本ページはプロモーションが含まれています

弁護士を辞めて違う仕事ってあり?【2024最新】←アリです

まるすけ社長
まるすけ社長

弁護士ってシンドイ

その資格を活かしつつ
らくーなポジションで働けたら
最高なんですけどね。

弁護士やめて
違う仕事ってアリでしょうか?

ズバリ「あり」です。

いろいろな企業の案件を扱ううちに
新しい分野に興味が出てくることもあります。

知識を活かして法律を教える講師、
コンサルティングなど
弁護士資格はあらゆる分野で重宝されます。

やっぱり弁護士でいたいなら
インハウスロイヤーや
「独立」という手も!

雇われ弁護士で上司からはあれこれ言われ
意外と給料も少ない…
そろそろ転職かなぁ

そう思ったが吉日!
残業も少なく福利厚生も充実した企業へ行くも良し
専門学校で自分の経験を教えるのも良し

時間と心に余裕ができたら
嫁や子供から「パパダイスキ」と
尊敬される楽しい日々が待っています。

独立して自分の名前の入った事務所を
創るのもステキですね!

ゆったり働く弁護士へ
弁護士ドットコムキャリア

  1. 弁護士を辞めて違う仕事に変える理由3選
    1. 拘束時間が長い
      1. 弁護士は他職種より調べることが多い職業
      2. 業務が終わらず、休日を作業に充てる人も!
    2. 思ったより稼げない
      1. 弁護士の増加で年収が下降傾向
      2. 拘束時間が長い分、時給計算すると割に合わないことも。
    3. ワークライフバランスが悪い
      1. 仕事に追われ、プライベートの時間がとれない
      2. ライフスタイルにあった働き方が難しい
    4. 法律以外の職業に興味がでた
      1. 依頼人の話を聞いているうちに他の仕事に興味が湧く人も!
      2. 弁護士のスキルは他職種にも転用できます
  2. 弁護士資格を生かしてキャリアチェンジしたい!
    1. 弁護士育成予備校の講師
      1. 司法試験合格経験は大きな武器
      2. 弁護士としての実務経験も教育の場で活用しよう!
    2. コンサルティング
      1. 司法知識はコンサルティングに重要
      2. 法律外の職業で新しい挑戦をしてみたい弁護士さんにぴったりの職業!
    3. 税理士、司法書士など他の士業
      1. これらは弁護士免許があれば無試験で登録可能!
      2. 同じ司法畑で、これまでのキャリアを生かしやすい
  3. でもやっぱり、弁護士としての転職も検討したい人へ
    1. 法律事務所
      1. 特に、五大法律事務所は弁護士のキャリアアップにぴったり
      2. 自分のやりたい仕事を取り扱ってる事務所を探そう!
    2. インハウスロイヤー
      1. 法律事務所と比べて残業が少ない傾向
      2. 銀行や商社など、企業内弁護士を採用している企業は年々増加
    3. 海外の法律事務所
      1. 語学に自信があるなら心機一転、移住もあり!
      2. 住む国で弁護士免許を取る必要あり
    4. 自分で開業、事務所設立!
      1. 十分な実績があるなら自分の事務所を開業するのもひとつの手。
      2. 開業資金や、開業後の運用方法など準備することは多い
  4. 弁護士辞めて違う仕事を検討してるなら、転職エージェントでスキル転用できる仕事を探してみよう

弁護士を辞めて違う仕事に変える理由3選

最初は忙しいことがやりがいだと感じていたけど、最近これでいいのか悩み始めました…。

拘束時間が長い

弁護士という職業は、非常に高い専門性責任を要求されます。そのため、多くの時間を業務に費やすことが一般的です。

弁護士は他職種より調べることが多い職業

法律の専門家として、最新の法令や判例の研究、詳細な証拠収集など、膨大な情報を調査し分析する必要があります。このような作業は時間を要し、他の多くの職種と比較しても長時間労働が常態化していると言えます。

業務が終わらず、休日を作業に充てる人も!

案件の進行状況や期限に追われることは日常茶飯事であり、多くの弁護士が仕事のために週末や祝日を犠牲にしています。このような状況は、プライベートの時間や家族との時間が削られ、生活の質を著しく低下させる原因となっています。

休日返上で案件処理…
また彼女との約束を守れなかった…

ヤバいね。彼女に逃げられちゃうよ~

思ったより稼げない

弁護士は高収入を期待される職業の一つですが、現実は必ずしもそうではありません。

弁護士の増加で年収が下降傾向

近年、弁護士の数は増加傾向にあり、それに伴い競争が激化しています。この状況は、特に新人弁護士や個人事務所経営者にとって、厳しい年収の低下をもたらしています。

拘束時間が長い分、時給計算すると割に合わないことも。

長時間労働にもかかわらず、得られる収入が期待に応えられない場合があります。実際の労働時間を時給で換算すると、他の職業と比較して割に合わないと感じる弁護士も少なくありません。

