プロモーションが含まれております

月収100万円を稼ぐトラック運転手ってどんなドライバーなの?

月収100万円稼げるドライバーは、
高度な運転技術をもっていたり、
大型免許をとる必要があったりと、
初期投資が必要となってきます。

初期投資は必要ですが、初めだけがんばれば、
その先の未来はストレスが少なく、
ぜいたくな生活を送れるようなお金も
手に入ります。
もしかしたら、家族とのいい関係を築けたり、
恋人とのたいせつな時間もすごせちゃうかも!

  1. トラック運転手の最高峰と言われる大型免許←月収100万可能
    1. 最も高収入を得られるのはやっぱり大型トラック運転手
    2. 輸送単価が高い貨物を大量に長距離運送できれば高収入になる
    3. 国内の自動車運転免許は全部で4区分←大型の方が稼げる
      1. ①普通免許(3.5トン未満)
      2. ②準中型免許(7.5トン未満)
      3. ③中型免許(11トン未満)
      4. ④大型免許(11トン以上)
  2. 大型ダンプカーの運転手は一人親方による自営業者が9割超
    1. 元受け会社から業務委託料で1日3万~5万円の日当が出る
      1. 1カ月で20日稼働すると最大100万円超になることも
    2. 車両持ち込みで1000万円超の購入費を捻出する必要がある
      1. 毎月の燃料費や車検費用など諸々の経費も馬鹿にならない
    3. 大型トラックやけん引トラックは高度な運転スキルが必要
    4. 結論←月収100万円を稼ぐには初期投資が最大のハードルに
  3. 知っていますか? 物流・運送業界の「2024年問題」
    1. ①2024年4月からドライバーの時間外労働時間が年間960時間に制限される
    2. ②目安として1カ月で時間外労働は約80時間まで
    3. ③一人当たりの走行距離が短くなり、長距離でモノが運べなくなると懸念されている
      1. 物流業界のドライバーは時間外手当で稼ぐ人が多い
      2. 時間外労働に上限が設定されることで稼ぎも減る
      3. そもそもドライバーの人手不足と高齢化は深刻化している
      4. 物流業界の「ウーバーイーツ」化が進むかも
      5. 普通免許を持っていれば、3.5トン未満の車なら運転できる
      6. スポット的に運転して、日当1~2万円もらえるならアリ?
  4. まとめ:トラック運転手は月収100万狙える

トラック運転手の最高峰と言われる大型免許←月収100万可能

日本において、トラック運転手としての収入を最大化するための鍵は、大型免許の取得にあると言われています。大型免許を持つ運転手は、多くの場合、他の免許カテゴリーに比べて高い収入を得ることが可能です。特に、運送業界においては、大型免許を持つ運転手の需要が常に高く、それに伴い高い給与が期待できるのです。

短距離か長距離かによってくるっていうよね、そこらへんどうなんだろう!

最も高収入を得られるのはやっぱり大型トラック運転手

大型トラック運転手は、他のトラック運転手と比較して高収入を得ることが多いことが知られています。大型トラックは大量かつ重量のある貨物を運搬する能力を持ち、それに伴う運送単価の高さが収入を押し上げる主要な要因です。大型トラックを運転するためには、高度な運転技術と安全への配慮が求められ、その専門性が収入の向上につながるのです。

体力も必要になってくる職業故の高収入なんだと思います。

輸送単価が高い貨物を大量に長距離運送できれば高収入になる

輸送単価が高い貨物の運送は、トラック運転手の収入を大きく左右します。大型トラックはその大きな荷室により、一度に多量の貨物を運ぶことができ、これが結果として収入の増加に直結します。また、長距離運送は運送単価の上昇を促し、それによって高収入を実現する運転手も少なくありません。

長距離運転してる間、好きな音楽聞き放題だね!

国内の自動車運転免許は全部で4区分←大型の方が稼げる

日本の自動車運転免許は、その対象となる車両の大きさによって4つの区分に分けられています。それぞれ普通免許(3.5トン未満)、準中型免許(7.5トン未満)、中型免許(11トン未満)、大型免許(11トン以上)となります。この中で、大型免許を持つ運転手は、より大きな車両を運転することができるため、一般により高い収入を得ることができるとされています。

免許を取る順番は人それぞれだけど、順々にとっていくのが確実そう!

①普通免許(3.5トン未満)

普通免許は最も基本的な免許で、3.5トン未満の車両を運転することができます。一般的な軽貨物運送や小型トラックの運転に用いられることが多く、運送業界における入門レベルの免許と言えます。

大手運送会社なら普通免許だけの人でも良いって言ってくれる所あるよね

②準中型免許(7.5トン未満)

準中型免許は、7.5トン未満の車両を運転するための免許です。普通免許よりも大きな車両を運転することが可能となり、より多くの貨物を運べるため、運送業界における収入の向上に貢献します。

普通免許の次に取りやすいって聞くけど、これだけでも収入あがるんだね!

③中型免許(11トン未満)

中型免許は、11トン未満の車両を運転できる免許です。この免許を持つことで、より大きな貨物車両を運転できるようになり、運送業界における運転手の選択肢が広がります。

11トンって結構大きいから駐車するのが大変そうって思う…

④大型免許(11トン以上)

大型免許は、11トン以上の車両を運転するための最も上位の免許です。大型免許を持つ運転手は、大型トラックや特殊車両を運転することができ、これにより他の免許を持つ運転手と比較して高い収入を得る可能性があります。大型免許の取得は、トラック運転手としてのキャリアにおいて重要なステップであり、高収入を目指す運転手にとって必須の資格と言えるでしょう。

この免許を持ってるだけで、トラック運送会社にとっては貴重な人物となるよね!

