本ページはプロモーションが含まれています

看護師 楽な職場←実現するための選択肢とは?充実したキャリアを!

看護師という職業は、多くのチャレンジとやりがいがありますが、同時にストレスや身体的な負担が大きいことも事実です。しかし、職場を選ぶ際に重要なポイントを押さえることで、プライベートも充実させながら、楽な職場で働くことが可能です。

看護師って忙しくてきつい仕事ってイメージがあるけれど、楽な職場を見つけることなんてできるのかしら?

看護師 楽な職場←プライベートも充実させる方法

バランス良く仕事とプライベートを楽しむコツ

仕事とプライベートのバランスは、看護師にとって特に重要なテーマです。時間管理と自己ケアがこのバランスを保つ鍵となります。例えば、残業を避ける、休日をしっかり取る、趣味やリラクゼーションの時間を確保することが重要です。

自分の時間をちゃんと確保できれば看護師の仕事をしながらもプライベートの時間を充実させられます。

自分の勤務時間や休日が適切にとれるように、無理のない勤務体系の職場を見つけましょう!

キツくないシフトで働きやすさチェック

シフトの柔軟性は、看護師としての働きやすさを大きく左右します。例えば、夜勤が少ない、または全くない職場、週末休みが取りやすい職場などは、プライベートの時間を確保しやすくなります。シフトの内容を事前にチェックし、自分のライフスタイルに合った職場選びが大切です。

決まった曜日に休みが欲しいなら休診日の決まっている診療所やクリニックがいいよね。

入院設備のない職場なら夜勤もなく、勤務時間も一定だし。

家庭との両立も考えたら決まった日時で働ける職場が私には合っていると思うわ。

あなたの気持ちもリフレッシュ!看護師の良い職場環境の選び方

しっくり来る人間関係でストレス知らず!

職場の人間関係は、ストレスの大きな要因になり得ます。良好な人間関係は、働く上での満足度を大きく向上させます。そのため、職場選びの際には、チームワークや職場の雰囲気を重視することが大切です。

新しい職場で働くには仲間との信頼関係が築けるか心配ですよね。

雰囲気のいい気持ちよく働ける環境かどうかは、待遇面以上に重要な要素かもしれません。

職場の雰囲気を見極めよう、まずは職場訪問から

職場の雰囲気を知る最良の方法は、直接職場を訪問することです。実際に働いているスタッフと話をすることで、職場の実情や文化をより深く理解することができます。また、そこでの人間関係や職場環境が自分に合っているかを感じ取ることができます。

職場見学をさせてくれる医療機関は意外と多いです。

忙しいからと言って見に行かないのはもったいない!

実際に働く前に見学しておくことで自分の理想と職場とのギャップがないか確認できるので、ぜひ申し込みましょう!

申し込み方法は医療機関によりさまざまなので、まずは電話で問い合わせるといいと思います。

ママ看護師必見!家族も大切にできる楽な職場の探し方

ママ看護師にとって、家族との時間を大切にしながらキャリアを続けることは大きな課題です。子育てと仕事の両立には、柔軟な働き方が可能な職場選びが重要です。ここでは、子育て中の看護師が家族との時間を確保しながら働ける職場の探し方をご紹介します。

子育て中の看護師の悩みを解消してくれる職場を探そう!

子育て中のママ看護師には「長時間勤務ができない」「子どもの体調不良で欠勤や早退が増える」「夜勤ができない」「勉強をする時間が取れない」「家事との両立が大変」など様々な悩みがあると思います。

できないことを無理するのではなく、できる範囲の勤務体系の職場を選ぶことが長く看護師として働くために大事なことです。

・院内の託児所を利用する。

・日勤のみで定休のあるクリニックを選ぶ。

・急患が少ない病棟に移る。

・訪問看護やデイサービスで働く。

上記のように子どもがいても働きやすい勤務時間や環境の職場を選ぶことで、少しでも今より負担が減らせたらいいですね。

育児もキャリアも頑張れる仕事探しのアイディア

育児と仕事を両立させるには、勤務形態の柔軟性が鍵です。例えば、パートタイムや時短勤務、リモートワークが可能な職場などは、子育て中の看護師にとって理想的です。また、託児所がある病院やクリニックも、ママ看護師には大きな魅力となります。

独身の時と同じ働き方を続けることは難しいですから、子育て中はある程度割り切って子ども中心の生活を考えてもいいと思いますよ。

子どもに優しい職場条件が揃っているか確認!

