プロモーションが含まれております

ブランクありの専業主婦から正社員へ!←女性のセカンドキャリアはキラキラ系?

出産や育児の後の再就職・・・今でも多くの女性にとって、考えただけでちょっぴりブルーになる人生のイベントかもしれません。でも、時代はずいぶん変わりました。どこの企業にとっても、優秀な人材確保は最優先課題です。あなたの力を求めています。

年収500万円が目指せる
無料の転職サイトはdoda

子育てが落ち着いた今、セカンドキャリアに悩みます・・・

子育ての大仕事が一段落し、今こそ、自分自身のキャリアを再考する時が来ました!長年の専業主婦生活の後、セカンドキャリアのスタートには、ドキドキとワクワクが入り混じる感情があります。でも、心配ご無用!準備と決意があれば、キラキラと輝く新しい職業生活は、決して夢ではありません。

気分的には、やったことのある仕事が楽よね。最近は、一時的に退職した女性が復職しやすいよう、再雇用制度を設けてる企業も増えてきたし。

就職するにあたって重視したいこと3選

正社員として再就職を目指すには、どんな点を重視すべきでしょうか?以下の3つのポイントが、あなたの「新しい私」への道しるべになるはずです!

まあ、この辺りは人によってだいぶ違うわね。仕事の中身を重視する人、さらにキャリアアップが望めるかを重視する人、女性が多いところは面倒くさいから嫌だ、とかいう人もいるし。

安定した収入が手に入る

「お金は大事!」とはよく言ったものです。安定した収入は、セカンドキャリアを充実させる基盤です。正社員としての職を得ることで、安心できる給料が手に入ります。これが、自分と家族の生活を豊かにする第一歩です!

福利厚生がしっかりしている

次に重要なのは、福利厚生の充実度。医療保険や年金、休暇制度など、福利厚生はあなたの働く環境を大きく左右します。長期的なキャリアを築くには、これらがしっかりしている職場を選びましょう!

きょうび、いろんな数値で説明されるとは思うけど、できれば、会社全体の平均値じゃなくて、自分が入る部署の数値が知りたいわね。有休消化率や残業時間なんかね。特に、管理職がどれだけ休めているかは気にしたほうがいいわ。上の人が休まないと下の人は休みにくいもの。

家族との時間の確保←子供が家にいる時間はできるだけ一緒に過ごしたい

家族との時間は何よりも価値があります。「子供が家にいる時間は、できるだけ一緒にいたい!」そんな願いを叶えるためには、ワークライフバランスを考慮した職場選びが肝心です。家庭と仕事の両立が可能な環境を見つけましょう。

要望をかなえるためには正社員が一番理想的

あなたのこれらの要望を叶える最良の選択は、正社員への道です!安定した収入、充実した福利厚生、そして家族との大切な時間。これらをバランスよく実現できるのは、正社員として働くことによってこそ。次は、その具体的なステップについて見ていきましょう!

転職エージェントを使ってみたい

編集部
編集部

どれ使えばいいの?
とりあえず転職エージェント登録らしいけど

編集部
編集部

年齢制限で断られた…

編集部
編集部

お給料とか休み
増えるか不安…

そもそもやりたいことない
とりあえず会社辞めたい

無料dodaなら解決できます

転職エージェント業界大手のdoda年齢・学歴・職歴一切不問で、転職カウンセリングや書類作成サポート、応募手続き代行から入社後のアフターフォローまで完全無料で受けられます。さらに、応募するときは企業への推薦状まで用意してくれるので、あなたの特性を最大に活かしてくれます。

出産・育児でブランクあるけど正社員になれる?←なれます!

出産や育児でキャリアにブランクがあるなんて、心配ご無用!「再就職?できるわよ!」と胸を張って言いましょう。なぜなら、今は多くの企業が、経験豊かなあなたのような人材を求めているのですから!

一般的に言えるのは、子育てした女性って、ものすごくマルチタスクなのよ。しかも一般常識力も飛躍的にUPしてるしね。ホント「母は強し」だわ。

再就職に向けて取り組むべきこと3選

さて、再就職の旅を始める前に、考慮すべき3つの重要なステップがあります。これらをクリアすれば、あなたの正社員への道はもう目の前です! 3つのステップをひとことに集約すると「就活の軸、つまり、優先順位をはっきりさせておく」ということです。では、一つづつ見ていきましょう。

①必須条件の洗い出し←例 土日休み・転勤有無・給与など

まず、あなたにとっての「譲れない条件」は何でしょうか?土日休み、転勤の有無、給与の希望…これらは、あなたの働き方を左右する大切な要素です。これらを明確にすることで、求職活動がグンとスムーズになりますよ!

