本ページはプロモーションが含まれています

コンサル辞めたい←正しい選択【向いてる次のステップは?】

最近は転職することで収入が上がるって印象が強いかも!

まるすけ社長

岩手出身の40代後半以上の転職エージェント。2児の父。高卒・おにぎり工場勤務からリクルートに転職。そのあと、独立して人材紹介や派遣とかの会社を創業。みんなの転職クラブ創業者。

コンサル辞めたい←当然の考え

コンサルは下請け仕事です。

ですから、いわば「派遣」的な感じに。

自分自身がイニシアティブを持って
働くのは難しいです。

だから
「コンサル辞めたい」と思うのは
人間として普通の考え方です。

大切なのは次のステップ

コンサルを一度経験してしまえば

  • 営業
  • マーケティング
  • 企画職

などに転職することができます。

もちろん、
他のコンサル会社にも移動できます。

コンサル経験は
辞めたいと思っても
スグに新しいところが見つかりやすい
かなり有利な人生経験になります。

自分に必要なスキルと経験をチェックする方法

コンサルティングファームでの転職を目指すには、特定のスキルセットと経験が求められます。自分が持つスキルと経験がこの分野に適しているかどうかを効率的にチェックする方法を探ります。

コンサル志望のあなた、こんな資格・経験アリ?

コンサルタントとして求められる資格や経験は何か?この分野に特有のスキルセットや必要とされる資格、経験について探り、自己評価のためのガイドラインを提供します。

コンサルタントに求められる資格

コンサルタントには取得の難しい資格も求められることがあります。例えば、キャリアコンサルタントという労働者の能力を確認して相談に応じ、的確にアドバイスできる能力があると認められた証の国家資格では、社会的信頼の得られる資格となっているので、クライアント側から求められる可能性があります。

ここでチェック!私ってコンサル向き?

自分がコンサルティングの仕事に向いているかどうかを判断するためのチェックリストを提供します。これにより、自己の適性やキャリアの方向性をより明確に理解することができます。

コンサルタントに向いているかは、自分の性格を把握しておくことや、自分が就きたいと思う社風を把握しておくことで判断することができます。この時に大事なのが強がって自分の性格と真逆な判断をしないようにすることです。自分にまっすぐと向き合ってコンサルタントに向いているか判断しましょう。

転職エージェントをどう選ぶ?

コンサルティングファームへの転職を成功させるためには、最適な転職エージェントの選択が不可欠です。専門性の高いエージェントと一般的なエージェント、それぞれのメリットと選択基準を考察します。

専門エージェントと万能エージェントどっち?

専門エージェントと万能エージェント、それぞれが提供するサービスの違いと、どのような場合にどちらを選ぶべきかについて解説します。これにより、自分の転職目標に最も合致するエージェントを選ぶ手助けとなります。

自分にピッタリの転職支援はこれだ!

転職エージェントを選ぶ際のポイントや、自分のニーズに最も適した転職支援の選び方について探ります。個々のキャリア目標や条件に合わせた転職支援の選択が、コンサルタントとしての成功への鍵となります。

親身に聞いてくれる転職エージェントもあれば、対応の悪いエージェントもあるので要確認して選びましょう!

退職するまでどう進める?

現職からコンサルティングファームへの転職を考える際、退職プロセスは非常に重要です。スムーズでプロフェッショナルな移行を実現するためのステップや注意点を見ていきましょう。

別れは美しくスマートに:今知るべき退職手順完全ガイド

退職は職場や同僚との最後の印象を決定づける重要なプロセスです。スマートで円滑な退職を行うための具体的な手順と、その際に留意すべき点を詳しく解説します。

円満な退職をするには直属の上司から伝えることが大事です。いきなり上層部の人に伝えてしまうと話が拗れたり、悪印象となる場合があります。伝える時期も1~3カ月の期間が良いと思います。引継ぎの期間も考えて早めに伝えておくことが円満解決へのカギとなります。

いつ辞める?

