本ページはプロモーションが含まれています

鉄筋屋やめたい人必見!安定した休みと収入を得られる転職先5選!

鉄筋屋としての厳しい労働環境に身を置きながら、より良い職業環境を求める方々にとって、この記事は貴重な情報源となるでしょう。ここでは、安定した休日と収入を確保できる、魅力的な転職先を5つご紹介します。

鉄筋屋は辛すぎて合う人が少ない?辞めたくなっても仕方ない!

鉄筋屋という仕事は、その過酷さから、多くの方が職を変えたいと考えることも無理はありません。特に現場作業特有の困難は、多くの従事者を悩ませています。

鉄筋屋には現場仕事ならではの辛さ3選

鉄筋ってやっぱ重いの?

重いんだぜぇ。30とか40キロとか担ぐの普通だぜぇ~。

筋トレにはなるけど、腰やりそー。

①構造図が複雑すぎる←ゼネコンによっては手書き(笑)

建設現場における構造図の複雑さは、鉄筋屋の仕事を困難にしています。手書きの構造図が用いられることもあり、その理解には高い専門性が求められます。これは、現場作業の技術的な側面を象徴しています。

②施工管理によっては灼熱なのに空調服なしで熱中症なるわ

また、施工現場の過酷な環境は身体的な負担も大きく、特に夏場の高温下での作業は、熱中症のリスクを高めます。空調服のない状況下での長時間労働は、健康を害することも少なくありません。

③同僚などの人間関係が狭く、広がりがない

さらに、鉄筋屋の仕事は同僚との人間関係が狭く限られがちです。これは、精神的な負担や孤独感を生む要因となり得ます。こうした人間関係の問題は、仕事の質にも影響を及ぼすことがあります。

鉄筋屋は案外頭が良くないとシンドイ時代に?

現代の鉄筋屋の仕事は、技術的な知識がなければ対応が困難になることもあります。特に、CADなどの技術の習得が求められる傾向にあります。

体を動かすのが好きなので鉄筋屋の仕事してたけど、体キツイし、勉強しなきゃだしで、思い切って転職!休みは疲れて寝てばっかだったけど、今は友達と遊ぶ余裕もあるし、おかげで彼女できてめっちゃ今幸せです。

CAD使えないとシンドイ←図面も作れないと生き残れない

鉄筋屋の仕事において、CADの使用はもはや必須のスキルとなっています。図面作成ができなければ、競争の激しいこの分野で生き残ることは難しいでしょう。

最近は3DCADも覚えないと・・・

最近では、従来の2D CADに加え、3D CADのスキルも求められるようになりました。3D CADは、より複雑な構造を視覚化しやすくするため、この技術の習得はますます重要になっています。

そもそも3Dって何よって話。

3次元ってこと!立体的に設計図がつくれるんだぜぃ。

3次元?ああ・・・ドラえもん?

いや、ドラえもんは4次元な!

3Dプリンターの知識も必須の時代に?

さらに、3Dプリンターの技術に関する知識も、現代の鉄筋屋には不可欠です。建設業界における3Dプリンターの活用は増加傾向にあり、これらの技術を駆使することで、仕事の効率化と品質向上が図れます。

3Dプリンターでチャチャッと建物できる時代になったら、鉄筋屋とかいらなくない?

な!ドラえもんならすでに持ってそーだな。

とにかく、鉄筋工は最先端の技術が必要。

鉄筋工としての職務は、進化し続ける技術に適応する能力を求められています。建築業界では、新しい技術やツールの導入が加速しており、これらを習得することで、作業の効率化や品質の向上が期待できます。鉄筋工がこれらの技術を学ぶことは、キャリアアップにも繋がり、将来的にはより良い職場環境への移行を実現する手助けとなるでしょう。

鉄筋屋を辞めて安定した収入と休みを!転職先見込み5選

鉄筋屋の仕事から離れ、安定した収入と休日を求める方々にとって、以下の5つの転職先は有望です。これらは、鉄筋屋で培った技能や経験を生かせる職種であり、新たなキャリアパスを築く機会を提供します。

①工場←スチール関係

工場での仕事は、鉄筋屋の経験が活かせる場の一つです。特にスチール関連の業務では、鉄筋屋としての技術が直接役立ちます。ライン作業の他にも、物流関連の職種など、多様なポジションがあり、技能を発揮できる場が多く存在します。

工場はとりあえず屋内だから快適じゃん!仕事環境よさげー。

②建設業

建設業界内での職種転換も一つの選択肢です。特に、施工管理技師の職は、鉄筋屋の経験が直接活かせる職種であり、プロジェクトの管理や品質の確保など、責任ある役割を担います。この職種では、建設現場での経験が大きな強みとなります。

③運送業

運送業への転職は、物理的な負担が少なく、快適な職場環境を求める方に適しています。特に、涼しいオフィス内での業務は、炎天下での鉄筋作業からの大きな脱却となります。また、運送業界では、ロジスティクスに関する知識や経験が求められることもあり、新たなスキルを身につける機会となるでしょう。

家に筋肉モリモリマッチョマンが配達に来ると、ちょっと萌えちゃうんだよね。

④不動産営業

不動産営業は、高い収入を目指す鉄筋屋の方々に最適な転職先です。不動産業界では、顧客のニーズに応じた物件の提案や交渉スキルが重要となり、鉄筋屋の経験から培われたコミュニケーション能力や折衝力が活かせます。また、成果に応じた報酬システムにより、年収1000万円を目指すことも十分可能です。この業界は、顧客との深い関係構築が成功の鍵を握ります。

俺、現場ではコミュ力高いって言われてたんだよね。営業やれっかもしれん!

年収1000万もあり得る!?

不動産営業の魅力は、頑張り次第で高収入が望める点にあります。固定給に加えて成果報酬があるため、積極的な営業活動が直接収入に反映されます。目標達成への動機付けとして、この報酬システムは大きな魅力と言えるでしょう。

⑤求人広告営業

求人広告営業も、鉄筋屋からの転職におすすめの職種です。特に、建設業界に精通している方は、その経験を活かして業界特有のニーズを理解し、適切な提案が可能です。この職種では、市場の動向を把握し、企業の採用活動をサポートする役割を担います。

ゴリゴリだけど専門知識を活かして仕事ができるかも

求人広告営業は、ターゲット企業のニーズに合わせた求人プランの提案や、採用戦略の立案など、戦略的な思考が求められます。鉄筋屋としての経験は、業界知識として直接活かすことができ、競争の激しい市場でも一歩リードすることが可能です。

ワークマンとか最近オシャレな作業着多いし、作業着ニーズなら俺、理解あるぜぇ。

まとめ-鉄筋屋を辞めたいのは普通!頭脳で勝負!転職もあり

転職エージェントを活用して他の会社を調査してみるのもアリなのでは?