本ページはプロモーションが含まれています

ゲームからアニメへ業界転職ってあり?←スキル転用で転職できる職種4選!

ゲーム好きで入った会社なんやけどなあ…今の会社、人の出入りが激しくて落ち着かんわ。穴埋めでバタバタするばっかりやし。他の会社も同じやろか? 違う業界でも覗いてみるか…

せやったら、アニメやってみんか? ゲームの経験活かせるで!

アニメ? ゲームとは現場の雰囲気がちがってそうやな。勝手なイメージやけど、アニメのほうが人間味があるような気がするわ。ええかもしれん。

  1. ゲーム業界からアニメ業界への転職ある?←全然アリ!
    1. ゲーム→アニメの業界転職はメリットがいっぱい
      1. プロジェクトの進行方法が似ている
      2. おなじクリエイティブ業界でスキル転用しやすい
  2. ゲーム業界の経験はアニメ業界でも引っ張りだこ!理由5選
    1. ①専門技術が必要な職種は常に人手不足!ゲームデザイナー
      1. 3D技術はアニメ業界でも必須!デザインができる人は背景美術にも!
      2. 実務経験者は貴重な人材。転職でCGクリエイターやCGアニメーターになろう
    2. ②創作の柱、シナリオライター
      1. プロジェクトを進める上での基盤となるのはゲームもアニメも同じ
      2. 脚本・監督と作品の要となる職種に転職できるかも!
    3. ③ゲームプロデューサーはアニメ業界でも即戦力!
      1. プロジェクトの総括を担うプロデューサー経験は貴重
      2. 培ってきた経験は業界が変わっても生かせます
    4. ④作品のクオリティを底上げするサウンドクリエーター
      1. ゲームもアニメも音楽の良し悪しは作品の質に直結
      2. スキル転用で音響監督も目指せる!
    5. ⑤ポケモンの影響←世界で一番お金が動くドメインは「ポケモン」って知ってた?
      1. ポケモンみたいなアニメ&ゲームのプロジェクトをしたい企業は沢山
  3. まとめ←ゲーム業界で培ったスキルはアニメ業界転職の大きな強み

ゲーム業界からアニメ業界への転職ある?←全然アリ!

驚くなかれ!ゲーム業界からアニメ業界への転職は、実はとっても一般的なんです!「えっ、本当に?」と思うかもしれませんが、この両業界、実は密接な関係があるんですよ。といっても、ポケモンや妖怪ウォッチみたいに「ゲームでもアニメでも同じキャラでしょ」などと単純な話をしたいわけではありません。この記事では、ゲームを開発する仕事とアニメを作る仕事の、技術的な近さについて解説したものです。

ゲーム→アニメの業界転職はメリットがいっぱい

では、なぜゲーム業界の経験者がアニメ業界で活躍できるのでしょうか?一言で言えば、その理由は「スキルの共通性」にあります!

そやな。キャラクターデザインなんかの目に見える部分の設計は、アニメでも一緒やろ。

プロジェクトの進行方法が似ている

まず、プロジェクトの進行方法が両業界で驚くほど似ているんです。ゲーム制作もアニメ制作も、アイデアからスタートし、チームで協力しながら、クリエイティブな作品を創り上げます。プロジェクト管理のスキルやチームワークは、どちらの業界でも同様に重要です。「じゃあ、私の経験も活かせるかも?」そう思う方も多いはずです。

おなじクリエイティブ業界でスキル転用しやすい

3Dモデリングやサウンド編集なんかは共通テクやしね!

次に、ゲーム業界とアニメ業界は、どちらも「クリエイティブ業界」という共通点があります。クリエイティブな発想やアーティスティックな能力は、ゲーム業界でもアニメ業界でも、非常に重要視されます。つまり、クリエイティブな才能や技術は、この転職で大きな武器になるんです。「私のスキル、アニメ制作でも役立つかも!」と期待が高まりますよね!

