本ページはプロモーションが含まれています

弁護士って割に合わない!?稼げないしモテない←それ改善できます

もうストレスからは解放!!

弁護士として頑張るあなたが

辛すぎる環境を抜けて

イキイキするために!

新しい道に進む方法が

わかっちゃうんです!

ながーい残業とも、

割に合わない給料とも

一日も早くサヨナラ!

転職でお金と心に余裕ができれば

もっと最高なあなたになって

モテちゃうかも!?

ゆったり働く弁護士へ
弁護士ドットコムキャリア

  1. 弁護士は割に合わないよ・・・報酬に不満爆発
    1. 弁護士の平均年収は1100万円←でも若手は300万円
      1. キャリア10年超えれば1000万円以上にはなる
      2. 若手のうちは弁護士以外の友達より年収が低い
    2. 報酬が割に合わない理由→猛勉強と学費がかかる
      1. 大学の法学部で4年プラス法科大学院で2年
      2. 中卒・高卒なら→予備試験を突破→司法試験に合格
  2. マジで弁護士は割に合わない・・・ストレスMAX
    1. 裁判の結果で相手に恨まれる
      1. 嫌がらせや文句言われてばっかり
    2. 労働時間が長い
      1. 個人案件受けたら残業だらけ
      2. 複数案件掛け持ちで休みなし
    3. 事務所によっては最悪環境に
      1. 他の事務所より安月給
      2. ダメダメなパワハラ上司
  3. 転職で環境を変える
    1. 弁護士専門の転職エージェントを利用
      1. 大手事務所に転職で安定報酬GET
      2. ホワイト事務所へ転職でパワハラ上司とバイバイ
    2. インハウスへ転職
      1. 福利厚生の整った企業で働く
  4. 弁護士は割に合わないと思う瞬間5選
    1. ①弁護士は給与が安い!?←普通のサラリーマン以下のことも…
    2. ②弁護士はストレスとの戦い←法律を扱う仕事でミスは許されない(||゚Д゚)
    3. ③弁護士はプレッシャーとの戦い←裁判は勝つか負けるかの戦場!
    4. ④弁護士の仕事は基本つまらない!?←普段は判例調査など地味な作業が中心
    5. ⑤弁護士はとにかく激務←特に法律事務所は雑用から営業まで何でもやりますww
  5. 弁護士の仕事が辛いと感じたら?←早めの対応が肝心!
    1. ①今の仕事内容を見直す←業務内容の見直し、業務量の調整
    2. ②とりあえず一旦休む←正義のヒーローだって休息は必要です!
    3. ③転職を考える←弁護士の資格を持っているのはかなり強い!
  6. 弁護士の転職先7選←弁護士の資格保有者なら選び放題( * ́艸 )
    1. ①法律事務所←ガンガン稼ぎたい成り上がり志望にオススメ!
    2. ②企業内弁護士(インハウス)←ワークライフバランス重視ならコレ!
    3. ③検事←一度は憧れる『HERO』の世界ww
    4. ④裁判官←『イチケイのカラス』見た?竹野内豊やっぱりいい!
    5. ⑤公務員(法務部)←感謝されることが多いので、やりがいを求める人にオススメ!
    6. ⑥法律学者←ちょっとオタク気質の人向きww
    7. ⑦政治家←日本を変えるのはあなたかもしれない!
  7. まとめ←弁護士は割に合わないと思ったら、転職したっていいんです!!

弁護士は割に合わないよ・・・報酬に不満爆発

弁護士って物凄い豪邸に住んでオシャレなワインとか毎晩飲んでるイメージだけど、違うの?

すげえ大げさなイメージだな…でもお金持ちそうだよね!

