本ページはプロモーションが含まれています

コンサルティングファームで海外転職ってビザってどうすれば?家族への福利厚生ある?

皆様、こんにちは!
今回は海外でコンサルティングファームへの転職について、ご紹介します。

海外での生活の不安や、マナーやビジネス文化の違い、就労ビザの取得に関することまでまとめてきましたので是非参考にして下さい♪

まるすけ社長

岩手出身の40代後半以上の転職エージェント。2児の父。高卒・おにぎり工場勤務からリクルートに転職。そのあと、独立して人材紹介や派遣とかの会社を創業。みんなの転職クラブ創業者。

まるすけ社長をフォローする

海外転職←ビザの取得方法

海外でのコンサルティングファームへの転職を成功させるためには、まずビザの取得が欠かせません。ビザ取得のプロセスは国によって異なりますが、一般的には雇用オファーが必要です。その後、雇用国の大使館や領事館を通じて申請を行います。

旅行などで赴く場合には、ビザが不要な国も多くありますが、就労となるとビザが必要になってきます。


海外で働きたいという夢を叶えるための第一歩です♪

ビザ申請の基本ステップ

1. 雇用オファーの獲得

2. 必要書類の準備

3. 申請料の支払い

4. 面接の予約と実施

5. ビザ承認の待機

ビザの申請は、就労予定の企業側が行う場合もあるようです。
また、就労予定の国によって、ビザ取得の条件が異なりますので、不安がある方は専門業者などに依頼するのも一つの方法です。

例としてアメリカでの就労ビザについて考えますと、アメリカは移民が多く、申請も煩雑なものになっています。

国内にも申請の代行を行うコンサルタントや法律事務所もありますので、活用してください♪

必要書類のチェックリスト

– パスポート

– 雇用契約書

– 学歴証明書

– 職務経歴書

– 財政証明

実は、海外への就労が増えていると、NHKの特集で紹介されていました。

日本は長きに渡り平均賃金が伸び悩んでいるなどの理由で「出稼ぎ」の」為に、海外に渡る労働者が増えています。

一方で、就労ビザの取得や文化の違いを超えて、働いている日本人多くが居るということです。
もしもこういった手続きが億劫で、せっかくのモチベーションを生かせなければもったいないですよね。
この記事を参考に、海外コンサルティングファームへの転職に向かって取り組んでみて下さい♪

市場適応性←グローバルスキルの磨き方

海外のビジネス環境に適応するためには、言語能力の向上と国際ビジネスマナーの習得が必須です。また、現地の市場ニーズを理解し、自身のスキルセットを適宜アップデートすることが求められます。

グローバル人材とは?

グローバルと聞くと、真っ先に頭に浮かぶのは「英語が喋れる」ことだと思います。
実はグローバルな人材とは単に英語が話せるだけではありません

文部科学省の定義によると、コミュニケーション能力だけではなく、主体性や積極性、チャレンジ精神などを持ち、異文化に対する理解などの要素を兼ね備えた人材を指しています。

(参考)資料2 グローバル人材の育成について

言語能力の向上

– ビジネス英語の習得

– 現地言語の基礎学習

英語にせよ他の言語にせよ、しっかりビジネスで通用するように学習する必要があります。

ビジネス英語は日常会話と違って、よりフォーマルな話し方が求められます。

随分昔には、英語には敬語が無いなんてことを言う人がいましたが、きちんと相手に敬意を示すための言葉を選ぶ必要があります。

これから英語の学習を始める方は、必ずビジネス英語の勉強を始めましょう!

国際ビジネスマナー

– マルチカルチャーな環境でのコミュニケーション

– 国際会議やプレゼンテーションの経験

ところ変われば

海外では、日本の常識が非常識だなんてよくある話ですよね。
例えば、名刺に対しての認識が大きく異なります。

日本では名刺はサラリーマンの命だ!というぐらい、所作や扱いが厳しいものですが、グローバルな場ではメモ程度の認識しかされていません。

プレゼンテーションや会議についても、日本では基本的に担当者が話すばかりですが、グローバルな場では違います。
ディスカッションが重要となっており、しっかり意見を出しつつも会議の時間は最小限に抑えられています。

家族を持つプロフェッショナル←福利厚生の重要性

家族を持つプロフェッショナルにとって、福利厚生は海外転職を決断する上での大きな要素です。教育や医療、住宅などのサポートが充実しているかを事前に確認しましょう。

国内と海外では福利厚生に対する考えが全く違う場合があります。

これまでの当たり前が通用しない場合もあるので、しっかりした調査が必要です。

福利厚生の種類とチェックポイント

– 教育支援制度

– 医療保険のカバレッジ

– 住宅手当や引越し支援

日本とは違う福利厚生制度

アメリカを事例に比較をしていきますが、大きく違うのは保険制度です。
給与明細を見て、差し引かれる額を見てテンションが下がった経験があるかも知れませんが、給料から大きく引かれる、厚生年金、社会保険料の制度がそもそもありません

