本ページはプロモーションが含まれています

弁護士は独立しないと儲からない?ブティック系のコンサル弁護士は年収1000万超

独立して事務所を立ち上げなくても

収入アップは可能です!!

弁護士のあなたにオススメな

ザクザク稼げる働き方、

この記事で提案します!

定時退社も高収入も

夢では終わらせません!!

資格や経験は活かしながら

お金も時間ももっとゲット♪

そんな理想を叶えましょう(^^)/

ゆったり働く弁護士へ
弁護士ドットコムキャリア

  1. 弁護士を続けても食えない?弁護士の経済的問題はここからきている!
    1. 弁護士の増加
      1. 司法改革の影響
      2. 資格を持っているのに就職先がない無職弁護士も問題になっている
    2. 裁判の減少
      1. 民事裁判は年々減少傾向
      2. 弁護士が増えているため、特に若手は案件をもらいづらくなっている
    3. 「弁護士だから稼げる」ではなくなっている!意外と職業満足度が低い
  2. じゃあ、弁護士はみんな報酬不満?稼げる職場ももちろんあります!
    1. 企業内弁護士
      1. 企業内弁護士の求人は年々増加
      2. 企業内弁護士は残業が少なめ
      3. 製造、金融、流通etcと業界は多種多様
      4. 福利厚生が手厚い企業も多い!
    2. 法律事務所
      1. 法律事務所の経営難は深刻な問題
      2. 大手事務所は年収が高め
      3. 個人事務所は大手と比べて低くなりがち
    3. パートナー弁護士
      1. 法律事務所の共同経営者は年収が高い
      2. 独立を目指している人は共同経営も選択肢に入れてみよう
    4. 弁護士スキルを生かしてキャリアチェンジもあり!
      1. 司法書士、税務士、予備校講師
      2. キャリアを生かして副業する人も
  3. 弁護士キャリアを生かすには、転職サイト?エージェント?
    1. 総合転職サイト
      1. 弁護士に関わらず様々な業界を探せます
      2. 弁護士スキルを生かしきれない職場も多いので注意しよう
    2. 専門のエージェントに相談
      1. 「弁護士」特化型の転職エージェントは意外と多い!
      2. キャリアや培ったスキルを活かせる職場を探せます
      3. 独立の相談もOK!
  4. 弁護士は独立しないと儲からないなんてことはない!

弁護士を続けても食えない?弁護士の経済的問題はここからきている!

弁護士としてのキャリアを続ける上で、経済的な不安は避けられない問題となっています。法律業界の現状は、弁護士が増加し続ける一方で、裁判の件数は減少傾向にあり、これが弁護士の収入減少に直結しているのです。

弁護士の増加

弁護士が主人公のドラマとか映画はよく見るけど、弁護士ってそんなに多いの?

ムズい試験突破しなきゃだから狭き門ってイメージだけどね~

司法改革の影響

司法改革により、弁護士の数は過去数十年に渡って増加し続けています。この改革は、より多くの法律専門家を養成することを目的としていましたが、結果として弁護士市場の飽和を招く一因となりました。

資格を持っているのに就職先がない無職弁護士も問題になっている

資格を取得したにも関わらず、適切な就職先を見つけられない弁護士も増加しています。特に新人弁護士が直面するこの問題は、専門職としてのキャリアを築く上で大きな障害となっています。

裁判の減少

コイツ訴えてやろうかって思うことはあっても、本当に実行するとお金も時間もかかりそうだからなぁ

民事裁判は年々減少傾向

民事裁判の件数は年々減少しており、これが弁護士の仕事量減少につながっています。特に、一般市民の間での裁判への抵抗感や、紛争解決のための代替手段の普及がこの傾向に影響していると考えられます。

弁護士が増えているため、特に若手は案件をもらいづらくなっている

弁護士の数が増える一方で、案件の数が減少している現状は、特に若手弁護士にとって厳しい環境を生み出しています。この競争の激化は、若手弁護士にとって案件を獲得することを困難にしています。

「弁護士だから稼げる」ではなくなっている!意外と職業満足度が低い

かつては高収入とされた弁護士職も、現在では必ずしも高収入を保証する職業ではなくなっています。案件の減少や競争の激化が影響し、多くの弁護士が職業満足度の低下を感じています。

弁護士だけどゆったり働きたい

弁護士
弁護士

どうすればいいの?
とりあえず転職エージェント登録らしいけど

編集部
編集部

せめて年収800万は欲しいよね…

弁護士
弁護士

リモートワークができるといいな

編集部
編集部

そもそも行きたい会社ない
とりあえず仕事辞めたい

弁護士ドットコムキャリアなら解決できます

ゆったり弁護士になるなら

弁護士転職エージェント業界大手の弁護士ドットコムキャリアは応募手続き代行から入社後のアフターフォローまで完全無料で受けられます。さらに、土日祝が休み、残業も少ない会社でプライベートを充実させることもできます。

弁護士
弁護士

まさか、
弁護士で
リモートワークできるなんて!