弁護士の平均年収は1100万円←でも若手は300万円

弁護士の年収は、経験や職歴によって大きく異なります。平均年収が1100万円と報告されている一方で、若手弁護士の中には年収300万円程度という厳しい現実があります。初めての数年間は、経験を積むための投資期間と捉えられることが多いです。

キャリア10年超えれば1000万円以上にはなる

キャリアが10年を超えると、年収が1000万円以上に跳ね上がるケースが見られます。この段階でようやく、長い勉強期間と初期の低収入を補えるようになるのです。

石の上にも10年ってコト!?そこまで辛抱強くないよ~

若手のうちは弁護士以外の友達より年収が低い

弁護士資格を取得しても、若手のうちは他の職業の友人と比べて年収が低いことが一般的です。これは、弁護士としてのキャリアを築くための最初のステップと考えられます。

報酬が割に合わない理由→猛勉強と学費がかかる

弁護士になるためには、長い期間の勉強と高額な学費が必要です。

大学の法学部で4年プラス法科大学院で2年

多くの弁護士は、大学の法学部で4年間学び、その後法科大学院でさらに2年間の教育を受けます。この期間中に、法律に関する幅広い知識と技術を身につけることが求められます。

学費のこと考えると、弁護士になりたい!って親に言いづらかった人もいそう…

中卒・高卒なら→予備試験を突破→司法試験に合格

中卒や高卒の場合、司法試験に合格するためには、まず予備試験の合格が必要です。予備試験は非常に高い難易度を誇り、その後の司法試験合格への道のりも容易ではありません。

弁護士だけどゆったり働きたい

弁護士
弁護士

どうすればいいの?
とりあえず転職エージェント登録らしいけど

編集部
編集部

せめて年収800万は欲しいよね…

弁護士
弁護士

リモートワークができるといいな

編集部
編集部

そもそも行きたい会社ない
とりあえず仕事辞めたい

弁護士ドットコムキャリアなら解決できます

ゆったり弁護士になるなら

弁護士転職エージェント業界大手の弁護士ドットコムキャリアは応募手続き代行から入社後のアフターフォローまで完全無料で受けられます。さらに、土日祝が休み、残業も少ない会社でプライベートを充実させることもできます。

弁護士
弁護士

まさか、
弁護士で
リモートワークできるなんて!

編集部
編集部

転職のこと
なんにも分からなかったけど
お姉さんが全部教えてくれた


弁護士の企業法務転職で話題!
弁護士ドットコムキャリア

マジで弁護士は割に合わない・・・ストレスMAX

裁判の結果で相手に恨まれる

弁護士の仕事は、裁判の結果によって相手方から恨まれるリスクが伴います。勝訴・敗訴に関わらず、訴訟の相手方からの反発や不満の声に直面することがあります。

恨まれて卵とか投げつけられたらどうしよう

嫌がらせや文句言われてばっかり

裁判の結果に不満を持った相手方からの嫌がらせや文句が絶えないことも、弁護士の職業が抱えるストレスの一つです。弁護士はこれらの精神的圧力に常に晒されているため、ストレス耐性が求められます。

嫌がらせしたら罰金1億円とかにならんかな?

労働時間が長い

弁護士の職業生活は、労働時間の長さによって特徴づけられます。多くの弁護士は、業務の性質上、長時間労働が常態化しています。

働きすぎで弁護士が倒れたら依頼人も困るよね

ってことで、弁護士にもちゃんと休む時間をくれー!!

個人案件受けたら残業だらけ

特に、個人案件を受けた場合、その処理には膨大な時間が必要となります。クライアントとの打ち合わせ、資料の作成、研究など、これらすべてが残業を伴うことが多いのです。

複数案件掛け持ちで休みなし

弁護士が複数の案件を同時に扱う場合、休日を取ることが困難になります。案件の重要性と緊急性が、休息を後回しにすることを強いるのです。

休日返上してまで働くとか、もう社畜だよ…

事務所によっては最悪環境に

事務所によっては、労働環境が厳しい場合もあります。

他の事務所より安月給

経済的な報酬が期待に応えない事務所も少なくありません。このような環境では、弁護士としての満足度やモチベーションの維持が困難になることもあります。

ダメダメなパワハラ上司

また、パワーハラスメントを行う上司がいる事務所も存在します。このような環境は、職場のストレスを増大させ、弁護士の仕事への意欲を低下させる可能性があります。

パワハラで部下が病んで辞めたらどうしてくれんのよ!?

