本ページはプロモーションが含まれています

音響エンジニアになるには?おススメ資格3選とむいてる人3選

音響エンジニアになるには何が必要?

音響エンジニアになるには特に必要な資格はいりません!なので誰でもなれるチャンスがあるということです。ただ音響エンジニアは「音」を生業とする職業なので、音楽が好き、音質が気になるなど、音に対してこだわりを持つことは大切でしょう!
音響エンジニアになるためには、特定のスキルや知識が必要です!これから紹介するのは、音響エンジニアになるためにあったらうれしいスキルの数々です。いざという時に役立つこと間違いなし!では、さっそく見ていきましょう!

あったらうれしいスキル

音響機材のスキル

まず最初に大切なのが、音響機材のスキルです!音響機材を扱うことは、音響エンジニアの基本中の基本。機材のセットアップから操作、メンテナンスまで、これらのスキルは必須です!機材に精通していると、あらゆる現場で活躍できるようになりますよ。

音響機材としては、マイクやミキサー、コンプレッサーなど様々な機材があります。それら一つ一つの知識や操作方法は必須です。また機材の設置から撤収まで行うので、接続方法などの作業にも精通しておく必要がありますね。

楽器の知識

次に重要なのは、楽器の知識です。なんと、音響エンジニアの中には元バンドマンの人も多いんです!楽器がどのように音を出すのか、その特性を理解していると、より良いサウンドを作り出すことができます。楽器に詳しいと、ミュージシャンとのコミュニケーションもスムーズに!(笑)

ライブやレコーディングなどで使用される楽器の演奏方法やパーツの知識などがあると、ミュージシャンの要求にもしっかりと応えることができます!またミュージシャンが観客に届けたい音楽的メッセージを伝えるためにも楽器の知識は必須です。

ライブハウスでのバイト経験もおすすめ

最後におすすめなのが、ライブハウスでのバイト経験です。実際のライブの現場で働くことで、音響の仕事の流れや雰囲気を肌で感じることができます。また、実際に機材を触りながら、貴重な経験とスキルを身につけることができるんです!これは、学校では教えてくれないリアルな現場感覚を得るチャンスですよ!

必要な資格はないけど持っていたら有利になる理由3選

音響エンジニアに必須の資格はないけれど、持っていれば一歩リード!どんな資格があるのか、興味が湧きますよね?ここでは、音響エンジニアにとってプラスになる資格を3つご紹介します!

①サウンドレコーディング技術認定試験

まずは「サウンドレコーディング技術認定試験」。この資格は、サウンドレコーディングの技術や知識を証明するものです。持っていれば、レコーディングのプロとしての信頼度がグンと上がります!

サウンドレコーディング技術認定試験は、年1回行われていて受験料は税込5,400円です。試験内容はマークシート方式の試験で四者択一、90分間の試験となります。この試験結果は合否判定ではなく、成績結果で能力レベルをA~Eのランクで判定して、「認定証」および「成績証明書」が交付されます。

②舞台機構調整技能士

次に「舞台機構調整技能士」。舞台上の様々な機構を扱う技能を認定する資格で、この資格を持っていると、舞台音響の分野で優位に立てます。音響エンジニアとして幅広く活躍したいなら、目指す価値ありです!

劇場やコンサートホールなどの演出で必要な音響機器や設備のプラン作成やセッティング、調整や操作に至るまで任される仕事です。資格には1~3級があり、実技試験と学科試験があります。ライブやコンサートを盛り上げる名脇役といった感じですね!

③Pro Tools技術認定試験

最後に「Pro Tools技術認定試験」。Pro Toolsは音楽制作に広く使われるソフトウェアです。この資格を持っていると、プロフェッショナルな環境での作業がスムーズになりますよ!

音響エンジニアに向いているのはこんな人3選

音響エンジニアになるためには、特定のタイプの人にピッタリの職業です。では、どんな人が向いているのでしょうか?早速チェックしてみましょう!

①楽器や機材で音を出すのが得意

俺、勉強はまるっきりダメなんだけど、音楽だけは大好きでさ!中学の頃からギター独学で始めて、高校ではバンド組んでさ。勉強できねーから仕事どーすっかな・・・って思ってたら「音響エンジニア」あるって知って、コレ!って思ったね。


まず、楽器や機材で音を出すのが得意な人!音楽の成績が4以上だったあなた、まさにピッタリかもしれません!(笑)音に対するセンスと技術があれば、音響エンジニアとして大活躍できますよ。

②音楽がとにかく好き

次に、音楽がとにかく好きな人。DJ活動に興味がある人など、音楽に情熱を注いでいるあなたには、音響エンジニアの仕事がぴったり!音楽への愛があれば、仕事も楽しくなりますよ。

③声優と一緒に働きたい

最後に、声優と一緒に働きたい人。声優業界が伸びている今、音響エンジニアも稼げる仕事になるかもしれません!声優の声を最高の音質で届ける仕事、魅力的ですよね?

音響エンジニアの就職先を見てみよう!←こんなところで働ける!

音響エンジニアの夢を現実にするためには、就職先を知ることが大切です!さて、音響エンジニアが活躍できる場所は一体どこでしょう?ワクワクしますね!さっそく見ていきましょう!

①音響機器メーカー

音響機器メーカーで働くには、どうしたらいいのでしょうか?答えはシンプル、大学で電気工学を学びましょう!そうすれば、大手企業に入るチャンスがグッと上がります。機器の設計や開発に携わることで、音響業界の最前線で活躍できますよ。

国内の有名音響機器メーカー

ソニー SONY
エレコム ELECOM
オーディオテクニカ audio-technica
パイオニア PIONEER
Victor ビクター
パナソニック Panasonic

②放送局

放送局で働くことも音響エンジニアにはおすすめ!テレビやラジオ局での仕事は、まさに縁の下の力持ち。番組の音質を左右する大切な役割を担います。ここでの経験は、あなたのキャリアに大きな価値をもたらすでしょう。

有名なラジオ放送局

ニッポン放送
文化放送
TBSラジオ
エフエム東京
J-WAVE.
InterFM.

③レコーディングスタジオ

レコーディングスタジオでの仕事も魅力的です。最初はアシスタントからスタートしても、徐々にスキルを磨き、一流のエンジニアを目指せます。アーティストの音楽を世に送り出す、やりがいのある仕事です。

④レコード会社

最後にレコード会社。ここでは、ミュージシャンを支え、彼らの音楽を世界に届けるサポートをします。音楽業界の中心で働くことで、多くのミュージシャンとの出会いや、新しい音楽の流行を生み出すチャンスも!

有名なレコード会社

ユニバーサルミュージック

ソニーミュージック

日本コロムビア

ポニーキャニオン

ビクターエンタテインメント

ワーナーミュージック・ジャパン

キングレコード

テイチクエンタテインメント

トイズファクトリー

【まとめ】音響エンジニアになるには→音を楽しもう!

音響エンジニアになる道は、多くの可能性に満ちています!必要なスキルや資格を身につけ、自分に合った就職先を見つけましょう。音響エンジニアとしてのキャリアを楽しみながら、音楽の素晴らしさを世界に広めていくのです。さあ、音楽の冒険が待っていますよ!

音楽が好き!その気持ちを突き進む先に「音響エンジニア」はあるんだぜ!資格なしで誰でも挑戦できるし、音楽スキルでミュージシャンや観客に感動を与えることができる素晴らしい仕事。ぜひ、チャンレンジしてくれよな!