本ページはプロモーションが含まれています

弁護士の休みない悩み7選←サムライはラクじゃない

裁判所が休みでも
弁護士には休みってないですよね?

弁護士ってもっと
余裕があるものだと思ってたのに…

クライアントの都合に合わせるから
決まった休みはなし…

何件もまとめて受けるから
体一つじゃ足りない…

その問題、働く場所を変えたら
改善されるかもしれませんよ!

自分の働いてる法律事務所に休みがないなら
ブティックコンサルに転職がおすすめです!

働く場所を変えたら
休みが多くとれて、
自分の要領をよくしたら
さらに多くの休みがとれる。

労働の質と
生活のバランスを重視しながら
年収2000万円を得ることだって
夢ではありません!

バリバリ休んでバリバリ休もう法律家たち!

ゆったり働く弁護士へ
弁護士ドットコムキャリア

  1. 弁護士には休みが無くて訴えたい、裁判所は土日が休みですけど!?
    1. ①裁判所が休みでも弁護士には休みがない。
    2. ②弁護士ってお金も時間も余裕があるのかと…
    3. ③クライアントの都合に合わせるから決まった休み無し
    4. ④何件もまとめて受けるから体1つじゃ足りん
      1. 分身の術とか誰か教えて←忍者かよ
    5. ⑤クライアントの顔色を伺って…サービス業かな!?
      1. ⑥人間関係のストレス←これが一番辛い。
      2. ⑦結局一番怖いのは人間な。←それな
  2. 弁護士の休みなさすぎ、労働環境悪すぎてこっちが訴えてやりたいわ
    1. 人の会社の職場環境改善とか言ってる場合か!?←個人事業主の悩み
      1. クライアントに前向きな言葉掛ける
      2. 自分は休暇不足すぎて思考停止。おつ
  3. 弁護士の労働環境を誰か見直して!!休みはいつ!?増やしてくれ~
    1. え、働く場所変えたら休み多い!?
      1. 自分の要領も良くしたら更に休み多い!?
    2. 法律事務所より、一般企業に弁護士として働く方がラクらしいよ
    3. 労働スタイルは自分で見極めよ!!←業務委託の契約
    4. 労働環境の改善は自分の意識改革だ←まるで外資系
  4. まとめ←自分の働いてる法律事務所に休みがないならブティックコンサルに転職
    1. 法律系ブティックコンサルティングファームなら年収2000万も可能
      1. 司法試験受かったんなら、もう何でもできるっしょ☆彡
      2. バリバリ休んでバリバリ休もう法律家たち!

弁護士には休みが無くて訴えたい、裁判所は土日が休みですけど!?

今弁護士をしているんだけど休みがなくて悩んでいます…

弁護士って本当に大変だよね…弁護士の休みない悩み7選をまとめてみたよ。

①裁判所が休みでも弁護士には休みがない。

一般に裁判所は土日が休みですが、弁護士にとって休日はほとんど存在しないと言っても過言ではありません。裁判所の休日中でも、書類の準備や証拠の収集、依頼人との打ち合わせなど、止まることのない業務が弁護士を忙しくさせます。

休みたくても仕事を終わらせるためには休んでいられないんだよね…

②弁護士ってお金も時間も余裕があるのかと…

弁護士という職業は一見すると高収入で時間的な余裕もあるように思えますが、実際は異なります。案件によっては膨大な時間を要し、その分収入が増えるわけではないため、経済的、時間的な余裕がないことも珍しくありません。

案件ごとに報酬や仕事内容は様々なんです。同じ報酬でも仕事量が倍なことも…

③クライアントの都合に合わせるから決まった休み無し

クライアントの都合を最優先にするため、弁護士は自分の時間をコントロールすることが困難です。クライアントの要望に応じて夜間や休日に対応することもあり、自身の休みが不定期であることが一般的です。

④何件もまとめて受けるから体1つじゃ足りん

多くの弁護士は複数の案件を同時に扱います。一つの案件だけでも多大な労力を要するため、複数を抱えることは精神的、肉体的に大きな負担となります。まさに「体一つでは足りない」という状況です。

猫の手でも借りたい…と思います(笑)

分身の術とか誰か教えて←忍者かよ

弁護士が抱える業務の多さを考えると、分身の術ができれば…と願うのも無理はありません。しかし現実は忍者のような特技が使えるわけではなく、現実的な対策を考える必要があります。

⑤クライアントの顔色を伺って…サービス業かな!?

クライアントの満足を最優先にする弁護士は、時にサービス業のような対応を求められます。クライアントの要望に応えることは大切ですが、それが過剰になると、自分の専門性や個性が犠牲になることも。

自分に大きな自信やスキル、経済力がないうちは専門性や個性は出せないんだよなあ…

⑥人間関係のストレス←これが一番辛い。

クライアントや裁判所、同業者との人間関係は、弁護士にとって大きなストレス源です。特に難しいクライアントとの関係は、精神的な負担となり得ます。

⑦結局一番怖いのは人間な。←それな

法律の専門家である弁護士でも、最も難しいのは「人間」との対応です。法律の問題以上に、人間関係の複雑さに悩まされることは少なくありません。

弁護士だけどゆったり働きたい

弁護士
弁護士

どうすればいいの?
とりあえず転職エージェント登録らしいけど

編集部
編集部

せめて年収800万は欲しいよね…

弁護士
弁護士

リモートワークができるといいな

編集部
編集部

そもそも行きたい会社ない
とりあえず仕事辞めたい

弁護士ドットコムキャリアなら解決できます

ゆったり弁護士になるなら

弁護士転職エージェント業界大手の弁護士ドットコムキャリアは応募手続き代行から入社後のアフターフォローまで完全無料で受けられます。さらに、土日祝が休み、残業も少ない会社でプライベートを充実させることもできます。

弁護士
弁護士

まさか、
弁護士で
リモートワークできるなんて!