転職で環境を変える

弁護士としてのキャリアにおいて、転職は新たな環境への移行という意味で重要な選択です。

弁護士専門の転職エージェントを利用

弁護士専門の転職エージェントを利用することで、キャリアの発展と職場環境の改善が可能です。

つらい環境から連れ出してくれる救世主だわ…

大手事務所に転職で安定報酬GET

大手事務所への転職は、安定した報酬とプロフェッショナルな職場環境を提供します。高い報酬と共に、質の高い仕事を経験できる機会が増えます。

ホワイト事務所へ転職でパワハラ上司とバイバイ

労働環境が良好な「ホワイト」事務所への転職は、パワハラなどの問題から解放される絶好のチャンスです。働きやすい環境で、弁護士としての専門性を深めることができます。

インハウスへ転職

企業内弁護士(インハウス)への転職も、キャリアの選択肢の一つです。

会社に弁護士がいるってなったら、他の社員は悪いことできないね!

いなくても悪いことはしちゃダメよ??

福利厚生の整った企業で働く

インハウス弁護士として、福利厚生が充実した企業で働くことは、ワークライフバランスを保ちながらキャリアを発展させる良い方法です。企業の法務部門で働くことにより、異なる種類の法的問題に取り組む経験を積むことができます。

弁護士は割に合わないと思う瞬間5選

弁護士の職業は多くの挑戦を伴います。その中でも特に厳しいと感じる瞬間を5つ挙げてみましょう。

①弁護士は給与が安い!?←普通のサラリーマン以下のことも…

弁護士の初任給は、他の職業に比べて低いことがあります。特に若手弁護士は、高い専門性を持ちながらも、一般のサラリーマンと同等、あるいはそれ以下の収入に甘んじることが少なくありません。

時間もお金もつぎ込んだのに(`~´)

②弁護士はストレスとの戦い←法律を扱う仕事でミスは許されない(||゚Д゚)

弁護士は法律を扱う仕事であり、ミスが許されない高圧的な環境で働いています。法律の解釈、訴訟戦略の策定、クライアントとのコミュニケーションなど、多岐にわたる業務が精神的な負担を生むことがあります。

③弁護士はプレッシャーとの戦い←裁判は勝つか負けるかの戦場!

裁判は勝つか負けるかの戦場です。勝訴を目指すプレッシャーは、常に弁護士を支配しています。特に難しい案件では、このプレッシャーはさらに増大します。

もし負けてもやりきったならいいんじゃない?

でも負けて恨まれたら怖いしなぁ

④弁護士の仕事は基本つまらない!?←普段は判例調査など地味な作業が中心

弁護士の仕事は、判例調査や文書作成など、地味で緻密な作業が中心です。これらの業務は一見単調に見えるかもしれませんが、実際には法的問題を解決するための重要なステップです。

⑤弁護士はとにかく激務←特に法律事務所は雑用から営業まで何でもやりますww

弁護士は多忙を極めることがよくあります。法律事務所では、雑用から営業、重要な法的対応まで、多種多様な業務をこなさなければならないのです。

【更新】2024年04月21日
1分で分かる人気転職エージェントBEST10【実績・評判】

弁護士の仕事が辛いと感じたら?←早めの対応が肝心!

弁護士としての仕事が辛いと感じた際には、適切な対応を早急に取ることが重要です。

無理するとどんどん辛くなる!自分を守るのは大事だよ!!!

①今の仕事内容を見直す←業務内容の見直し、業務量の調整

業務内容の見直しや業務量の調整を行うことで、仕事の負担を軽減できます。必要に応じて、事務所内での役割や専門分野の変更を検討することも一つの方法です。

②とりあえず一旦休む←正義のヒーローだって休息は必要です!

