本ページはプロモーションが含まれています

弁護士の刑事事件は儲からないから辞めた方がいい…

刑事事件で体も心もへとへと…

こんなに頑張ってるのに

儲からない(´・ω・`)

そんな毎日から抜け出しませんか?

弁護士がもっとキラキラ

輝ける道がわかっちゃいます!

弁護士として頑張ってきたことが

働きやすい環境で活かせる!

お金もプライベートな時間も

もう我慢しなくていい!

そんなキャリアアップが

叶えられるんです!

ゆったり働く弁護士へ
弁護士ドットコムキャリア

  1. 刑事事件で職業疲れ←やめたくなる理由3選 
    1. ワークライフバランスがとれない
      1. 1つの事件にかける時間が長すぎる!←決着まで数年かかる場合も。
    2. 法律業界の給与格差
      1. 裁判官と比べて平均年収が低い
    3. メンタルがキツイ、ストレスが溜まりやすい
      1. 場合によっては極悪非道な人を弁護する必要もある
      2. 仕事をしているだけで世間から叩かれることも・・・
  2. 刑事事件は辞めたいけど、キャリアは生かしたい!←セカンドキャリア例
    1. 企業内弁護士
      1. 企業内で求められる法的業務を行う弁護士
      2. 刑事事件は取り扱わない場合がほとんど!
    2. 法律事務所
      1. 取り扱いたい分野に強い事務所を探そう
      2. 総合事務所は多少、刑事事件も扱うかも←事前に確認しておこう
    3. これまでの経験を生かして、弁護士からキャリアチェンジもできます
      1. 弁護士養成予備校の講師
      2. コンサルティング
  3. 刑事弁護のキャリアを生かした転職をする方法
    1. 転職サイトに登録
      1. 弁護士のキャリアを活かせる求人は多数
      2. 司法以外の仕事も検討している場合は総合転職サイトもおすすめ
    2. 転職エージェントに登録
      1. 弁護士特化のエージェントも多数!
      2. 司法業界の転職のスペシャリストに相談できます
    3. 番外編 自分で起業
      1. キャリアを重ねているなら、自分で起業しちゃうのも選択肢のひとつ
      2. 起業の相談ができるエージェントもあります!
  4. 【まとめ】弁護士は刑事事件が儲からないから辛い。

刑事事件で職業疲れ←やめたくなる理由3選 

刑事弁護の分野で働く弁護士が直面する職業疲れの主な原因として、以下の三つの要素が挙げられます。これらの要因は、弁護士が刑事事件の取り扱いから離れる大きな動機となっています。

ワークライフバランスがとれない

依頼人のために頑張らなきゃとはいえ、弁護士だって自分の生活があるんだよ~…

1つの事件にかける時間が長すぎる!←決着まで数年かかる場合も。

刑事事件の弁護においては、1つの事件に対する取り組みが長期間に及ぶことが少なくありません。事件の複雑性や証拠の収集、法廷での審理など、多くの時間と労力を要することが一般的です。これにより、弁護士のワークライフバランスが大きく崩れることがあり、プライベートな時間や家族との時間が犠牲になることも珍しくありません。

法律業界の給与格差

職種が違うからって自分だけ給料低いとかやってらんないわ

裁判官と比べて平均年収が低い

刑事弁護士の給与水準に関しては、他の法律職、特に裁判官と比較して低い傾向にあります。この給与格差は、職業選択において重要な要素であり、経済的な報酬の観点から他の法律分野への転向を考慮する弁護士も少なくありません。

メンタルがキツイ、ストレスが溜まりやすい

こんな奴さっさと牢屋に入れ!とか思ったとしても言えないよね

場合によっては極悪非道な人を弁護する必要もある

仕事だからやってるのに、はたから見れば「悪い人の味方」なんだな~

仕事をしているだけで世間から叩かれることも・・・

刑事弁護においては、時に厳しいメンタル面の負担を伴います。罪を犯したとされる人々、場合によっては社会から非難されるような人物の弁護を担当する必要があるため、精神的なストレスは非常に大きくなります。加えて、公の場での弁護活動が世間の批判を浴びることもあり、これがさらなる精神的圧迫につながることがあります。

弁護士だけどゆったり働きたい

弁護士
弁護士

どうすればいいの?
とりあえず転職エージェント登録らしいけど

編集部
編集部

せめて年収800万は欲しいよね…

弁護士
弁護士

リモートワークができるといいな

編集部
編集部

そもそも行きたい会社ない
とりあえず仕事辞めたい

弁護士ドットコムキャリアなら解決できます

ゆったり弁護士になるなら

弁護士転職エージェント業界大手の弁護士ドットコムキャリアは応募手続き代行から入社後のアフターフォローまで完全無料で受けられます。さらに、土日祝が休み、残業も少ない会社でプライベートを充実させることもできます。

弁護士
弁護士

まさか、
弁護士で
リモートワークできるなんて!

編集部
編集部

転職のこと
なんにも分からなかったけど
お姉さんが全部教えてくれた


弁護士の企業法務転職で話題!
弁護士ドットコムキャリア

刑事事件は辞めたいけど、キャリアは生かしたい!←セカンドキャリア例

刑事事件の取り扱いから離れたいと考えている弁護士の方々にとって、キャリアの再構築は重要なテーマです。刑事弁護で培った知識やスキルは、他の法律関連の職種においても非常に価値があるものです。ここでは、刑事弁護の経験を活かしたセカンドキャリアの例をいくつか紹介します。

企業内弁護士

法廷で戦うより、企業の中で働いた方がメンタル安定しそうだね

企業内で求められる法的業務を行う弁護士

難しい法律のことは専門家にお任せした方が間違いないから!