転職を成功させるには、退職のタイミングを適切に選ぶことが重要です。現職をいつ辞めるべきか、その最適なタイミングを見極めるためのヒントを提供します。

何度か退職手続きしたことがありますが、自分が限界で壊れてしまう前に辞めることを決意していることが多いなと、振り返ってみて思いました。ギリギリになると退職時まで耐えられなくなってしまうことも考慮して早めの方が良いです。

市場価値高めろ!競争力あるコンサルタントって?

コンサルタントとしての市場価値を高めることは、キャリアの成功に不可欠です。競争力のあるコンサルタントになるために必要な要素やスキルを探り、その強化方法を考えます。

需要増し増し〜自分磨きで市場を制す技

コンサルタントとしての需要を高めるためには、自己研鑽が欠かせません。市場価値を高めるための自己磨きのテクニックや戦略を提案します。

自己研鑽の方法として、常に勉強し続けることがより効果的だと思います。

それ求めてます!成長著しいコンサルタレント

業界が求める成長著しいコンサルタレントとはどのようなものでしょうか?求められる特質やスキルを探り、これらを自分自身にどう取り入れるかを考えます。これにより、転職市場での自分の価値を最大化することが可能になります。

成長中のはずのコンサルタント業界では中小企業などのコンサル会社が倒産が相次いでいるとのニュースを見かけました。原因は需要の拡大での市場規模が大きくなったことで、異業種からの参入が多くなり、競争が激しくなったことだそうです。成長中だからこそ厳しくなったことで、求められるスキルが高くなることにも繋がりそうですね。

参考:「経営のプロ」コンサル会社の倒産が過去最多ペース 調査担当者が明かす人気業界の真実 – 記事詳細|Infoseekニュース

コンサルから別業界へ!? 転職成功後も注意が必要ってホント?

コンサルティング業界から他の業界への転職を考える際、成功後も様々な注意点があります。特に、法律的な問題や倫理的な側面は特に注意が必要です。転職プロセスがスムーズに進むよう、これらの注意点をどのように理解し、対処すれば良いのでしょうか?

法律トラブル回避術

転職する際、特にコンサルティング業界から他業界へ移る場合、様々な法的問題が発生する可能性があります。これらのトラブルを未然に防ぐための具体的な方法や、法律的な問題にどのように対応すべきかを探ります。

トラブルを未然に防ぐ方法

トラブルの原因となるものは、小さなことの積み重なりが大きくなってトラブルになることが多いです。なので、未然に防ぐためには小さな問題を小さなうちに解決することが一番効率的です。時間が経てば、経ってしまうほど解決するのが難しくなるので、できるだけ早いうちに解決しておきましょう。もし、法的な問題に発展してしまった場合は弁護士に相談すると安心して解決に向かうことができると思います。

次の一歩はクリアさ〜倫理観もバッチリ整えて

コンサルタントから他の業界へ移る際、倫理的な観点も非常に重要です。倫理観を整え、新しい業界での職務を倫理的に遂行するためのガイドラインを提供します。これにより、新たな職場でも信頼と評価を獲得することができるでしょう。

倫理観は人それぞれ異なってくるので、自分の善悪を信じて前に進みましょう。

(スポンサーPR
2024.02.11更新:
🆕最新の社会人サービス

お金をかけずにITエンジニアになれる。
一生使えるスキルを習得。

20代女性
20代女性

化粧品販売員からWebエンジニアになって在宅ワーク

無料説明会の詳細はこちら>>ラクスパートナーズ


内定獲得率80.4%
最短2週間で正社員の内定獲得

コンビニバイトからゲーム会社の正社員

無料カウンセリングの詳細はこちら>>ハタラクティブ


アクセンチュア、デロイト…など
年収数千万のコンサルタント。

営業からコンサルタントに

無料カウンセリングの詳細はこちら>>アクシスコンサルティング


※上記、広告掲載期間終了次第非表示となります