本ページはプロモーションが含まれています

コンサルをリタイアして転職する前に←貯金ある?来年の住民税高いかも?

最近では、日本人の考え方が以前とは変化し多様化してきているよね。昔は、少しでも長く働くという考えが当たりまえだったけど、

経済的な自立を実現させて仕事を早期にリタイアする「早期リタイア」という新たなライフスタイルが求められてきているんだ。

元々欧米を中心に流行していた考え方だったけど、最近では日本でも注目されるようになったんだって。みんな、やっぱり老後のライフスタイルには関心があるよね。

今回はコンサルティングファームからの退職やリタイアメントを考える際に、経済的な安定や生活の質を維持するための計画についての悩みを抱えている人必見だよ!早期リタイアメントを目指す場合の資産管理や収入源の確保、退職後のキャリアプランに関する情報などについて詳しくみていこう!

まるすけ社長

岩手出身の40代後半以上の転職エージェント。2児の父。高卒・おにぎり工場勤務からリクルートに転職。そのあと、独立して人材紹介や派遣とかの会社を創業。みんなの転職クラブ創業者。

まるすけ社長をフォローする

コンサルからのリタイアメント計画←早期リタイアメントの資産管理

リタイアメントは新たな人生の始まりです。コンサルティングファームからの退職を考える際、資産管理は重要な要素となります。特に、早期リタイアメントを目指す方は、収入源が途絶える前に、適切な財務計画が必要です。

早期リタイアしても、老後安心して暮らしていくためには、安定した生活が確保された資産管理が大事なんだね!

資産管理の基本←収入源の多角化

資産を守り、増やすためには、投資ポートフォリオの多様化が鍵となります。株式、債券、不動産など、異なる資産クラスへの投資をバランス良く行うことで、リスクを分散しましょう。

早期リタイアをきっかけに、株式投資を始める個人資産家が増えているそうだよ。

俺も始めようかなぁ。

収入源の確保←パッシブインカムの活用

退職後も安定した収入を得るためには、配当金や不動産からの賃貸収入など、パッシブインカムの確保が有効です。これにより、日々の生活費に困ることなく、リタイアメントライフを楽しむことができます。

リタイア後も安心 様々な方法でパッシブインカムを確保しよう

パッシブインカムは、既に完了したタスクやプロジェクトからお金を得る方法(不労所得)です。ビジネスが一旦構築されれば、収入を得る流れをまた作る必要はほとんどありません。

メリットとしては、収入の安定性を向上させられる情熱を追求できるチャンス場所に捉われない仕事が楽しめるなどあります。 不動産投資やアプリ開発など、現在では情報ラーニングコースの提供アフィリエイトマーケティングドロップシッピングなど様々な方法でパッシブインカムの確保をしています。

リタイアメント後の生活設計←充実した毎日を送るために

リタイアメント後の生活は、ただの休息ではなく、新たな活動の始まりです。どのように時間を有効活用し、社会との関わりを持ち続けるかが、生活の質を左右します。

早期リタイア後の生活を充実するために様々なサービスがあります。

早期リタイア後の不安や悩みを相談できるサービス機関、早期リタイア相談センター等もあります。老後資金の準備や早期リタイアに関する質問について回答してくれ、リタイアへの取り組みを支援してくれますよ。

新たなキャリアプラン←転職ではなくても

退職後も働きたいと考えるなら、コンサルティングのスキルを活かしたパートタイムの仕事や、専門知識を生かしたコンサルタントとしての独立も選択肢です。また、ボランティア活動や趣味を通じて、社会参加を続けることも可能です。

早期リタイア後の社会参加が生きがいとなる

早期リタイア後の生活では、長年働いていた時にはできなかったことに挑戦することができます。その中でも多いのが『ボランティア活動』。せっかくの人生なので、非営利の社会貢献、地域貢献にチャレンジしている方もいらっしゃいます。趣味が講じて観光ボランティアガイドなんかも人気です。こうした社会参加が新たな人生の生きがいになるのです。


働いていた時にはできなかった事にチャレンジできるなんて素敵!

