本ページはプロモーションが含まれています

訪問介護看護師の新展開←今後稼げる?ストレス溜まるって本当?

看護師としての職務は多忙であり、時にはストレスが溜まることもある。しかし、訪問介護看護師としての働き方は、その困難から一歩踏み出すための新しい道です!

1日に何件も、住宅や介護施設等に訪れるイメージがあるよね。

なぜ訪問介護看護師はストレスが少ないのか

訪問介護看護師になることで、病院や施設での高い負担から解放される看護師が増えています。自宅や地域社会で直接ケアを提供することにより、患者との個別の関係を深め、より質の高いケアを提供することが可能になっているのです。

1人でこなせる人なら、同僚との面倒なわだかまりはなさそうだね。

やっぱり自由っていいよね

訪問介護看護師として働くことは、自由度の高い仕事環境を提供します。「いつでもどこでも」仕事ができる柔軟性は、仕事とプライベートの両立を支援し、看護師自身の幸福感を向上させています。

ほぼ日勤で働けて土日休みだと、仕事と家庭のバランスが取りやすいよ。

ちょっと一息、自分の時間を持つため

看護師としての忙しさの中で、自分のための時間を持つことは重要です。訪問介護看護師は、患者の家を訪れる間の移動時間や、訪問の間隔を利用して、自分自身のための時間を確保し、リフレッシュすることができます。

移動時間は自由なイメージがるけど、実際は、労働時間に含まれているから注意してね。

気持ちがラクになる、みんなに認められるお仕事

訪問介護看護師として働くことは、看護師自身だけでなく、社会からの認知と評価も高まります。患者の家庭で直接ケアを行うことにより、患者やその家族から直接感謝される機会が増え、仕事に対する満足感が高まります。

人から感謝される経験を得られると、次も頑張ろうという気持ちになります。相手に”もっと尽くしてあげよう” “もっと良くしてあげよう”という気持ちも生まれます。モチベーションが上がり、仕事の質も向上すると思います。

自信を持って働こう

訪問介護看護師としての働き方は、看護師自身の自信を高めます。患者一人ひとりと深い関係を築き、そのニーズに合わせたケアを提供することで、看護師としてのスキルや経験が豊かになり、専門職としての自信が深まります。

患者さん一人に対応する時間が多いし、一人作業になるから臨機応変力が磨かれるね

看護師における効果的な職場変革

訪問介護看護師としての働き方は、職場の人間関係や環境の不満を解決するための一つの答えとなっています。これは、看護師自身が積極的に職場環境を変えるための新たなステージを提供します。

職場によってスキルアップできる制度が整っています。

先輩や同僚の看護を見て学ぶ病院とは違い、訪問先で一人で対応することから、勉強会やスキルアッププログラムを積極的に取り組んでいる事業所があります。訪問先で緊急事態が発生した際に、迅速に連絡が取れる体制が整えられていることも重要です。

みんなで支え合うって最高!

訪問介護の現場では、看護師同士の連携が必要不可欠です。チームとして協力し合うことで、仕事の負担を分散し、助け合う文化が育ちます。

介護施設等に訪れる場合には、その施設で働く介護スタッフとの連携が必要ですよ。

自由度が高く、幸せな働き方を

最終的に、訪問介護看護師としての働き方は、看護師にとって新たな自由度と幸せをもたらします。これは看護師のキャリアにおいて、新たな展開を示すものであり、職業としての満足度を高める可能性を秘めています。

日勤、土日休みや、フレキシブルに働ける環境が多いです。患者さん一人に向き合う時間が多く取れるのも、魅力の一つではないでしょうか。

訪問看護師は高収入が狙える看護師!

訪問看護師は「稼げる」と言われている新領域のジャンルです。オンライン診療などが加速していく中で訪問看護は成長産業といえます。※とはいえ、まだまだ体制が整っていないので、不安な点も多いのは事実ですが・・・

何よりも情報収集が大切です。オンコール対応回数、歩合制、資格手当等・・・

もっとうまく働こう←上手な交渉テクニック

給与や勤務条件の交渉は、自分のキャリアにとって重要なステップです。交渉のコツとして、明確なデータや例を挙げ、自分の貢献を具体的に示すことが有効です。また、相手の立場を理解し、双方にとって有益な提案をすることで、良好な結果につながります。

好条件の会社に入社することが必要です。

家庭と仕事とのバランスは人それぞれですが、オンコールに対応したり、訪問数を増やして歩合で稼ぐことが必要でしょう。管理職へとキャリアアップできる道が用意されているかも確認しましょう。

訪問看護師の契約更新の時、これだけは押さえて!

契約更新の際には、これまでの実績を振り返り、新たな目標を設定するチャンスです。市場の動向を踏まえた給与の見直し、勤務条件の改善、キャリアアップのための研修参加などを交渉ポイントとして検討しましょう。

契約更新は、利用者との間で交わすものとなります。

こんな道もあったんだ!看護師の多彩なキャリアパス

看護師としてのキャリアは多岐にわたります。病院だけでなく、診療所、学校、企業、介護施設など、活躍の場は無限大です。また、専門性を深めるための勉強や、海外での経験など、自分に合った道を探ることが可能です。

認定看護師専門看護師特定好意研修の修了ケアマネジャーの資格取得

可能性が広がってますね!

