プロモーションが含まれております

仕事辞めると言い出せないあなたへ←給与ダウンの不安と罪悪感に押しつぶされますよね?

転職したいけど、いろいろ考えて結局今のところに留まってるよ・・・

転職先が今よりひどいところかもという不安は誰しもが抱きます。

まるすけ社長

岩手出身の40代後半以上の転職エージェント。2児の父。高卒・おにぎり工場勤務からリクルートに転職。そのあと、独立して人材紹介や派遣とかの会社を創業。みんなの転職クラブ創業者。

まるすけ社長をフォローする

年収500万円が目指せる
無料の転職サイトはdoda

退職の意向を伝えるタイミング←適切な瞬間を選ぶ

退職を伝える際は、タイミングが重要です。プロジェクトの区切りや業務が落ち着いている時期を選び、十分な引継ぎ期間を設けることで、上司も受け入れやすくなります。

繁忙期に辞めますって言ったら「何月までいてくれる?」と先延ばしにされたことがあるので、辞めるときは閑散期の時を選ぶことを私からもおすすめします。

上司との関係←心理的な準備

上司に退職の意志を伝える前に、これまでの感謝の気持ちを表すとともに、退職の理由を明確にしておくことが大切です。建設的な会話の準備をしましょう。

円満退社をする際の退職理由の事例

円満に退職するには退職理由を嘘をつかず、正直な理由を前向きな理由に言い換えると良いです。ネガティブな伝え方をしてしまうと上司もいい気はしません。例えば「仕事が楽しいと思えない」と理由だとしたら、「仕事で価値を感じたい」や「やりがいのある仕事にチャレンジしてみたい」などと伝えると前向きな理由にすることができます。

退職のプロセス←円滑な手続き

退職の意向を伝えた後は、手続きをスムーズに進めるために、社内のルールや法律に従い、必要な書類を整えましょう。

3カ月ほど前に退職したいと伝えた後は、1カ月ほど前から仕事の引継ぎと取引先へ挨拶周りを行いますが、リモートワークが増加した近年はメールなどで退職する旨を伝えるところも少なくないようです。

転職エージェントを使ってみたい

編集部
編集部

どれ使えばいいの?
とりあえず転職エージェント登録らしいけど

編集部
編集部

年齢制限で断られた…

編集部
編集部

お給料とか休み
増えるか不安…

そもそもやりたいことない
とりあえず会社辞めたい

無料dodaなら解決できます

転職エージェント業界大手のdoda年齢・学歴・職歴一切不問で、転職カウンセリングや書類作成サポート、応募手続き代行から入社後のアフターフォローまで完全無料で受けられます。さらに、応募するときは企業への推薦状まで用意してくれるので、あなたの特性を最大に活かしてくれます。

罪悪感を乗り越える方法←自分を解放する

罪悪感は自然な感情ですが、自分のキャリアと幸福を最優先に考えることが何よりも重要です。自分の人生の主導権を握り、職場の人々にも前向きな影響を与えることを信じましょう。

務めていた年数が長ければ長いほど、任される仕事や期待も多く、退職時に罪悪感を抱きがちになりますが、引継ぎ業務をしっかりこなせば後任の人があなたの仕事をうまく引き継いでくれるので、安心して大丈夫です。

心の準備←感情の整理

罪悪感に対処するためには、自分の感情を理解し、正直な自己表現をすることが必要です。自分の選択を受け入れ、周囲にも理解を求めましょう。

自分の気持ちを明らかにして整理する

退職を決意する際に罪悪感を抱いた場合は、辞めたい具体的な理由を表してみましょう。将来の昇進が不確かだったり、自分自身の成長が止まったと感じてしまったり職場の雰囲気が悪い時など自分にはどうにもできない問題が原因の時は転職した方が良いサインです。

職場の人間関係←円満な退職

同僚への説明も計画的に行い、感謝の意を伝え、可能であれば引継ぎも丁寧に行うことで、良好な関係を保ちながら退職することができます。

良好な関係を築けないまま退職をしてしまうと、転職先や同じ業界に悪評が広まり、採用されなくなってしまうことがあります。また、前職でも人脈に期待している転職先も少なくないようで、円満退職できなければ人脈が一切ない人と見られてしまうこともあるようです。

良好な関係を築けないと起こる事例

良好な関係を築けないまま退職しようとすると、退職手続きが長引いてしまい、転職先への入社も長引いてしまうことがあります。また、退職する際に揉めたりして引継ぎを行わずに辞めたときには、悪評が広まりこれまで築いてきた人間関係にも響いてしまうことがあります。どちらの問題も避けるには退職理由を前向きに伝え、引継ぎもしっかり行うことが最善策です。

経済的不安への対処←安心を築く

転職に際しての経済的な不安は、慎重な計画と準備によって軽減できます。貯蓄計画の見直しや、転職活動の段階的な進行が鍵となります。

お金がないまま転職活動をしてしまい、企業に面接行く際の交通費や、昼食代でどんどんお金が減り、転職活動にも焦りが出てきて転職も失敗しまった経験があります。

転職後の給与←リアルな期待値

新しい職での給与が心配な場合は、市場価値をリサーチし、転職エージェントと相談して、現実的な給与範囲を把握しておくことが重要です。

現実的な給与範囲

未経験からの転職でも月収15万から25万と幅広いので、一概にこれくらいというのは難しく、給与は面接や選考での評価によって変わってきますし、就く役職によっても大幅に年収は変わります。転職エージェントにどう自己PRすれば評価が高くなるかを相談して年収を上げられる転職準備をしてみることをおすすめします。

例えば、ヘルプデスクの仕事だと未経験から転職して平均で年収約390万、同じ未経験からデザイナーだと平均年収約411万という同じIT系でもかなり年収に差があるようです。

新しいキャリアへの適応←チャレンジの準備

新しい仕事にうまくなじめるかどうかの不安は、前向きな心構えと準備によって克服できます。新たな環境での成功事例を学び、メンタルを強化しましょう。

現在成功している人の失敗談などを聞いてみたり、ネットの記事で読んだりすると「誰でも失敗することはある」と強い気持ちが持てます。

【更新】2024年05月18日
1分で分かる人気転職エージェントBEST10【実績・評判】

内定後の面談←次のステップを計画する

退職後の内定がある場合は、内定先との面談を通じて、新しい職場での役割や期待について理解を深めておくことが望ましいです。

面談する相手がフットワーク軽い場合は一緒にランチしてくれる場合もあるから、そこで新しい職場のことを聞いてみるのもいいかもしれないね。

新しい職場での期待管理←適切な目標設定

新しい職場での役割や責任を理解し、現実的な目標を設定することで、転職後のギャップを最小限に抑えることができます。

最新情報

近年の正社員の転職率は過去最多の7.6%になったとマイナビの転職動向調査で発表されました。転職の理由は「給与が低い」という理由で物価が高くなったことによって、転職者が増加したのだと思われます。また、転職した人の中で転職後に年収が上がったと答えた人は全体の約39%でした。

「仕事を辞めたい」と言い出せない貴方へ

退職を決意することは、自分自身への投資であり、キャリアの新たなステージへの一歩です。経済的な不安や罪悪感を乗り越え、自分の幸せと成長を優先しましょう。

時間は有限だから悩む時間あったら転職してみようかな。

【最新】2024年05月18日
オススメ転職エージェント