編集部
編集部

転職のこと
なんにも分からなかったけど
お姉さんが全部教えてくれた


弁護士の企業法務転職で話題!
弁護士ドットコムキャリア

じゃあ、弁護士はみんな報酬不満?稼げる職場ももちろんあります!

弁護士の報酬に不満を抱える者が多い中、一部の職場では依然として高い収入を得ることが可能です。

企業内弁護士

企業内弁護士としての職場は、近年注目を集めています。多くの企業がリーガルリスクの管理やコンプライアンスの強化のために、法律専門家を求めています。企業内弁護士は一定の安定した収入を得ることが可能であり、また残業が少なめであることや、多種多様な業界での活躍の場があることが特徴です。さらに、福利厚生が手厚い企業も多く、弁護士としてのキャリアを考える上で魅力的な選択肢となっています。

企業がやらかすと炎上不可避だし、そのせいで売上もダウンしてそうだからね…

それは避けたい…ってなると、弁護士に頼りたくなる気持ちわかるなぁ

企業内弁護士の求人は年々増加

近年、企業内弁護士の需要が高まっており、求人数も年々増加しています。企業はリーガルリスクの管理やコンプライアンス強化のために、弁護士の専門知識を内部に持つことを重視しています。この傾向は、弁護士にとって新たな職業選択の機会を提供しており、法律分野以外でのキャリア構築にも道を開いています。

企業内弁護士は残業が少なめ

一般的な法律事務所と比較して、企業内弁護士は残業時間が少なく、ワークライフバランスを重視する方に適した職場環境を提供しています。これは、労働時間の管理が徹底されている企業文化と、業務の効率化が図られていることに起因します。

弁護士と会社員のいいとこ取りって感じ!?

製造、金融、流通etcと業界は多種多様

企業内弁護士の活躍の場は、製造業、金融業、流通業など多岐にわたります。各業界で求められる法律的な専門性は異なるため、弁護士は自身の専門知識を活かしつつ、新たな分野への適応能力も磨くことが可能です。

福利厚生が手厚い企業も多い!

多くの企業では、従業員の福利厚生を充実させることで、優秀な法律専門家の確保と定着を図っています。健康保険、退職金制度、教育訓練の支援など、多様な福利厚生プログラムが弁護士のキャリア選択に影響を与えています。

優秀な人がよそに取られちゃう前に、うちに来るといいことあるよってアピールしないと!

法律事務所

法律事務所での働き方は、弁護士にとって大きな選択肢の一つです。しかし、事務所によっては経営難に直面しているところもあり、職場選びには慎重な検討が求められます。

法律事務所の経営難は深刻な問題

現代の法律市場では、多くの法律事務所が経営難に直面しています。特に中小規模の事務所では、案件の獲得競争や運営コストの増大が経営を圧迫しています。弁護士が転職を検討する際には、事務所の経営状態を確認することが重要です。

大手事務所は年収が高め

一方で、大手法律事務所では比較的高い年収を得ることが可能です。特に四大法律事務所などでは、年収1000万円を超えることも珍しくありません。これらの事務所では高い専門性と実績が求められますが、それに見合った報酬を得られる可能性があります。

ドラマでも弁護士事務所ってめっちゃ大きくて綺麗なオフィスだったりするよね

実際もそれだけ儲かってるんだろうな~!

個人事務所は大手と比べて低くなりがち

一方で、個人事務所では大手事務所と比較して年収が低めになる傾向があります。特に地方においては、年収が400万円を下回る場合も少なくないため、キャリアプランを練る際には地域の市場状況を考慮する必要があります。

パートナー弁護士

法律事務所の共同経営者としての役割を担うパートナー弁護士は、高い年収を得ることが一般的です。

弁護士の仕事も経営もするって、すごい権力持ってそうな感じするもんな

法律事務所の共同経営者は年収が高い

パートナー弁護士は事務所の経営に参画することで、事務所の利益に応じた報酬を得ることができます。このポジションは、高い専門性と経営能力を要求されますが、それに見合う収益を得ることが可能です。

独立を目指している人は共同経営も選択肢に入れてみよう

独立を目指す弁護士にとって、共同経営は魅力的なキャリアパスです。自らの事務所を設立することも一つの選択肢ですが、既存の事務所との共同経営によって、リスクを分散しつつキャリアを発展させることができます。

弁護士スキルを生かしてキャリアチェンジもあり!

