本ページはプロモーションが含まれています

弁護士って辛い→思ってたのと違うなら転職しちゃえ

辛い毎日はもうオワリ!

他の弁護士と差をつけて

忙しいのに稼げない…

そんな現状から脱出!!

もっと稼ぐ方法、あるんです!

仕事が入れ食い状態の

人気弁護士も夢じゃない!

ということは…!?

もっともっとお金が入ってくる!

割に合わない頑張りから

脱却できちゃいます♪

ゆったり働く弁護士へ
弁護士ドットコムキャリア

弁護士は辛い・・・想像と違いすぎ

多くの人が、弁護士という職業を選ぶ際には、高い社会的地位や専門性の高い仕事に対する期待を持っていることでしょう。しかし、実際に弁護士として働き始めると、想像していた職業生活とのギャップに直面することが少なくありません。特に、給与面や仕事量の面での厳しさは、多くの弁護士が直面する現実です。

天海祐希さんに憧れて弁護士になったけど…想像の100倍はキツい(T_T)

こんなはずじゃない!?給料低すぎ

法律の専門家である弁護士の給与は、一般に高いと考えられがちですが、実際にはさまざまな要因により低く抑えられることがあります。

営業できなくて案件が少ない←報酬でない

新規の案件を獲得するための営業活動は、弁護士にとって重要なスキルの一つです。しかし、営業に自信がない、または時間を割けない弁護士にとっては、案件の獲得が難しく、それが直接収入に影響を与えます。案件が少なければ、報酬も自ずと少なくなります。

営業マンでもあるってこと!?

人見知りだったらハードモードじゃん

ブラック企業で安月給

また、弁護士が所属する法律事務所の経営状態や方針によっても給与は大きく左右されます。中には、過剰な労働を強いる「ブラック企業」と呼ばれる法律事務所も存在し、安月給で長時間労働を強いられることも珍しくありません。

プライベート少なすぎ

弁護士の仕事は、非常に高い専門性と責任を伴います。そのため、多くの時間を仕事に費やすことが一般的です。

恋人や家族と過ごす時間が少なくて不満が溜まりそう…!

いくら仕事しても溢れてくる仕事量

案件によっては、複雑な調査や資料の準備、長時間にわたる訴訟準備などが求められることがあります。これらは時間を要し、一つの案件が終わっても次の案件が待っていることが多く、絶え間ない労働が続きます。

職業疲れ→たまの休みも頭の中が仕事だらけ

また、精神的な負担も大きく、仕事から解放された休日であっても、心は常に仕事のことでいっぱいになりがちです。クライアントの問題解決に向けた責任感やプレッシャーが、プライベートの時間にも影響を及ぼすのです。

撮りためてたドラマやっと見れたのに、上の空になっちゃってあんまり記憶ないや

弁護士だけどゆったり働きたい

弁護士
弁護士

どうすればいいの?
とりあえず転職エージェント登録らしいけど

編集部
編集部

せめて年収800万は欲しいよね…

弁護士
弁護士

リモートワークができるといいな

編集部
編集部

そもそも行きたい会社ない
とりあえず仕事辞めたい

弁護士ドットコムキャリアなら解決できます

ゆったり弁護士になるなら

弁護士転職エージェント業界大手の弁護士ドットコムキャリアは応募手続き代行から入社後のアフターフォローまで完全無料で受けられます。さらに、土日祝が休み、残業も少ない会社でプライベートを充実させることもできます。

弁護士
弁護士

まさか、
弁護士で
リモートワークできるなんて!

