本ページはプロモーションが含まれています

弁護士だけど結婚できない?明日使えるモテモテ術

弁護士だって

結婚できます!!

モテない、結婚できない…

そんな不安や悩みを払拭して

あなたがモテるための

戦略を教えちゃいます!

弁護士が持たれがちな

マイナスイメージを乗り越えて

結婚まっしぐら!?

素敵なパートナーを見つけて

幸せなマリッジライフをゲット♪

ゆったり働く弁護士へ
弁護士ドットコムキャリア

弁護士なのに結婚できない→モテないイメージ

弁護士という職業は専門性が高く、社会的にも一定の評価を受けています。しかし、その一方で、プライベートな面では「結婚できない」「モテない」というイメージが根強くあります。ここでは、そのようなイメージがどこから来るのかを探り、弁護士の皆さんがより良い人間関係を築くためのヒントをお伝えします。

①デートできない?

会えない時間が愛を育てるって言うじゃん!

限度ってもんがあるよ…全然会えないなら冷めちゃう

忙しすぎて合う時間がなさそう

弁護士は多忙を極める職業の一つです。案件に追われ、長時間労働が当たり前となることも少なくありません。そのため、恋愛においては「デートの時間が取れない」「忙しすぎて合う時間がない」というイメージが付きまといます。しかし、時間管理を上手く行えば、恋愛においても十分に充実した時間を過ごすことが可能です。

②理屈っぽいイメージ

喧嘩になった時に理詰めされそうで怖い…

筋は通っているんだろうけど←話が難しそう

法律の専門家として、論理的思考が求められる弁護士は、しばしば「理屈っぽい」「話が難しそう」と捉えられがちです。このイメージは、日常会話では論理的すぎることが逆にコミュニケーションの障害になることもあります。親しみやすい会話のテクニックを身につけることで、このハードルを越えることができます。

③価値観が合うか心配

優しくてたくさん愛情表現してくれる人がいいっ!

性格がドライで冷めていそう

弁護士は、職務上、客観的で合理的な判断が求められます。このため、プライベートでも「性格がドライで冷めている」と見られがちです。しかし、仕事とプライベートでは異なる一面を見せることも大切で、感情を大事にすることが、他者との価値観を共有する第一歩となります。

④学歴重視?

高学歴な人はすごいけど、学歴でマウント取られたら嫌すぎる

学歴が低いと見下されそう

高い学歴を持つ弁護士は、相手に対して無意識のうちに学歴を重視すると思われがちです。このようなイメージは、相手を見下すような態度をとらず、一人の人間としての魅力にフォーズを当てることで払拭できます。

⑤細かくて厳しいイメージ

LINEで誤字ったらネチネチ指摘されたりするのかな…

相手に対してちょっとのことでも厳しそう

法的な精度や細部にこだわる弁護士の仕事ぶりは、プライベートにおいても「細かくて厳しい」と捉えられることがあります。しかし、人間関係においては、柔軟性を持ち、相手の小さな良い点を見つけて称賛することで、より親密な関係を築くことができます。

弁護士だけどゆったり働きたい

弁護士
弁護士

どうすればいいの?
とりあえず転職エージェント登録らしいけど

編集部
編集部

せめて年収800万は欲しいよね…

弁護士
弁護士

リモートワークができるといいな

編集部
編集部

そもそも行きたい会社ない
とりあえず仕事辞めたい

弁護士ドットコムキャリアなら解決できます

ゆったり弁護士になるなら

弁護士転職エージェント業界大手の弁護士ドットコムキャリアは応募手続き代行から入社後のアフターフォローまで完全無料で受けられます。さらに、土日祝が休み、残業も少ない会社でプライベートを充実させることもできます。

弁護士
弁護士

まさか、
弁護士で
リモートワークできるなんて!