②勤務地の設定←子育て中の場合、急なお迎えにも対応できるか考えよう

次に、勤務地です。子育て中なら、特に重要ですね。「急なお迎えも大丈夫?」そんな心配も、通勤時間が短ければ解消されます。地元で働く?それとも都市部?自分のライフスタイルに合った場所を選びましょう!

③業務内容の選択

そして、業務内容の選択です。あなたが以前に得た経験やスキルを活かせる仕事は?あるいは、新しい分野に挑戦したい?仕事内容を吟味することで、あなたにぴったりの職場が見つかりますよ!

そうね。経験上、「初めてだけどやれそうな仕事」がオススメよ。やったことのある仕事っていうのは、どうしても「前にいた会社は…」とか「昔のやり方は…」みたいに、よけいな思いが浮かんできて精神衛生上よくないのよ。

専業主婦歓迎の求職の条件が出揃ったら求人を探そう

いざ、求人探し!これはまるで宝探しのよう。あなたにピッタリの職場を見つけるための冒険が、今、始まります!専業主婦の経験を活かせる仕事は、案外身近にあるのかもしれませんよ。

求人を発掘する際、「対面でアドバイザーと直接やりとりがしたい」っていう人は、やっぱりハローワークかな。転職エージェントもいいんだけど、都市部でない場合、電話で済まされたりするからね。

①ハローワークで探す←相談員と対面で仕事を探せます

まずは、ハローワークへGO!ここでは、経験豊富な相談員があなたの再就職を全力でサポートします。対面での相談だからこそ、あなたの状況に合った的確なアドバイスが期待できるんです!

転職サービスのエージェントは、成約が報酬に結びつくからとっても熱心だけど、その分、強引だなと感じるケースもあるわ。注意してね。自分の軸を見失ったらダメよ。

②求職サイトで探す←サイト限定求人も多数のため、いくつか登録しましょう

インターネットを使って求職サイトに登録しましょう!サイトによっては限定求人もあり、自宅にいながらにして様々なオプションを比較検討できます。登録は無料なので、複数のサイトを活用するのがおすすめです!

人のツテっていうのは、話が早くて楽なケースが多いけど、諸刃の刃よね。すぐ辞めちゃったりすると気まずいし、仲介した人に会社でのやりとりが伝わっちゃうリスクもあるし…

③ママ友・知人のツテで探す←ママ友が続けている仕事なら安心!

そして、ママ友や知人のツテを活用するのも一つの手。彼女たちが実際に働いている職場なら、情報も豊富で安心です。「こんないい職場があるの!?」という驚きの発見があるかもしれませんよ。

こんな求人には要注意!

しかし、求人探しには落とし穴も…。以下の点には特に注意してください!

離職率に関するデータ

「出産・育児を理由に退職した女性の再就職後の離職率」という、この記事にとって非常に都合のいいデータは、残念ながらありません。m(_ _)m なので、全体的な離職率を紹介しましょう。令和2年度の調査で、就職後3年以内の離職率は、新規高卒者36.9%、新規大卒者31.2%でした。また、令和3年のデータで全体の離職率平均は13.9%だということです。入った直後が一番不安定ということでしょう。

① 離職率が高い

高い離職率は、何かしらの問題がある可能性が高いです。職場環境や労働条件に問題があるのかも?入念に調べて、じっくりと考えましょう。

② 求人情報に給与が記載されていない←記載すると人が集まらないほど低いかも

給与の記載がない求人は要注意。公開されていない理由は、低すぎるからかもしれません。納得できる給与かどうか、しっかりと確認しましょう。

基本給と称しながら「みなし残業代」を含んでいたり、残業時間の開始が、終業時刻の30分後からになっていたり、ブラックな企業はないわけじゃないので注意してね。「あれっ?」と思ったら、遠慮したらダメよ。その都度、しっかり確認すること!

③ 産休・育休実績がない

産休や育休の実績がない会社は、ワークライフバランスを考慮していない可能性があります。特に子育て中の方は、こうした制度の有無を重視することが大切です。

まあ、産休育休制度の実績がない会社なんて、近寄っちゃダメよ。そんな会社が、産休育休明けの女子を大事に扱ってくれるはずないじゃない!!

【更新】2024年06月18日
1分で分かる人気転職エージェントBEST10【実績・評判】

まとめ:専業主婦から正社員はブランクありからでも全然可能

というわけで、専業主婦からの正社員への道は、ブランクがあっても全然可能です!正しい情報を手に入れ、戦略的に行動すれば、あなたにぴったりの仕事がきっと見つかります。新しいキャリアの扉を開ける準備はもうできていますよ。さあ、キラキラと輝く未来への一歩を踏み出しましょう!

【最新】2024年06月18日
オススメ転職エージェント