本ページはプロモーションが含まれています

看護師のストレス限界です。一発で治る解消法

看護師のストレス 看護師の転職
看護師
看護師

看護師は精神的に辛い仕事・・・

看護師は精神的なストレスを感じやすい仕事です。その解消法を紹介します。

看護師のストレスを解消したい

看護師はストレスを抱える仕事です

看護師という職業は、多くの人々にとって非常に重要な役割を果たしています。しかし、その責任の重さと、多くの場合、人命に関わる緊急性からくるストレスは計り知れません。加えて、長時間の労働、人間関係、患者とのコミュニケーションなど、多くのストレス要因が存在します。この記事では、看護師が抱えるストレスとその解消法について詳しく解説します。

ストレスの要因

看護師が感じるストレスの要因は多岐にわたります。それは患者のケアから、医療チーム内のコミュニケーション、そして組織の文化までさまざまです。以下に、主なストレスの要因をいくつか挙げてみましょう。

①上司からの圧力

看護師の仕事はチームで行われることが多く、その中で上司からの指示や圧力は避けられない要素となっています。特に、緊急時の対応や医療ミスが許されない状況では、上司からのプレッシャーは一層高まります。このような状況は、ストレスを感じる大きな要因となることが多いです。

閉鎖空間での上下関係

病院やクリニックは比較的閉鎖的な環境であり、その中での上下関係はストレスの一因となります。特に、新人看護師や経験の少ない看護師は、上司や先輩からの圧力を強く感じることがあります。このような閉鎖空間での上下関係は、ストレスを増幅させる可能性があります。

②究極の接客業

看護師の仕事は、医療の専門性が求められる一方で、究極の接客業でもあります。患者さん一人一人のニーズに応え、心地よい医療環境を提供することが求められます。しかし、患者さんもストレスを抱えていることが多く、そのストレスを受け止めながらのケアは非常に精神的に厳しいものがあります。

ストレスを抱えた人を助ける仕事は辛い

看護師は、ストレスを抱えた患者さんを助ける仕事ですが、そのプロセス自体がストレスとなることが多いです。患者さんの心の負担を軽減するためには、看護師自身が強い精神力と高いコミュニケーション能力が必要です。しかし、それが逆に看護師自身のストレスとなり、仕事の質に影響を与えることも少なくありません。

③給料の安さ

看護師の仕事は非常に専門性が高く、多くの責任を担っています。しかし、その割には給料が安いと感じる看護師は少なくありません。特に、日本では平均年収が500万円程度とされていますが、その負担とリスクを考慮すると、多くの看護師が「割に合わない」と感じています。

平均年収500万程度←割りに合わない

看護師の平均年収が500万円程度であることは、多くの看護師にとって大きなストレスの一つです。長時間労働や夜勤、そして高い専門性と責任感が求められる仕事内容を考慮すると、この給料水準は多くの看護師にとって満足のいくものではありません。

看護師ならでは!?特有のストレスがある

看護師の仕事は非常にやりがいがありますが、それに伴う特有のストレスも存在します。以下は、看護師が直面する可能性のあるストレスの例です。

看護師さんの仕事って人の命と隣り合わせだから、精神的にも肉体的にもストレスが溜まってそう…

ドロドロ…上下関係と女性の多い職場環境

看護師の職場は女性が多く、時に複雑な人間関係や上下関係のストレスを感じることがあります。チームワークが重要な仕事なので、職場の人間関係はストレスの大きな源になり得ます。

確かに女性だけの職場の方がドロドロ…男の人が一人でもいれば全然違う…女性だけの職場はチームワークにも支障がでそうですよね。

ドキドキ…命にかかわる仕事に対する強い責任感

看護師は患者の生命や健康に直接関わる重要な役割を担っています。そのため、強い責任感を感じることが多く、それがストレスにつながることもあります。

ふらふら…日勤と夜勤のある不規則な生活リズム

多くの看護師は日勤と夜勤を交代で勤務します。この不規則な生活リズムは、身体的・精神的なストレスを引き起こし、健康に影響を与えることがあります。

看護師さんだからこそ、元気な姿で働いてほしいですよね~その方が患者さんも安心できる!

看護師の過剰なストレスは社会問題

看護師が抱えるストレスは、個々の職場や個人だけの問題ではありません。それは広く社会全体に影響を与える大きな問題となっています。特に、看護師の離職率が高いこと、リモートワークの適用が難しいこと、そして新型コロナウイルスの影響での業務量の増加など、多くの側面でその影響が出ています。

看護師だけがリモートワークできない

多くの業種でリモートワークが進んでいる中、看護師はその恩恵を受けにくい職種です。医療現場での対面でのケアが必須であり、リモートワークの導入は困難です。このことが、看護師のストレスをさらに高めています。

コロナで看護師だけが忙しい

新型コロナウイルスの影響で、多くの業種がダウンタイムを迎えた一方で、看護師は逆に業務量が増加しています。感染者の治療はもちろん、感染防止対策にも力を入れなければならず、その負担は日増しに増しています。

離職率の上昇←10人中1人が辞める

看護師の離職率は非常に高く、一説によれば10人中1人が辞めるとも言われています。この高い離職率は、看護師が抱えるストレスと密接に関連しており、その解消が急募されています。

