プロモーションが含まれております

アラフィフが再転職できる?年収アップの可能性は?年齢差別は受けないかな?

年齢と共に転職は難しくなるっていうもんね。

手に職があったり、資格を持っていれば変わってくるかもしれませんね。

まるすけ社長

岩手出身の40代後半以上の転職エージェント。2児の父。高卒・おにぎり工場勤務からリクルートに転職。そのあと、独立して人材紹介や派遣とかの会社を創業。みんなの転職クラブ創業者。

まるすけ社長をフォローする

年収500万円が目指せる
無料の転職サイトはdoda

アラフィフ転職の現状←現実を見つめ直す

アラフィフ世代が再就職を目指す際には、確かに市場の厳しさがあります。しかし、経験豊富なアラフィフ世代が求められるシーンも多く、特定の業界や役職では価値が見直されつつあります。

例えば、営業や接客業では今まで培ってきた経験やコミュニケーション能力などが重宝され、アラフィフこそが有利な職です。

再就職市場でのアラフィフ←壁となる現実

アラフィフ世代は、特に技術進化が激しい分野や、若年層を優遇する企業文化のある業界での再就職には壁を感じることがあります。

アラフィフの転職で成功した事例

書類審査で落ちてしまうことも若年層より多いアラフィフですが、年齢を壁に感じて経験をアピールしすぎてしまうと、転職時に厳しくなってしまうようです。アラフィフならではの柔軟性をうまく活用して採用を勝ち取りましょう。

アラフィフが活躍できる職種5選

アラフィフの年齢層でも十分に活躍できる職種は多岐にわたります。以下は特に注目される5つの職種です。

アラフィフならではの特徴を活かして、いくつになっても挑戦したい!

①農林漁業←牧場・養鶏場・生産農家・林業・漁師←定年なしが嬉しい

自然と触れ合いながら、肉体労働を通じて健康にも良い影響を及ぼすことができる職種です。経験や知識が豊富なアラフィフならではの強みを活かせます。

体力に自信があるならやってみたい職業のひとつ!

アラフィフになったらこういう職業にも就いてみたいですね。

②事務職←書類作成・データ入力・電話対応・会計業務

細かな作業や経験を要する事務処理は、アラフィフ世代の落ち着いた対応能力や責任感が求められる場面が多く、活躍の場が広がります。

年齢的に責任感が強いアラフィフの人なら任せられる仕事ですよね。

人生経験が活きる職業かもしれません。

③介護スタッフ←ヘルパー・ケアマネジャー・介護事務

高齢化社会が進む中、介護分野のニーズは拡大しています。人生経験豊かなアラフィフ世代は、患者さんやその家族とのコミュニケーションにも強みを発揮できます。

④警備員←施設警備・交通誘導警備

責任感と安定した対応が求められる警備業務は、アラフィフ世代の落ち着きと経験が活かせる職種です。

アラフィフの人が多いイメージの職業ですね。

それだけアラフィフの人の需要があるのかもしれません。。

⑤清掃業←オフィス清掃・ビル清掃・家屋清掃

清掃業は比較的年齢を問われにくく、健康状態が許す限り長く続けられる仕事です。また、コミュニケーションを取りながら作業を進めることもでき、社会参加を継続できます。

アラフィフだとやっぱり年齢を見られるから、年齢を問われない職業っていうのは嬉しいかも。

アラフィフが求められる職種←隠れた需要を探る

一方で、その経験を活かせる管理職ポジションや、人生経験を重視する顧客サービス業界など、アラフィフにマッチした職種は数多く存在します。

アラフィフが活躍している仕事は事務職やサービス職、農林漁業が特に多いようです。参考にしたのはアラフィフ女性が活躍している仕事という記事ですが、サービス業や農林漁業はアラフィフ男性も活躍できる職だと思います。

転職エージェントを使ってみたい

編集部
編集部

どれ使えばいいの?
とりあえず転職エージェント登録らしいけど

編集部
編集部

年齢制限で断られた…

編集部
編集部

お給料とか休み
増えるか不安…

そもそもやりたいことない
とりあえず会社辞めたい

無料dodaなら解決できます

転職エージェント業界大手のdoda年齢・学歴・職歴一切不問で、転職カウンセリングや書類作成サポート、応募手続き代行から入社後のアフターフォローまで完全無料で受けられます。さらに、応募するときは企業への推薦状まで用意してくれるので、あなたの特性を最大に活かしてくれます。

