本ページはプロモーションが含まれています

税理士って割に合わない職業←もっとラクに自由になるためには?

合格率2%のテストに受かって
税理士になっても

ずっと勉強と仕事に追われる日々

独立したら自由でいいと思ったけど

意外に稼げない!?

税理士ってやっぱり
圧倒的に稼げる資格

ブティック系コンサルティングファームなら
桁違いの高収入も狙える・・かも

やっとつかんだ税理士資格なのに割に合わない→意外と儲からない

税理士試験は合格率わずか2%という非常に高い壁があります。多くの受験生がこの壁を乗り越えるために長年の勉強と努力を重ねています。しかし、税理士としてのキャリアをスタートさせた後、多くの人が直面するのは、予想以上の労働集約性と利益の乏しさです。

私の友人は合格するのに5年かかったって言ってました!

①合格率2%の壁を突破したのに…

税理士の資格を手に入れた後、多くの人が独立して事務所を開業しますが、これは新たな挑戦の始まりです。独立後は、クライアントのニーズに応えるために、さらに専門知識の習得と実務経験の積み重ねが必要になります。

経営者のなるのって色々と大変ですよね。

独立して実務をしたら、もっと勉強しないといけない…

独立して事務所を運営することは、税理士としての専門知識だけでなく、経営やマーケティング、顧客管理など多岐にわたるスキルが要求されます。また、税法の変更や新しい会計基準の適用など、常に最新の情報を把握し続ける必要があります。

雇うスタッフとの人間関係も考えなきゃいけないですね。

②インボイス?え・・・?

税理士業界では、税法改正に常に対応する必要があります。たとえば、インボイス制度の導入など、新たな法律の変更により、税理士は新しいルールや手続きを学び、それをクライアントに説明する役割を担います。

税金のことって一般人からしたら、本当に訳ワカメです。

税法改正が多すぎてついていけない( ノД`)シクシク…

税法は頻繁に改正され、それに伴う規制や手続きの変更に適応するのは容易なことではありません。税理士は、これらの変更に迅速に対応し、常に自己研鑽を続けることが求められます。

③お客さんの言いなりになってる

税理士はクライアントの要求に応じることが多く、時にはクライアントの要望に左右されることがあります。これにより、自由な時間の確保や業務の効率化が難しくなることがあります。

言いなり・・てパシリみたいで嫌な感じですね!

あれ?ラクできない←労働集約型の資格の大変さ

税理士として独立する道は、一見自由で魅力的に思えますが、実際には多大な努力と時間が要求されます。クライアントからの多様な要望に応えるため、終わりのない勉強と業務処理に追われる日々が続きます。

税理士がラクに生きるのは会計事務所orコンサルになるべき

税理士が抱えるこれらの課題に対し、解決策の一つとして会計事務所やコンサルティング業界への参入が考えられます。特に、自身で事業を運営するよりも、既存の組織に所属することで、業務の効率化と収入の安定化が図れる可能性があります。

組織に入るっていうのもひとつの手です!

独立はハードルが高い←競合が多すぎ。

独立開業は、市場における激しい競争と、経営に伴う多くの挑戦に直面することを意味します。新規顧客の獲得、サービスの差別化、経営の安定化など、多くのハードルが存在します。これに対し、既存の会計事務所やコンサルティングファームでは、これらの課題を組織の力を借りて乗り越えることができます。

確かに。私の会社のまわりに会計事務所ってたくさんあります!

会計事務所の非雇用税理士なら最終確認だけになるからラク

会計事務所での非雇用税理士として働く場合、主な業務は顧客の会計処理の最終確認に限定されることが多いです。これにより、細かな日々の業務から解放され、専門性を活かした重要な仕事に集中できるようになります。

事務スタッフからモテるし(笑)

会計事務所での働き方は、業務効率だけでなく職場環境においてもメリットがあります。専門性を発揮し、重要な役割を果たすことで、職場内での信頼と評価を得ることができます。

ブティック系の財務コンサルなら年収1000万以上は簡単に狙える

一方で、ブティック系の財務コンサルティングファームにおいては、高い報酬とキャリアアップの機会があります。特に資金調達やM&Aなど特定分野に特化したコンサルティングは、高い報酬を得ることが可能です。

大きな会社となると税金の額も大きくなるんでしょうね!

資金調達特化のコンサル会社の給与レンジは圧倒的に高い

資金調達に特化したコンサルティング会社では、税理士のスキルが高く評価され、その結果として給与レンジも非常に高くなっています。これらの会社では、専門的な知識を活かし、資金調達のプロセスや財務戦略の策定に深く関与します。こうした専門性の高い業務は、相応の報酬をもたらし、税理士にとって魅力的なキャリアパスとなっています。

現在めっちゃ伸びてる分野だから「割りに合わない」なんてことはない

財務コンサルティングの分野は現在、市場で大きな伸びを見せています。特に、企業の資金調達やM&Aに関連するサービスは、経済のグローバル化と企業活動の多様化に伴い、需要が増加しています。このような状況下では、税理士の専門知識とスキルが非常に重宝され、割に合わないという感覚は薄れるでしょう。

税理士の資格って難しいだけあって、やっぱり裏切らないですね!

まとめ←税理士が割りに合わないわけがない【圧倒的に稼げる資格】

税理士という資格は、多様なキャリアパスを持ち、十分な収入を得る機会があります。独立開業の困難さに直面することなく、会計事務所やコンサルティングファームで高い評価を受ける道を選ぶことで、税理士としての専門性を活かし、経済的にも報われる仕事が可能です。

ブティック型のコンサルティングファームに桁違いに稼ごう←大変かもだけど(笑)

ブティック型のコンサルティングファームでは、税理士がその専門性を活かし、高収入を目指すことができます。

資格取得で努力したんだから、たくさん稼いでいいと思います!