刑事事件は取り扱わない場合がほとんど!

企業内弁護士は、企業の法務部門に所属し、契約管理やコンプライアンス監視、知的財産の管理など、様々な法的業務を担当します。刑事事件の取り扱いはほとんどありませんので、ワークライフバランスを重視する弁護士にとって魅力的な選択肢です。企業内弁護士としては、刑事法の専門知識をビジネス法務に応用することが求められることもあります。

法律事務所

はい!自分、ガッキーと一緒に働きたいです!

それはリーガルハイの世界に転生しなきゃ無理なんよ

取り扱いたい分野に強い事務所を探そう

債務整理とか相続とか、弁護士ってひとことで言っても色々やってるよね

自分が得意な分野は何か、ちゃんと知っといた方がよさそう!

総合事務所は多少、刑事事件も扱うかも←事前に確認しておこう

法律事務所への移籍も、キャリアの選択肢の一つです。特に、民事訴訟、企業法務、知的財産権など、自分の関心がある分野に特化した事務所を選ぶことで、キャリアの幅を広げることができます。ただし、総合事務所では刑事事件を扱うこともあるため、事前にその点を確認することが大切です。

これまでの経験を生かして、弁護士からキャリアチェンジもできます

元弁護士が職場にいるとなんとなく心強そう

これはコンプラ違反かな?これは?ってめっちゃ聞くかもしれないな

弁護士養成予備校の講師

弁護士の心構えとか現実とか、いっぱい聞きたいな~

コンサルティング

キャリアチェンジを考える場合、弁護士の経験を活かして教育分野に進むのも一つの方法です。弁護士養成予備校での講師として、次世代の法律家を育成する役割を担うことができます。また、法律に関連するコンサルティング業務では、ビジネスの観点から法的アドバイスを提供し、より広範なフィールドで活躍することも可能です。

【更新】2024年04月18日
1分で分かる人気転職エージェントBEST10【実績・評判】

刑事弁護のキャリアを生かした転職をする方法

刑事弁護の経験を持つ弁護士がキャリアの転換を考える際には、多くの選択肢が存在します。弁護士としての専門知識と経験は、多方面でのキャリア展開において有効活用できる貴重な資産です。ここでは、刑事弁護のキャリアを生かし、新たな職業へと移行するための具体的な方法をいくつか紹介します。

転職サイトに登録

スマホでサクッと転職先探すのが俺流ってワケ

弁護士のキャリアを活かせる求人は多数

サイトはいくつか登録しておけば、求人もたくさんチェックできて早く仕事が見つかるかも!

司法以外の仕事も検討している場合は総合転職サイトもおすすめ

転職サイトは、新しい職を探す際の有力なツールです。弁護士向けの専門職求人から、より幅広い職種を扱う総合転職サイトまで、さまざまな選択肢があります。特に、法律に関連する知識を生かせる職種は多岐にわたり、刑事弁護の経験が求められる場面も少なくありません。

転職エージェントに登録

弁護士特化のエージェントも多数!

司法業界の転職のスペシャリストに相談できます

弁護士専門の転職エージェントは、司法業界に精通しているため、刑事弁護の経験を活かすことができる職を紹介してくれる可能性が高いです。これらのエージェントは、個々のキャリアや希望に合わせたアドバイスを提供し、適切な職場を探す手助けをしてくれます。

番外編 自分で起業

キャリアを重ねているなら、自分で起業しちゃうのも選択肢のひとつ

起業の相談ができるエージェントもあります!

豊富な経験を持つ弁護士は、自身の法律事務所を開業するなど、起業の道を選ぶこともできます。これには、起業に関する相談を提供する専門のエージェントやコンサルタントが役立ちます。独立して新たなキャリアを築くことは、自由度が高く、自身の強みを最大限に活かすことが可能です。

【まとめ】弁護士は刑事事件が儲からないから辛い。

刑事弁護士としての道は、多くの挑戦と困難を伴います。ワークライフバランスの崩れ、給与の格差、メンタルの負担など、さまざまな理由から、多くの弁護士がこの分野を離れることを考えます。

お金やメンタル…理由は何であれしんどい時は無理しなくていいのよ~

我慢しないで新しい環境に行っちゃうのもアリ!

弁護士がラクするなら

弁護士ドットコムキャリア
編集部
編集部

企業法務って
結局ラクな弁護士の生き方No.1だよね

弁護士のキャリアを歩むなら弁護士ドットコムキャリアの登録は欠かせない。弁護士専門の圧倒的な求人数と手厚いフォローが充実しているので、弁護士ドットコムキャリアに登録さえしておけば、いつでも好きな条件の職場に転職しやすいです。

弁護士
弁護士

転職の流れ
わからない

編集部
編集部

弁護士ドットコムで教えてもらえば?

こんなおじさん弁護士でも転職できました

万が一のために登録だけでもしておくべき

編集部
編集部

念の為の準備もアリだと思います

利用料金”無料”

【最新】2024年04月18日
オススメ転職エージェント