本ページはプロモーションが含まれています

血液内科看護師必見←キャリアを加速させるステップアップ術

血液内科看護師としてのキャリアは多岐にわたります。専門的な知識と技術が要求されるこの分野では、常に最新の医療情報をキャッチアップし、技術の磨きをかけることが重要です。

専門性の高い知識と実践力でさらなるキャリアアップを目指そう!

血液内科看護師向け←キャリアアップ戦略

血液内科看護師の仕事とは

血液内科看護師の仕事には、他の科と共通の患者ケアに加えて血液内科特有の検査や処置の業務もあります。

バイタルサインの測定患者のケアなどの一般的な病棟業務。

採血点滴などの処置。

骨髄検査などの検査介助。

化学療法放射線療法骨髄移植時の医師の補助。

無菌室での治療の補助、看護。

また、深刻な病状を抱える長期入院患者が多い科のため、患者の身体的なケアに加えて精神面のケアも重要になってくる仕事です。

血液学を使ってキャリアをデザインしよう!

血液学は看護師にとって、キャリアアップの基礎となる分野です。血液疾患の診断や治療において、看護師の役割は非常に大きいため、この分野の深い理解はあなたのキャリアに大きな影響を与えます。最新の研究や治療法を追いかけ、自分の臨床スキルに取り入れることで、専門性を高めましょう。

血液学を極めれば毎日の業務も資格取得も幅が広がるよ♪学ぶ価値あり!

一般社団法人日本血液学会とは

血液学の発展を目的として設立された学会。

1937年創立の旧日本血液学会と1959年に創立の日本臨床血液学会が2008年に統合されてできた学会。

日本の血液学を基礎医学・臨床医学において発展させるための「学術活動」、国内のどこにいても血液疾患の患者さんが必要かつ十分な治療を受けることのできる「診療活動」、それらを維持・発展させるための人材育成・生涯教育などの「教育活動」を3つのミッションとして掲げている。

一般社団法人日本血液学会(http://www.jshem.or.jp/)

腕前も大事だけど資格も忘れずに:血液内科看護のプロを目指す

実務経験に加え、専門的な資格取得もキャリアアップには欠かせません。血液内科看護に関連する資格や認定を取得することで、専門性を証明し、患者や医療チームからの信頼を得ることができます。また、資格取得に向けた学習は、日々の業務にも役立ちます。

血液内科看護師が取得できる資格試験

1.二級臨床検査士資格認定試験(血液学)

造血や止血機構など血液学一般の幅広い知識が問われる試験。血液検査の技術を厳しく審査される。

〈受験資格〉

①臨床検査技師の資格を有する。

②所属長の証明書を提出できる。

〈合格率〉56%

2.一級臨床 検査士資格認定試験(血液学)

難易度は難関で指導的立場の中堅技師が受ける資格。その分野のスペシャリストが持つ資格と言われている。

〈受験資格〉

①二級臨床検査士の合格者。

②5年以上の実務歴、なおかつ二級臨床検査士合格後3年の実務歴がある。

③所属長の証明が得られる。

〈合格率〉10%強

3.認定血液検査技師試験

認定血液検査制度協議会の審査により付与された認定資格。

〈受験資格〉

①臨床検査技師である。

②2年以上日本検査血液学会の会員である。

③3年以上血液学の検査業務を経験している。

④血液検査学に関連した学術論文など審査基準に必要な100単位を取得していること。

⑤日本検査血液学会学術集会か日本検査血液学会が主催するセミナーに1回以上参加している。

4.認定骨髄検査 技師試験

骨髄検査等の血液形態検査における専門知識と高度な判定能力のある技術者を認定する資格試験。

〈受験資格〉

①認定血液検査技師を取得してから1度更新している。

②申請時に5年以上の骨髄検査の実務経験がある。

③申請資格の審査基準に必要な120単位を取得していること。

④5年間で日本検査血液学会学術集会か日本検査血液学会が主催するセミナーに2回以上参加している。

血液検査のきほんの理解

血液検査は、内科看護における基本的かつ重要なプロセスです。正確な検査結果は診断と治療の方針を決定する上で不可欠であり、看護師として血液検査の基本を正しく理解し、適切に実施することが求められます。患者さんに最善のケアを提供するためにも、血液管理手順をきちんと把握しておくことが重要です。

