プロモーションが含まれております

LGBTQが働きやすい会社とは?—企業の取り組み事例、メリットも紹介

LGBTQが働きやすい会社とは?—企業の取り組み事例、メリットも紹介 LGBPQの転職

LGBTQの人が働きやすい会社ってどんな会社だろう?

企業の取り組み事例やメリットも合わせて解説していくよ。

年収500万円が目指せる
無料の転職サイトはdoda

LGBTQが働きやすい会社を作るのが新しい時代の必須条件

はじめに←LGBTQが働きやすい会社を作るのが新しい時代の必須条件

LGBTQ(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー、クエスチョニング)の方々が働きやすい会社とは、どのような特徴や取り組みがあるのでしょうか。本記事では、その点に焦点を当て、企業の取り組み事例や働く上でのメリットを紹介します。多様性と包摂性を重視する現代社会において、このテーマは非常に重要です。

『LGBTQ』『多様性の時代』こういった言葉が確実に聞かれるようになったよね。

性的指向や性自認に関連した壁にぶつかったりハラスメントを受けたり、困難な面に直面している当事者はとても多いわ。

『多様な人材が働ける環境・職場づくり』を目指してさまざまな取り組みを行う企業は

【多様な価値観や視点からのビジネス】を必要としている。

それが会社そのものの成長に大きくつながると考えられている。

これが新しい時代の考え方ね!

転職エージェントを使ってみたい

編集部
編集部

どれ使えばいいの?
とりあえず転職エージェント登録らしいけど

編集部
編集部

年齢制限で断られた…

編集部
編集部

お給料とか休み
増えるか不安…

そもそもやりたいことない
とりあえず会社辞めたい

無料dodaなら解決できます

転職エージェント業界大手のdoda年齢・学歴・職歴一切不問で、転職カウンセリングや書類作成サポート、応募手続き代行から入社後のアフターフォローまで完全無料で受けられます。さらに、応募するときは企業への推薦状まで用意してくれるので、あなたの特性を最大に活かしてくれます。

企業のLGBTQに対する取り組み

企業のLGBTQに対する取り組み

企業がLGBTQの方々に対してどのような取り組みをしているのかは、その企業が多様性と包摂性をどれだけ重視しているかを示す指標となります。例えば、セクシュアルマイノリティに対する研修や啓発活動、ダイバーシティ・アンド・インクルージョン(D&I)ポリシーの策定などがあります。

ダイバーシティ・・・「多様性」、組織内に多様な人材がいることを認めあう

インクルージョン・・「受容」、「包括」、多様な人材が能力を発揮し、対等に関わり合い一体感を持って働くこと

ダイバーシティ&インクルージョンとは多様性を認め合うだけではなく【さまざまな個性を受容し一体となり働くことが重要である】というダイバーシティの一歩先のインクルージョンの概念を示したもの

このD&Iの考えは変化の激しい時代を生き抜くために必要な「多様性」を活かす考え方として注目されている

研修と啓発活動

多くの企業では、LGBTQに対する理解を深めるための研修や啓発活動を行っています。これにより、職場内での差別や偏見を減らし、より働きやすい環境を作ることが可能です。

〈P&G〉 社員の知識やスキル構築のための研修・講習が行われ、社内制度の整備、アライの育成、などに取り組んでいる

ResKILL(リスキル)という会社はLGBTの認識や理解を深めたいという企業にむけて、さまざまな社員研修を行っているわよ。

D&Iポリシーの策定

D&Iポリシーは、企業が多様性をどのように取り入れ、それを活かすかを明示したガイドラインです。これにより、LGBTQの方々も安心して働ける環境が整います。

企業が社内で規定し共有するものよ。視覚的に基礎知識や配慮、個人がとるべきアクションについてまとめられているわ。

LGBTQが働きやすい会社の特徴

LGBTQが働きやすい会社の特徴

LGBTQが働きやすい会社には、いくつかの共通の特徴があります。それは、オープンなコミュニケーション、フレキシブルな働き方、そして福利厚生が充実している点です。

例えば〈富士通〉は会社全体で認知・啓発を推進していて従業員へのアライ(支援者)の輪を広げる取り組みも行われているよ。(参考:harutakaお役立ちコラム)

オープンなコミュニケーション

オープンなコミュニケーションが取れる企業では、LGBTQの方々も自分自身を偽らず、安心して働くことができます。

社内だけではなく、社外とつながる取り組みがされていることは働きやすい職場環境が整っていると考えられて安心材料のひとつになる (参考:楽天株式会社

フレキシブルな働き方

多様な働き方が許容されている企業では、LGBTQの方々もライフスタイルに合わせて働くことができ、ストレスが少ないです。

自分を押さえつけることなく生き生きと働けたらその人の可能性が広がるわ。

【更新】2024年05月17日
1分で分かる人気転職エージェントBEST10【実績・評判】

企業事例

企業事例

次に、LGBTQが働きやすいとされる企業の事例をいくつか紹介します。これらの企業は、上述したような取り組みや特徴を持っています。

グーグル

グーグルは、LGBTQの権利を積極的に支援しており、多くのイベントやプログラムを開催しています。

ユニリーバ

ユニリーバもまた、ダイバーシティと包摂性を非常に重視しており、多くの取り組みを行っています。

LGBTQ+に関する支援プログラムが導入されている

企業が『職場におけるLGBTの取り組み評価指標【PRIDE指標】に参加しているか』は働きやすい企業を探す場合に確認しておきたいわね。

その【PRIDE指標ってなに?】

この【PRIDE指標】とは日本の企業や団体のLGBTQ+に対しての取り組みを評価する指標でLGBTQの人材が働きやすい職場をつくるためのガイドラインとして活用されているのよ。

そうなんだ。どういったところが評価をされているかも、見ておきたいね。

働く上でのメリット

働く上でのメリット

LGBTQが働きやすい会社で働くメリットとしては、自分自身を偽らずに働けること、職場環境が良いこと、キャリアアップのチャンスが多いことが挙げられます。

等身大で働ける環境があればその人のもつ力も発揮できるわよね。力を発揮できたらキャリアアップのチャンスに多くつなげることができるわ。

自分自身を偽らずに働ける

LGBTQが働きやすい会社では、自分自身を偽る必要がなく、そのため精神的な負担が少ないです。

LGBTだからと違う自分を演じるのはすごく精神的にも辛いし、働くモチベーションもなくなってしまうよ。個性や能力をを最大限に活かして働くことができたら最高だね。

職場環境が良い

多様性と包摂性を重視した企業では、職場環境も良く、働きやすいです。

  • 社員研修やセミナーの開催があり会社全体で正しい認識を深めている
  • 社外イベント参加が積極的に行われている
  • 相談しやすい環境や定期的な面談がある
  • 誰でもトイレ、配慮された更衣室がある
  • LGBTQの当事者がいない前提の職場でないこと
  • 福利厚生の見直しがされている   など

まとめ←LGBTが働きやすい会社とは

まとめ←LGBTが働きやすい会社とは

多様性を認める会社!

こうした各企業の新しい取り組みが働きやすい会社をつくり、そして生きやすい社会へと変わっていくのね。

このままどんどん広がりを見せてほしいね!

『みんな違ってみんないい』

いろんな価値観があることを知ろう。認めよう。誰もが等身大で自分を表現できる社会はきっとそう遠くない。

【最新】2024年05月17日
オススメ転職エージェント