プロモーションが含まれております

LGBT専門の転職エージェントあるの?【注意点】ジョブレインボーって大丈夫?

LGBT専門の転職エージェントあるの?【注意点】ジョブレインボーって大丈夫? LGBPQの転職

『転職エージェント』ってどういうところなのかな?

『転職エージェント』とは自分で情報を探す転職サイトとは違って、転職支援のプロが相談にのってくれるところなのよ。

LGBTQを専門にしている転職エージェントについても解説するから最後まで読んで参考にしてね。

年収500万円が目指せる
無料の転職サイトはdoda

LGBTフレンドリーな転職エージェントの選び方

LGBTフレンドリーな転職エージェントの選び方

『LGBTフレンドリー』とはLGBTに対して協力的な姿勢を示す個人や組織のことを言うわよ。

そうなんだ!・・・そうは言ってもどう選んでいいのか迷うね。信頼できる転職エージェントの見極め方ってあるのかな?

そうね。どうエージェントを選んだらいいのかわからないわよね。順にみていきましょう。

エージェントの評判と実績をチェック

転職エージェントを選ぶ際には、その評判や実績を調べることが重要です。LGBTフレンドリーなサービスを提供しているかどうか、実際に利用した人の声や、成功事例を確認しましょう。

こちらの『Nijiリクルーティング転職』はLGBTに特化した人材紹介として厚生労働省の許可を受けている会社よ。転職に関するトータルサポートだけでなく、LGBTに関する相談窓口が開設されていて安心して利用することができるわよ。

サービスの透明性を確認

サービス内容が明確に記載されているか、また、どのようなサポートが受けられるのかを事前に確認することで、信頼性を測ることができます。

NijiリクルーティングのLGBT外部相談窓口のサービスを紹介するわ。

LGBTフレンドリー企業とのネットワーク

LGBTに配慮した環境や制度の整備などを行う企業のこと『『LGBTフレンドリー企業』と言うわよ。

企業との連携の強さ

エージェントがどれだけ多様な企業と連携しているかもポイントです。特に、LGBTフレンドリーな企業とのネットワークがあるかどうかは、求職者にとって重要な判断材料になります。

いくらLGBTフレンドリー企業といっても実際エージェントとどれくらいのつながりがあるのか重視したいところだね。

こちらの【LGBTの人が安心して働ける環境を整えている企業】の求人だけを紹介している『ジョブレインボー』を紹介するわ。

転職エージェントを使ってみたい

編集部
編集部

どれ使えばいいの?
とりあえず転職エージェント登録らしいけど

編集部
編集部

年齢制限で断られた…

編集部
編集部

お給料とか休み
増えるか不安…

そもそもやりたいことない
とりあえず会社辞めたい

無料dodaなら解決できます

転職エージェント業界大手のdoda年齢・学歴・職歴一切不問で、転職カウンセリングや書類作成サポート、応募手続き代行から入社後のアフターフォローまで完全無料で受けられます。さらに、応募するときは企業への推薦状まで用意してくれるので、あなたの特性を最大に活かしてくれます。

カミングアウトのタイミングと方法

カミングアウトのタイミングと方法

転職しながらどんな風にカミングアウトするのがいいんだろう。

自分に合ったカミングアウトのタイミング

少しずつLBGTが認知されてきたとはいえ、LGBTフレンドリー企業で働く従業員全員に理解があるとは言えません。

転職活動中のカミングアウト

転職活動の中でカミングアウトをするかどうか、そしてそのタイミングは非常に個人的な選択です。自分自身が最も安心できるタイミングを見極めることが大切です。

  • LGBTに理解のある企業だけを転職エージェントに紹介してもらうようにする
  • 面接の中で相手企業にカミングアウトするかどうかを自分で選択する
  • カミングアウトするならそのタイミング(面接の自己PR中・面接の一番最後など)を前もって考えておく
  • カミングアウトしない場合も面接の中で話す流れになる場合のことを想定し、シュミレーションしておく

カミングアウトの方法

面接時の話でいうと、始まって唐突にカミングアウトするのではなく自分の体験エピソードと合わせてポジティブに話すといいわね。LGBTであることをカミングアウトしつつ、強みもアピールすることができるわよ。LGBTの話に偏らずに話をすること。そして相手に何を求めるのかも伝えられるとベストね。

サポート体制の整った環境で

カミングアウトをする場合は、サポート体制が整っている環境を選ぶことが重要です。エージェントがカミングアウトのサポートをどのように行っているかを確認しましょう。

小さなことでも気になることがあれば転職エージェントのキャリアアドバイザーに積極的に聞いてみましょう。

キャリアアップとLGBTのアイデンティティ

キャリアアップとLGBTのアイデンティティ

自己のアイデンティティを大切にする

当事者が困難に感じる場面や抱えている不安はそれぞれ異なります。

困難に感じる場面や抱えている問題や不安はそれぞれ違うわよね。

職場での自己表現

自分のアイデンティティを尊重してくれる職場を見つけることで、キャリアアップにも繋がります。性的指向や性自認がキャリアの障害にならない環境を選びましょう。

職場のなかで実際にLGBTについてどれだけ理解が深まっているのか知っておく必要がある

能力に基づく評価を求めて

公平な評価システムのある職場

能力に基づいて公平に評価される職場を選ぶことが、LGBTの人々にとって非常に重要です。エージェントを通じて、そのような評価システムを持つ企業を見つけることができます。

【更新】2024年05月20日
1分で分かる人気転職エージェントBEST10【実績・評判】

ジョブレインボーの安全性について

ジョブレインボーの安全性について

ジョブレインボーの信頼性

サービスの実績を検証

ジョブレインボーなどの専門エージェントの安全性を確認するには、その実績や提供しているサービスの質を検証することが重要です。

JobRainbowでは「LGBT・ジェンダーギャップ・障がい・多文化共生・介護/育児」に取り組むダイバーシティ企業に出会うことが可能で登録は無料です。

自分らしく働きたい企業を探している方にはおすすめの求人サイトです。社員の声だったり、編集部の取材レポート、事業内容、ダイバーシティスコアなどのコンテンツも掲載されています。

たくさんの情報が得られそうだね。すぐ登録してみよう!

ダイバーシティとインクルージョンを重視する転職

ダイバーシティとインクルージョンを重視する転職

ダイバーシティ採用が進む企業を探す

ダイバーシティとは『多様性』という意味をします。近年は顧客ニーズの多様化やグローバル化が進んでおり、さまざまな属性の人材を受け入れ雇用するダイバーシティ経営に取り組む企業が増えています。

多様性を受け入れる企業文化

ダイバーシティとインクルージョンを重視する企業は、LGBTの人々にとって働きやすい環境を提供しています。転職エージェントを通じて、そうした企業を探しましょう。

インクルージョンを実践する職場

インクルージョンは『受容』『包括』を意味します。多種な人材の価値観を認め合い尊重し、組織を活性化させることで組織運営を行っている状態を言います。インクルージョンの考えはビジネスだけではなく教育、社会において個性を最大限に活かすことが重要とされています。

職場の多様性をチェック

インクルージョンを実践している職場は、性的指向や性自認に関わらず、すべての従業員が尊重される環境を提供しています。転職エージェントには、そのような職場の情報を求めてください。

ダイバーシティの考え方を発展させたものがインクルージョンの考え方とも言えますね。

従業員一人一人にとって自分の居場所でスキルを活かし働ける職場であることが、インクルージョンが満たされている組織と言えますね。

【最新】2024年05月20日
オススメ転職エージェント