本ページはプロモーションが含まれています

文系の仕事はつまらない?!自分が楽しめる選択をすればいいだけ

文系の仕事? つまらん?

でもな、世の中って
大半が文系でもつとまる仕事なんよ

せやから、それは
文系の仕事がつまらんのやなくて
あんたのおる会社がつまらんのよ!

1日の3分の1以上、会社におんねんで

で、毎日「つまらん」って
どんだけ時間をムダにしてんねん
どんだけムダなCO2を出してんねん

はよぅ転職しいな!!

自分にぴったりの会社に転職して
「つまらん」より
「たのしい」を
世の中に広げたるんよ!

「たのしい」人が
ひとりふえるだけで

その家族や恋人も
「たのしい」人に変わるねんで!

年収500万円に達成していない方へ
応募から転職まであなた専任のサポーターが
マンツーマンで転職をサポートしてくれます
普通の求人サイトで仕事を探すより簡単で
あなたの希望条件に沿った転職が実現できます

文系は仕事がつまらない?!←文理はあまり関係ない

「文系は仕事がつまらない」というのは、あくまで一つの偏見に過ぎません。仕事を楽しむかどうかは、学問の分野を超えて、個人の興味、情熱、そして仕事に対する姿勢に依存します。文系出身者でも理系出身者でも、自分に合ったフィールドで輝ける機会は無限にあります。自分の興味を追求し、常に学び続けることが、どんな分野でも成功への鍵となります。

うちの会社でも、けっこう思い込みで決めつけるところがあるわー。ほかの国だと、文系・理系の区別はあっても、日本みたいな”差別的”なカベがないって聞くな。。。

文系の人が就ける仕事って?←たくさんあるから視野を広げて!

文系出身者が活躍できる職種は多岐にわたります。まるで色とりどりの花が咲く庭園のように、様々な分野でその能力を発揮できる機会があります。ここでは、文系の人が就ける代表的な仕事を紹介します。

文系って、だいたい数学や理科がニガテって感じやろ。でも、医者とか研究者とかでなけりゃあ、仕事で数学や理科なんてふつう使わへんやん!

営業

商品やサービスを顧客に提案し、契約を結ぶ仕事。コミュニケーション能力や説得力が求められます。

人事・労務

社員の採用や教育、労務管理など、人材に関する業務を行います。人に関する深い理解が必要です。

人事・労務なんて、本部の中でも特に機密をあつかうとこやから、エリートやで。

経理

企業の財務状態を管理し、正確な会計報告を行う仕事。細かい数字の管理が得意な人に向いています。

経理は、数字を相手にするのが好きな人なんだけど、基本的には動かへん数字。動く”数値”を相手にするのが好きなのは、アナリストとか研究者とか理系の人やな!

法律関係

法律事務所や企業の法務部で活躍。契約書の作成や法的アドバイスなどを行います。

法律って、全体の体系というか構造を理解するチカラがないと、ぜんぜんついていけへん世界なんよ。文系に分類されるけど、使うアタマは理系のような気がすんのよ。。。

マスメディア

新聞、雑誌、テレビ、ラジオ、ウェブメディアなどで、情報を発信する仕事。表現力や調査能力が鍵となります。

一言でいうと、「旬をのがさず」「ウケル言葉」をひねり出せるかどうかやね。でも、今のマスコミは、「旬」ばっかり追いかけて「言葉」がズサンだよ。とにかく「大谷翔平」さえ見出しに書いとけばOKみたいな、つまらん記事ばっかりや。

教育

学校教師や塾講師、教育関連の企業で、次世代を育成する仕事。教えることへの情熱が必要です。

研究

大学や研究機関、シンクタンクで、社会科学や人文科学の研究に従事します。好奇心と分析力が求められます。

金融

銀行や保険、証券会社などで、お金に関するサービスを提供。経済や市場の動向に敏感な人に適しています。

金融ってね、文系か理系かっていうハナシよりも、体育会系かどうかで見られることが多い世界やと思う!! とにかく「メンタルの強い人」っていうのが採用のベースじゃないかいな。

