本ページはプロモーションが含まれています

看護師のデイサービスは稼げる←シフトも融通が利きやすい

看護師のデイサービスの仕事 看護師の転職
看護師
看護師

デイサービスの看護師って転職先としてあり?

看護師はデイサービス(デイケア)の業界でも活躍しています。給料もかなり高い水準なので、やりがい抜群です。

お金に困らない年収600万
レバウェル看護

看護師のデイサービスとお給料

  1. デイサービスの看護師は稼げる?
    1. 年収は高い傾向
      1. 年収700万以上のところもある
      2. 高齢者サポートの看護師の給料は高い
    2. デイサービス看護師の夜勤のメリット
      1. ①夜勤手当で日勤よりも給料が高い
      2. ②日中の時間を有効に活用できる
      3. ③通勤・帰宅のラッシュアワーをはずせる
    3. デイサービス看護師の夜勤のデメリット
      1. ①生活リズムが崩れやすい
      2. ②家族や友人とスケジュールが合わせにくい
      3. ③人が少ないので会話が減ってしまいがちになる
  2. デイサービスの看護師は夜勤がある
    1. 介護士と連携して夜勤があるところも
    2. 夜勤手当があるから高収入になりやすい
  3. まとめ【デイサービスの夜勤看護師】
  4. デイサービス看護師の一日の流れ
    1. 朝の業務
    2. 昼間の業務
    3. 夕方の業務
    4. その他の業務
  5. まとめ【デイサービス看護師の一日の流れ】
  6. デイサービス看護師の急変対応について
    1. 通常の看護業務のほかに利用者の急変時の対応が必要
    2. 医師との連携が必要
  7. デイサービス看護師の本気で嫌なデメリット
    1. ①病院看護師よりは給与が低い
    2. ②病院に比べると看護スキルを学びにくい
    3. ③デイサービスは雇用の安定性が弱い
  8. デイサービス看護師ならではのメリット
    1. ①給与水準が高い
    2. ②シフトの融通が利きやすい
    3. ③離職率が高くない
  9. 「訪問看護師」は今後さらに伸びる業界
    1. 患者さんの自宅に訪問する看護師
    2. オンライン診療も伸びていて時給4000円の看護師もいる
    3. 看護師の職業像の変化5つ
      1. ①病院以外の職場が増えている
      2. ②美容クリニック
      3. ③訪問看護
      4. ④トラベルナース
      5. ⑤保育園・幼稚園
      6. 看護師のあり方も変わってきていますね
  10. まとめ【デイサービスの看護師】
    1. 転職して新しいチャレンジをしてみよう
      1. 研修はあるから安心です。
      2. 総括

デイサービスの看護師は稼げる?

看護師の職場として、病院やクリニックが一般的に思い浮かべられることが多いですが、デイサービスの看護師も非常に重要な役割を果たしています。特に高齢者の増加に伴い、デイサービスの需要が高まっている現代では、この分野での看護師の役割が注目されています。では、デイサービスの看護師は給与面でどうなのでしょうか?

年収は高い傾向

デイサービスの看護師の年収は、一般的に高い傾向にあります。これは、高齢者のケアが専門的なスキルと経験を必要とするため、その分、給与に反映されることが多いのです。

年収700万以上のところもある

デイサービスの看護師の中には、年収700万円以上を得ているケースも存在します。特に、専門的な技術や豊富な経験を持つ看護師は、高額な給与を受け取ることが可能です。地域や施設の規模、サービス内容によっても異なりますが、一般的な病院勤務の看護師よりも高い場合が多いです。

高齢者サポートの看護師の給料は高い

デイサービスの看護師は、高齢者の日常生活のサポートを行うため、その役割は非常に重要です。高齢者の健康管理、リハビリテーションのサポート、心のケアなど、多岐にわたる業務を担当します。そのため、専門的な知識と技術が求められ、それが給与に反映される傾向があります。

病院以外の看護師へ

編集部
編集部

病院飽きた
お給料全然上がらない…

編集部
編集部

先生と相性悪い…
もう辞めたい

編集部
編集部

おばさん看護師だから
全然転職できません

レバウェル看護なら解決できます

勤務先が病院だけでなく保育園もあるので看護師としての働き方の選択肢が広いです。さらに、時給2500円超のアルバイト看護師案件も全国各地に保有しているし、応募から入社まで専任のコンサルタントが一緒に付いてくれます。レバウェル看護は年齢不問・経歴不問で無料でサポートしてくれます。

転職する前に職場の詳細が分かるのがレバウェル看護
編集部
編集部

保育園の看護師!
子ども可愛い!

