挑戦することで、仕事への情熱を再燃させることが可能です。

経理の仕事に飽きたけど、次は何したら良いの!?

経理におったら、組織のお金の流れや配分がよう分かるので、それは財産やね。中小企業なら、財務的な仕事も兼ねることが多いから、経営の知識もそこそこ身に付くし。その辺は、転職の際のアピールポイントになると思うで。

会計士の資格があるならもっと上のステージ目指せる←年収上がりまくり

会計士の資格を持っているなら、あなたはすでに高い専門性を持っています。これを活かして、より大きな舞台で活躍する道を選ぶことができます。たとえば、大手企業での経理や財務のトップ、あるいはコンサルティングファームでの活躍など、選択肢は多岐にわたります。これらの職種では、専門性を生かした複雑な問題解決が求められ、それに見合った報酬が期待できます。

やりがいと給料が見合った仕事求めよう

自分の能力とやりがいを感じられる仕事を見つけることが重要です。給料の高さも大切ですが、それと同じくらい自分が何に価値を見出し、情熱を感じるかが重要です。自分のスキルを活かし、社会に貢献できる仕事を探してみましょう。

ベンチャーCFOとかFASも給料も良いし面白そう↑↑

ベンチャー企業のCFO(最高財務責任者)や、財務アドバイザリーサービス(FAS)の職に就くのも良い選択です。これらのポジションでは、財務戦略の立案や投資決定など、会社の未来を左右する重要な役割を担います。ベンチャー企業では特に、成長の過程で直面する様々な課題を解決することが求められ、これが大きなやりがいにつながります。また、成功した際の報酬も非常に魅力的です。

自分の時間が大事なら非常勤って手もあり

全ての人がフルタイムで働くことを望んでいるわけではありません。もし、プライベートな時間を重視するなら、非常勤で働くという選択肢も考えられます。非常勤であれば、仕事とプライベートのバランスを取りやすく、自分の時間を大切にしながら働けます。このように、ライフスタイルに合わせて仕事を選ぶことも、キャリアを豊かにする一つの方法です。

【更新】2024年04月21日
1分で分かる人気転職エージェントBEST10【実績・評判】

経理の仕事がつまらないなら転職!!

まあ、どこに転職するにしても、今の仕事で何を得たのかがちゃんと説明できんとアカンわな。そう、転職前こそ、今の仕事をがんばるんや!

やりがいある仕事なんて山ほどある

経理の仕事に飽き飽きしているなら、新しいキャリアの道を探るのが良いかもしれません。自分が本当に情熱を感じることは何か、どんな職業が自分に合っているかを考えてみましょう。自分に合った仕事を見つけ、やりがいを感じることができれば、それらの努力もきっと報われるはずです。自分の可能性を信じて、新たな一歩を踏み出してみましょう。

【最新】2024年04月21日
オススメ転職エージェント