ゲーム業界の経験はアニメ業界でも引っ張りだこ!理由5選

まあ、ゲーム業界は、ほんとにスキル持ったやつの数が圧倒的に足りんかったわ。たぶん、アニメのほうも似たようなもんちゃうか。

ゲーム業界での豊富な経験がアニメ業界で大活躍!「えっ、ホントに?」と思うかもしれませんが、その理由を5つ挙げてみましょう。

①専門技術が必要な職種は常に人手不足!ゲームデザイナー

まず、専門技術を要するゲームデザイナーは、アニメ業界でも重宝されます。特に、3D技術は今やアニメ制作においても必須。「私のスキル、ここでも生きるかも!」と思う方も多いでしょう。

3D技術はアニメ業界でも必須!デザインができる人は背景美術にも!

実は、ゲームで培った3Dデザインのスキルは、アニメの背景美術にもそのまま活かせるんです!「こんなに似ているなんて!」と驚かれるかもしれませんが、これが現実。アニメ業界への転職を考えているなら、これは大きなチャンスです。

アニメのほうも、ちゃんと育てる環境がないのが普通やったで。OJTに適応できるやつしか残らん世界やったからな。せやから今、Netflixなんかが、日本のアニメ人材育成塾の受講料と生活費を出したる、みたいなこともやっとる。(参考:Netflix、日本でアニメーターの育成支援

実務経験者は貴重な人材。転職でCGクリエイターやCGアニメーターになろう

ゲーム業界での実務経験は、アニメ業界では非常に価値のあるもの。CGクリエイターやCGアニメーターとして、新たな舞台で輝くチャンスがここにあります。「私の経験がこんなに役立つなんて!」と思うこと間違いなしです。

CGつつく仕事は、地味やけど好きなんよな。クライアントが変なこというてくるのが面倒くさいけど。

②創作の柱、シナリオライター

次に、ゲーム業界で重要な役割を担うシナリオライター。この職種は、アニメ業界でも同様に重要です。なぜなら、物語の核となるシナリオは、どんな作品にも欠かせないからです。

プロジェクトを進める上での基盤となるのはゲームもアニメも同じ

ゲームもアニメも、物語を進行させるためのシナリオが必要です。この点で、シナリオライターのスキルは両業界で非常に価値があります。「私の物語作りの経験、ここでも活躍できるかも!」という期待を抱くのも自然なことでしょう。

脚本・監督と作品の要となる職種に転職できるかも!

シナリオライターを養成する専門学校って、検索したら30ほど出てきたわ。社会人向けには、日本脚本家連盟とか日本シナリオ作家協会なんかがスクールやってる。経験者つっても、最初はみな時間と金かけて、基礎を学んだっちゅうことやろな。


さらに、シナリオライターの経験は、アニメ業界で脚本家や監督といったより高いポジションへの転職につながる可能性もあります。「私が作品の中心で活躍する日が来るかもしれない!」そんな夢も、現実になり得ます。

「いつかは監督を!」なんて、夢みんでもないけど… 監督は、アニメーター出身かシナリオラーター出身かのどっちかのケースが一般的なんよ。

③ゲームプロデューサーはアニメ業界でも即戦力!

そして、ゲーム業界でのプロデューサー経験は、アニメ業界でも大きな強みになります。プロジェクトの総括を担う経験は、どの業界でも非常に価値が高いのです。

プロジェクトの総括を担うプロデューサー経験は貴重

ゲーム業界でプロデューサーとしてプロジェクトを成功に導いた経験は、アニメ制作においても同様に重宝されます。「私の経験が、こんなにも重要だったなんて!」と感じることでしょう。

プロジェクトマネージャーって、ゲームでもアニメでもSEなんかでもそうやろけど、スキルや資質は一緒なんよね。キャラ自体は、ビシバシタイプとか愛されキャラとかいろいろやろけど、コミュ力、判断力、解決力はすごいわ。あと、熱意やな。あつくるしい人でないと成功せん!

培ってきた経験は業界が変わっても生かせます

ゲーム業界で培った経験は、アニメ業界でもそのまま活かせるというのが大きな魅力です。「私のスキル、新しい場所でも輝ける!」という自信を持って、転職に挑戦してみてはいかがでしょうか。

単純な話、「作るんが好き」で「作ったもんを愛せる」人間なら、ゲームでもアニメでも務まるんじゃないかのう。

④作品のクオリティを底上げするサウンドクリエーター

さて、サウンドクリエーターの皆さん、ご注目ください!ゲーム業界で磨かれたあなたの音楽センス、アニメ業界ではもっと輝くかもしれませんよ!