編集部
編集部

結婚できる職場も
見つかるかも!

不安いっぱいな看護師転職を一緒にサポートしてくれる


ちょっとおしゃれな看護師の人生!
レバウェル看護

デイサービス看護師の夜勤のメリット

デイサービス看護師の夜勤には、いくつかのメリットがあるんだ。これらは日勤だけでは得られない特典だよ。

夜勤って大変だけど、メリットもあるからしっかりと確認しておこう!

①夜勤手当で日勤よりも給料が高い

夜勤には手当が付くことが多いから、給料がアップするんだ。これは大きな魅力だね。

当然、時間外や遅い時間での仕事になるから給料には反映しますね!

②日中の時間を有効に活用できる

夜に働くことで、日中に時間ができるんだ。趣味や用事を済ませるのに便利だよ。

③通勤・帰宅のラッシュアワーをはずせる

夜勤なら、朝夕の混雑する時間を避けて通勤できるから、ストレスが少ないんだ。

普段とは違う生活スタイルになるけど、それをきっかけに普段のストレスを解消できるかも!

デイサービス看護師の夜勤のデメリット

一方で、夜勤にはいくつかのデメリットもあるよ。これらは仕事をする上で考慮しなければならないポイントだね。

①生活リズムが崩れやすい

夜に働くと、自然な生活リズムが乱れがちになるんだ。身体の健康に気をつけよう。

夜勤で働く一番の問題点かもしれません。

自分が体調を崩しては意味がないので気を付けましょう。

②家族や友人とスケジュールが合わせにくい

夜勤だと、家族や友人と過ごす時間が取りづらくなることもあるよ。大切な人との時間をどう確保するか考えよう。

逆に普段会うことができないような人と時間を合わせることができるかもしれませんね。

③人が少ないので会話が減ってしまいがちになる

夜間はスタッフや利用者が少ないから、コミュニケーションが少なくなりがちだね。孤独を感じることもあるかもしれないよ。

コミュニケーションが得意じゃない人は逆にいいかもね…

デイサービスの看護師は夜勤がある

デイサービスは、高齢者や障害者が日中に利用する施設であるため、一般的には夜勤の必要がないと考えられることが多いです。しかし、実際には夜勤がある場合もあります。では、どのようなケースで夜勤が発生し、それがどう影響するのでしょうか?

介護士と連携して夜勤があるところも

デイサービスの看護師の業務は、昼間の高齢者のケアが中心ですが、一部の施設では、介護士と連携して夜勤を行うこともあります。これは、24時間体制でのケアが必要な利用者がいる場合や、施設が特別なサービスを提供している場合などに発生します。

夜勤手当があるから高収入になりやすい

夜勤がある場合、その分、夜勤手当が支給されることが一般的です。この手当は、通常の給与に加算されるため、高収入につながりやすいです。夜勤の頻度や手当の額は施設によって異なりますが、夜勤をこなすことで、さらに高い年収を目指すことが可能となります。

【更新】2024年04月18日
1分で分かる人気転職エージェントBEST10【実績・評判】

まとめ【デイサービスの夜勤看護師】

デイサービスの看護師には、一般的に夜勤の必要が少ないとされますが、施設のサービス内容や利用者のニーズに応じて、夜勤が発生することもあります。夜勤手当の支給により、高収入を得るチャンスも広がります。転職や就職を考える際には、夜勤の有無やその条件を確認することが重要でしょう。

デイサービスの看護師として働く場合、一日の業務はどのように進行するのでしょうか。以下に、デイサービス看護師の一日の流れを詳しく説明します。

デイサービス看護師の一日の流れ

朝の業務

  • 利用者の受け入れ: 朝、利用者が施設に到着すると、健康チェックと一日の活動の説明を行います。
  • 健康状態の確認: 体調や服薬の確認を行い、必要に応じて医師と連携します。
  • プランの確認: その日の活動プランをチェックし、必要な準備をします。

昼間の業務

  • リハビリテーションの支援: リハビリテーションプログラムに従い、適切なケアを提供します。
  • 食事のサポート: 食事の準備とサポートを行い、栄養バランスを考慮します。
  • レクリエーションの企画: 利用者の興味や趣味に合わせた活動を企画・実施します。