看護師のストレスを解消する方法

看護師が抱えるストレスは深刻であり、その解消方法は多くの人々にとって非常に重要なテーマです。ここでは、具体的なストレス解消法をいくつかご紹介します。

①転職

転職は、ストレスを解消する最も効果的な方法の一つです。特に、現在の職場での人間関係や業務内容に不満を感じている場合、新しい環境でのスタートは大きな変化をもたらすことがあります。

職場を変えるだけで人生が変わります

新しい職場では、新しい人間関係や業務内容によって、ストレスの原因が大きく減少することが多いです。また、転職によっては給与も上がる可能性があり、それがさらなるモチベーションとなることもあります。

年収のアップ&人間関係のリセット

転職することで年収が上がる場合も多く、それが生活の質を向上させる大きな要素となります。また、新しい職場では人間関係がリセットされ、ストレスの少ない環境で働くことができる可能性が高まります。

②訪問看護の仕事に変える

訪問看護は、病院やクリニックでの勤務とは異なり、一対一で患者さんのケアをする仕事です。そのため、人間関係のトラブルが少なく、ストレスを感じにくい環境が整っています。

人間関係のトラブルがなくなる

訪問看護の仕事では、患者さんと直接コミュニケーションを取る時間が多く、職場での人間関係に起因するストレスが大幅に減少します。また、一対一でのケアが主なので、自分自身のスキルを高めやすい環境でもあります。

時給4000円の訪問看護師も多数いる

訪問看護の仕事は、時給が高いケースも多くあります。一例として、時給4000円の訪問看護師も少なくありません。このような高収入を得られる環境は、ストレスの軽減にも寄与する要素となります。

③結婚・婚活

ストレスを解消するためには、プライベートな時間も大切です。結婚や婚活を通じて、心の支えとなるパートナーを見つけることが、ストレスの軽減につながる場合があります。

悩みを誰かに話せる環境が大切

ストレスを感じるとき、その悩みを誰かに話せる環境があると、心が軽くなることが多いです。結婚や婚活を通じて、そのような環境を作ることは、精神的な安定に非常に有用です。

出会いを求めるのは悪いことではない

多くの人が仕事に追われ、出会いが少なくなる傾向にあります。しかし、新しい出会いを求めることは決して悪いことではありません。それが新しい人生のステージを築く第一歩となる場合も多く、ストレス解消にも寄与します。

④とにかく休んでリフレッシュ!

ストレスがたまった時、休息を取ることは非常に重要です。しっかりと休むことで心身ともに回復し、仕事のパフォーマンスも向上します。

患者さんよりも自分をまずは大事に!気持ちの切り替えにもリフレッシュ休暇は必要。

趣味に没頭!仕事を忘れて現実逃避する

好きなことに時間を費やすことで、仕事のことを一時的に忘れ、心をリフレッシュさせることができます。趣味に没頭することは、ストレス解消に効果的です。

好きなことなら、それに集中できて仕事のことを忘れられるね!自分の趣味を何か見つけてみるといいかも!!

有給消化!権利を上手く使って自分の体を守ろう

有給休暇は、働く人の権利です。計画的に有給を取得し、休暇を利用してしっかりと休むことで、体と心の両方を守りましょう。自分自身の健康と幸せを優先することが大切です。

有給休暇が取りやすい環境というのも必要です。職場からも積極的に取らせてあげる体制を作ってほしいですね。

【まとめ】うつになる前にストレスを解消しましょう

看護師が抱えるストレスは、放置すると重大な健康問題につながる可能性があります。うつ病などの精神的な疾患は、ストレスが積み重なった結果として発症することが多いです。そのため、早めの対策として、本記事で紹介したようなストレス解消法を試してみることをお勧めします。

後悔しない!転職先を選ぶときの注意ポイント

転職は人生の大きな転機です。慎重に検討し、後悔のない選択をするために、以下のポイントをチェックしましょう。

人生において仕事の良し悪しは幸福度に大きく関わってきそうだから、絶対失敗したくないよね。

仕事内容と給与が見合っているかチェック!

仕事の内容と提供される給与が釣り合っているか確認することが大切です。自分のスキルや経験に見合った適正な報酬を得られる職場を選びましょう。

夜勤が辛いのであれば日勤のみの職場を選ぶ

夜勤の負担が大きい場合は、日勤のみ、あるいは夜勤が少ない職場を選択することで、健康やライフスタイルを守ることができます。

夜勤って単純に疲労がたまりそう。体への負担が大きいからほどほどに…

残業はアリ?生活に支障が出るので要確認!

残業が多い職場はプライベートの時間が削られ、仕事と生活のバランスが崩れがちです。自分のライフスタイルに合った働き方ができる職場を選びましょう。

職場の年齢層は?人間関係は上手くいきそう?

職場の雰囲気や年齢層、人間関係は日々の仕事の満足度に大きく影響します。面接の際に職場の雰囲気を感じ取ることができれば理想的です。

同世代ばかりでもよくないし、まんべんなく色んな世代が働いている職場が理想かな。

看護師のストレス【まとめ】

看護師は多くのストレスを抱える職業であり、そのストレスは個人だけでなく、社会全体にも影響を与える重要な問題です。主なストレスの要因としては、上司からの圧力、究極の接客業としての負担、給料の安さなどがあります。また、新型コロナウイルスの影響やリモートワークの不適用、高い離職率なども、看護師のストレスを増幅させています。

ストレス解消の方法としては、転職や訪問看護への転職、さらには結婚や婚活などが有効です。特に、転職や訪問看護は年収のアップや人間関係のリセットが期待でき、結婚や婚活は心の支えを得られる可能性があります。