本ページはプロモーションが含まれています

泌尿器科看護師の転職←成功への道しるべ!探し方から面接まで徹底解説

泌尿器科看護師って働きやすいのかな?

泌尿器科って患者さんのデリケートな箇所を扱うから、
体力的にも精神的にも色々と大変そうなイメージ….

泌尿器科看護師への転職

泌尿器科って普通の看護師と違うのかな?

デリケートな部分をケアする看護師ならではの大変さは?

患者さんのデリケートな部分を扱うので、患者さんに嫌がられる事があります。
そりゃあ、そうですよね。笑
そういう時は、嫌な発言は聞き流したり、冗談で返したりして、うまく患者さんとコミュニケーションを取れるように日々頑張っています(汗)

泌尿器科の看護師ならではの特別な業務は?

主な業務内容は、

  • バイタルチェック
  • 採血や点滴
  • 医師の診療補助
  • 検査の介助
  • バルーンカテーテル管理などの処置
  • オペの準備と片付け

病棟勤務では症状が重い患者も多いので、上記の他にもバルーンカテーテル管理導尿、膀胱洗浄という処置も多くあります。
外来勤務の場合は、主に患者のバイタルチェックや採血、点滴、医師の診療補助などが多いです。

手術が多い病院だと複数の術後の患者さんを受け持つ事になる事もあります。
手術によって、手術室から直接病棟に戻る場合、集中治療室を経由し病棟に戻る場合など、さまざまな周手術期看護を経験する事ができます。

そして、泌尿器科ならではの仕事といえば、尿の回収になります!
病棟内で回収しなければならない人を把握してひたすら回収します。
尿回収する時は、飛沫予防のために、

  • エプロン
  • フェイスガード
  • マスク
  • 手袋

を装備してまわります。
重装備で廊下を歩いているため、患者さんに驚かれる事があるそうです。

泌尿器科の看護師って夜勤ある?

看護師って夜勤とかあると大変なんだよね・・・

泌尿器科は緊急の仕事が来るわけではない!

実は泌尿器は「緊急性」が高くない診療がメインなので、緊急で呼び出されたりすることはない!だから働きやすさは案外Goodかも!

季節的な流行の病気などでは、ほとんど仕事に影響がないため、先月は忙しかったけど、今月はすごいラク!みたいな忙しさの変化がないのは、かなり魅力的!!

泌尿器科って仕事あるの?稼げる?←性病が流行っている昨今需要が伸びてる業界

泌尿器科は性病の管轄になるので、案外クリニック経営は安定しているとのこと・・・だから、看護してして就職するには悪くない。

ただし給料が上がるか?というと微妙

患者さんが増えている業界とは言え、小規模のクリニックでの勤務をする人がほとんどなので、結局のところ「院長次第」というのが結論。

看護師はオペ看護師以外高収入を狙うのは厳しい・・・

現実的なお話をすると「手術を担当する看護師」でないかぎり、年収1000万を超える看護師になるのは相当厳しいかも。院長に気に入られて長年努めれば高収入を得られる可能性もあるけど、泌尿器科でそれが狙えるかは保証できません。。。

高収入は厳しいかも知れないけど、転職は他の科よりもしやすいかも?!

泌尿器科の看護師は、収入に関してはあまりメリットはないかも知れません。ですが、泌尿器科クリニックは、特殊な科なため競合が少ないですし、近年の高齢化でニーズが増えるかも?!と言われています。ですので、転職するのに泌尿器科はチャンス!なのではないでしょうか!

泌尿器科の看護師に転職するならどんな人生になる?

①定時で帰れる毎日

基本的に、日勤勤務ですので夜勤などありません。

②食うに困らない

泌尿器科は、外科と内科の要素を兼ね備えた数少ない診療科の一つです。実は仕事の幅は広いです。

③よほどのミスがない限りクビにはならない←院長に嫌われたらヤバいけど・・・

泌尿器科と聞くと、ちょっとためらってしまうけど、詳しく知れば知るほど、
メリットも多くて、仕事をきちんと覚えて慣れてくれば、定時に帰れて、長く
勤めれると思うと、とても魅力的に感じてきたぞ!!

【まとめ】看護師が泌尿器科で働くと・・・?

私も泌尿器科というだけで最初はちょっと敬遠していたけど、実際は働きやすい科だと思いますよ!患者は男性が多いので対応が大変な時もあるけど、慣れてスルースキルが身に付くし、他の科よりも男性看護師がいたり、サバサバした看護師も多いから人間関係もあまり気にならないかも?!
あとは、泌尿器科は内科・外科どちらも担当するから、いろんな診療科から異動してくる先輩がいるから、各専門知識を持った先輩と一緒に働く事が多くて、看護師として視野が広がって、学べる事がたくさんありますよ!意外にメリットあるでしょ(笑)