本ページはプロモーションが含まれています

仕事行きたくない、人に会いたくない、もうただ放って置いてほしい!

仕事に行きたくないなら
人に会いたくないなら
思いきって休んでみてもいいのでは?

思う存分休んだら
少しは楽になれるかも。

まずは自分の気持ちを整理してみよう。

もし仕事に行かず
人にも会わず
心を休められたら
少し気持ちが楽になるかも
自然と陽の光を浴びたくなって
誰かに会いたくなる日が来るかも・・・

なんて

でも本当です。

体は資本ですから。

無理して爆発する前に
思う存分休んでみるのもありなのでは?

年収500万円に達成していない方へ
応募から転職まであなた専任のサポーターが
マンツーマンで転職をサポートしてくれます
普通の求人サイトで仕事を探すより簡単で
あなたの希望条件に沿った転職が実現できます

仕事行きたくない、人に会いたくないからスマホの電源シャットダウン

電源さえ切ってれば誰かからの連絡も気付くことなく過ごせるから楽なんだ

スマホの通知が来るとドキッとする

スマホの通知音はまるでアラームクロックのよう。朝、目覚まし時計が鳴るとベッドから出なければならないという圧迫感。同じように、スマホからの通知音には「誰かの期待に応えなければ」という負担が伴う。こんな感覚、経験ありませんか?

関係ないアプリの通知にも思わずドキッとしてしまうことも・・・

連絡手段断つと安心する

スマホを海に投げ入れたら、どんなに解放感があるだろう。この比喩は極端かもしれないが、通信手段を断つことで得られる安心感は計り知れない。まるで、ずっと背負っていた重いリュックサックを降ろした後のようなものだ。

連絡を返さなきゃというプレッシャーから解放されたくなることもあるよね

人間関係全部消したい

時には、人間関係の複雑さから逃れたくなる。それは、パズルのピースがどうしても合わないようなイライラと同じ。スマホの電源を切ることで、一時的にでもそのパズルから離れられる。その瞬間、心の平穏が訪れる。

他人に振り回され続けるとリセットしたくなることがあるんだ

友達すらいなくなる

スマホを見るたびに、友達との交流が画面上の文字だけになってしまう。まるで、実際に会話をしているわけではなく、ただの影みたい。そんな感じでしょうか?実際の声や笑顔が恋しくなる瞬間もある。

プライベートなんて無い

スマホがあると、プライベートと公の境界線が曖昧になる。仕事のメールが夜遅くにも届いたり、休日でも連絡が入る。まるで、家にいてもオフィスの一角にいるようなもの。息抜きの時間がなくなる感覚に似ている。

業務時間外まで仕事のメールを気にするのは疲れるよ

スマホの解約も検討してる

「スマホを解約したらどうなるだろう?」こんなことを考えたことはありませんか?それは、大きな荷物を背負って山を登る旅人が、荷物を下ろして軽やかに歩み始めるようなもの。新たな自由と軽やかさを手に入れられるかもしれない。

転職エージェントを使ってみたい

編集部
編集部

どれ使えばいいの?
とりあえず転職エージェント登録らしいけど

編集部
編集部

年齢制限で断られた…

編集部
編集部

お給料とか休み
増えるか不安…

そもそもやりたいことない
とりあえず会社辞めたい

無料dodaなら解決できます

転職エージェント業界大手のdoda年齢・学歴・職歴一切不問で、転職カウンセリングや書類作成サポート、応募手続き代行から入社後のアフターフォローまで完全無料で受けられます。さらに、応募するときは企業への推薦状まで用意してくれるので、あなたの特性を最大に活かしてくれます。

仕事行きたくないし人に会いたくないから運動不足半端ない

外に出て職場の人に偶然会ったりするのも嫌だなぁとか考えて引きこもるとどうしても運動不足になるよね

休みの日は家から出ない

部屋が快適な小さな城になると、外に出るのが面倒に。この城は安全で、外部の世界の雑音から守ってくれる。しかし、この城に閉じこもると、体を動かす機会がずっと減ってしまうんです。

買い物行くのも誰かに会いそうで嫌だ

スーパーマーケットへの小旅行は、未知の冒険のよう。でも、他人と顔を合わせることが恐怖の源泉に。まるで、森の中で突然目の前に熊が現れるような緊張感を感じることがあります。

ご飯はUber Eatsの置き配

食事の時間が、魔法のようにドアの外に現れる。このサービスは、城の外に出ずに済む便利な橋渡し役。だけど、この便利さが外への一歩をさらに遠ざけてしまうのも事実です。

明るい場所が心地よくない

日差しの中を歩くのが、なぜか避けたくなる。まるで、太陽の光を恐れる夜の生き物のよう。部屋の中の人工的な明かりだけが、唯一の光源になってしまう。

最後にカーテン開けたのいつだっけ

窓からの光を部屋に入れることが、遥か昔の話のよう。外の世界は遠く感じられ、自分の部屋が全宇宙のように思える。この隔絶感は、次第に忘れがちになる日光の重要性を物語っています。

干した布団でゆっくり寝てみたい

新鮮な空気に触れた布団での睡眠は、自然の中で深呼吸するかのよう。布団には太陽のぬくもりと空気の清々しさが満ちている。ただ、その一歩を踏み出すのが、なかなか難しいんです。

【更新】2024年04月17日
1分で分かる人気転職エージェントBEST10【実績・評判】

まとめ【仕事行きたくない、人に会いたくない】

とにかく無理をすることに疲れたら何もかもから逃げ出してしまいたくなるよ

【最新】2024年04月17日
オススメ転職エージェント