編集部
編集部

転職のこと
なんにも分からなかったけど
お姉さんが全部教えてくれた


弁護士の企業法務転職で話題!
弁護士ドットコムキャリア

仕事が辛すぎてうつ病に→もう辞めたい

弁護士としてのキャリアを積んでいくうちに、仕事の圧力は精神的な健康にも影響を及ぼすことがあります。過度のストレスはうつ病などのメンタルヘルスの問題を引き起こすリスクを高めるため、職業的な挑戦が心の健康に重大な影響を与えることは、決して珍しい事態ではありません。

依頼者のトラブルに巻き込まれがち

弁護士は依頼者のトラブルを解決するために働きますが、その過程で依頼者の問題に深く関与することになります。このような関与は、弁護士自身の精神的な負担を増加させることがあり、場合によってはプロフェッショナルと個人的な境界線を曖昧にすることもあります。

共感力が高い人ほどメンタルやられそうだなぁ

上司とうまくいかないで毎日憂鬱

職場内での人間関係、特に上司との関係は、日々の仕事の満足度に大きく影響します。弁護士が上司との関係でストレスを感じる場合、それは仕事の質や個人のウェルビーイングに悪影響を及ぼし、憂鬱な気分を引き起こす原因になることもあります。

ダブルライセンスを取得←他の弁護士と差別化で前進!

弁護士としてのキャリアに新たな展望を求める一つの方法として、ダブルライセンスの取得があります。これは、他の弁護士との差別化を図り、キャリアの幅を広げる有効な手段です。

①弁護士+中小企業診断士

弁護士としての専門性に加え、中小企業診断士の資格を持つことで、法律的な知見とビジネスの知識を兼ね備えることが可能です。これにより、企業法務に関する幅広いサービスを提供できるようになります。

自分の事務所の経営にも役立ちそうな資格ね!

②弁護士+経営心理士

経営心理士の資格を取得することで、法律の専門知識に加えて、組織の心理学的側面にも通じることができます。これは、労働法や組織内の人間関係に関する問題に対処する際に非常に役立ちます。

③弁護士+保健福祉士

保健福祉士の資格を持つことで、福祉法務の分野での専門性を高めることができます。社会福祉法や障害者権利に関連する法律問題に対する理解が深まります。

家庭のトラブルにも強そう!特に子供が関わる事件とか、福祉の知識もあると頼もしいね

④弁護士+公認会計士

公認会計士としての資格を持つことにより、財務や会計に関する深い知識を弁護士業務に活かすことができます。特に、企業法務や税法において、この組み合わせは非常に価値があります。

弁護士の資格持ってると、公認会計士の試験が一部免除されるんだって!

お得じゃ~ん!仕事の幅も広がってウハウハだね

なんならトリプルライセンスで仕事の幅を広げる

更に、トリプルライセンスを目指すことによって、自身の専門性をさらに高め、多岐にわたる分野でのニーズに応えることが可能になります。これは、弁護士としてのキャリアにおいて、大きな競争優位をもたらします。

【更新】2024年04月21日
1分で分かる人気転職エージェントBEST10【実績・評判】

【まとめ】弁護士は辛い→軌道修正して一歩前に

弁護士としての道は、確かに辛い挑戦を含んでいます。しかし、キャリアの軌道修正を図り、自身の専門性を広げることによって、より満足のいく職業人生を歩むことが可能です。自分自身の専門性を見つめ直し、新たな資格を取得することで、今までにない新しい道が開けるかもしれません。

資格は大きい強み!頭一つ抜けた弁護士になっちゃおう

弁護士がラクするなら

弁護士ドットコムキャリア
編集部
編集部

企業法務って
結局ラクな弁護士の生き方No.1だよね

弁護士のキャリアを歩むなら弁護士ドットコムキャリアの登録は欠かせない。弁護士専門の圧倒的な求人数と手厚いフォローが充実しているので、弁護士ドットコムキャリアに登録さえしておけば、いつでも好きな条件の職場に転職しやすいです。

弁護士
弁護士

転職の流れ
わからない

編集部
編集部

弁護士ドットコムで教えてもらえば?

こんなおじさん弁護士でも転職できました

万が一のために登録だけでもしておくべき

編集部
編集部

念の為の準備もアリだと思います

利用料金”無料”

【最新】2024年04月21日
オススメ転職エージェント