弁護士のスキルセットは、法律の枠を超えて様々な分野で活用されます。キャリアチェンジや副業も、多くの弁護士にとって現実的な選択肢となっています。

司法書士、税務士、予備校講師

司法書士や税務士への転身、予備校での講師業など、弁護士として培った知識とスキルを活かせる職種は多岐にわたります。これらの職種は、法律の専門知識を生かしつつ、新たなキャリアの道を切り開く機会を提供します。

資格とか知識持ってると転職しても活かせるよね!ホントつよつよ!

キャリアを生かして副業する人も

また、現在の職に留まりつつ副業を行う弁護士も増えています。法律コンサルティング、執筆活動、オンライン教育など、様々な形で弁護士の専門知識が求められており、これらの活動を通じて追加収入を得ることが可能です。

弁護士キャリアを生かすには、転職サイト?エージェント?

弁護士としてのキャリアを最大限に生かすためには、適切な転職支援ツールの選択が重要です。総合転職サイトと専門のエージェントは、それぞれ異なる利点を持ち、弁護士のキャリア展開に大きな影響を与えることができます。

総合転職サイト

色んな企業の募集があるから、無限の可能性が見えてきちゃうかも!

弁護士に関わらず様々な業界を探せます

総合転職サイトでは、弁護士を含む多様な職種や業界の求人情報を幅広く探すことが可能です。これにより、従来の法律業界に留まらず、新たな分野への挑戦も視野に入れることができます。

弁護士スキルを生かしきれない職場も多いので注意しよう

しかし、弁護士としての専門スキルを十分に活かせない職場も多いため、求人選びには注意が必要です。キャリアプランに合った職場を見つけるためには、求人情報の詳細な分析と選択基準の明確化が求められます。

元弁護士なのに宝の持ち腐れ…ってなったら悲しすぎる

前職関係なくまっさらな私で挑戦したい!って人ならいいんだろうけどね~

専門のエージェントに相談

何事も専門家を頼るのが近道だよ!

法律のことは弁護士に任せるみたいにね

「弁護士」特化型の転職エージェントは意外と多い!

弁護士専門の転職エージェントは、法律業界に特化したキャリアサポートを提供しています。これらのエージェントは、弁護士としての経験や専門性を踏まえた上で、適切な職場を紹介してくれる可能性が高いです。

キャリアや培ったスキルを活かせる職場を探せます

専門のエージェントを利用することで、個々の弁護士のキャリアプランやスキルセットにマッチした職場を見つけることが容易になります。また、業界の動向や求人市場の深い知識を活用して、より的確なアドバイスを受けることが可能です。

私にシンデレラフィットする職場を一緒に探してくださーい!!

独立の相談もOK!

さらに、独立を目指す弁護士にとっても、専門のエージェントは有用です。独立に向けた具体的なアドバイスや支援を提供し、キャリアの新たな段階への移行をサポートしてくれます。

【更新】2024年04月21日
1分で分かる人気転職エージェントBEST10【実績・評判】

弁護士は独立しないと儲からないなんてことはない!

弁護士としてのキャリアは多様化しており、独立のみが高収入への道ではありません。法律事務所、企業内弁護士、パートナーとしての共同経営、さらにはキャリアチェンジや副業など、多くの選択肢が存在します。

持ってる資格は同じでも、活かし方は星の数ほどあるんじゃん?

自分に合った稼ぎ方はガチできっとある!!!

弁護士がラクするなら

弁護士ドットコムキャリア
編集部
編集部

企業法務って
結局ラクな弁護士の生き方No.1だよね

弁護士のキャリアを歩むなら弁護士ドットコムキャリアの登録は欠かせない。弁護士専門の圧倒的な求人数と手厚いフォローが充実しているので、弁護士ドットコムキャリアに登録さえしておけば、いつでも好きな条件の職場に転職しやすいです。

弁護士
弁護士

転職の流れ
わからない

編集部
編集部

弁護士ドットコムで教えてもらえば?

こんなおじさん弁護士でも転職できました

万が一のために登録だけでもしておくべき

編集部
編集部

念の為の準備もアリだと思います

利用料金”無料”

【最新】2024年04月21日
オススメ転職エージェント