本ページはプロモーションが含まれています

弁護士です。独立に失敗しました←でも雇われで年収1000万

独立しようとしたけど

費用をかけすぎてしまったり
法律以外の知識がないことに気づいたり
集客が難しかったり…

ちょっと早まった気がしました。

でも弁護士としてのキャリアが
閉ざされたわけではありません!

転職エージェントに登録して
キャリアを再構築!

企業内弁護士になるのも
塾講師になるのもありかも?

「独立に失敗したから
もう無理かもしれない…」

いやいや、そんなことはありません!

逆に新たな道を探求し、
様々な可能性に目を向ける機会です!

企業内弁護士になって
安定した収入、
充実した福利厚生といった環境で
年収1000万円を得ることだってできますよ!

ゆったり働く弁護士へ
弁護士ドットコムキャリア

弁護士で独立→失敗しやすいポイント3選

弁護士で独立したいけど、失敗したくないなあ。どういうことで失敗しやすいんだろう?

実際に私が弁護士で独立→失敗したポイント3つを紹介します!

①初期費用をかけすぎてしまった

弁護士としての独立にあたり、私が最初に直面した課題は初期費用の問題でした。独立初期には、事務所の設立にかかる費用を見積もることが不可欠ですが、ここでの過大な出費が後に大きな負担となることも少なくありません。

やっぱりお洒落な事務所が良いなぁ

私の場合、立地が良くデザイン性の高い事務所を選んだことが、初期費用の大きな要因となりました。見た目にも洗練されたオフィスは魅力的ですが、それに伴う家賃や内装に関する費用は想像以上に高額です。初期の事業費用として高い出費は、その後の経営を圧迫する原因となり得ます。

見た目をよくしたい気持ちはわかるけど、何をするにも費用は大切だよね。

ホームページのを作るの難しそう←お金払って頼んじゃえ

また、ホームページの制作にも多額の費用を費やしました。デジタル時代においてホームページは必須のツールですが、専門的なデザインや機能を求めると、そのコストは高くつきます。私は外部のプロに依頼しましたが、自分で管理できる範囲のものを選ぶべきだったと反省しています。

今はネットやYouTubeで調べれば自分でホームページだって作れちゃうもんね!抑えられる費用は抑えよう!

②法律は勉強したけど、経営は初心者だった

法律の専門知識を持っていても、それが直接経営の成功に結びつくわけではありません。弁護士としての技術とは別に、経営者としてのスキルも必要です。

専門知識だけでは難しいんだとわかりました…

知識はあるつもり←いざ独立したら、わからないことだらけ

私は法律の知識に自信を持っていましたが、実際に独立してみると、経営に関する知識や経験の不足を痛感しました。経営には人材管理、財務管理、顧客関係の構築など、多岐にわたるスキルが求められます。これらの分野での不足は、事業の成長を妨げる大きな要因となりました。

自分になんのスキルが足りていないかっていうのは、実際に独立して様々な場面に遭遇してみみないとわからないんです…

③マーケティング→顧客作りの営業が難しすぎた

独立した弁護士としての最大の課題は、新規顧客の獲得です。法律の専門性を持っていても、顧客を獲得し、維持するためのマーケティング戦略が不可欠です。

スキルや経験があっても顧客がいないと仕事が成り立ちません。営業力が一番大事!

集客って、こんなに大変なんですね(‘Д’)

私が直面した最大の問題は、効果的な集客方法の欠如でした。広告やオンラインでのプレゼンス、ネットワーキングなど、多方面にわたる努力が求められますが、これらは想定以上に時間と労力を要するものでした。顧客獲得のための戦略不足は、独立の失敗に直結しました。

弁護士だけどゆったり働きたい

弁護士
弁護士

どうすればいいの?
とりあえず転職エージェント登録らしいけど

編集部
編集部

せめて年収800万は欲しいよね…

弁護士
弁護士

リモートワークができるといいな

編集部
編集部

そもそも行きたい会社ない
とりあえず仕事辞めたい

弁護士ドットコムキャリアなら解決できます

ゆったり弁護士になるなら

弁護士転職エージェント業界大手の弁護士ドットコムキャリアは応募手続き代行から入社後のアフターフォローまで完全無料で受けられます。さらに、土日祝が休み、残業も少ない会社でプライベートを充実させることもできます。

弁護士
弁護士

まさか、
弁護士で
リモートワークできるなんて!