毎日数多くこなすからこそ油断大敵!しっかり技術を高めていこう。

患者さんにベストを!血液管理手順をきちんと押さえましょう

患者さんの安全と健康を守るためには、血液検査の際の手順を正確に実行することが必須です。採血から分析までの各ステップは、患者さんの診断と治療に直結するため、注意深く行う必要があります。これには、適切な採血方法、サンプルの取り扱い、検査結果の解釈などが含まれます。

●採血の手順

採血の指示書を確認。

手洗いを行う。

③患者への採血の説明本人確認

用具の準備と物品のセッティング。予めすぐ使える状態にしておく。

血管選択。選択しづらい場合は駆血帯を巻き直接血管に触れて確認する。

穿刺部位の消毒。アルコールのアレルギーの有無を先に確認しておく。

針の挿入。消毒が乾いてから、皮膚に対して15度の角度で刺入。しびれや痛みの確認。

採血。穿刺部がずれないように固定しながら真空採血管をホルダーに差し込む。

抜去。必要本数を採り終えたら採血管を抜き駆血帯を外す。

抜針。消毒綿で刺入部を押さえながら針を抜き廃棄容器に捨てる。患者への圧迫止血の説明。止血時間は3~5分程度だが抗凝固薬を服用している人には長めに伝える。

止血の状態観察。皮下出血の有無、神経症状の有無などを確認。

●採血管の種類と検査内容

採血管種類採血量検査内容
血清分離用採血管(生化学)3~5㎖酵素検査・電解質検査・脂質検査などで使用。入院時の必須検査の感染症もここから調べる。
抗凝固剤(クエン酸Na)入り採血管(凝固)1.8㎖血を固める働きの低下が疑われる、抗凝固剤の内服、手術が想定される、DICのリスクが高い重症の場合など。
抗凝固剤(EDTA)入り採血管(血清)2㎖血液一般検査や血球算定検査に使用。
抗凝固剤(フッ化Na)入り採血管(血糖)2㎖意識障害時に低血糖発作か確認するために血糖値を調べる。

キホンを守って効率UP:仕事がサクサク進む秘訣教えます

血液検査の基本を守ることは、効率的な仕事の進行にもつながります。プロトコルに従うことで、ミスのリスクを減らし、検査結果の信頼性を高めることができます。また、ルーチン化されたプロセスを身につけることで、より迅速に、そして正確に業務を遂行することが可能になります。

正確にてきぱきと仕事をこなす看護師ってカッコイイよね!

内科看護師って血液見る?求人情報の信頼性チェック

転職はキャリアの重要なステップの一つですが、血液内科看護師としての次のステップを踏み出すためには、信頼できる求人情報を見極める能力が必要です。

自分の希望に合った職場を見つけ出すってほんと難しい‼でも「あきらめたらそこで試合終了だよ」(by安西先生)

安心して次のステップへ:魅力的求人は見極め上手がポイントですよ!

魅力的な求人情報を見極めるためには、その求人が本当にあなたのキャリア目標や働き方に合致しているかを考慮することが重要です。給与や勤務地だけでなく、教育研修の機会、職場環境、キャリアアップのチャンスなど、多面的に評価することが必要です。

資格試験を受ける際にも経験年数や所属長の証明書が必要になるなど、勤務先の協力体制が必要になります。

体制的にも協力的か、試験勉強に費やす時間的余裕があるかなどもチェックポイントに加えて、長く勤務できる自分に合った環境を手に入れたいですね。

大丈夫、この病院ナイスかも?転職成功者が教える見分け方

看護師の転職成功者は、求人情報の細部に注意を払い、自分にとって最適な選択をする能力を持っています。面接時の質問、病院の評判や実績、現場の雰囲気を把握することが、適切な職場を見分ける鍵となります。

隅々までチェックして最高の転職を♪「転職王に~おれはなる‼」(byルフィ⁈)