夕方の業務

  • 利用者の送り出し: 一日の活動が終了すると、利用者を送り出し、健康状態の最終チェックを行います。
  • 報告書の作成: 一日のケアの内容や利用者の健康状態などを報告書にまとめます。
  • 次回の準備: 次回の活動プランの準備や、必要な資材の整理などを行います。

その他の業務

  • 夜勤がある場合: 一部の施設では夜勤がある場合もあります。夜勤中は、必要に応じて利用者のサポートを行います。

まとめ【デイサービス看護師の一日の流れ】

デイサービス看護師の一日は、利用者の健康管理からレクリエーションの企画、報告書の作成など、多岐にわたる業務があります。利用者とのコミュニケーションを大切にしながら、その日のプランに応じたケアを提供することが求められます。看護師としての専門的なスキルだけでなく、人と人とのつながりを感じられる職業と言えるでしょう。

デイサービス看護師の業務は、通常の看護業務だけでなく、利用者の急変時の対応も求められることがあります。以下に、その詳細について説明します。

デイサービス看護師の急変対応について

通常の看護業務のほかに利用者の急変時の対応が必要

  • 誤飲・転落事故など: 利用者の中には高齢者や障害を持つ方もいるため、誤飲や転落事故などの急変が起こる可能性があります。
  • 初期対応の重要性: 急変時の初期対応が適切であるかどうかが、その後の回復に大きく影響します。看護師は、急変時の症状を正確に把握し、素早く適切な処置を行う能力が求められます。

医師との連携が必要

  • 医師への報告: 急変時には、速やかに担当医師への報告と指示の取得が必要です。状況に応じて、救急車の手配なども行います。
  • 連携体制の構築: デイサービス施設には常駐の医師がいない場合が多いため、事前に医師との連携体制を構築しておくことが重要です。急変時の対応プロトコルを明確にし、必要な連絡先などを整理しておくとよいでしょう。

デイサービス看護師として働く際のメリットは多岐にわたります。以下に、その主なメリットについて詳しく説明します。

デイサービス看護師の本気で嫌なデメリット

デイサービスでの看護師の仕事には、病院勤務とは異なるいくつかのデメリットがあるんだ。重要なポイントを見てみよう。

病院勤務しか経験のない人なら知っておきたいですね。

①病院看護師よりは給与が低い

デイサービスでの看護師の給与は、病院での勤務に比べると低めの傾向があるんだ。経済的な面を考えると、ちょっと厳しいかもしれないね。

最もデリケートな問題かもしれません。

給与の面はしっかりと事前に確認しておく必要がありますね。

②病院に比べると看護スキルを学びにくい

デイサービスでは、病院のように幅広い医療行為に携わる機会が少ないかもしれない。だから、看護スキルを広げたい人には物足りないかもしれないね。

たしかに病院とは違って、病気の人だけを相手にするわけじゃないから、そもそも施設の概念が違いますね…

③デイサービスは雇用の安定性が弱い

デイサービスの運営は、利用者の数や地域の需要に大きく左右されるんだ。そのため、雇用の安定性が病院勤務ほど強くないこともあるよ。

施設の運営がそもそも違う仕組みだから、病院看護師とはいろんな場面で違う感覚を感じるかもしれないですね。

デイサービス看護師ならではのメリット

①給与水準が高い

デイサービス看護師の給与は、一般の病院勤務の看護師と比較して高い傾向にあります。特に夜勤手当などが付く場合、さらに収入を増やすことが可能です。このため、経済的な安定を求める方にとって魅力的な職場と言えるでしょう。

②シフトの融通が利きやすい

デイサービス施設は、多くの場合、日中の業務が中心となるため、シフトの調整がしやすいとされています。家庭との両立を考える看護師にとって、この柔軟な勤務体系は大きなメリットとなるでしょう。

③離職率が高くない

デイサービス看護師の職場は、以下の理由から離職率が比較的低いとされています。

  • 人間関係のトラブルが起きにくい: デイサービス施設は、一般の病院と比べてスタッフ数が少なく、コミュニケーションが取りやすい環境が多いです。そのため、人間関係のトラブルが起きにくく、働きやすい職場が多いと言われています。