編集部
編集部

転職のこと
なんにも分からなかったけど
お姉さんが全部教えてくれた


弁護士の企業法務転職で話題!
弁護士ドットコムキャリア

弁護士の休みなさすぎ、労働環境悪すぎてこっちが訴えてやりたいわ

弁護士業界では、労働環境の厳しさが問題となっています。長時間労働や休日の不足は、精神的、肉体的な健康を脅かす要因となり得ます。これは、特に個人事務所や小規模な法律事務所において顕著です。

自分で自分の弁護をしたいものです…

人の会社の職場環境改善とか言ってる場合か!?←個人事業主の悩み

個人事業主として活動する弁護士は、他の企業の労働環境改善を支援する一方で、自身の労働状況には目を向けにくい傾向にあります。この矛盾は、業務の過多によるものです。

クライアントに前向きな言葉掛ける

弁護士は、常にクライアントに対して前向きでプロフェッショナルな態度を保つ必要があります。これは、精神的な重圧となり、自身の健康を脅かす可能性もあります。

クライアントには前向きな言葉をかけるけど、自分の心の中は本当は後ろ向きなんてことも…

自分は休暇不足すぎて思考停止。おつ

休暇の不足は、思考力や判断力の低下を招きます。弁護士にとってこれらの能力は業務を遂行する上で不可欠であり、休暇不足は業務の質にも影響を及ぼします。

【更新】2024年04月18日
1分で分かる人気転職エージェントBEST10【実績・評判】

弁護士の労働環境を誰か見直して!!休みはいつ!?増やしてくれ~

弁護士の労働環境に対する改善の必要性は高まっています。休日の確保や労働時間の調整は、弁護士自身の健康を保つためにも重要です。

健康的な肉体と精神でクライアントと向き合いたい!

え、働く場所変えたら休み多い!?

弁護士の労働環境は、勤務する法律事務所や企業によって大きく異なります。一部の法律事務所や企業では、比較的ゆとりのある労働スケジュールが設定されていることもあります。

自分の要領も良くしたら更に休み多い!?

労働環境の改善は、個々の効率化にも関連します。自身の業務を効率良く進めることができれば、より多くの休息を取ることが可能になるでしょう。

法律事務所より、一般企業に弁護士として働く方がラクらしいよ

一般企業内での法務部門勤務は、個人事務所や専門の法律事務所に比べ、労働環境が整っている場合が多いです。これは、企業が従業員の福利厚生に力を入れているためです。

労働スタイルは自分で見極めよ!!←業務委託の契約

自分に合った労働スタイルを見つけることは、仕事の効率性と個人の生活の質を高めるために重要です。業務委託の契約を選択することも、柔軟な働き方を実現する一つの手段となります。

何よりも大事なのは生活の質だよね。他はあとからついてくるものだと思う!

労働環境の改善は自分の意識改革だ←まるで外資系

労働環境の改善は、組織だけではなく個人の意識改革から始まります。自身の健康と仕事の質を保つためには、働き方を見直し、必要に応じて環境を変える勇気も必要です。

まとめ←自分の働いてる法律事務所に休みがないならブティックコンサルに転職

この記事を通して、弁護士の厳しい労働環境とその影響について考察してきました。しかし、キャリアの多様性を追求することで、より充実した働き方が可能になる場合もあります。特に、法律系ブティックコンサルティングファームへの転職は、新たな可能性を開く選択肢となるでしょう。

法律系ブティックコンサルティングファームなら年収2000万も可能

法律系ブティックコンサルティングファームでは、高い専門性を活かしながら、比較的柔軟な労働環境で働くことが可能です。これにより、年収2000万円を超える報酬を得ることも珍しくありません。このような環境は、労働の質と生活のバランスを重視する弁護士にとって、魅力的な選択と言えます。

年収2000万ってすごすぎない?!

司法試験受かったんなら、もう何でもできるっしょ☆彡

司法試験に合格した弁護士は、高い専門知識と分析力を有しています。これらのスキルは、法律系ブティックコンサルティングファームで高く評価され、多様なプロジェクトに携わることができます。

バリバリ休んでバリバリ休もう法律家たち!

最終的には、自身の働き方を見直し、適切なキャリアパスを選ぶことが、健康で充実した職業生活を送る鍵となります。ブティックコンサルティングファームへの転職は、質の高い仕事と充実した休息時間の両立を目指す弁護士にとって、理想的な選択肢の一つです。

いますぐ健康で充実した職業生活を手に入れよう!

弁護士がラクするなら

弁護士ドットコムキャリア
編集部
編集部

企業法務って
結局ラクな弁護士の生き方No.1だよね

弁護士のキャリアを歩むなら弁護士ドットコムキャリアの登録は欠かせない。弁護士専門の圧倒的な求人数と手厚いフォローが充実しているので、弁護士ドットコムキャリアに登録さえしておけば、いつでも好きな条件の職場に転職しやすいです。

弁護士
弁護士

転職の流れ
わからない

編集部
編集部

弁護士ドットコムで教えてもらえば?

こんなおじさん弁護士でも転職できました

万が一のために登録だけでもしておくべき

編集部
編集部

念の為の準備もアリだと思います

利用料金”無料”

【最新】2024年04月18日
オススメ転職エージェント