編集部
編集部

転職のこと
なんにも分からなかったけど
お姉さんが全部教えてくれた


弁護士の企業法務転職で話題!
弁護士ドットコムキャリア

弁護士で独立失敗・・・ちょっと早まったかな

弁護士として独立する決断は、そのキャリアにおいて重大な一歩です。しかし、私の経験では、独立には適切なタイミングと準備が不可欠であることを痛感しました。独立を考える弁護士は増加傾向にありますが、それが必ずしもすべての人に適しているわけではありません。

5~10年で半数・15年では8割以上が独立

弁護士業界において、5年から10年の間に約半数、15年を過ぎると8割以上の弁護士が独立を経験しています。これは、キャリアの成熟とともに自分自身の法律事務所を持つことへの意欲が高まることを示しています。しかし、独立は単なるステータスではなく、深い洞察と計画が求められる重要な決断です。

弁護士ってみんな意欲が高くてすごいなあ。

周りが独立したからって焦っちゃダメ

自分の周囲で同僚や先輩が独立していく中で、焦りを感じることは自然です。しかし、それが独立を急ぐ理由にはなりません。他人のタイミングに影響されることなく、自身の準備と状況を冷静に分析することが肝要です。

自分のペースで独立しないと失敗しやすい

独立は、自分自身のペースで進めることが成功の鍵です。市場のニーズ、自身の専門性、資金計画などを総合的に考慮し、個々の状況に合わせた計画を立てることが重要です。自分のペースに合わせた独立計画を立てることで、リスクを抑え、成功の可能性を高めることができます。

開業資金に余裕がなかった

独立には十分な開業資金が必要です。私の場合、必要な資金を過小評価してしまい、開業時に資金的な余裕がありませんでした。

300万は必要だったのにカツカツで独立してしまった

開業には少なくとも300万円程度の資金が必要とされますが、私はこの金額を下回る予算で独立を決行しました。結果として、運転資金の不足や予期せぬ出費に対応できず、経営に大きな支障を来たしました。開業資金の準備には余裕を持ち、不測の事態に備えることが肝心です。

【更新】2024年04月21日
1分で分かる人気転職エージェントBEST10【実績・評判】

独立に失敗したって未来はある!

独立に挑戦し、その道で困難を経験したとしても、弁護士としてのキャリアはまだ終わりではありません。独立に失敗したからといって、その後のキャリアが閉ざされるわけではありません。逆に、新たな道を探求し、さまざまな可能性に目を向ける機会となり得ます。

転職エージェントに登録して再チャレンジ

独立後のキャリアの再構築には、転職エージェントの利用が一つの手段です。専門性の高いキャリアアドバイザーが、自身の経験やスキルに合った新しい職場を見つける手助けをしてくれます。

キャリアを再構築する

転職エージェントを利用することで、自分自身のキャリアを新たな視点から見直し、再構築することができます。これまでの経験を活かし、異なる業界や分野への挑戦も可能になります。また、エージェントは履歴書の作成や面接対策など、転職活動における具体的なサポートも提供してくれます。

企業内弁護士になって安定をもとめる

独立からの転身として、企業内弁護士への道も考えられます。企業内弁護士は、一定の安定と企業内での法律問題に対処することで、専門性を活かすことができます。

やっぱり何でも一人でやるのは大変だから、まずは企業内弁護士をしながら独立のための準備をすることもできるのがいいね!

大手企業なら福利厚生も充実!

大手企業であれば、福利厚生が充実していることが多く、安定した労働環境の中で長期的なキャリアを築くことが可能です。また、企業内弁護士としての経験は、独立時には得られなかった多様なビジネスの側面を学ぶ機会を提供してくれます。

塾講師もありかも

また、司法試験の受験生を対象とした塾講師としてのキャリアも考慮に値します。自身の知識と経験を活かし、次世代の法律家を育成することは非常にやりがいのある仕事です。

司法試験合格を目指す後輩たちに教える

自らの経験を生かして受験生に指導を行うことは、知識の共有だけでなく、自身のスキルを磨くことにもつながります。また、若い法律家たちとの交流は、新しい視点を得る機会ともなります。

【まとめ】弁護士で独立失敗しちゃったけど人生これからダ!

弁護士としての独立に失敗したとしても、それは終わりではなく新たな始まりです。転職エージェントを利用した再挑戦、企業内弁護士としての安定したキャリア、さらには教育分野への進出など、多様な選択肢が存在します。独立に失敗した経験は、今後のキャリア形成において貴重な財産となり、さらなる飛躍のための基盤を築くことができるでしょう。失敗は、新たな道を切り開くための一歩に過ぎないのです。

失敗は成功のもと!挑戦してみないと失敗も成功もできません。とにかくまずは行動してみましょう!

弁護士がラクするなら

弁護士ドットコムキャリア
編集部
編集部

企業法務って
結局ラクな弁護士の生き方No.1だよね

弁護士のキャリアを歩むなら弁護士ドットコムキャリアの登録は欠かせない。弁護士専門の圧倒的な求人数と手厚いフォローが充実しているので、弁護士ドットコムキャリアに登録さえしておけば、いつでも好きな条件の職場に転職しやすいです。

弁護士
弁護士

転職の流れ
わからない

編集部
編集部

弁護士ドットコムで教えてもらえば?

こんなおじさん弁護士でも転職できました

万が一のために登録だけでもしておくべき

編集部
編集部

念の為の準備もアリだと思います

利用料金”無料”

【最新】2024年04月21日
オススメ転職エージェント