プロモーションが含まれております

独立に失敗したすべての社労士に捧ぐ〜あなたの解決策〜

あれだけ夢見た
社労士になれたのに
なんでうまくいかなかった…?

自己流では
顧客はふりむかない、
多くの社労士がハマった
意外な落とし穴。

失敗のあとは、
自分を振りかえって
再独立の準備をしよう!

キャリアチェンジで
新しい『自分』に
出会える可能性あり!!

理想の働き方を
手に入れることができたら…

好きな時間に
大切な人と
好きなことをして
お金よりも大切な
あなたの生きがいに
彩りを。

キャリアチェンジで
明るいみらいを
手に入れよう!

年収500万円が目指せる
無料の転職サイトはdoda

  1. 社労士で独立に失敗した要因 
    1. 社労士は独立に失敗しやすい職←知ってた?
      1. 独立した社労士の半数以上が約3年で廃業する
      2. 自己流では簡単に独立できない
      3. 簡単に顧客は降ってこない
    2. あなたが独立に失敗した本当の理由3選s
      1. ①お金に食らいついた?←注意!開業社労士の顧問単価は低め
      2. ②自分の裁量で仕事ができるはずがうまくいかない
      3. ③活動費が準備できていなかった←積み重なる貯金額の減り
  2. 社労士として独立に失敗したあなたが、次に進むステップ
    1. 再就職して再度独立に備えて働こう
  3. 社労士として独立に失敗したあなたが、次に進むステップ
    1. 再就職して再度独立に備えて働こう
      1. アンテナを張れば何歳でも再独立できる←次こそ計画的に
    2. 自分を見つめ直そう
      1. 社労士が天職だと言いきれる?
      2. 一度、他の仕事を経験してみては?←社労士は一生ものの資格
      3. いつ社労士を辞めようと始めようとあなたの自由
      4. おまけ:知ってる?”改善”は日本で生まれた←外国人も見習ってる
    3. 転職エージェントに相談してみよう←苦手な部分は人と協力しよう
      1. 他人の意見は視野が広くなる!意固地な気持ちは捨ててしまおう!
      2. 人生山あり谷あり。何度も失敗しては立ち上がる繰り返し
      3. キャリアチェンジは何歳からでも可能
  4. まとめ←独立に失敗した社労士は今すぐキャリアを考え直すべきです

社労士で独立に失敗した要因 

開業してから、顧客獲得の手順には自信があったのに…。

理想と現実のギャップは、逆に気付きを得られる良い機会にもなるね。

社労士は独立に失敗しやすい職←知ってた?

社労士の仕事は専門性が高く、ビジネスの世界では重要な役割を担います。しかし、その専門性が故に、独立には大きな挑戦が伴います。独立した社労士の多くが、開業後約3年で廃業に至る事実は、この職種が直面する困難を物語っています。

独立しても軌道に乗るまでのプロセスをしっかり頭にたたき込めば、恐れるものはなし!

しっかり準備できていなかったり、価格競争を意識しすぎるのもよくない。目先の利益だけを追いかけてしまうと、人は誰でもゴールを見失ってしまうもの。

独立した社労士の半数以上が約3年で廃業する

独立した社労士の多くが廃業に追い込まれる主な理由の一つは、顧客基盤の構築と維持の困難さにあります。継続的な収入源を確保することが、特に新規開業時には大きな課題となり得ます。

多くの社労士は独立してはいるものの、マーケティングスキルを甘くみている傾向があるね。

自己流では簡単に独立できない

また、自己流での独立は非常に困難です。市場のニーズを正確に把握し、効果的なビジネスプランを立てることは、専門性だけでは克服できない課題です。成功するためには、ビジネス運営の知識と戦略が不可欠です。 

簡単に顧客は降ってこない

顧客獲得のためのマーケティング戦略もまた、多くの社労士が見落としがちな要素です。独立初期の顧客獲得は、しばしば予想以上に時間と労力を要求します。効果的な顧客獲得方法を見つけるまでの道のりは、長く険しいものです。

集客についての学びは何よりも大切。

そこをないがしろにしてしまうと、いつまでたっても顧客獲得までに時間がかかってしまうんだよ…。

あなたが独立に失敗した本当の理由3選s

独立に失敗した社労士の中には、以下の3つの共通点が見られます。これらの要因を理解し、今後の計画に活かすことが重要です。

①お金に食らいついた?←注意!開業社労士の顧問単価は低め

独立した社労士の多くが直面するのが、顧問単価の低さです。顧客からの収入が予想よりも低い場合、経済的な圧力が増大し、ビジネスを継続することが困難になります。

守りに入りすぎるとサービスの質も落ちて、顧客離れにつながる恐れが…。

一度離れた信頼を取り戻す為には、顧客に寄り添う姿勢を絶対に忘れてはならないね。

②自分の裁量で仕事ができるはずがうまくいかない

自由な働き方を目指して独立するも、実際は顧客の要望に応じた柔軟な対応が求められ、自分の裁量で仕事を進めることが思うようにできないこともあります。このギャップは、独立に失敗する一因となります。

はじめから理想を高く持ってしまうと自分の欲があふれてしまう。そうなる前に顧客第一を強く意識することが大事。

③活動費が準備できていなかった←積み重なる貯金額の減り

資金の不足は独立における大きな障害です。開業資金の準備不足や、運営費用の見積もりが甘いと、ビジネスはすぐに資金繰りの問題に直面します。これは、独立の失敗に直結する重要なポイントです。

