本ページはプロモーションが含まれています

やりたい仕事がないけど転職したい40代はラストチャンス←年収アップは普通です。

いよいよ40代中盤になってきたなぁ。今までがむしゃらに仕事してきたけど、ふと思うとむなしくなっちゃうな。収入も先が見えてきたし、あと30年今の職場で働けるかと言われたらむりだよな(汗)

生活のこと考えると、転職するなら今しかないんじゃない。

まるすけ社長

岩手出身の40代後半以上の転職エージェント。2児の父。高卒・おにぎり工場勤務からリクルートに転職。そのあと、独立して人材紹介や派遣とかの会社を創業。みんなの転職クラブ創業者。

まるすけ社長をフォローする

無料転職エージェント

だれでも利用できます
doda


関西の休みの多い珍しい求人があります
KOSMO


若いうちに人生やり直し
ハタラクティブ

 
  1. やりたい仕事がないけど転職したい40代にアドバイス
    1. ①50代になったら転職は相当厳しいです
    2. ②希望年収をしっかり伝えて転職活動しましょう
    3. ③やりたいことがない人がほとんど。気にしないこと
    4. ④伸びてる業界の管理職を目指すのが楽ちんです
    5. ⑤定年後はまだ考える必要ありません
  2. 焦って価値の安売りをしないで
    1. 自分の価値が正当な評価を得るために
      1. ① 出来ること、好きなこと、得意なこと
      2. ②評価されてきたことを把握する
      3. ③やりたくないことをはっきり上司に伝える
  3. 40代転職の分岐点←「やりたい仕事がない」とヤバい
    1. 避けては通れぬ、転職につきまとう不安や悩み
      1. 家族にどう話す
      2. 給与・待遇下がるかも
      3. 社風との相性
    2. 内省を通じて見つける「やりたい」←30代の仕事探し
    3. 転職市場での自分の価値を知る←30代ならでは
  4. 40代でやりたい仕事がないときの転職は?
    1. ニーズを捉えたキャリアプランの構築
    2. パーソナルブランディングの強化
  5. やりたい仕事がない40代のスキルアップと学習の継続性
    1. 現代のスキルセットとは
    2. 学び続ける姿勢の重要性
  6. 40代でやりたいことを見つける方法
    1. ①社会人サークルに参加する
    2. ②PTAに参加する
    3. ③たくさん映画を見る
    4. ④就職エージェントに今の心境を相談
  7. やりたい仕事がない30代ならではのワークライフバランスの実現
  8. 【まとめ】やりたい仕事がない転職40代へ

やりたい仕事がないけど転職したい40代にアドバイス

40代での転職は慎重な準備が必要です。以下のポイントを参考にしてください。

普通ならバリバリ働いている年齢なんだけど

①50代になったら転職は相当厳しいです

年齢が上がるほど転職市場では厳しくなります。今のうちに動くべきです。

②希望年収をしっかり伝えて転職活動しましょう

自分の価値を理解し、適切な年収を希望することが大切です。

自分を安売りするな!

③やりたいことがない人がほとんど。気にしないこと

やりたいことが見つからないのは一般的です。自分の経験やスキルに注目しましょう。

④伸びてる業界の管理職を目指すのが楽ちんです

成長業界での管理職は、経験を活かしやすく、チャンスも多いです。

平社員で若い上司にどやされるのは絶対嫌!

⑤定年後はまだ考える必要ありません

現在のキャリアに集中し、定年後のことはその後で考えましょう。

焦って価値の安売りをしないで

自分の能力や経験を正しく評価してもらうためには以下の点が重要です。

自分の価値が正当な評価を得るために

俺のような人間はこの世で一人しかいないんだぜ

① 出来ること、好きなこと、得意なこと

自己分析をしっかり行い、自分の強みを理解しましょう。

②評価されてきたことを把握する

過去の成果や評価を整理し、面接などでアピールできるようにしておきましょう。

③やりたくないことをはっきり上司に伝える

自分に合わない仕事を明確にすることで、適切なポジションを見つけやすくなります。

俺はイエスマンじゃない

40代転職の分岐点←「やりたい仕事がない」とヤバい

30代の転職は、単なる職を変えること以上の意味を持ちます。これは自己実現の旅であり、本当にやりたい仕事を見つけるための探求です。この年代になると、自分自身と向き合う時間が増え、何を求めているのか、何が本当に重要なのかを見極めることができます。

20代のころはとにかく仕事をこなすことで精いっぱいだったからなぁ・・・30代中盤になると考えなきゃいけないことがたくさんだよ!!