大型ダンプカーの運転手は一人親方による自営業者が9割超

日本の建設業界において、大型ダンプカーを運転する運転手の多くは、一人親方としての自営業者であることが特徴です。これは、大型ダンプカーを用いた仕事が主に建設現場や資材運搬などの分野で求められ、個人事業主として活動することが一般的であるためです。自営業者としての運転手は、自らの業務を管理し、収益の最大化を図ることができます。

元受け会社から業務委託料で1日3万~5万円の日当が出る

この業界では、元受け会社からの業務委託が一般的であり、1日あたりの日当が3万円から5万円程度となることが多いです。この日当は、運転手が運ぶ貨物の量や距離、仕事の難易度によって変動します。自営業者としての運転手は、こうした日当を元に収入を得ることになります。

1カ月で20日稼働すると最大100万円超になることも

運転手が月に20日稼働した場合、最高で100万円を超える収入を得ることも可能です。しかし、これはあくまで理想的な状況下での話であり、実際の収入は様々な要因によって左右されます。

車両持ち込みで1000万円超の購入費を捻出する必要がある

自営業者として大型ダンプカーを運転する場合、自らの車両を購入する必要があります。この購入費用は1000万円を超えることが一般的で、初期投資としての負担は小さくありません。この投資を行うことで、将来的な収入の増加を見込むことができます。

毎月の燃料費や車検費用など諸々の経費も馬鹿にならない

車両を所有することには、燃料費や車検費用、保険料など、運営に必要な経費も発生します。これらの経費は、運転手の収入から差し引かれるため、実際の手取り額を把握することが重要です。

大型トラックやけん引トラックは高度な運転スキルが必要

大型ダンプカーやけん引トラックの運転には、高度な技術と注意力が求められます。これらの車両は大きく、運転には特別な訓練と経験が必要です。運転技術の向上は、安全な運転につながるだけでなく、より良い仕事の機会を引き寄せる要因となります。

結論←月収100万円を稼ぐには初期投資が最大のハードルに

大型ダンプカーの運転手として月収100万円を目指すには、高額な初期投資が最大のハードルとなります。しかし、適切な運転技術と事業運営が可能であれば、この投資は長期的に見て収益を生み出す可能性が高いと言えます。

知っていますか? 物流・運送業界の「2024年問題」

2024年に向けて、物流・運送業界には大きな変化が予想されています。特に、ドライバーの労働環境に大きな変更があることが注目されています。

①2024年4月からドライバーの時間外労働時間が年間960時間に制限される

2024年4月より、ドライバーの時間外労働時間は年間960時間に制限されることになります。これは、ドライバーの労働環境改善を目的としていますが、業界に与える影響は大きいと予測されています。

②目安として1カ月で時間外労働は約80時間まで

2024年の新しい労働基準により、トラック運転手の時間外労働は1カ月あたり約80時間に制限されます。この変更は、ドライバーの健康と安全を守るために必要な措置ですが、それにより運転手の収入構造に大きな影響を与える可能性があります。多くの運転手が時間外労働に依存している現状を考えると、この変更は彼らの生計に直接的な影響を及ぼすことになります。

③一人当たりの走行距離が短くなり、長距離でモノが運べなくなると懸念されている

時間外労働の制限に伴い、一人当たりの走行距離も短くなることが予想されます。これにより、長距離輸送が困難になる可能性があり、物流業界全体の運送能力に影響を与えることが懸念されています。特に、大型トラック運転手にとって、長距離輸送は収入の大きな部分を占めるため、この変更は重要な意味を持ちます。

物流業界のドライバーは時間外手当で稼ぐ人が多い

物流業界では、時間外手当がドライバーの収入の重要な部分を占めています。このため、時間外労働の制限はドライバーの収入減少を意味し、彼らの生活に大きな影響を及ぼすことが懸念されます。ドライバーの多くは、この時間外手当に依存して生計を立てているため、制限の導入は彼らにとって大きな挑戦となるでしょう。

トラックドライバーしながら副業する人とか出てきそう…

時間外労働に上限が設定されることで稼ぎも減る

時間外労働に上限が設けられることにより、多くのドライバーがこれまで以上に収入の減少を経験することになります。これは特に、時間外労働に大きく依存しているドライバーにとっては深刻な問題です。

そもそもドライバーの人手不足と高齢化は深刻化している

現在、物流業界ではドライバーの人手不足と高齢化が深刻化しています。これにより、業界全体の労働力が減少し、配送能力に影響が出ています。時間外労働の制限は、この既存の問題をさらに強調することになるでしょう。

物流業界の「ウーバーイーツ」化が進むかも

これらの変化を受けて、物流業界では「ウーバーイーツ」のような、より柔軟な労働形態が求められるようになるかもしれません。これは、運送業界において新たな働き方の模索を促す一因となり、業界の構造変化を促す可能性があります。

日雇いドライバーってこと!?それはちょっと楽しそう!

普通免許を持っていれば、3.5トン未満の車なら運転できる

普通免許を持つドライバーであれば、3.5トン未満の車両を運転することができます。このため、小規模の運送業務や短距離輸送において、普通免許を持つドライバーの需要が増加する可能性があります。

3つくらいの地域を担当するくらいなら普通免許でも十分そうよね!

スポット的に運転して、日当1~2万円もらえるならアリ?

新たな労働時間の制限により、スポット的な運転業務が増える可能性があります。日当1~2万円で短期間の運送業務を行うことが、新たな収入源となるかもしれません。これは、特にフレキシブルな働き方を求めるドライバーにとって、魅力的な選択肢になるでしょう。

まとめ:トラック運転手は月収100万狙える

トラックの運転手で月収100万円を達成したら、
休日は趣味の時間や家族との時間として使えるし、
トラックに乗っている間は完全に一人の空間なので、
ストレスを感じることなく働けるようになりますよ!