本ページはプロモーションが含まれています

弁護士ならなきゃよかった←自慢してモテたい(今モテモテ)

弁護士になったこと

後悔しているあなた!

心身の疲れからも

カツカツの生活からも

もう解放されましょう!!

キャリアチェンジの道、教えます♪

弁護士として積み重ねた

経験やスキルを活かしながら

もっと稼げて、もっと楽しい!

そんな仕事を見つけて

財布も心も潤わせましょ♪

ゆったり働く弁護士へ
弁護士ドットコムキャリア

弁護士ならなきゃよかったってくらいキツイんです

頑張って司法試験受かったのに…こんなはずじゃなかった!!!

責任が重すぎる

法律の専門家として、弁護士は極めて重大な責任を担っています。その最たる例が、裁判での代理人活動です。依頼人の人生や企業の運命が弁護士の手に委ねられているわけで、この重圧は計り知れないものがあります。

ミスって恨まれたらマジで詰む…

ミスが許されなくてプレッシャーだらけ

この責任の重さは、弁護士にとって絶えずプレッシャーとなって現れます。法律的な細部における一つのミスが、依頼人の人生に大きな影響を及ぼす可能性があるため、細心の注意が求められます。このような緊張感の中での仕事は、精神的に非常に負担が大きいと言えるでしょう。

拘束時間が長すぎる

また、弁護士の労働時間は極めて長いことが一般的です。裁判準備、書類作成、依頼人との打ち合わせなど、仕事は多岐にわたり、これらすべてを質高くこなす必要があります。

猫の手も借りたい!もう犬でもタヌキでもいいっ!

受け持った仕事は自分でやらなきゃいけない

弁護士は受け持った案件について、全ての責任を持ちます。助手や他のスタッフに一部の業務を委託することは可能ですが、最終的な判断は弁護士自身が行う必要があり、これが長時間労働の一因となっています。

ストレスが半端ない

弁護士業界におけるストレスの源は多岐にわたります。依頼人とのコミュニケーション、裁判の準備、そして常に続く新たな法律の学習など、心身ともに高い負担を強いられます。

弁護士になるまでも、なってからも大変すぎる(;O;)

クレーム対応←もううんざり

特にクレーム対応は、精神的な負担が大きい部分です。依頼人の期待に応えられなかった場合、その責任は全て弁護士に向けられます。これによるストレスは計り知れないものがあり、多くの弁護士がうんざりしているのが現実です。

頑張ったで許されるのは小学生までですよ?

その詰め方イヤすぎる!やめて!

収入が思っていたのと違う

弁護士という職業は高収入を期待されがちですが、実際はそうではない場合も少なくありません。特に若手弁護士の場合、収入は予想を大きく下回ることがあります。

みんながみんな稼げる訳じゃないのはどの職業でも同じなんだね

若手だと年収300万なんてことも

新人弁護士の年収が300万円程度というケースも少なくなく、これは社会的な地位や責任の重さと比較して、非常に低い水準と言えます。このような状況は、弁護士としてのキャリアを続けるべきかどうか、深刻な悩みを抱える要因となっています。

キャリア積めばもっと稼げるかもだけど…

その前に心が折れそうだなぁ

弁護士だけどゆったり働きたい

弁護士
弁護士

どうすればいいの?
とりあえず転職エージェント登録らしいけど

編集部
編集部

せめて年収800万は欲しいよね…

弁護士
弁護士

リモートワークができるといいな

編集部
編集部

そもそも行きたい会社ない
とりあえず仕事辞めたい

弁護士ドットコムキャリアなら解決できます

ゆったり弁護士になるなら

弁護士転職エージェント業界大手の弁護士ドットコムキャリアは応募手続き代行から入社後のアフターフォローまで完全無料で受けられます。さらに、土日祝が休み、残業も少ない会社でプライベートを充実させることもできます。

弁護士
弁護士

まさか、
弁護士で
リモートワークできるなんて!

編集部
編集部

転職のこと
なんにも分からなかったけど
お姉さんが全部教えてくれた


弁護士の企業法務転職で話題!
弁護士ドットコムキャリア

弁護士を辞める理由は数知れず・・・

弁護士という職業は外から見ると輝かしいものに見えるかもしれませんが、実際には多くの理由でこの職を離れる方が増えています。特に厳しい労働環境や健康問題、職場の人間関係などは、弁護士がこの道を離れる大きな要因となっています。

ブラックな事務所に就職してしまった

法律事務所の中には、従業員に過度な労働を強いる「ブラック事務所」と呼ばれる場所も存在します。こうした環境での仕事は、身体的、精神的な負担が大きく、職場を離れる理由となることが多いです。

給料が安すぎて生活できない

特に若手弁護士が直面する問題の一つが、給料の低さです。期待される労働量に比べて十分な報酬が得られず、生活に困窮するケースも少なくありません。

一生懸命やってるのに給料低いのは一番あかんっ!