避けては通れぬ、転職につきまとう不安や悩み

転職を考える際、多くの人が抱える不安や悩みには共通点があります。

一体どうしたらいいんだ!?

家族にどう話す

家族としっかりとコミュニケーションを取り、転職の理由や将来のビジョンを共有しましょう。家族の理解と支持が重要です。

給与・待遇下がるかも

転職によって給与や待遇が下がる可能性はありますが、キャリアアップや働きがいを考慮することも大切です。長期的な視野で判断しましょう。

社風との相性

事前の企業研究や面接での質問を通じて、企業の文化や価値観を把握しましょう。自分に合った環境であるかを見極めることが重要です。

さすがに入ってすぐに辞められないしな

内省を通じて見つける「やりたい」←30代の仕事探し

自己分析は、30代の転職において最も重要なステップの一つです。過去の経験を振り返り、何が自分を動かし、何に情熱を感じるのかを理解することが、新しいキャリアパスを見つける鍵となります。

30代になると、ただ仕事が面白くないや人間関係の環境を変えたいとかでの転職は将来に繋がらないんじゃないか!20代と同じことの繰り返しになってしまうぞ。これまで仕事やプライベート、人間関係等を通して多くのことを積み上げてきたはず。そのことも含めて、30代の自分としての自己分析が必要だと思うぞ。

転職市場での自分の価値を知る←30代ならでは

転職市場における自分の価値を知ることは、30代の転職成功に不可欠です。自分のスキルが市場でどのように評価されるのかを理解し、それに基づいて転職活動を進めることが重要です。

これまでの人脈を活かすことも重要だな。培ってきたのは仕事の量や経験値だけでなく、仕事を通して知り合った人脈も自分にとっては大きな財産の一つだもんな。それに30代でもっとも求められるのは「即戦力」だと思う。そのためにはコミュニケーション力は不可欠!!どんな業種においても、30代での転職はその人間性を買われるってことじゃないかな。資格や経歴も大事だとは思うけど、「人間性」が大きな価値になる年齢だと思う。

転職して自分の価値が下がるところは難しいな!しっかり自己分析してからじゃないと失敗はできないからな~

40代でやりたい仕事がないときの転職は?

転職を成功させるには、戦略的なアプローチが必要です。市場のニーズを理解し、自分のスキルと経験をどのようにアピールするかがカギとなります。

やっぱり30代の転職者に求められるのは、「即戦力」「リーダーシップだろうな。そのためには、これまでの経歴を活かしたアピールが必要だな。全く畑違いの職種でも前歴を活かせる部分をPRしないと、企業にとつては魅力はないな!

ニーズを捉えたキャリアプランの構築

市場のニーズに合わせたキャリアプランを構築することで、30代の転職はより明確な方向性を持つことができます。自分のスキルがどの業界で求められているのかを把握し、それに合わせた計画を立てましょう。

キャリアプランか!なんとなく考えてはいたけど、確かに将来に向けて具体的なプランを考えないと転職に失敗するかもな!!

30代になると自分のニーズだけではなく、業界のニーズも把握しうえでキャリアプランを構築していく必要がある。経済的な価値や社会的価値、文化的価値を意識しながら情報を収集したりすることが必要です。

パーソナルブランディングの強化

自分自身のブランドを確立することは、転職市場での差別化を図る上で非常に効果的です。自分の強み、スキル、経験を明確に伝えることで、求職活動において有利に働きます。

パーソナルブランディングは、これまでの経験や専門的な知識・技術あるいは人間性などを正しく理解してもうことです。このことなら「〇〇さんだな」と指名されるようにブランド化されることです。

なるほど自分をブランド化することで、自己理解が進み、企業側にも分かりやすくなるな。

やりたい仕事がない40代のスキルアップと学習の継続性

40代の転職では、現在持っているスキルをさらに磨き上げることが求められます。また、新しい知識を学び続けることで、転職市場での競争力を保つことができます。

「学び続ける」ことは、リーダーシップを発揮するためには重要なことだと思う。仕事に対する姿勢や組織としての立場を理解し、即戦力としての力を発揮する。このことが企業側へのアピールにもなり、企業側としても会社にどんな影響を与えてくれるかを大きく期待していると考えられる。