金銭面での理由は一番避けたいところ。見切り発車はすべての歯車を狂わせることになってしまい、取り返しのつかない事態に…。

転職エージェントを使ってみたい

編集部
編集部

どれ使えばいいの?
とりあえず転職エージェント登録らしいけど

編集部
編集部

年齢制限で断られた…

編集部
編集部

お給料とか休み
増えるか不安…

そもそもやりたいことない
とりあえず会社辞めたい

無料dodaなら解決できます

転職エージェント業界大手のdoda年齢・学歴・職歴一切不問で、転職カウンセリングや書類作成サポート、応募手続き代行から入社後のアフターフォローまで完全無料で受けられます。さらに、応募するときは企業への推薦状まで用意してくれるので、あなたの特性を最大に活かしてくれます。

社労士として独立に失敗したあなたが、次に進むステップ

独立に失敗した経験は、決して無駄ではありません。失敗から学び、新たなキャリアの道を模索することが重要です。次のステップは、再就職を通じて再度独立に備えることです。

再就職して再度独立に備えて働こう

再就職は、新たな視点を得る機会です。他の企業で働くことで、ビジネス運営の知識を深め、次回の独立に向けての準備を整えることができます。再就職は、新たな独立の成功への礎となるでしょう。

気付きを得るのに『遅すぎる』ということもなければ、『恥じる』こともない。

新たなチャンスを手に入れる機会があれば、まずはどんどん手に取ってみよう!

【更新】2024年05月17日
1分で分かる人気転職エージェントBEST10【実績・評判】

社労士として独立に失敗したあなたが、次に進むステップ

独立に失敗した社労士の皆様、落胆する必要はありません。失敗は次の成功への足がかりとなり得ます。ここでは、独立に失敗した後に取るべき具体的なステップをご紹介します。

再就職して再度独立に備えて働こう

独立に失敗したとしても、社労士は就職できる希望が残っているんだ。

このチャンスを活かして新たな出会いを楽しもう。

ちょっとやそっとの困難では動じないメンタルも手にしてきたはず。

一皮むけた自分を褒めてあげることも忘れてはならないぞ。

アンテナを張れば何歳でも再独立できる←次こそ計画的に

独立に失敗したからといって、再度チャレンジできないわけではありません。再就職を通じて、新たな知識やスキル、人脈を築き、次の独立に備えましょう。年齢に関わらず、計画的にステップを踏めば、再度の独立は十分可能です。

失敗があったからこそ、今の自分がここにいるわけで。

そんな自分に感謝しながら、再出発の門出を祝おう!

自分を見つめ直そう

自分自身と向き合い、本当に望むキャリアパスを見つけ出すことが大切です。独立を目指す前に、自分の強みや弱み、情熱を再評価してみましょう。

社労士が天職だと言いきれる?

社労士としてのキャリアが本当に自分に合っているか、深く考える必要があります。もし疑問を感じるならば、他の道も考えてみる価値があるでしょう。

ここまでこだわってきた理由は、自分が一番よくわかっているんじゃないかしら?

自分の将来像に自信をもって、もう一度、自分自身に問いかけてみて。

一度、他の仕事を経験してみては?←社労士は一生ものの資格

社労士の資格は一生有効です。一度別の分野で働いてみることで、新たな視点を得たり、異なるスキルを身につけることができます。その経験は、将来において貴重な資産となり得ます。

ここで一度『開業社労士』から離れてクールダウンしてみましょう。

別の可能性を見出すことも、新たな気付きを得るきっかけになる。

そうすると、別角度から新たな『社労士』を見つける事ができるかもしれないね。

いつ社労士を辞めようと始めようとあなたの自由

キャリアの選択は、常に自分自身の手にあります。社労士を離れることも、再びその道を歩むことも、あなたの意志次第です。

おまけ:知ってる?”改善”は日本で生まれた←外国人も見習ってる

日本の「改善」文化は、多くの外国人も学び、尊重しています。失敗から学び、改善し続けることが大切です。

ありがたいことに、この改善のおかげで人は成長できると言っても過言ではないんだよね。

改善なしでは人も企業も成り立っていかないのだから、日本人である強みを日々感じるね。

転職エージェントに相談してみよう←苦手な部分は人と協力しよう

転職エージェントの利用を検討してみてはいかがでしょうか。自分一人では見えないキャリアの可能性を、専門家と一緒に探求することができます。

他人の意見は視野が広くなる!意固地な気持ちは捨ててしまおう!

他人の意見を聞くことで、新たな視点を得ることができます。自分だけの考えに固執せず、広い視野でキャリアを考えることが重要です。

人生山あり谷あり。何度も失敗しては立ち上がる繰り返し

キャリアにおいては、成功と失敗は表裏一体です。何度も挑戦し、失敗から学び、成長していくことが大切です。

失敗から生まれる財産ほど輝いているモノはないし、つまずいて転んだケガは人生の勲章。これ以上に喜ばしいことなんてないんだよ。

キャリアチェンジは何歳からでも可能

年齢はキャリアチェンジの障壁になり得ません。新しい分野に挑戦することは、いつでも可能です。年齢を気にせず、夢に向かって一歩を踏み出しましょう。

まとめ←独立に失敗した社労士は今すぐキャリアを考え直すべきです

独立に失敗した社労士の皆さん、この経験を糧にしてください。自分自身を見つめ直し、専門家の意見を聞き、新たなキャリアの道を模索することで、より充実した職業人生を送ることができます。今こそ、キャリアを再考する絶好の機会です。

『失敗は成功のもと』は、自分を客観視できる人のこと。

自身を過大評価せず、ステップアップへの切符を速やかに手に入れよう!

ここまで来たなら、いったん肩の力を落として心と頭に新風を吹かせよう。

新たな発見に出会えれば、人生の追い風になること間違いなし!

【最新】2024年05月17日
オススメ転職エージェント