上司のパワハラがひどい

また、上司によるパワーハラスメントも深刻な問題です。職場での人間関係の悪化は、メンタルヘルスに大きな影響を与え、弁護士が職を辞める大きな理由となっています。

病気になってしまった

長時間労働やストレスの多い職場環境は、弁護士の健康に深刻な影響を及ぼします。これが原因で病気になるケースも珍しくありません。

精神的に辛くてうつ病に

精神的なプレッシャーは特に大きな問題で、うつ病などのメンタルヘルスの問題を抱える弁護士も増えています。このような健康状態は、職業を続けることを困難にします。

労働問題で弁護士に頼る人もいるけど、その弁護士が仕事で病むこともあるのか…

長時間労働や不規則な生活が原因で病気に

不規則な生活や過労は、体調を崩す大きな要因です。特に長時間労働は、身体的な病気を引き起こすことが多く、健康を理由に弁護士を辞める方も少なくありません。

独立に失敗

自身の法律事務所を開設することは、多くの弁護士の夢ですが、それが現実には困難な挑戦であることが多いです。

自分の事務所持ってるってかっこいいけど、雇われてる方が安定はするよね~

独立してがっぽり稼げるのは一握りなのかもね

仕事をゲットする営業が思うようにいかなかった

独立した弁護士にとって、新たなクライアントを獲得することは大きな課題です。しかし、営業活動が思うように進まず、経済的な困難に直面することがあります。

経営するのが苦手だった

また、法律の専門家であっても、事務所の経営に関する知識やスキルが不足している場合、独立後の経営が上手くいかないことがあります。これが、独立に失敗する一因となっています。

【更新】2024年04月21日
1分で分かる人気転職エージェントBEST10【実績・評判】

弁護士からのキャリアチェンジ

キャリアチェンジは、弁護士が直面するこれらの問題からの一つの解決策です。弁護士のスキルや知識は、他の分野でも高く評価され、新たな職業に活かすことができます。

①インハウスローヤー

企業内弁護士として働くことは、多くの弁護士にとって魅力的なキャリアパスです。企業の法務部に所属し、会社のリーガルアドバイスを担当することで、より安定した労働環境で働くことができます。

依頼人とのトラブルも、企業が相手ならそこまで心配しなくていいかも?

企業の法務で働く企業内弁護士に

企業内弁護士は、会社の法的リスクを管理し、契約書の作成や審査、法的な問題の解決にあたります。企業にとって重要な法的アドバイザーとしての役割を果たし、企業の成功に寄与します。このポジションは、一般の法律事務所に比べ、働きやすい環境が整っていることが多く、弁護士にとって魅力的な選択肢です。

②予備校の講師

弁護士業界から離れる際に選ばれるキャリアの一つが、予備校の講師です。法律の専門知識を活かし、次世代の法律家を育成する役割を担います。

司法試験の先生←オンライン講師もある

司法試験の講師としては、受験生に法律の深い理解を伝えることが求められます。また、最近ではオンラインでの講義も増えており、より柔軟な働き方が可能になっています。この分野での経験は、弁護士としての専門性を活かしながら、教育の世界で新たなキャリアを築くことを可能にします。

教室で講義するより、オンラインの方がお互い気楽にやれそうだよね!

③弁護士が取得できるダブルライセンスを利用して就活

弁護士資格を持つ方々には、他の専門職への道も開かれています。所謂「ダブルライセンス」の取得を目指すことで、新しい職業の道が広がります。

税理士

税理士は、税務に関する専門的な知識を持ち、個人や企業の税務代理や税務相談を行います。法律の背景を理解している弁護士は、この分野で強みを発揮できるでしょう。

社労士

社会保険労務士は、労働法や社会保険に関する専門家です。企業の人事労務管理のサポートを行い、法律の知識が直接的に活かされる職種です。

行政書士

行政書士は、各種許認可申請や契約書作成など、幅広い行政手続きの専門家です。法律の基礎知識がある弁護士は、この分野での転職にも適しています。

弁護士と違って依頼人の代わりに交渉することはないから、気持ち的に負担が軽そうだね

弁理士

弁理士は、特許や商標などの知的財産権の専門家です。法律に関する深い理解を持つ弁護士は、この分野でも活躍が期待されます。

海事補佐人

海事補佐人は、船舶や海事に関する法律の専門家です。弁護士の法律的な知識は、この特化した分野で大いに役立つでしょう。

転職エージェントにサクッと登録

これらのキャリアチェンジを考える際、転職エージェントへの登録が効果的です。専門性の高い職種への転職には、適切なアドバイスや情報が必要となります。転職エージェントは、その過程をスムーズに進めるための強力なサポートを提供します。

まとめ→弁護士ならなきゃよかった→知識を生かして転職しよう

弁護士という職業は、多くの挑戦と困難を伴いますが、その経験と知識は他の分野でも価値があります。キャリアチェンジは、新たな領域で弁護士のスキルを活かす機会を提供します。転職を考える際は、これまでの経験を基に、新しい道を見つけ出すことが重要です。そして、弁護士として培った専門知識は、次なるキャリアの成功へと導く貴重な資源となるでしょう。

弁護士になったからこそ活かせることはいっぱいあるよね

そうそう♪後悔してる時間はもったいない!次の道へレッツゴーよ!

弁護士がラクするなら

弁護士ドットコムキャリア
編集部
編集部

企業法務って
結局ラクな弁護士の生き方No.1だよね

弁護士のキャリアを歩むなら弁護士ドットコムキャリアの登録は欠かせない。弁護士専門の圧倒的な求人数と手厚いフォローが充実しているので、弁護士ドットコムキャリアに登録さえしておけば、いつでも好きな条件の職場に転職しやすいです。

弁護士
弁護士

転職の流れ
わからない

編集部
編集部

弁護士ドットコムで教えてもらえば?

こんなおじさん弁護士でも転職できました

万が一のために登録だけでもしておくべき

編集部
編集部

念の為の準備もアリだと思います

利用料金”無料”

【最新】2024年04月21日
オススメ転職エージェント