現代のスキルセットとは

テクノロジーの進化に伴い、求められるスキルセットは常に変化しています。30代の転職者は、これらの変化に対応するために、新しいスキルを身につける必要があります。

ICTスキルやDXに関する知識はもちろん、これからの企業では求められる最重要スキルではあるが、この移り変わる時代において。「適応力」のスキルが土台にないといけないと思う。新たな価値観や考え方が多くある状況で、常に必要なスキルを自分で構築していくことが、新しいスキルを身に付けるための準備だと思う。

学び続ける姿勢の重要性

学び続ける姿勢は、30代の転職において非常に重要です。新しい知識やスキルを身につけることで、自分自身の市場価値を高めることができます。

教授
教授

30代になると自分の仕事だけじゃなく、役職がついたりするので、「マネジメント能力」が求められることが多いですね。数人のチームを束ねたり、会社組織の役割を担うことも多くなるでしょう。「リーダーシップ」とともに「マネジメント能力」を身に付けることで、「即戦力」として企業側からは期待度が高くなるでしょう。

40代でやりたいことを見つける方法

40代で新しい趣味や興味を見つける方法はたくさんあります。自分に合った方法を試してみましょう。

釣り、音楽、旅行、楽しいこと大好き!

①社会人サークルに参加する

同じ興味を持つ人が集まる社会人サークルは、新たな情熱を見つける絶好の場です。

サークルって大学だけじゃなかったんだ。知ってた?

②PTAに参加する

子どもの学校活動に関わることで、教育や地域社会への関心が高まるかもしれません。

③たくさん映画を見る

映画は新たな視点を提供してくれます。様々なジャンルの映画を見ることで、自分の興味を広げるきっかけになるかもしれません。

④就職エージェントに今の心境を相談

キャリアに関する悩みや、これからの人生で何をしたいかわからないときには、就職エージェントとの相談が有効です。専門家のアドバイスを通じて、自分のやりたいことや適職を見つけるヒントを得られるかもしれません。

楽しいこと大好きだけど、仕事は楽しくないからやりたくないんだけど。マジでいい仕事教えてくれよ

やりたい仕事がない30代ならではのワークライフバランスの実現

転職を通じて、より良いワークライフバランスを実現することも、30代にとっての大きな目標の一つです。仕事だけでなく、プライベートの充実も重視することが、長期的なキャリア形成において重要となります。

30代になるとプライベートもより充実させたいな。ワークライフバランスは重要な価値観でもあるし、理解しておく必要があると思う。ワークライフバランスを推奨している企業は、仕事の効率が上がり業績に大きく影響しているところもるらしい。チームコミュニケーションや柔軟なチームを形成することが今後の課題でもある。

ワークライフバランスか・・・意識したことなかったな。業務の効率にもつながるのか!!!

30代になると結婚や子育てといった、家庭での役割や責任もでてきます。家庭が安定していないと仕事も安定しないというように、ワークライフバランスは重要です。子どもの参観日には参加したり、家族が病気の時には休みを取ったり、地域の催事には出席したりと、「生活者」としてのバランスも意識しないといけないですね。

【まとめ】やりたい仕事がない転職40代へ

20代をなんとなく過ごしてしまい、40代半ばになると同僚や周りの後輩たちが、キャリアアップしていく中で、心もとなさを感じたり疎外感を感じたり離職する率も高くなる。40代での離職率は6割。30代で「不満」や「やる気が出ない」などで離職してしまうと転職に大きな影響をきたす。そのままニートになるケースもあり、現在30代のニートは108万人。徐々に増加してきている。一度ニートや引きこもりになってしまうとなかなか抜け出せない傾向がある。そうなるとキャリアプランや人生設計自体に支障をきたす。やはり20代でどれだけ経験値を蓄えられるかが重要で、30代への繋ぎをしっかり行っていくことが大切である。

転職は人生の大きな分岐点!成功するためには情報収集自己分析、そして学び続ける意識が必要だ!!

(スポンサーPR
2024.02.11更新:
🆕最新の社会人向けサービス

お金をかけずにITエンジニアになれる。
一生使えるスキルを習得。

無料説明会の詳細はこちら>>ラクスパートナーズ


内定獲得率80.4%
最短2週間で正社員の内定獲得

無料カウンセリングの詳細はこちら>>ハタラクティブ


アクセンチュア、デロイト…など
年収数千万のコンサルタント。

無料カウンセリングの詳細はこちら>>アクシスコンサルティング


※上記、広告掲載期間終了次第非表示となります