仕事の圧力が高まった時には、一時的に休息を取ることも大切です。心身をリフレッシュすることで、より良いパフォーマンスを発揮するための基盤を作ります。

③転職を考える←弁護士の資格を持っているのはかなり強い!

転職を考えることも、キャリアの進路を改善する有効な手段です。弁護士の資格は非常に強力な資産であり、多様な職業選択肢が存在します。

弁護士の転職先7選←弁護士の資格保有者なら選び放題( * ́艸 )

弁護士の資格を持っていれば、キャリアの選択肢は広がります。ここでは、弁護士が転職を考える際の7つの選択肢を紹介します。

キツい環境からは脱出しちゃおう!逃げ道はいっぱいあるよ!

①法律事務所←ガンガン稼ぎたい成り上がり志望にオススメ!

自身の専門性を生かし、大きな案件に挑戦したい方には、法律事務所への転職が最適です。やりがいと共に、高収入も期待できます。

②企業内弁護士(インハウス)←ワークライフバランス重視ならコレ!

ワークライフバランスを重視する方には、企業内弁護士(インハウス)がおすすめです。企業の法務部で働くことで、定時退社が可能になり、プライベートの充実も図れます。

③検事←一度は憧れる『HERO』の世界ww

公正な裁判を担保する重要な役割を果たす検事は、法の守護者としての使命感を持ちたい方に適しています。社会正義の実現に寄与するやりがいを感じることができます。

検事になったら、とりあえず茶色のダウンジャケット買おっと!

キムタクの影響受けすぎよ…

④裁判官←『イチケイのカラス』見た?竹野内豊やっぱりいい!

裁判官は、裁判を公正に進行し、正義を実現する職業です。社会的に重要な役割を担い、高い尊敬を得られるため、職業としての満足度が高いです。

⑤公務員(法務部)←感謝されることが多いので、やりがいを求める人にオススメ!

法務部門での公務員は、法的問題に対する広範な知識と経験を活かすことができ、社会貢献を実感できる職業です。安定した職務環境が魅力です。

⑥法律学者←ちょっとオタク気質の人向きww

法律学の研究に情熱を傾けたい方には、法律学者が適しています。大学や研究機関での研究・教育に従事することで、次世代の法律家を育成する喜びを味わえます。

⑦政治家←日本を変えるのはあなたかもしれない!

法律の知識を活かして社会変革を目指すなら、政治家への道が開かれています。政策立案や立法活動を通じて、国や地域社会の発展に寄与することができます。

まとめ←弁護士は割に合わないと思ったら、転職したっていいんです!!

弁護士としてのキャリアは多くの挑戦を伴いますが、転職によって新たな道が開けることを忘れないでください。上記の転職先は、弁護士が持つ専門知識と経験を活かし、新たなキャリアを築くための素晴らしい選択肢です。自分に合ったキャリアパスを見つけ、充実した職業生活を送りましょう。

ストレス溜めながら耐えるのはもったいない!新しい環境でもっと輝いちゃおうよ!

弁護士がラクするなら

弁護士ドットコムキャリア
編集部
編集部

企業法務って
結局ラクな弁護士の生き方No.1だよね

弁護士のキャリアを歩むなら弁護士ドットコムキャリアの登録は欠かせない。弁護士専門の圧倒的な求人数と手厚いフォローが充実しているので、弁護士ドットコムキャリアに登録さえしておけば、いつでも好きな条件の職場に転職しやすいです。

弁護士
弁護士

転職の流れ
わからない

編集部
編集部

弁護士ドットコムで教えてもらえば?

こんなおじさん弁護士でも転職できました

万が一のために登録だけでもしておくべき

編集部
編集部

念の為の準備もアリだと思います

利用料金”無料”

【最新】2024年04月21日
オススメ転職エージェント