本ページはプロモーションが含まれています

細胞検査士の年収って高い?大学病院より高い?

細胞っていうと、アメーバとか…?

アメーバも単細胞生物だけど、ちょっと違うかも!

人間の体の細胞を研究して、がん細胞とかを発見するんじゃよ。

細胞検査士の年収は、平均約430万円!

驚きですが、細胞検査士の平均年収は約430万円!これは日本の平均年収と比較しても決して低くはない数字です。でも、気になるのは、これがどの職種と比べてどうなのか?という点ですよね!さっそく職種別に見てみましょう。

職種別細胞検査士の年収

細胞検査士と一言で言っても、勤める場所によって年収はピンキリです。

大学病院の年収は400~500万円←国家公務員と同水準

まず、大学病院で働く細胞検査士の年収は約400~500万円。これって国家公務員と同じくらいなんですよ!これは意外かもしれませんが、安定感という点では魅力的ですよね。

顕微鏡を見ているだけで、国家公務員と同じ年収なの!?

それはさすがに仕事を甘く見すぎかも…。

総合病院の年収は280~340万円

次に、総合病院での年収。こちらは少し低めで、約280~340万円となっています。総合病院では幅広い分野の検査が求められるため、専門性よりも多様性が重視される傾向があるのかもしれません。

浅く広く知識がある人におすすめじゃな。

臨床検査センターの年収は260~320万円

一方、臨床検査センターでの年収は約260~320万円。こちらは専門性が高いにも関わらず、やや低めの数字になっています。しかし、専門性の高い知識と技術が身につく場所としては魅力的です。

ここで修業を積んで、総合病院などに配属されるようなキャリアを積むんじゃな。

専門性が高いのに給料低いと見合っていないかもって思っちゃいそう…

製薬メーカーの年収は380~460万円←サラリーマンとさほど変わらない

そして、製薬メーカーで働く細胞検査士の年収は約380~460万円。これは一般のサラリーマンと大差ない水準です。製薬メーカーならではの研究開発の現場で働くことは、専門性を活かしたキャリアアップにつながるかもしれませんね。

サラリーマンの平均年収

全体的なサラリーマンの平均年収は441万といわれています。

男性と女性や関わっている業務などによってもそれぞれ変わってきますが、男女共に50代が1番高くなっていることもわかりました。


これらの情報を見ると、細胞検査士の年収は確かに場所によって異なりますが、全体的に見れば「まぁまぁ」といったところでしょうか。次に、年収をアップさせる方法について考えてみましょう!

給与をアップさせるには?給与アップの方法3選

「給料アップ、誰もが夢見るその鍵は一体どこに?」細胞検査士としての給与をアップさせる方法、実はこんなにあるんです!

今後細胞検査士の業界はこれから成長する!?

世界中の人間の健康寿命を延ばすために医療業界では、がんの早期発見のため、がん細胞の研究に力を入れていくことが見込まれます。

専門性のある知識をつけながら仕事することもできるので、職場でトラブルがあった際にも転職がかなりスムーズになります。

また、直接的に命を救うということはできませんが、「自分ががん細胞の検査をしていることで、苦しんでいる人を救えているかもしれない」と思うと、やりがいにも繋がりますね。

①給与アップにつながる資格を取得する

まず、一番手っ取り早いのは、さらなる資格取得!「資格がキャリアアップの近道?」そう、細胞検査士に関連する追加の資格を取得することで、専門性を高め、それが給与アップに直結する可能性があります。資格が示すのは、あなたのスキルの高さ。これによって、より専門的な仕事に就くチャンスも広がります。

②経験や実績を積み、管理職になる

次に、「経験は無駄にならない!」ということで、長年の経験や実績を活かして管理職への道を目指しましょう。管理職になれば、それだけで給与も上がりますし、キャリアの幅も広がります。ただし、これには時間と努力が必要です。経験を積み、リーダーシップを発揮することが重要です。

③大きな病院やメーカーへ転職する

最後は、「環境を変える勇気!」大きな病院や大手メーカーへの転職を検討することも一つの手です。大規模な施設や企業では、給与水準が高い場合が多く、キャリアアップの機会も豊富にあります。新しい環境で新しいチャレンジをすることで、給与アップを目指すのも一つの方法です。

細胞検査士の将来性←見通しは明るい

「未来、輝いていますか?」細胞検査士の将来性について考えてみましょう!

