本ページはプロモーションが含まれています

足場辞めたいけど大丈夫?←大丈夫!その鋼のメンタルで1000万稼ごう!

足場の仕事の人って重いもの運んでて、筋肉モリモリって感じ!

まぁな、体力ねーとやれん仕事だな。それをずっと続けるって大変なんでぃ!

体力自慢が撃沈⁉ 足場辞めたい職人のホンネ3選

足場の解体作業中に作業員が川に転落!強風にあおられて足場から落ちて足の腰を骨折!などなど、毎日のように工事現場では事故が起こっています!足場の職人さんはカッコいですが、いつも危険と隣り合わせ、命張って仕事してるんです!

思っていたのと違う…

足場の仕事に就く際、多くの人が抱くイメージは「高収入」「体力がつく」「技能が磨ける」というものかもしれません。しかし、実際にはこの職に就くと、イメージと現実のギャップに直面することが少なくありません。

すっごい鍛えられそうだから、ライザップ行かなくてよさそー。

暑い日も寒い日も、外でライザップだぞ・・・てやんでぃバーロー。

表「稼げる!鍛えられる!体力つく!」「是非!うちで!」

求人広告や業界の声では、「高収入が得られる」「体を鍛え、技術を習得できる」といった魅力的な側面が強調されがちです。確かに、技術を身につけ、経験を積めば高収入を得ることも可能ですが、それには時間と努力が必要です。

なんでもすぐに出来るヤツなんかいねーよ。日々の地道な努力が大事ってことよ。

裏「さっさと起きろ!」「何やっとんじゃ!」

しかし、実際の現場では、厳しい言葉が飛び交うことも珍しくありません。早朝から遅くまでの長時間労働、体力を要求される作業、そして時には粗暴なコミュニケーションがストレスとなることもあるのです。

この仕事は、日ぃ昇って、日ぃが落ちるまでやる仕事みてーなもんだ。

えーーー!あたしは無理―。目覚まし3個でも起きれないもーん。

思ったより低賃金労働

また、一部の職人は、期待していたよりも低い賃金に直面することがあります。特に未経験からのスタートでは、技術習得に時間がかかり、その間は比較的低い収入に甘んじる必要があるのです。

最初は仕事できねぇんだから、修行みてーなもんだ。当ったりめーだ!

こんなに大変だと思わなかった…

足場の仕事は、外部から見えるほど単純ではありません。体力的にも精神的にも厳しい環境にあり、それが期待とのギャップを生む原因となっています。

体力に自信があったから足場の仕事をしていたけど、不注意でケガ!復帰も考えたけど、思い切ってデスクワークに転職!勤務時間は定時だし、体もキツくない。前は休みは寝てばっかだったけど、今は家族サービスもできるし、給料もそこそこもらえるし、マジで転職して良かった!

ブラック気味なのかな…?

職場環境が劣悪である場合、それは「ブラック企業」と呼ばれることもあります。長時間労働、過剰な体力の要求、労働条件の不透明さなど、職人たちが直面する厳しい現実は、転職を考える大きな理由となっているのです。

汗と汚れにまみれて、俺は仕事終わりは全身ブラックになってるけど、それと違うのか!?

オジサンみたいな、昭和と働くのがブラックかもね・・・

モチベ上がらない…

足場職人としてのキャリアを重ねる中で、多くの方々がモチベーションの低下に直面します。特に、技術習得の難しさや日々の厳しい作業環境は、長期的なキャリア形成において大きな障壁となり得ます。

俺だって、気持ちがのらねー時があんだ・・・でもやらねーといけねぇ!俺は男だからな!

気合だけでなんとかなるっていう体育会系・・・ってマジ無理。

何年たっても親方のスキルを体得するのは難しい…

足場の仕事は高度な技術と経験が要求されます。特に、親方のような高い技術レベルに到達するには、長年の修練が必要です。しかし、多くの職人にとって、このような高度なスキルを身につけることは非常に困難であり、それがモチベーションの低下に繋がるケースが少なくありません。

誰でも親方になれる訳じゃねぇ!努力だけじゃねぇ才能ってもんがいるんだよ。

「こんなことをやるために入ったんじゃない…」←奴隷の悲痛な叫び

日々の過酷な労働環境や低賃金、そして技術習得の難しさを背負いながら、多くの職人は「自分はもっと違うことを目指していた」という思いを抱えています。これは、長時間労働と厳しい作業条件に疲弊し、自己実現を果たせないという悲痛な叫びとも言えるでしょう。

一生懸命がんばっても報われないことってあるよね!早めに一度リセットして仕事考えるってのもアリじゃない!?

足場辞めたい、何する?←転職しても通用するはず

足場の仕事から離れたいと思った時、その次のステップは何でしょうか? 足場職人として培ったスキルや経験は、他の職種でも大いに役立つはずです。

足場は建物たてるために作ってるんでしょ?建築の知識ありそー。それに体力はバリバリあるんだから、どこでだって通用するじゃん!

体力自慢←しんどいことでも耐えられる!

足場職人の仕事は非常に体力を要します。このため、他の物理的に厳しい職種に移行する際にも、既に培った体力と耐久力は大きな強みとなります。

正確さ←足場は命に関わる仕事なんだからこだわるのは当然!

足場の仕事は非常に高い精度と安全性が求められます。このような環境で培った正確さと注意深さは、他の職種、特に細かい作業や安全性が重視される分野において、非常に価値のある資質です。

メンタルは強化されているはず

足場職人としての厳しい労働環境は、強固なメンタルを育みます。このメンタルの強さは、新しい職種への適応や、未知の環境でのストレス耐性において、非常に重要な要素となります。

まとめ←足場辞めたいならまずは転職エージェントに相談

足場からの転職を考えている場合、まずは転職エージェントに相談することをお勧めします。