ゲームもアニメも音楽の良し悪しは作品の質に直結

「えっ、本当に?」と思うかもしれませんが、音楽はゲームとアニメの両方で、作品の質を大きく左右する重要な要素なんです。アニメで感動のシーンを盛り上げる音楽、胸躍るバトルシーンを彩るサウンドトラック、これらはすべてサウンドクリエーターの手によるもの。「私の音楽で、アニメの世界を色づけできるかも!」というワクワク、感じてみてはいかがでしょうか?

スキル転用で音響監督も目指せる!

アニメの音響は、だいたい音響監督のもとで分業制になってる。あと、声優の選考なんかも音響担当者がやるんだわ。せやから、作品のコーディネーター的な役割も持っとるんやで。

そして、驚くべきことに、ゲーム業界で培ったサウンド作りのスキルは、音響監督としても大いに活かせるんです。「私が音響監督!?」と思うかもしれませんが、これは現実の話。あなたの才能と経験が、新しいフィールドで大きな価値を生むこと間違いなしです!

アニメは、ゲームみたいに「音を消しても楽しめる」なんてできへんから、重要度がダンチやな。声優の決定権もあるとなると責任重大や! そら、一人じゃでけんわ。

⑤ポケモンの影響←世界で一番お金が動くドメインは「ポケモン」って知ってた?

そして、みんなが知る「ポケモン」。この巨大な影響力、ゲームとアニメ業界の架け橋としてどう活かせるか、考えたことはありますか?

ポケモンみたいなアニメ&ゲームのプロジェクトをしたい企業は沢山

「えっ、そうなの?」と思うかもしれませんが、実は多くの企業がポケモンのような成功作を生み出したいと考えています。ゲーム業界で培ったあなたの経験やアイディアが、アニメ業界で新たな大ヒット作を生み出すかもしれません。「私のアイデアが、世界を変えるかも!?」というドキドキ、感じてみませんか?

ゲームでもアニメでも大ヒットした作品でいうと、俺はアイナナ(アイドリッシュセブン)推しやねん。男やけど、どっちにもハマったわ。こんなのに関われたら、そら、世界中に自慢したなるやろな。

まとめ←ゲーム業界で培ったスキルはアニメ業界転職の大きな強み

最後に、ゲーム業界で培ったスキルが、アニメ業界でどれほどの強みになるかをまとめてみましょう。「えっ、こんなにも?」と思うほど、あなたのスキルはアニメ業界での転職に大きな力となります。3D技術、シナリオライティング、プロデューサーの経験、サウンドクリエーション、これらすべてが新たな舞台で輝きます。そして、ポケモンのような大きなプロジェクトに関わるチャンスも、そこにはあるのです。「私の経験が、こんなに価値あるなんて!」と感じる日が、もうすぐそこに来ていますよ。

3DCG技術者ヤプロデューサー経験者の転職が多いのは事実やけど、とにかく慢性的な人材不足やから、未経験でもOKで募集しとるところがほとんどや。アニメが好き、モノづくりが好きって人なら、どんどんチャレンジして欲しいわ。頼むで!

(スポンサーPR
2024.02.11更新:
🆕最新の社会人サービス

お金をかけずにITエンジニアになれる。
一生使えるスキルを習得。

20代女性
20代女性

化粧品販売員からWebエンジニアになって在宅ワーク

無料説明会の詳細はこちら>>ラクスパートナーズ


内定獲得率80.4%
最短2週間で正社員の内定獲得

コンビニバイトからゲーム会社の正社員

無料カウンセリングの詳細はこちら>>ハタラクティブ


アクセンチュア、デロイト…など
年収数千万のコンサルタント。

営業からコンサルタントに

無料カウンセリングの詳細はこちら>>アクシスコンサルティング


※上記、広告掲載期間終了次第非表示となります