リタイア後の生活がなんだか楽しみになってきたわ。

社会との関わり←ボランティアから起業まで

社会との関わりを持つことは、精神的な満足感につながります。ボランティア活動や地域社会のイベントへの参加は、社会とのつながりを保つ素晴らしい方法です。また、起業を考えるなら、リタイアメントは新たなビジネスを始める絶好の機会です。

リタイア後の社会貢献活動は起業やセカンドキャリアの準備にもなる

リタイア後のボランティア活動への参加は、自身のスキルアップだけではなく、さまざまなジャンルのビジネスパーソンとの出逢いがあったりと、新しいネットワークの構築にも役に立ちます。

リタイアメントに向けた財務戦略←長期的な資産形成

リタイアメントに向けて、財務戦略を立てることは、安定した未来への投資です。税制優遇を受けられる退職金制度や、適切な投資計画を立てることが大切です。

リタイアメントに向けた投資計画を立てる時のポイント

資産形成をするには、預金をしているだけではお金が増えていかないので投資が不可欠、メインとなります。自身の環境や投資目的を考慮して投資計画を立てていきましょう。特に投資と預金とのバランスが重要です。

退職金制度や年金計画には、税制優遇が適用されるものが多くあります。これらを上手く利用することで、税金の負担を軽減し、手元に残る資金を最大化することができます。

新型コロナウイルスの流行やジョブ型雇用の浸透に伴い、さまざまな企業で「早期退職優遇制度」の導入が進んでいるそう。しっかり学んで賢く利用したい!

資産形成の戦略←長期投資を視野に

資産形成には、長期的な視点が必要です。株式市場の波に乗る短期投資も魅力的ですが、リタイアメント資金には、安定した成長を見込める長期投資が適しています。

長期投資すると、配当金株主優待値上がりした株の売却益も得られてお得なことがたくさん!

転職を考える前に←リタイアメント後の現実を知る

リタイアメント後に転職を考える場合、現実的な職市場の状況を理解することが重要です。年齢や経験を考慮した上で、どのような職種が適しているかを考えましょう。

自分に合う職種を見つける時のポイント
  • 強みを生かせるか
  • 知識やスキルを活かせるか
  • やりがいを持って成長できるか

貯金の現状分析←退職後の生活費に備える

貯金の額によって、リタイアメント後の生活スタイルが大きく変わります。現在の貯金額を分析し、退職後にどれだけの生活費が必要になるかを見積もりましょう。

来年の住民税←退職時の税金対策

退職時の収入には、翌年の住民税が影響します。退職金の受け取り方や、その他の収入源をどのように管理するかが、税金の負担を左右するため、事前の計画が必要です。

気をつけたい退職後の住民税の落とし穴

退職した翌年に、退職した年の分の住民税が課税されます。退職した翌年に支払う住民税のことが頭に入っていないと、想定外の支出となってしまい、いきなり厳しい状況に陥ることもあります。翌年払う必要がある住民税の金額を把握し、その支出が発生することをあらかじめ心構えをしておきましょう。

まとめ←コンサルリタイアの準備は今から

コンサルティングファームからのリタイアメントを成功させるためには、早期からの計画が不可欠です。資産管理、生活設計、財務戦略の3つの柱をしっかりと築き、充実したリタイアメントライフを送りましょう!

早期からしっかり事前準備をしておこう!

これで早期リタイア後も、バラ色の生活が待っているね!

(スポンサーPR
2024.02.11更新:
🆕最新の社会人サービス

お金をかけずにITエンジニアになれる。
一生使えるスキルを習得。

20代女性
20代女性

化粧品販売員からWebエンジニアになって在宅ワーク

無料説明会の詳細はこちら>>ラクスパートナーズ


内定獲得率80.4%
最短2週間で正社員の内定獲得

コンビニバイトからゲーム会社の正社員

無料カウンセリングの詳細はこちら>>ハタラクティブ


アクセンチュア、デロイト…など
年収数千万のコンサルタント。

営業からコンサルタントに

無料カウンセリングの詳細はこちら>>アクシスコンサルティング


※上記、広告掲載期間終了次第非表示となります