子どもに優しい職場条件をチェックすることは重要です。これには、勤務時間の柔軟性、緊急時の対応策、託児所の有無などが含まれます。また、子育てを理解し、支援する職場文化があるかどうかも、職場選びの重要なポイントです。

地方転職で実現←地元愛満タン看護師生活

地方での看護師としての働き方は、都市部とは異なる魅力があります。地域医療への貢献だけでなく、よりのんびりとした生活スタイルを実現できる可能性が高いです。

たくさんの新規患者が集まる都会と違い、地方ではいつもの患者さんが継続して通ってこられることがほとんどです。

自分の大好きな土地でそこに住む人たちとより深いかかわりが持てる地域医療は都会とは違ったやりがいを感じられますね。

地域医療に貢献して、じっくり働こう

地方での看護師としての働き方は、地域医療への直接的な貢献を感じられる点が大きな魅力です。地域に根ざした病院やクリニックでは、患者さんとの距離が近く、よりパーソナライズされたケアを提供できることが多いです。また、地方の医療機関では一人ひとりの看護師の役割が大きく、キャリアアップにもつながります。

地方の医療機関で働くメリット

地方では都会と違い

家賃が安く通勤がしやすい

・人員が少なく管理職になるなど出世のチャンスがある

・休日には豊かな自然を満喫できる

などのメリットがあります。

ちほうならではの不便さもありますが、それよりも地域貢献をしつつのんびりとした生活を重視するのであれば地方勤務は向いているでしょう。

のんびり地方ライフでもキャリアはバッチリ!

地方での看護師生活は、のんびりとした生活スタイルを実現しながらも、キャリアを積むことができます。都市部に比べて競争が少ないため、昇進や専門性の高いポジションに就きやすい傾向があります。また、自然に囲まれた環境での生活は、心身の健康にも良い影響を与えます。

地方の医療機関では看護師の人数も少ないため、一人当たりの業務が多岐に渡る場合があります。

いろいろな業務に携わることでスキルも身について自分を磨けますね。

勤年数で差をつけろ!看護師の楽な職場探し(笑)

看護師としての勤務年数は、キャリア形成において重要な要素の一つです。

勤務年数が長ければスキルも高く即戦力になるので、すぐにでも働ける人員が欲しいと思う医療機関は多いでしょう。

教育、成長を待つ必要のない即戦力のスキルはとても重宝されますよ。

長期勤務が生む経験、転職ではこんな風に使えますよ♪

長期間にわたる看護師としての勤務は、専門性の高いスキルセットを築き上げることを意味します。これらのスキルは、転職市場において大きな強みとなり、より良い条件や専門性の高いポジションを獲得するために利用できます。例えば、特定の専門分野での経験、リーダーシップの経験、病院管理や教育分野での経験などが、転職時に強調すべきポイントです。

勤務期間が長ければ長いほど、今まで経験してきた事柄が大きな財産になります。

自分が今までやってきたこと、今の私ができることを自分の強みとしてしっかりアピールしていきたいです。

看護師が楽な職場を探すのってそもそもあり?←アリ

看護師だってゆったり働きたい!

看護職にも働き方改革!

国の「働き方改革」により日本看護協会は「働き続けられる仕組みづくり」「看護職が生涯安心して働き続けられる環境づくり」「看護職員が生涯健康で安全に働き続けられる働き方」のための提案をまとめました。

これにより「働き方改革関連法」の施行で

・時間外労働の罰則付き上限規制の導入。

・年次有給休暇年5日の取得の義務付け。

・労働時間が把握できるよう客観的な労働時間の記録が必要

上記のように義務付けられました。

これらを受けて新しい形の雇用形態(フレックスタイム制やフリーランスなど)や、ICT(情報通信技術)を導入するなど、今後さらに看護師の業務改善が進んでいきそうです。

(参考:看護職の働き方改革)