60代男性が再就職活動をする前に

60代男性の再就職シニアの転職活動

シニアのおっさんでも再就職できるのか?

まるすけ社長
まるすけ社長

難しいけど専門性さえあればできます!

(参考:残業40時間の現実)

この記事の監修・執筆

まるすけ社長

岩手出身の40代の転職エージェント。2児の父。高卒・おにぎり工場勤務からリクルートに転職。2018年頃に人材紹介会社を設立。現在は従業員70名程度の中堅転職エージェント会社の社長です。趣味はブログと定食屋めぐり(笑)、のんびりと仕事探し業界のリアルをお伝えします。

まるすけ社長をフォローする

60代の男性が再就職を考える際、まずは現状を理解し、自身のスキルや経験を再評価することが重要です。また、再就職市場の動向を把握し、自分に適した職種や資格を探すことも大切です。

  • MS-Japan(無料)
    ※一部上場企業の株式会社MS-Japanが運営。経理・財務・人事・総務・法務・会計事務所・弁護士・公認会計士・税理士などに特化した人材紹介会社です。創業29年で2万人以上の転職を支援。
     
  • doda(無料)
    ※一部上場企業のパーソルキャリアが運営。年齢不問の業界大手転職エージェント。顧客満足度No.1で安心。

60代男性の再就職の現状とチャレンジ

まるすけ社長
まるすけ社長

シニア世代の転職需要は伸びています!

60代男性が再就職するためのスキルとは

60代の男性が再就職を成功させるためには、自身の豊富な人生経験やコミュニケーション能力を活かすことが重要です。また、時間に融通が利くことも大きなメリットとなります。これらのスキルは、若い世代にはない60代男性だからこそ活かせる強みです。

60代男性の再就職成功のための自己分析

再就職を成功させるためには、自己分析が欠かせません。自分が何を得意とし、どのような仕事が自分に合っているのかを理解することで、適切な職種を見つけることが可能になります。また、自己分析を通じて新たなスキルや資格の取得を検討することも有効です。

過去にどんな仕事をしてきたか?

ニッチな分野でも業界経験があると管理職として採用される可能性はあります。

60歳以上の方が利用できる転職エージェントサービスは非常に少ないですが、転職サポートをしてくれる無料のサービスをいくつかピックアップしてみましたのでご参考ください。

  • MS-Japan(無料)
    ※一部上場企業の株式会社MS-Japanが運営。経理・財務・人事・総務・法務・会計事務所・弁護士・公認会計士・税理士などに特化した人材紹介会社です。創業29年で2万人以上の転職を支援。
     
  • doda(無料)
    ※一部上場企業のパーソルキャリアが運営。年齢不問の業界大手転職エージェント。顧客満足度No.1で安心。

60代の再就職市場の動向は?

まるすけ社長
まるすけ社長

保険業界はシニア採用の波が来ています!

求められる職種は?

60代の男性が再就職を考える際には、シニアを積極的に採用している業種を知ることが有効です。例えば、販売・接客(コンビニ・スーパー)、警備・交通誘導(セキュリティ・設備工事等)、清掃(ビル管理・メンテナンス)、介護、事務・データ入力・受付・コールセンターなどが挙げられます。

経験ノウハウを活かして仕事探しをしよう

これまでの経験やノウハウを活かすことも再就職の一つの方法です。しかし、経験にとらわれすぎず、新しいことを学ぶ姿勢を持つことも重要です。新しい業種や職種に挑戦することで、新たな可能性を見つけることができます。

まるすけ社長
まるすけ社長

60代はまだ若い!挑戦してみましょう!

60代男性の再就職に有利な資格とは

60代の男性が再就職を考える際には、資格の取得を検討することも有効です。例えば、調理師、介護士、タクシー運転手、長距離運転手などの資格が挙げられます。これらの資格は、正規雇用での再就職を希望する場合に特に有利となります。

シニア男性の就職は難しいのか?

まるすけ社長
まるすけ社長

日本の平均年齢は47歳!まだまだ大丈夫!

難しいけど転職エージェントを活用すれば可能性はある

60代の男性の再就職は一見難しそうに見えますが、転職エージェントを活用することで、再就職の可能性は大いにあります。エージェントは、自分一人では見つけられない就職先を紹介してくれるだけでなく、面接対策や自己PRのアドバイスも行ってくれます。そのため、60代でも再就職は十分に可能です。

>>60代向けの転職サービス