本ページはプロモーションが含まれています

看護師をお礼奉公中に辞めたい←奨学金借りたけど実際に可能なの?

ぶっちゃけ、看護師辞めたいんだけどお礼奉公中なんだよね…

わかる~!私もあと1年あるけど人間関係辛くて辞めたい!
辞めるの、後ろめたいよね~

数年頑張って勤めたし、気に病むことないって思いながら超モヤる

もういっそ医者と結婚して返済してもらお♪

……!!!(その手があったか!)

看護師でお礼奉公中に辞めたいと思っている人結構多い←同時に葛藤もある

「看護師として奨学金を借りたけど、もう辞めたい!」そう思っているあなた、一人じゃないんです。実は、こんな思いを抱える看護師さんがたくさんいるんですよ。でも、そこには「辞めたいけど辞められない…」というジレンマが潜んでいるんです。

家庭の事情で病院を辞めることになった時、契約書には『奨学金の分割返済可能』と書いてあるのに、「一括返納じゃないの辞めさせない」って言われた人もいるんだって!やばいね!

お金を支援してもらった手前辞めづらい気持ち

「奨学金をもらってるし…」というプレッシャー、ありますよね。辞めたいけど、感謝の気持ちという重荷が…。劣悪な労働環境で、心も体もヘトヘト。でも、「お金の恩返しをしなきゃ」と思うと、足が重くなる。この葛藤、もうわかります!

劣悪な労働環境なのに目をつむっている←自分の気持ちに蓋していない?

お局様の当たりが強かったり、医者が高圧的だったり…。
挙句の果て同期は2~3日の連勤に対して私は5連勤とか、いじめじゃない?

そんなドラマみたいな嫌がらせあるんだね…。

雇用側との明確な上下関係を感じる

職場の上下関係、時には息苦しいですよね。奨学金を借りているからといって、その圧力に負ける必要はないんです。

なんか弱みを握られてる気持ち←本当はみんな平等

「奨学金を借りてるから…」という理由で、なんとなく自分が不利な立場にいるような…。でも、本当はみんな平等。この感覚、大事ですよ!

そもそもお礼奉公ってグレーな部分ある←よく考えたら奉公ってなんだよ(笑)

奉公って、なんだか古い感じがしますよね。今どき、そんなことで悩む必要あるのかな?って、思いますよね。

お礼奉公の法的な問題点

お礼奉公は憲法第22条、労働基準法第16条・第137条に違反しているのではないかと言われています。

  • 憲法第22条「職業選択の自由」:学費の肩代わりをしてくれた病院で、一定期間働くことを強制されることが職業選択の自由に反するのではないかと言われています。
  • 労働基準法第16条「賠償予定等の禁止」:『使用者は、労働者の契約の不履行に関して、違約金を定めたり、損害賠償額を予定する契約をしてはいけない』という16条に対して、看護師が期間中に退職した場合に違約金や一括返済を要求することが、違反するのではないかと言われています。
  • 労働基準法第137条:『1年を超える有期雇用期間では、契約から1年が経過すれば労働者はいつでも退職できる』と言われているので、お礼奉公に期間を設けることが反するのではないかと言われています。

お金は返せばいいんだから、職場環境が悪いと感じるなら転職もあり

ここが大事!奨学金は返せばいいんです。職場が嫌なら、新しい道を探すのもアリですよ。自分の幸せを一番に考えましょう。

結論、お礼奉公なんて辞めちゃえ辞めちゃえ

最後に、これだけは言いたい!「自分の幸せを一番に考えて、いいんです!」もし今の仕事が苦しいなら、辞める選択肢もあり。お礼奉公?そんなの、今のあなたには必要ないかもしれません。自分の心に正直に、前を向いていきましょう!

辞めるって選択肢、全然アリ!

看護師でお礼奉公にしんどくなったときの行動3選

看護師のお礼奉公、疲れちゃいますよね?でも大丈夫!ここに救いの手が!状況を変えるための「行動3選」をご紹介します。さぁ、どれがあなたにピッタリかな?

①看護師専門転職エージェントに相談

「辞めたいけど、どうすれば…?」そんな時は、看護師専門の転職エージェントへGO!彼らはあなたの悩みに耳を傾け、お礼奉公の悩みに対する最適な策を提案してくれるかもしれません。

看護師専門の転職サイト

忙しい看護師業務の間に転職活動をスムーズに行うために、転職サイト選びは重要です。
看護師専門の転職サイトは特色が様々なので、複数登録するのがおすすめです。
一例として、

  • レバウェル看護(現場の声などの情報量が豊富)
  • ナース人材バンク(アドバイザーのサポートあり)
  • マイナビ看護師(病院だけでなく一般企業など幅広い求人情報あり)
  • 看護roo!(質の高い病院の求人数が多い)

など。

お礼奉公への対策が練られるかも

転職エージェントなら、あなたの状況に合わせたキャリアプランを提案してくれます。お礼奉公のしがらみから抜け出すための一歩を、ここで見つけられるかもしれませんよ!

②奨学金の返済について調べる

「奨学金、どうしよう…」そんなあなたには、奨学金の返済方法をリサーチするのがオススメ!意外と知られていない返済の選択肢や条件、探してみる価値ありですよ!

奨学金の返済方法

お礼奉公中に退職する場合、働いた期間を除いた金額、もしくは期間に関係なく全額の返済が一般的です。
一括返済を求められる場合もありますが、分割返済ができる可能性もあるので、契約書を確認の上、まずは病院に相談してみましょう。
自治体の奨学金制度を利用している場合、同自治体内指定の病院に転職し、残りの期間分勤務をすれば支払い免除になる可能性があります。
また、返済の肩代わりする「奨学金立替制度」を行っている病院で一定期間働くことで返済免除できる可能性もあります。「奨学金立替制度」を用意している病院を探すのは難しいので、転職サイトで奨学金がある旨を伝えてサポートしてもらうのがよいでしょう。

奨学金を借りたときの約束事項などを書面で確認←返せばいいんだって!

契約書をもう一度チェック!「返済条件って、こんなに柔軟だったの?」なんて新発見があるかもしれません。奨学金の重圧から解放されるヒントが、ここに隠されているかもしれませんよ。

③医者と付き合う!

これ、ちょっと意外な作戦かもしれませんが、医者とのお付き合いも視野に入れてみては?もし恋愛が実ると、新しい人生の扉が開くかもしれませんよ。

玉の輿で職場のみんなもギャフンと言わせちゃえ

せっかくのチャンスを逃さない!専業主婦ルートを目指すのもあり(笑)

人生は何が起こるかわかりません!看護師の仕事に疲れたら、恋のチャンスも大事に。新しい人生のスタートラインが、ここにあるかもしれませんよ。

看護師のお礼奉公辞めたい人は普通←そもそもアカン?転職エージェントに相談しよう!

「お礼奉公を辞めたい」と思うのは、実はとっても普通のこと。でも、その思いをどう実現させるかが問題です。転職エージェントに相談して、自分にとっての最良の道を探してみましょう!「辞めたい」って思ったその気持ち、大切にしてくださいね

奨学金のこと含めて相談できる看護系に強いエージェントなんかいいかもね!あきらめないで☆