チャレンジをして、可能性を追求する

看護師としての経験を活かし、新たな分野にチャレンジすることで、自分自身の可能性を広げることができます。例えば、公衆衛生、教育、研究など、看護師のスキルを活かせる分野は多岐にわたります。自分の興味とスキルを組み合わせて、新しいキャリアパスを探索しましょう。

新たなキャリアを目指せる環境がある、訪問看護師は魅力的ですね。

キャリア構築と将来性←訪問介護で看護師としてキャリアアップを目指そう

訪問介護は、看護師としてのキャリア構築において重要な役割を果たします。この分野では、個別の患者に寄り添うケアを通じて、深い人間理解と専門性を磨くことができます。また、訪問看護の経験は、看護師としての将来性を広げ、多様なキャリアパスへの扉を開くことにも繋がります。

看護と介護の両方を兼ね備えたエキスパート!

明日は今日より上手くいくから心配無用

訪問介護の現場では、毎日が学びと成長の機会です。初めての状況や困難に直面しても、経験を積むことでより上手に対応できるようになります。心配することなく、日々の経験を積極的に受け入れることで、看護師としてのスキルと自信を高めることができます。

トライ&エラーの繰り返しで、経験と知恵が身につきます。自ずと患者さんから感謝される訪問看護師になれるでしょう。

成長する喜び、人生を共有する仲間

訪問介護の仕事では、患者とその家族との深い絆を築きます。彼らの人生の一部となり、共に成長する喜びを感じることができます。また、同じ目的を持つ仲間と協力し、支え合うことで、より充実したキャリアを築くことが可能です。

訪問先の患者さんだけと接するのではなく、そのご家族とのコミュニケーションも必要です。ご家族に寄り添い、出来る限りの不安を取り除いてあげるのも、訪問看護師の仕事です。

小さな一歩から大きく飛躍しよう

訪問介護の分野では、小さな成功が大きな飛躍へとつながります。日々のケアの中で培った経験や知識を積み重ねることで、キャリアの新しい段階へと進むことができます。一歩一歩着実に進んでいくことが、看護師としての大きな飛躍に繋がります。

病棟勤務から訪問看護師へ転職した人によれば、極端な残業もなく、フレックス制度で自由が利そうです

目標設定して未来を描こう!

訪問介護を通じて、短期的および長期的なキャリアの目標を設定しましょう。明確な目標を持つことで、日々の業務に意味を見いだし、モチベーションを高めることができます。未来の自分がどのような看護師になりたいかを想像し、そのビジョンに向かって進んでいきましょう。

将来への目標を立てて、毎日の仕事に励んでいきましょう。

訪問介護×看護師で実現するワークライフバランス←家庭と仕事の両立サポート

訪問介護の仕事は、看護師に家庭と仕事の両立を可能にします。この職種では、柔軟なスケジューリングが可能で、患者の自宅でのケアを行うことで、自宅に近い場所で働くことが多くなります。これにより、家族のための時間を確保しつつ、プロフェッショナルとしての役割も果たすことができます。

平日勤務のみで、土日休みという安定した環境があれば、家庭も安定し易いでしょうね。

家族も自分も大満足!在宅勤務もできます

訪問介護の看護師として働くことは、在宅での勤務と同じような利点を提供します。自宅からの移動時間が減ることで、家族と過ごす時間が増え、個人的な満足感も高まります。また、自宅近くでの勤務は、日常生活におけるストレスを減らすのにも役立ちます。

直行直帰が採用されている会社では、訪問看護ステーションに寄る時間を割かずに済みます。

お家カフェ気分♪ 在宅ワークでも楽しく過ごそう

在宅勤務の日は、お家カフェのように楽しく過ごしましょう。自宅での仕事を快適にするための工夫や、休憩時間を利用してリラックスする方法などを紹介します。在宅ワークの日々を充実させることで、仕事と私生活のバランスを保ちながら、毎日を楽しく過ごすことができます。

会議や研修は自宅のリモートで受講できますね。訪問した記録等も作成できるのも利点です

時間をコントロールして、楽しい時間を増やそう!

訪問介護の仕事は、自分の時間を調整しながら働けます。柔軟な勤務スケジュールを利用して、趣味やリラクゼーション、家族との時間など、自分が楽しめる時間を増やしましょう。自由な時間の使い方は、仕事の満足度を高めると同時に、個人的な幸福感も向上させます。

もしお子さんが体調不良でお休みを取りたい際にも、訪問看護ステーション内で「お互い様」で助け合う風潮が出来ていることが多いです。

プライベートの時間の作り方を教えます!

プライベートな時間の重要性とその作り方についてアドバイスします。自分だけの時間を設けることで、自己再生とストレス軽減が可能になり、仕事の効率も向上します。

訪問先での”仕事時間”と”移動時間”とメリハリを持って働けそうですね。