編集部
編集部

転職のこと
なんにも分からなかったけど
お姉さんが全部教えてくれた


弁護士の企業法務転職で話題!
弁護士ドットコムキャリア

女性弁護士も結婚できない?自分で殻に閉じこもっている場合も

女性弁護士が直面する恋愛の障壁には、社会的な偏見や自己認識の問題が存在します。これらの要因が結婚や恋愛への道を阻んでいることがあり、これを克服するためのアプローチを考えることが重要です。

女性弁護士が想像してしまう男性からのイメージ

女性で弁護士=デキる女!強い女!みたいなイメージ持ってる人、多そうだよね

性格がキツイと思われていそう

強い意志と職務への献身が求められる職業であるため、女性弁護士はしばしば「性格がキツイ」と誤解されることがあります。このような誤解を解消するためには、日常のコミュニケーションで温和さや思いやりを示すことが有効です。

エリートって思われていそう

女性弁護士はその職業柄、「エリート」というレッテルを貼られがちです。しかし、自分の仕事を誇りに思う一方で、謙虚さを忘れずにいることが、人々の心を開く鍵となります。

どうやって男性と出会えばいいのかわからない

そもそも相手がいなきゃ結婚も交際もできないやんけ!

女性弁護士が合コンに行ったら引かれそう・・・

社交場においては、自分の職業を前面に出すことなく、一個人としての多面的な魅力をアピールすることが重要です。合コンなどの場では、仕事以外の趣味や関心事を共有することで、より自然な関係を築くことができます。

【更新】2024年04月21日
1分で分かる人気転職エージェントBEST10【実績・評判】

弁護士って本当はモテる職業です!→自信を持とう

弁護士は実は多くの人々に魅力的に映る職業です。その専門性と社会的地位は、自信と魅力の源泉となり得ます。このポジティブな側面を活かし、自信を持って行動することが成功へのカギです。

「自分は弁護士」に自信を持つ

男性でも女性でも、大変な仕事を日々こなしてるんだからかっこいいよっ!

自信がある人って輝いて見えます!

自分の職業に誇りを持つことは、自信へと繋がります。弁護士としての自分を受け入れ、その魅力を自然と周囲に伝えることで、より魅力的な人物として映るでしょう。

プライベートの時間がなかったらホワイト企業に転職もあり

転職でプライベートに余裕をもつ→婚活スタート

仕事とプライベートのバランスは非常に重要です。必要であれば、プライベートの時間を確保するために、ホワイト企業への転職も一つの選択肢です。そうすることで、婚活にも積極的に取り組むことができます。

婚活スタート!結婚相談所もおすすめ

結婚相談所←弁護士と結婚したい人達が待っている

結婚相談所を利用することも、効果的な出会いの場となります。ここでは、弁護士と結婚したいと考える人々が多く集まります。自分の職業を生かし、理想のパートナーとの出会いを求めることができるでしょう。

【まとめ】弁護士は結婚できないって思ってたけど←できそう

結論として、弁護士は結婚できる職業です。職業による偏見や自己認識の問題を乗り越え、自信を持って積極的に行動することで、理想のパートナーとの出会いは十分可能です。職業を生かし、自分らしい恋愛を楽しむことができるでしょう。

もう「弁護士だから結婚できない」なんて言わせないぞ♪

職業は関係ない!自分の魅力をアピールしたもん勝ちよ!

弁護士がラクするなら

弁護士ドットコムキャリア
編集部
編集部

企業法務って
結局ラクな弁護士の生き方No.1だよね

弁護士のキャリアを歩むなら弁護士ドットコムキャリアの登録は欠かせない。弁護士専門の圧倒的な求人数と手厚いフォローが充実しているので、弁護士ドットコムキャリアに登録さえしておけば、いつでも好きな条件の職場に転職しやすいです。

弁護士
弁護士

転職の流れ
わからない

編集部
編集部

弁護士ドットコムで教えてもらえば?

こんなおじさん弁護士でも転職できました

万が一のために登録だけでもしておくべき

編集部
編集部

念の為の準備もアリだと思います

利用料金”無料”

【最新】2024年04月21日
オススメ転職エージェント