本ページはプロモーションが含まれています

仕事に行きたくない公務員には、人々の会話が自分への悪口に聞こえる

市民からのお叱りや
モンスターペアレントからのクレーム…

何も悪いことしてないのに
税金ドロボーと言われる・・・

安定した職業と思っていた公務員は
古い体質のままの結構なブラックだった…。

そりゃ仕事に行きたくなくなることもある

自分を守るのは自分自身

休日をうまく使って
リフレッシュしよう

仕事に行きたくないと思うのは
悪いことじゃないし
休む権利がある。

ムズカシイ試験を突破して
公務員になったんだもの

自信を持ってまじめにコツコツやってる姿は
必ず誰がが見てくれている

アッと驚くことが起こって
幸せに満ちる瞬間が訪れるかも

年収500万円に達成していない方へ
応募から転職まであなた専任のサポーターが
マンツーマンで転職をサポートしてくれます
普通の求人サイトで仕事を探すより簡単で
あなたの希望条件に沿った転職が実現できます

仕事に行きたくない公務員を責めることはできない

公務員と言えば、先生や警察官、役所から官僚までいろいろな職種があるけど、いろいろなクレーム対応などのストレスのたまりそうな事象が多く、大変そうなお仕事だよね。

プロ棋士を相撲界へ行かせるような思いがけない異動が普通にあったりもするんだよ

民間にはない辛さがある

民間の「会社員」と違い、国や自治体に所属する「公務員」。
だから、上司だけでなく、一般市民からも評価され注意され怒られてしまうんじゃ。

自分の意見は必要とされない

公務員の職場では、個人の意見よりも規則や手続きが重視される傾向があります。これは、自分が描いた絵を誰も見てくれない画家のようなもの。創造性や個性が評価されず、ルールに従うことが最優先される環境です。

風通しの悪さは世界トップレベル

多くの公務員組織では、情報の共有や意見の交換がスムーズに行われないことがあります。それは、高い城壁に囲まれた城の中にいるかのように、外の世界との交流が限られてしまう状況です。

悪いのは人じゃなく古い体質

役所の仕事って独占的で競合相手もない。
ずーっと昔から基本的に仕事内容は変わらない。
だから体質もズルズルと古いままなんだよね。

昔からのルールは変わらない

公務員制度の中には、何十年も前から続く古いルールが根強く残っています。これは、古い家に住んでいて、どれだけ新しい家具を入れても家の構造自体は変わらないのと似ています。制度や文化が変化に追いつかず、古い慣習が続くことで、新しい風を吹き込むことが難しくなります。

年功序列は当たり前

公務員の職場では、年功序列の文化が依然として根強いです。これは、家族の中で年長者が最も尊敬されるという伝統に似ており、経験や年齢が仕事の評価を左右することが多いです。その結果、若手の意見があまり重視されず、革新や変化を起こしにくい環境が生まれます。

転職エージェントを使ってみたい

編集部
編集部

どれ使えばいいの?
とりあえず転職エージェント登録らしいけど

編集部
編集部

年齢制限で断られた…

編集部
編集部

お給料とか休み
増えるか不安…

そもそもやりたいことない
とりあえず会社辞めたい

無料dodaなら解決できます

転職エージェント業界大手のdoda年齢・学歴・職歴一切不問で、転職カウンセリングや書類作成サポート、応募手続き代行から入社後のアフターフォローまで完全無料で受けられます。さらに、応募するときは企業への推薦状まで用意してくれるので、あなたの特性を最大に活かしてくれます。

仕事に行きたくない公務員はなぜ税金泥棒と言われる?

公務員のお給料は税金から払われてるからね。
近頃は特に、みんな「税金」という言葉に敏感になっているし。

政治家と公務員は違う

国全体に関わる業務に携わるのが国家公務員。
その中でも「特別職」が首相や国会議員などの政治家。
役所の窓口などにいる地方公務員とは違うのよ。

政治家と部下と言うイメージがある

一般的に、政治家と公務員は密接な関係にあると見られがちです。政治家が船の船長であれば、公務員はその乗組員というイメージがあります。しかし、政治家は選挙で選ばれる一方で、公務員は試験を経て選ばれるため、彼らの役割や責任は根本的に異なります。

公務員はミスがテレビ報道される

公務員のミスはしばしばメディアに取り上げられ、大きな注目を集めます。これは、パフォーマンスの悪い劇団が厳しい批評にさらされるのと似ています。公務員の仕事は税金によって支えられているため、その成果や失敗は公の目にさらされやすく、高い透明性が求められるのです。

公務員は決して楽なんかじゃない

個人情報とか取り扱う機会が多い仕事だから、絶対的にミスが許されない大変なお仕事なんだよ。

ふんぞり返る上司多すぎ

公務員の職場では、権威的な上司が多いと感じることがあります。これは、舞台の裏で指示を出す監督が俳優たちに厳しい要求をする様子に似ています。このような環境は、職場のストレスを高め、仕事へのモチベーションを下げる原因となります。

人間かロボットかわからなくなる

公務員としての働き方は、時に感情を抑え、マニュアルや規則に従うことが求められます。これは、一日中同じ動作を繰り返す機械のような感覚になることがあります。個性や創造性が抑制され、自分が人間として働いているのか、それとも機械のような存在なのか混乱することもあるでしょう。

マニュアル通りが最大の使命

公務員の仕事は、マニュアルや既存の規則に厳密に従うことが強調されます。これは、レシピ通りに料理を作るシェフのようなもので、創造性よりも規則を守ることが最優先される環境です。そのため、新しいアイデアや改善の提案が受け入れられにくいことがあります。

【更新】2024年04月21日
1分で分かる人気転職エージェントBEST10【実績・評判】

まとめ【仕事に行きたくない公務員】

職場によっては歓送迎会とか飲み会も当たり前のように多いのよ。

でも地域のイベントに積極的に参加したり楽しいこともいろいろあるよ!

がんばって公務員試験を突破したんだもの。楽しんで仕事しなくちゃ!

自分で守るしかない

最終的に、公務員としての職務においても、個人の幸福と満足感は自分自身で守るしかありません。

自分を守る鍵は休日の過ごし方にアリ!
仕事や嫌なことを忘れてしっかりリフレッシュしましょう!

【最新】2024年04月21日
オススメ転職エージェント