プロモーションが含まれております

履歴書の退職理由は「人間関係」って書いちゃだめ←適当で100%OK

あなたは退職理由が人間関係だと感じているかもしれません。実は、そんなあなたは決して少なくありません!ここでは、そんな悩めるあなたに、履歴書の書き方のコツを伝授します。驚くべきことに、退職理由が人間関係の人は約3割にも上るのです!

みんな人間関係で悩んでる人が多いんだね~。でもそれを書いちゃダメなら履歴書って何書けばいいの?!

年収500万円が目指せる
無料の転職サイトはdoda

「履歴書に本音は書くな」退職理由が人間関係の人は約3割

「えっ、そんなに多いの?」と思われるかもしれませんが、調査によると退職理由として人間関係を挙げる人は全体の約3割にもなるんです。これは意外にも高い数字で、人間関係の問題が職場でどれだけ根深いものであるかを物語っています。

毎日会う職場の人とのトラブルで1度気まずくなると、険悪な空気の中で仕事を続けるのはとても苦痛ですよね。修復には莫大な労力が必要ですが、必ずしも上手くいくとは限りません。そこに労力をかけるならいっそのこと退職を選ぶのも有効な手段の一つでしょう。それは決して逃げではありません。

短期の退職理由←第一位は人間関係

特に、短期間での退職理由の第一位が人間関係という結果が出ています。これは、新しい環境になじめず、早期に退職を選択する人が多いことを示しています。人間関係で悩んでいるあなたも、こんなにも多くの人が同じような経験をしているんですよ!

なんか初対面からキツく当たってくるお局様とかいるのよね。さては私が優秀に見えたから妬んでるのね。

職場での人間関係「いじめ」も増加!

コロナ禍から回復しテレワークが減ってきた現在、職場でのいじめが増えてきています。職場でのいじめを「実際に見た人」「相談を受けた人」「うわさを聞いたことがある人」を合わせると全体の約6割にも上りますが、そのうち「解決に向けて何も行動しなかった人」が半数以上という調査結果が出ています。(Job総研調べ)

いじめを知っても自分が動くことで自分自身に被害が飛び火してしまうことも心配ですし、解決には莫大な時間と労力が必要になります。リスクを承知の上で解決へ行動を起こすことの難しさがこの調査結果にも表れているでしょう。職場のいじめに対し個人で戦うのは難しいです。今後は専門の相談部署などでしっかり対処してくれる企業が増えるといいですね。

(参考:「職場でのいじめ」6割が目撃・相談も、過半数は「何もしなかった」)

第二新卒の転職理由も人間関係がトップ

特に注目すべきは、第二新卒の方々の転職理由もまた、人間関係がトップになっていることです。「まだ若いのに、もう転職?」と周囲に心配されるかもしれませんが、実は多くの若者が人間関係に悩み、新たなスタートを切っています。

意外と職場に合う・合わないって最初の印象でわかるんだよね。ここの人たちと合わないなと思ったら早く見切りをつけるのも大事だと思うよ。

だから、「人間関係が理由で退職しました」履歴書に書く必要はありません。

人間関係が理由で辞める人が多いという事実から分かるように、転職する人は大体人間関係で辞めています。だから、職務経歴書にも履歴書にも「上司と馬が会わなかったから辞めました…」みたいなことは書く必要ありません。

転職エージェントを使ってみたい

編集部
編集部

どれ使えばいいの?
とりあえず転職エージェント登録らしいけど

編集部
編集部

年齢制限で断られた…

編集部
編集部

お給料とか休み
増えるか不安…

そもそもやりたいことない
とりあえず会社辞めたい

無料dodaなら解決できます

転職エージェント業界大手のdoda年齢・学歴・職歴一切不問で、転職カウンセリングや書類作成サポート、応募手続き代行から入社後のアフターフォローまで完全無料で受けられます。さらに、応募するときは企業への推薦状まで用意してくれるので、あなたの特性を最大に活かしてくれます。

人間関係がつらい?←半年粘っても無理なら転職のサイン!

毎日行くのがしんどいなー…なんて感じてたら、それはもういい職場とは言えないよね。

「もう半年も耐えてるけど、この職場の人間関係、改善の兆しが見えない!」と思ったことはありませんか?実は、これ、転職を考える大きなサインかもしれません。半年という時間は、一つの環境に慣れ、評価を見極めるのに十分な期間。それでも改善が見られない場合、あなたには新しいステージが必要かもしれませんね!