アラフィフのキャリアチェンジ←可能性を広げる

アラフィフでの転職はキャリアチェンジのチャンスでもあります。長年の経験を活かした新たな職種への挑戦や、これまでとは異なる業界での再スタートが可能です。

これまでの経験があるアラフィフだからこそ、今までどんな仕事が楽しかったか、どんな仕事がつらかったかなどを振り返ってみると自分のやりたいことが見えてきます。また、今の仕事をしつつ、副業などで新たなスキルを身に付けるのも一つの手立てだと思います。

年齢を活かした転職戦略←経験を武器にする

豊富な経験と人生の知見を活かし、年齢を武器にした転職戦略を練ることが重要です。ポジティブなアプローチが、転職市場での価値を高めます。

年齢を重ねるごとに経験も積みあがっていきます。その中で自分がどう乗り越えてきたのか、何を学んだのかをアピールすることで経験を武器にできます。さらに、今後に向けた前向きな姿勢や、今後の仕事でど役立てていくかなども併せてアピールするとより強い武器になります。

アラフィフ自己PRのポイント5つ

アラフィフ世代の転職活動において、効果的な自己PRをするためのポイントは以下の通りです。

アラフィフならではの自己PR方法があるから、しっかりと確認しておきましょう。

①アピールのポイントは簡潔に

長い経験や多くのスキルを持っているかもしれませんが、自己PRは簡潔にまとめ、聞き手の理解を助けましょう。

人によっては人生経験の長さからか、話が長い人もいるけど、それって転職では不利なんですね。

②志望動機を具体的に伝える

なぜその職種や企業を選んだのかを、自身の経験や将来の目標と結びつけて具体的に説明しましょう。

経験があるからこそ、志望動機にも深みが増しそうですね。

③質問には結論から答える

質問された際は、結論から話を始め、その後に詳細を説明する構造にすると、聞き手に伝わりやすくなります。

④経験・実績・スキルをまとめる

これまでの仕事での経験や実績、習得したスキルを具体的にまとめ、どのように役立つかをアピールしましょう。

ここでもやっぱり簡潔にまとめてアピールするのがよさそうですね。

⑤応募先に合わせてポイントを絞る

応募する企業や職種の特性に合わせて、特に重要と思われるポイントを絞ってアピールすると良いでしょう。

アラフィフの嫌われる自己PR3つ

自己PRで避けるべき、アラフィフ世代における一般的なミスは以下の通りです。

気付かないところでミスを犯す前に、しっかりと確認しよう!

①年齢を卑下してネガティブに表現する

自分の年齢をネガティブに捉え、卑下するような表現は避けましょう。年齢を強みとして前向きにアピールすることが大切です。

②過去の経歴について自慢話をする

豊富な経験や過去の成功を語る際に、自慢話にならないよう注意しましょう。どのように応募先に貢献できるかを中心に話すと良いでしょう。

自分よがりの話じゃダメってこと!

どう貢献できるかを考えながら伝えるのが大事ですね!

③前職への不満を強調する

前職の不満や不平を強調することは、プロフェッショナルな姿勢とは見なされません。前向きで建設的な自己PRを心がけましょう。

誰にだって嫌だった前職はあるもの。

それをわざわざ言うのではなく、自分の向上心を伝えるのが好印象となるんだね。

スキルアピールの極意←自己PRの重要性

自身の長年に渡るスキルや経験は、適切にアピールすれば転職市場での大きな強みになります。具体的な成果やエピソードを用いてPRしましょう。

何においても自己PRは必要だけど、転職の場面においては最も重要だね。

自己PRの必要性

企業は面接する時、一番の着眼点を自己PRにおいているといっても過言ではありません。企業側は自己PRを聞いてスキルを持っているかと共に「会社に合っている人間か。」などの人柄や、今後どう活躍してくれるのかにおいても自己PRで判断しています。

年齢差別に立ち向かう←偏見を乗り越える

残念ながら、年齢差別はあらゆる業界に潜在的に存在しますが、それに立ち向かうためには、現代の転職市場における自分の位置を正しく理解し、対策を練ることが不可欠です。

ビズリーチやオープンワークスなどの自分の市場価値を知れる転職サービスにて、あらかじめ自分の立場を知っておくことで、どう転職を進めていけばよいかはっきりしてくると思います。