飲食

レストランやカフェの経営、飲食に関連する企画やマーケティング。サービス精神と創造力が光ります。

介護

高齢者や障害を持つ人々の日常生活をサポート。思いやりと忍耐力が必要な仕事です。

国際関係

外交官や国際機関、NGOで活躍。異文化理解と語学力が求められます。

まあ、語学をはじめグローバルな話題にビビッとくる人は、「表現するのが好き」なんよね。こういう人らって、みな顔つきがいつもちょっと上を向いてるように見えるんやけど。

転職エージェントを使ってみたい

編集部
編集部

どれ使えばいいの?
とりあえず転職エージェント登録らしいけど

編集部
編集部

年齢制限で断られた…

編集部
編集部

お給料とか休み
増えるか不安…

そもそもやりたいことない
とりあえず会社辞めたい

無料dodaなら解決できます

転職エージェント業界大手のdoda年齢・学歴・職歴一切不問で、転職カウンセリングや書類作成サポート、応募手続き代行から入社後のアフターフォローまで完全無料で受けられます。さらに、応募するときは企業への推薦状まで用意してくれるので、あなたの特性を最大に活かしてくれます。

転職には武器も必要!ノースキル文系におすすめの資格

転職市場で競争力を持つためには、専門的な知識やスキルを証明する資格が強力な武器になります。特に、ノースキルと感じている文系出身者にとって、以下の資格はキャリアアップや転職において大きなアドバンテージとなり得ます。

公認会計士

高度な会計知識を証明する資格で、監査法人や企業の財務部門などで高い需要があります。まるで難攻不落の城を攻略する鍵のように、この資格はあなたの市場価値を大きく高めます。

日商簿記検定

会計の基本的な知識を証明する資格で、経理職だけでなく、幅広いビジネスシーンで役立ちます。まるで多くの扉を開ける万能の鍵のように、ビジネスの世界で活躍するための基礎を築きます。

複式簿記はイタリアの数学者が発明したんやと。うち、大学で数学専攻しててんけどな、日簿の3級すら何回も落ちてんねん。必要なんは、数学力やのうて”割り切り力”やろな。

社会保険労務士

労働法や社会保険に関する専門知識を持つプロフェッショナルです。企業の人事・労務部門やコンサルティングファームでの需要が高く、まるで複雑な迷路を解くガイドのような役割を果たします。

司法書士

不動産登記や商業登記など、法律文書の作成に関わる専門家です。この資格は、まるで鍵穴の複雑なパズルを解く鍵師のように、法律の専門知識を活かしたキャリアを築くことができます。

行政書士

許認可申請や契約書類の作成など、行政手続きに関する専門家です。まるで曖昧な地図に明確な道を描くように、クライアントをサポートし、安心を提供します。

宅地建物取引主任者

不動産取引に関する専門知識を証明する資格で、不動産業界での信頼と専門性を高めます。まるで迷宮入りした宝の地図を解読する探検家のように、不動産の世界で道を切り開きます。

宅建って、相対評価の試験なんよね。つまり、何点以上とったら合格ってんじゃなくて、上位15%に入ってればOKってやつ。公認会計士や不動産鑑定士などもおなじような試験らしい。

中小企業診断士

経営戦略やマーケティング、会計など、中小企業の経営支援に関する幅広い知識を持つ専門家です。まるで多種多様な問題に立ち向かう冒険者のように、企業を成功に導くためのサポートを行います。

ファイナンシャル・プランニング技能士

個人や家庭の資産運用やライフプランニングに関するアドバイスを行います。まるで未知の海を航海する船のキャプテンのように、安定した財務計画のもと、クライアントの未来を導きます。

ITパスポート

ITの基本的な知識を証明する資格で、情報技術の基礎を理解していることを示します。まるでデジタル世界の入口を開く鍵のように、IT化が進む現代社会で活躍するための基盤を提供します。