細胞検査士の未来を知ろう!

細胞検査士の認定試験が行われている日本臨床細胞学会では、公式サイトにて試験の結果発表を行っているようです。

試験についても結構な頻度で試験を開催しているようなので、勉強さえし始めれば着実に前に進めることがわかります。

教育セミナーや細胞検査士の資格を持っている人向けにも様々なイベントを開催しているようなので、ぜひ公式ホームページもチェックしてみてください!

日本臨床細胞学会 (jscc.or.jp)

つまり年収はアップしていく可能性高いかも!?

「年収アップ、夢ではない!」細胞検査士の需要は今後も増加すると予想されます。これは、予防医療の重要性が高まるにつれて、早期発見・早期治療がより注目されるようになるからです。つまり、スキルを持った細胞検査士の価値は、ますます高まる可能性があります。

流行りにのっている仕事ではないよね…

だからこそ先行者利益が出るかもしれないよ!

予防医療への関心が年々高まっている

「予防は治療に勝る?」そう、予防医療への関心が高まる現代。細胞検査士は、生活習慣病やがんなどの早期発見に重要な役割を果たします。これは、人々の健康を守る上で非常に重要な仕事。つまり、細胞検査士の役割は、これからもっと重要になっていくのです。

生活習慣病やがんの早期発見に貢献

「小さな変化が大きな救いに!」細胞検査士は、病気の早期発見に大きく貢献します。これにより、患者さんの治療の選択肢が増え、生存率の向上にも繋がるのです。このような貢献は、社会的にも非常に価値が高いと言えるでしょう。

細胞検査士とガン治療の関連性

細胞診が1940年代にできるようになった子宮がん検診のおかげで、かなりの人の命が現在でも助かっています。

最近では、液状化検体細胞診、ThinPrep(シンプレップ)が25年間で、世界中で10億回のテストを達成したことにより、偽陰性が出てしまうことが減って子宮頸がん検診に大きく貢献していることもわかっています。

まとめ←細胞検査士の年収はまぁ普通!でも安定だし将来性抜群

さて、細胞検査士の年収、一体どうまとめればいいのでしょうか?「普通だけど、実はそれ以上!」そう、細胞検査士の年収は一見すると普通ですが、実際はその安定性と将来性で、とても魅力的な職業と言えるでしょう。

メジャーな仕事ではなが、見えないところで患者さんの命を救うことができる

「目立たないけど、大切な役割!」細胞検査士は、一般的にはあまり目立たない職業かもしれません。しかし、その仕事は医療の最前線で非常に重要な役割を果たしています。彼らの手による細かな検査が、患者さんの命を救うことに直接繋がるのです。目に見えないところで、大きな貢献をしているんですね。

頑張った先にやりがいはある!

努力の先に救える命があるのってとてもかっこいいので、今が頑張り時かもしれません!

(スポンサーPR
2024.02.11更新:
🆕最新の社会人サービス

お金をかけずにITエンジニアになれる。
一生使えるスキルを習得。

20代女性
20代女性

化粧品販売員からWebエンジニアになって在宅ワーク

無料説明会の詳細はこちら>>ラクスパートナーズ


内定獲得率80.4%
最短2週間で正社員の内定獲得

コンビニバイトからゲーム会社の正社員

無料カウンセリングの詳細はこちら>>ハタラクティブ


アクセンチュア、デロイト…など
年収数千万のコンサルタント。

営業からコンサルタントに

無料カウンセリングの詳細はこちら>>アクシスコンサルティング


※上記、広告掲載期間終了次第非表示となります