「訪問看護師」は今後さらに伸びる業界

訪問看護師の業界は、現代の医療ニーズに応える新しい形態の看護業務で、今後さらに伸びるとされています。以下に、その特徴と展望について詳しく説明します。

患者さんの自宅に訪問する看護師

訪問看護師は、患者さんの自宅を訪れ、医療的なケアや生活支援を提供します。高齢化社会の進展や在宅医療の需要増加に伴い、このようなサービスが求められるケースが増えています。患者さんの自宅でのケアにより、より人間的な対応が可能となり、患者さんにとっても心地よいケアが受けられるため、評価が高まっています。

オンライン診療も伸びていて時給4000円の看護師もいる

オンライン診療の普及により、訪問看護師の業務形態も多様化しています。遠隔地からの医療サポートやオンラインでの健康相談など、新しいサービスが展開されており、時給4000円以上の報酬を得る看護師も現れています。このような新しい働き方の展開は、看護師のキャリアパスを広げる大きなチャンスとなっています。

看護師の職業像の変化5つ

看護師の仕事は、時間が経つにつれてどんどん広がっているよ。病院だけじゃない、いろんな場所で看護師は活躍しているんだ。

今と昔とで看護師の在り方が変わってきているんですね。

①病院以外の職場が増えている

看護師の活躍の場は、病院だけにとどまらなくなっているんだ。もっと多くの場所で看護師のスキルが求められているよ。

看護師を目指す人にとっては朗報!

いろんな現場で看護師が活躍してるってことですね!

②美容クリニック

美容分野も看護師にとって人気のある職場の一つだよ。美容手術や施術のサポートをするんだ。

美容に興味があるなら美容クリニックで働くのはいいかも!

好きなことを仕事にできる感覚ですよね!

③訪問看護

家にいながら医療サービスを受けたい人のために、看護師が自宅を訪問してケアを提供する仕事だよ。

病院に行けない人にとっては嬉しいサービス。

訪問看護のおかげで助かってる人はたくさんいます。

④トラベルナース

一定期間、様々な地域の医療機関で働くトラベルナースもいるんだ。新しい経験を積みたい看護師にぴったりだよ。

看護師としてさまざまな経験を積みたい人にはいい職業ですね。

⑤保育園・幼稚園

子どもたちの健康を守るために、保育園や幼稚園で働く看護師も増えているんだ。子どもたちの成長をサポートする大切な役割だよ。

保護者の方も看護師がいることで安心してくれます!

看護師のあり方も変わってきていますね

訪問看護師の業界の成長は、看護師の職業像そのものを変えつつあります。従来の病院中心の業務から、より地域に密着したケア、オンラインを活用した新しいサービスなど、多岐にわたる活躍の場が広がっています。

まとめ【デイサービスの看護師】

デイサービスの看護師としての業務は、多岐にわたる魅力を持っています。以下にその要点をまとめます。

転職して新しいチャレンジをしてみよう

デイサービスの看護師は、高齢者サポートの給料が高い、夜勤手当がある、急変対応のスキルアップなど、多岐にわたる業務内容があります。これらの要素は、看護師として新しいチャレンジを求める方にとって、魅力的な選択肢となるでしょう。

研修はあるから安心です。

新しい職場での不安を和らげるために、デイサービスの看護師の職場では研修制度が整っていることが多いです。OJT研修や先輩看護師によるマンツーマンの指導など、しっかりとしたサポート体制があるため、転職後も安心して業務に取り組むことができます。

総括

デイサービスの看護師としての業務は、高い給与水準、夜勤の機会、人間関係の良好さなど、多くのメリットを提供しています。また、研修制度が整っているため、新しい職場でのスタートも安心です。これからのキャリアを考える看護師にとって、デイサービスの看護師は新しいチャレンジとして非常に魅力的な選択肢となるでしょう。

泣かない看護師に
※年齢不問

レバウェル看護
編集部
編集部

事前に職場の
詳細が分かる!

人間関係に苦しまない看護師に

20代のうちに事務職のキャリアを歩むならミラキャリは欠かせない。圧倒的な事務求人数が特徴で、女性キャリアアドバイザーが無料で会社選びから入社までサポートしてくれます。

看護師
看護師

転職の流れ
わからない

編集部
編集部

レバウェル看護で教えてもらえば?

看護師ならではの悩みに寄り添った職場相談
レバウェル看護
念の為に事前に登録しておくと、いい求人があったときに優先紹介してくれます

万が一のために登録だけでもしておくべき

看護師のリアルな職場探し
編集部
編集部

念の為の準備もアリだと思います

利用料金”無料”

【最新】2024年04月18日
オススメ転職エージェント