管理職経験を生かす←経験の価値を最大化

管理職としての経験は、特に人材を求めている中小企業や成長企業では高く評価されます。この経験を如何に市場価値に変えるかが転職成功のカギを握ります。

管理職の経験をしてきている人に求められる経験として、部下の指導や育成をした経験や管理職ならではのリーダーシップでメンバーをまとめたり、スケジュール調整した経験があります。また、管理職だったからこそ身についた考え方や分析力も求められます。これらのスキルや経験は、転職後も生かせるスキルとして企業側からも評価されます。

非正規雇用への挑戦←柔軟な働き方を模索

正規雇用にこだわらず、非正規雇用や契約社員としてのスタートも一つの選択肢です。柔軟な働き方が、新たなキャリアの可能性を広げるでしょう。

最近は最初の6ヵ月は契約社員で試用期間という会社も少なくありませんし、アルバイト雇用でも正社員登用ありのところも増えているので新しいキャリアの道は開きやすいかと思います。

【更新】2024年05月16日
1分で分かる人気転職エージェントBEST10【実績・評判】

年収アップを目指す←報酬の現実

アラフィフでの転職において年収アップは一つの大きな目標ですが、市場価値と自己評価をリアルに把握し、現実的な交渉を心がけましょう。

アラフィフだけに限らず、若年層でも自分に見合っていない企業に応募したりすると落ちてしまうので、まずは自分の価値を知るところから始めてみるといいと思います。

価値ある経験を年収に反映←経験の金銭価値

長年の業務経験が、特定の職種や業界で高い年収を実現するための強力なアセットになり得ます。それを如何にして年収に反映させるかが問題です。

企業の期待値次第で年収が上がる

企業はこの人が働くことで企業にもたらす貢献や価値を見極めて給料を決めます。なので転職時から期待値を上げておくことによって転職が成功しやすくなります。そのためには企業が求めるニーズに対して、「自分のスキルや能力は働く場所が変わってもスキルを活すことができる」と伝えられるようにすることで、自分の価値をアピールすることができると思います。

こんな給与交渉はダメ

給与交渉はデリケートなプロセスです。以下のようなアプローチは避けるべきです。

一番大事な部分なだけに、最も気を付けておくべきことですね。

①合意後になって給与条件を変える

一度合意した条件を後から変更しようとするのは、信頼を損ねる行為です。初めから正直かつ公平な交渉を心がけましょう。

自分が譲れない条件は絶対に伝えておく必要がありますね。

後から言うのは印象が悪いですね。

②平均給与から離れた金額を示す

業界やポジションの平均給与から大幅に離れた金額を要求すると、非現実的な印象を与えかねません。市場価値を理解しましょう。

③給与金額に固執しすぎる

給与だけに固執しすぎると、他の重要な条件やキャリアの成長機会を見落とすことになります。バランスが大切です。

あまり高望みをし過ぎないのがいいかもね。

ちゃんとした会社ならちゃんとした評価をしてくれるでしょう。

上手な給与交渉のポイント3つ←タイミングが大切

適切なタイミングと方法で給与交渉を行うことが、成功への鍵です。

①内定承諾前に交渉する

内定を受けた後、承諾する前に給与交渉を行うのが最適です。この時点で互いに条件を調整することが可能です。

自分の求める条件をしっかりとまとめておかないといけませんね。

②業界の平均給与を調べておく

交渉前には、対象となる業界や職種の平均給与を調査しておき、適切な金額の範囲を把握しておくことが重要です。

③希望する給与の最低ラインを決める

交渉に入る前に、自分が受け入れ可能な最低限の給与額を決めておきましょう。これにより、交渉時に自信を持って話すことができます。

しっかりと自分なりの “ 落としどころ ” を確認しておかないと、交渉の時に条件から大きくズレてしまう可能性もありますもんね。

転職市場での給与交渉←市場価値を理解する

給与交渉には、自身のスキルや経験が転職市場においてどれほどの価値を持っているのかを正確に理解し、それに基づいた交渉が求められます。

SNSなどで自分と同じ職に就いていた人やこれから転職する業種で働いている人の投稿をみて、自分の立場を把握したり、どのようにしたら転職しやすくなるか参考にするのも良いかもしれません。

まとめ←アラフィフ転職は新しい人生の始まり

アラフィフでの転職は、新たなキャリアを築く大きな一歩です。経験を活かし、自分の価値を正しくアピールすることで、年齢を超えたキャリアの可能性を広げましょう。年齢差別を恐れず、自信を持って転職市場に挑んでください。

転職後、活躍していたかもしれない未来を諦めてしまうことはもったいないことなので、自分を信じて新しいキャリアの道を進みましょう。

【最新】2024年05月16日
オススメ転職エージェント