アメリカでは、天引きがない代わりに、個人でそれぞれ民間の保険に入る必要がありますので、注意が必要です。

その他にも交通費は基本出ないのですが、一方で家族に対する手厚い支援があったり、有給休暇の取りやすさなどもかなり差異が出るところです。

実力主義の海外コンサルティングファームで生き残るためにも、リサーチと準備を進めていきましょう♪

家族の生活環境の調査

– 国際学校の情報収集

– 現地コミュニティとの連携

お子様が居る場合、日本人学校へ通わせるのか現地の学校へ通わせるのかは悩みどころです。

現地の学校へ行けば英語の学習は格段に伸びますが、日本語で考える力が減衰するとも言われています。

将来的に日本に帰るのかどうかまで考えながら、調査しましょう♪

キャリアの長期的展望←将来設計の策定

海外でのキャリアを長期的に展開するためには、将来のキャリアプランを明確に描くことが重要です。目標設定とその達成のためのステップを計画しましょう。

実力主義の世界

海外では、転職に対する考え方が大きく違います。
現在の日本では、さすがに終身雇用制度という概念はほとんど残っていませんが、転職に対する周りの目と言うのは、否定的であることが多々あります。

一方で、海外では転職=キャリアアップという考えが多く、むしろ肯定的に捉えられています。
その分、転職に際してはどれだけのキャリアプランを持っているかが重要視されるのです。

大きな一歩を踏み出す前に、自身のキャリアプランについてまとめてみると良いですね♪


キャリアプランニングのステップ

– 短期・中期・長期の目標設定

– スキルアップのための継続的な学習

目標達成のための戦略

– ネットワーキングの強化

– メンターやキャリアコンサルタントとの相談

自身のことを考えるときは、必ず誰かに話すのが良いです。
これは、「相談」ではなく、「アウトプット」を目的に捉えてください。

誰かに対して、「自分はこんなことがしたい」「こんな風になりたい」と伝えるときには、自分の思いを分かってほしいので、より明確な言葉を探し出すことができます。
もしも相手が何か質問をしてくれたら、その答えを出すときにまた考え、自分の考えをまとめることができるのです♪

海外就職サポート←利用可能なリソース

海外転職を検討する際には、専門のサポートを利用することが有効です。エージェントやコンサルティングサービスを通じて、ビザ取得から就職後のサポートまで幅広い助言を得られます。

就職エージェントの選び方

– 実績と評判の確認

– 提供されるサービスの範囲

海外への転職でも、国内の大手企業のエージェントサービスを利用することができます
就職エージェントを利用するメリットは、なんといっても情報量です。

プロとしてたくさんの求職者に関わり、ノウハウを持っています。

これは私の体験談ですが、職務経歴書を書いた際に、最後のブラッシュアップをしてもらうと、一気に相手に伝わりやすいものに変化しました。

コンサルティングサービスの利用

– キャリア相談

– ビザ申請のアドバイス

人気のコンサルティングサービス

リクルートダイレクトスカウトLHH転職エージェントなどが人気となっています。
これまで紹介してきた就労ビザの取得サポートや、現地企業とのやりとりの代行・サポートなども請け負っており、初めての海外就労の強い味方です!

ビザの取得から市場適応性、家族の福利厚生、キャリアの長期展望に至るまで、グローバルなキャリアを築くための鍵を紹介しています。海外就職のサポートを利用することで、よりスムーズな転職活動が可能になります。

海外での就労は不安がつきものです。
その不安を払拭するためのサービスもたくさんありますので、是非活用してください♪

(スポンサーPR
2024.02.11更新:
🆕最新の社会人サービス

お金をかけずにITエンジニアになれる。
一生使えるスキルを習得。

20代女性
20代女性

化粧品販売員からWebエンジニアになって在宅ワーク

無料説明会の詳細はこちら>>ラクスパートナーズ


内定獲得率80.4%
最短2週間で正社員の内定獲得

コンビニバイトからゲーム会社の正社員

無料カウンセリングの詳細はこちら>>ハタラクティブ


アクセンチュア、デロイト…など
年収数千万のコンサルタント。

営業からコンサルタントに

無料カウンセリングの詳細はこちら>>アクシスコンサルティング


※上記、広告掲載期間終了次第非表示となります