人間関係が悪いのはあなたのせいではありません!

「私が悪いのかな?」と自分を責めがちなあなた。でも、ちょっと待ってください!人間関係がうまくいかないのは、必ずしもあなたのせいではありません。職場の環境や文化、他の人々の性格など、様々な要因が絡み合っているのです。自分を責める前に、環境の問題かもしれないと考えてみましょう。

「仕事が全然出来てない!」とか言われるけど、そもそも教えてくれないのよ!先輩の背中を見て覚えろってか?!じゃあ私も見習ってこっそりおやつ休憩行っちゃおっかな。

我慢のしすぎは体調不良の原因に

「まだ大丈夫!」と思って我慢を続けると、体調不良の原因になることも。ストレスは体にさまざまな影響を及ぼします。頭痛、胃痛、不眠など、体調の変化に注意してください。健康はあなたの最大の資産です。無理をしすぎないで!

ストレスってお肌にもよくないのよね。その点私は言いたいことハッキリ言えるから心配ご無用!見よ、このストレスフリーな私のお肌を♪

耐えられなくなる前に思い切って転職!←転職は逃げじゃない!

「転職は逃げ?」いいえ、そんなことはありません!自分に合わない環境から抜け出すことは、自己成長のための大切な一歩です。転職を通じて、より自分に合った職場、心地良い人間関係を見つけることができるかもしれません。勇気を出して、新しいチャンスを掴みましょう!

【更新】2024年05月17日
1分で分かる人気転職エージェントBEST10【実績・評判】

履歴書に退職理由は必要?←いいえ

履歴書を書くとき、「退職理由をどう書こう…」と悩むことありますよね。でも、実は退職理由を詳細に書く必要はないんです!特に人間関係が原因である場合、詳しく書くと逆効果になることも。

私が何考えてるかなんて誰にもわからないんだから、良いことだけ書いてればいいのよ!

前職の退職理由が人間関係なんて書く必要ない!

「前職は人間関係が合わなくて…」こんな退職理由、履歴書に書く必要はありません!なぜなら、それを読む採用担当者に「コミュニケーションが苦手なのでは?」と誤解される可能性があるからです。履歴書では、自分のポジティブな面をアピールすることに集中しましょう。次のセクションで、そのコツをお教えしますね!

退職理由が人間関係だって知られたら転職後もトラブルを起こすんじゃないかと思われちゃうもんね。退職理由は聞かれるまで言わないし、聞かれたら「御社で○○の仕事がやりたいからです。」と未来の希望を言うのが吉かな!

コミュニケーションができないヤツって思われます

「人間関係の問題で辞めた」と履歴書に書いたら、どう思われるでしょうか?「コミュニケーション能力に問題あり?」と誤解されるリスクがあります。これは、あなたにとって不利になる可能性が高いのです。だからこそ、履歴書には、もっと建設的な内容を!

履歴書にはネガティブな表現はNG!←ポジティブな表現に置き換えて

履歴書に書く内容は、ポジティブであることが鉄則です!たとえば、「人間関係で困難があった」と書くのではなく、「新しい環境での挑戦を求めて」という表現に切り替えるのが良いでしょう。これだけで、あなたの前向きな姿勢が伝わりますよ!

転職は会社に自分を売り込むことだからね。悪いこと書いてどうすんのよ?!自信をもって自己アピールしまくるがいいわ!

前職の退職理由なんで言わなきゃバレないwww

実は、履歴書に前職の退職理由を詳しく書く必要は全くないんです!「あれ、でもバレないの?」と思うかもしれませんが、多くの場合、具体的な理由を求められることは少ないです。あなたが新しい仕事にどれだけ意欲的かがもっと重要なのです。

まとめ←履歴書の退職理由に人間関係はNG!←ポジティブな表現を心がけて!

転職したら毎日嫌味を言ってくるお局様ともおさらば!快適な環境でのびのびと働けるようになるかも。新しい出会いにも期待してワクワクしちゃいますね!履歴書にも素敵な未来を想像してポジティブに書ければバッチリです。前向きで素敵な自分をアピールして、素晴らしい転職先をゲットしましょう!

【最新】2024年05月17日
オススメ転職エージェント