仕事がつまらない文系のあなたがこのまま仕事を続けると…?←働くことさえ嫌になる

仕事への情熱が冷め、毎日が退屈であると感じる場合、その状況を放置しておくと、さらに厳しい状況に直面することになるかもしれません。まるで無味乾燥な食事を毎日続けることによる栄養失調のように、心の充実感も徐々に失われていきます。

1日の3分の1以上の時間を「つまらん」って思いながら過ごすのは、たえられんわー。ある意味、すごいことなんかもしれんけど。。。

モチベーションが下がり続ける

モチベーションの低下は、仕事の質や生産性に直接影響を与えます。まるで水面下でじわじわと漏れる水のように、気づいたときには回復が困難な状況になっているかもしれません。

自分に自信がなくなる

仕事への興味を失うと、自己評価も低下し、自分に対する自信を失ってしまうことがあります。これは、まるで鏡に映る自分の姿が徐々に曖昧になっていくかのような感覚です。

いつまでたっても仕事がつまらない

現状に変化をもたらすための行動を起こさなければ、仕事がつまらないという状況は永遠に続くことになります。まるで同じ場所をぐるぐると回り続けるハムスターの車輪のように、進歩や成長が感じられなくなります。

ハムスターは「ハムスターであること」が仕事やけど、人間の仕事は、そやないで。エエかっこして言うけど、生きがいと幸せをもたらすもののはずや!

動けない言い訳ばかりうまくなる

行動を起こすのを避けるための言い訳を考えることに長けてしまうかもしれません。まるで自分の能力を制限する鎖を自ら手にしているかのように、変化を恐れ、現状維持を選んでしまうことは、長期的に見て自分自身を苦しめることにつながります。

文系でも楽しい仕事を見つける方法

文系出身者であっても、自分に合った楽しい仕事を見つける方法はたくさんあります。自分の興味や情熱を追求することから始め、目標に向かって具体的なアクションを起こしていきましょう。まるで大海原を冒険する船の船長のように、自分のキャリアの舵を取り、新しい地平へと航海してください。

自分が何に興味があるか考える

まずは、自分自身が何に興味を持ち、何に情熱を感じるのかを深く考えてみましょう。これは、まるで自分の心の地図を描くような作業です。趣味や過去に夢中になった経験など、自分の内面を探ることから始めます。

そのために必要な資格取得・勉強をする

興味のある分野で活躍するためには、専門的な知識やスキルが必要になることもあります。必要な資格を取得したり、関連する知識を学んだりすることで、まるで未知の世界への鍵を手に入れるように、新たな可能性を開くことができます。

転職活動をする

自分の興味やスキルに合った仕事を見つけるためには、積極的に転職活動を行う必要があります。まるで新しい土地を探索する探検家のように、情報を集め、応募書類を準備し、面接に臨みます。

内定が出るまで根気よく活動する

転職活動は一朝一夕に結果が出るものではありません。内定が出るまで根気強く活動を続けることが大切です。まるで山を登り続ける登山家のように、目標に向かって一歩一歩進んでいくことが重要です。挫折や失敗を恐れず、ポジティブな姿勢を保ちながら、自分に合った楽しい仕事を見つけるための努力を続けてください。

【更新】2024年04月21日
1分で分かる人気転職エージェントBEST10【実績・評判】

【まとめ】文系で仕事がつまらない場合は自分の価値を高めて転職しよう!

仕事の充実感は、自分で創り出すものです。文系出身者であっても、自分の価値を高め、積極的に転職活動を行うことで、新しい可能性を開くことができます。自分自身に投資し、成長し続けることで、より満足のいくキャリアを築くことが可能になります。あなたのキャリアは、あなた自身の手で切り開くもの。今日から一歩を踏み出し、新たな未来へと進みましょう。

何回でもやりなおしたらええやん。でも、やり直しにはパワーがいるから、どうせなら、最後のやりなおしになるよう、ちゃんと調べてちゃんと準備して転職しよな!

【最新】2024年04月21日
オススメ転職エージェント