弁護士の数は飽和状態なのが現実。
弁護士の人数は増えているのに、裁判の数は減ってきているのです。

ワークライフバランスが悪い

仕事と私生活のバランスは、現代人にとって重要な要素です。

仕事に追われ、プライベートの時間がとれない

弁護士業界の長時間労働は、個人のライフスタイルや健康にも影響を及ぼします。プライベートな時間を確保することが難しく、趣味や家族との時間が犠牲になることがあります。

子供になかなか会えないから、なついてくれない…
なんて悲しい事態にもなりかねないよな…

ライフスタイルにあった働き方が難しい

弁護士の職業は、自身のライフスタイルや価値観に合わせた働き方を模索するのが困難です。このため、ワークライフバランスを重視する人々にとって、他の仕事への転職が魅力的に映るのです。

完全週休2日制で残業も少ない企業に就職して、週末は家族で遊園地!
とかいいなぁ。

法律以外の職業に興味がでた

法律の専門家である弁護士の方々が、法律以外の分野に興味を持ち、キャリアの転換を考えるケースが増えています。この変化には、様々な背景が存在します。

依頼人の話を聞いているうちに他の仕事に興味が湧く人も!

弁護士は多種多様な依頼人と接します。その中で、クライアントの事業内容や業界の魅力に触れる機会が多く、新たな職種への関心を抱くことがあります。このような経験から、新しい分野への挑戦を決意する弁護士も少なくありません。

隣の芝は青く見えるってやつだね

弁護士のスキルは他職種にも転用できます

弁護士として培われたスキルセットは、他の多くの職業でも有用です。論理的思考、精密な文書作成能力、交渉技術などは、多様な業界で高く評価されます。こうした能力を活かし、異なる分野でのキャリアを築く道も開かれています。

弁護士だけどゆったり働きたい

弁護士
弁護士

どうすればいいの?
とりあえず転職エージェント登録らしいけど

編集部
編集部

せめて年収800万は欲しいよね…

弁護士
弁護士

リモートワークができるといいな

編集部
編集部

そもそも行きたい会社ない
とりあえず仕事辞めたい

弁護士ドットコムキャリアなら解決できます

ゆったり弁護士になるなら

弁護士転職エージェント業界大手の弁護士ドットコムキャリアは応募手続き代行から入社後のアフターフォローまで完全無料で受けられます。さらに、土日祝が休み、残業も少ない会社でプライベートを充実させることもできます。

弁護士
弁護士

まさか、
弁護士で
リモートワークできるなんて!

編集部
編集部

転職のこと
なんにも分からなかったけど
お姉さんが全部教えてくれた


弁護士の企業法務転職で話題!
弁護士ドットコムキャリア

弁護士資格を生かしてキャリアチェンジしたい!

弁護士の方々が法律の専門知識を活かし、新たな職業に転職する選択肢は多岐にわたります。

弁護士育成予備校の講師

弁護士資格を有する方が、後進の育成に関わる道は、大きな意義を持つ選択です。

司法試験合格経験は大きな武器

司法試験の合格経験は、予備校講師として非常に価値があります。受験生に対して、試験対策の具体的なアドバイスや、試験に臨む心構えを伝えることができます。

弁護士としての実務経験も教育の場で活用しよう!

実際の弁護士業務で得た経験は、教育の場でも大いに役立ちます。実務の事例を交えた指導は、受験生にとって非常に有益であり、現実的な法律実務の理解を深める手助けとなります。

コンサルティング

コンサルティング業界は、法律知識を活かす場として適しています。

知識を持っているって強い!必死に勉強したんだもんね。
「ただの弁護士」より
コンサルタントとして「必要とされる人間」になる方がやりがいも感じるね

司法知識はコンサルティングに重要

法律に関する深い知識は、企業のリスク管理やコンプライアンスの分野で非常に重宝されます。弁護士の方々は、これらの分野でコンサルタントとして大きな貢献を果たすことができます。

法律外の職業で新しい挑戦をしてみたい弁護士さんにぴったりの職業!

コンサルティングは、法律以外の分野で新たなキャリアを構築したいと考える弁護士にとって、魅力的な選択肢です。幅広い業界の知識と経験を積むことができ、自身の専門性をさらに拡大させることが可能です。

クライアント企業の発展に貢献できるやりがいのあるお仕事ね

税理士、司法書士など他の士業

同じ法律関連の職業への移行も、弁護士にとっては自然な流れです。

これらは弁護士免許があれば無試験で登録可能!

税理士や司法書士など、他の士業には、弁護士免許を持っていれば試験を受けずに資格取得が可能です。これは、弁護士としての経験と知識を生かし、新たな専門分野で活躍するための大きな利点です。

同じ司法畑で、これまでのキャリアを生かしやすい

税理士や司法書士は、弁護士と同様に法律に関連する業務を行います。そのため、これまでのキャリアや経験をスムーズに活用することができ、比較的安定した転職先となり得ます。

【更新】2024年04月18日
1分で分かる人気転職エージェントBEST10【実績・評判】

でもやっぱり、弁護士としての転職も検討したい人へ

キャリアチェンジを検討する一方で、弁護士としての経験をさらに活かし、異なる環境や分野での転職を考える方もいらっしゃいます。そのような方々にとって、以下に挙げる選択肢は新たなキャリアパスを開く可能性を秘めています。

ずっと「なりたい職業」だった弁護士。
やっぱり弁護士として働きたいよね

法律事務所

法律事務所は、弁護士としてのキャリアを継続する上で、最も一般的な選択肢です。

特に、五大法律事務所は弁護士のキャリアアップにぴったり

国内外で名高い大手法律事務所では、キャリアアップのチャンスが豊富にあります。高度な専門知識を要する案件への関与や、国際的な業務への参画など、専門性を深めるとともに、キャリアを広げる機会が多くあります。

自分のやりたい仕事を取り扱ってる事務所を探そう!

自身の興味や専門分野に合致する事務所を見つけることは重要です。特定の法律分野や業種に特化した事務所も多く、自分の専門性を活かし、更なる成長を目指すことができます。

インハウスロイヤー

企業内弁護士としてのキャリアも、弁護士にとって魅力的な選択肢の一つです。

2001年では66人しかいなかったインハウスローヤーが、2023年には3,184人!
近年、非常にニーズが高まってきています。

(参考:日本組織内弁護士協会:組織内弁護士の統計データ)

法律事務所と比べて残業が少ない傾向

企業内弁護士は、法律事務所に勤務する弁護士に比べ、ワークライフバランスを取りやすい傾向にあります。残業時間が比較的少なく、定期的な勤務時間が期待できます。

銀行や商社など、企業内弁護士を採用している企業は年々増加

多くの企業がリーガルリスクの管理やコンプライアンスの強化のために、インハウスロイヤーを積極的に採用しています。金融、商社、製造業など様々な業種での需要があり、多角的なキャリアを築くことが可能です。

海外の法律事務所

グローバルなキャリアを志向する弁護士には、海外の法律事務所が適しています。

語学に自信があるなら心機一転、移住もあり!

語学力を活かし、国際的な業務に携わることは、弁護士としての視野を広げる絶好の機会です。海外の法律事務所では、異文化理解やグローバルな法律実務の経験を積むことができます。

住む国で弁護士免許を取る必要あり

異なる国の法律事務所で働くためには、その国の法律免許を取得する必要があります。これには相応の努力と時間が必要ですが、国際的なキャリアを築く上で非常に価値のあるステップです。

自分で開業、事務所設立!

自ら事務所を開業することは、多くの弁護士にとって究極の目標の一つです。

日弁連では独立開業したい方への支援をしています。
また各弁護士会で即時・早期独立開業のためのセミナーなども行っているので活用しましょう

(参考:日弁連の独立開業支援について)

十分な実績があるなら自分の事務所を開業するのもひとつの手。

独立して自分の事務所を開設することで、自由な働き方や経営においての自己実現を目指すことができます。これまでの経験と実績が、成功への基盤となります。

開業資金や、開業後の運用方法など準備することは多い

事務所設立には、開業資金の準備や事業計画の策定など、多くの準備が必要です。しかし、十分な準備と戦略をもって臨めば、自分の理想とする法律事務所を築くことが可能です。

シェアオフィスを利用すればコストも抑えられるし、電話の応対や郵便物の受領は
シェアオフィスのスタッフさんがやってくれるから事務員すら雇わず、本当に「1人事務所」が可能です

弁護士辞めて違う仕事を検討してるなら、転職エージェントでスキル転用できる仕事を探してみよう

弁護士としての経験を活かし、異なる職種への転職を検討する際、転職エージェントの活用は大きな助けとなります。転職エージェントは、弁護士のスキルや経験に合った職種を見つけるためのアドバイスを提供し、適切なキャリアの道を模索するサポートを行います。

知識豊富な転職エージェントに相談すれば、違う仕事に転職した人の成功談など、いろいろな情報を教えてくれますよ!

弁護士がラクするなら

弁護士ドットコムキャリア
編集部
編集部

企業法務って
結局ラクな弁護士の生き方No.1だよね

弁護士のキャリアを歩むなら弁護士ドットコムキャリアの登録は欠かせない。弁護士専門の圧倒的な求人数と手厚いフォローが充実しているので、弁護士ドットコムキャリアに登録さえしておけば、いつでも好きな条件の職場に転職しやすいです。

弁護士
弁護士

転職の流れ
わからない

編集部
編集部

弁護士ドットコムで教えてもらえば?

こんなおじさん弁護士でも転職できました

万が一のために登録だけでもしておくべき

編集部
編集部

念の為の準備もアリだと思います

利用料金”無料”

【最新】2024年04月18日
オススメ転職エージェント