プロモーションが含まれております

【60代の転職ブログ】定年後だって転職できる|おススメ転職サービス

シニアの転職活動

60代だけど就職活動できるかな・・・もう一度バリバリ働きたいな・・・新しい世代に何か残したい・・・

こんな疑問を解消します。

(参考:厚生労働省キャリアコンサルティング技法)

まるすけ社長
まるすけ社長

日本の平均年齢は47歳、60代でもバリバリ働ける世代ですよ

 

60代の転職ブログ←62歳で物流会社の総務に転職

まるすけ社長
まるすけ社長

過去に私が転職支援した実際の事例を紹介します。

トラックドライバー歴30年

2018年のお話です。

福井県福井市のRさん(62歳)。約30年長距離ドライバーをしてきました。定年延長で62歳まで働きました。仕事から解放されたものの、

Rさん
Rさん

やることがない

とのことで、私のもとに仕事探しの相談をしに来ました。実は2018頃からシニア採用の波が人材業界に来ていて、保険会社のコールセンターなどで定年後のシニアを大量採用している時期でもありました。

ということで、私はRさんに保険会社のコールセンターの仕事を紹介しました。

不採用

しかし、Rさんは不採用です。不採用の理由は「電話が下手すぎる」とのこと。確かに、Rさんはドライバーとしてはベテランですが、ビジネススキルは微妙・・・

そして、60代の転職ってだけでかなりハードルが高いので、コールセンターを落とされたらかなり厳しいのが現実です。

ハローワークも断られた

一応「もうハローワークを使ってみてはいかがですか?」と提案するものの、

Rさん
Rさん

ハローワークの仕事は給料が低すぎる!

と一喝。わがままだなぁと思いつつ、ダメもとで物流系の会社に「62歳のベテランドライバーいりませんか~?」と声をかけてみました。

62歳を欲しがる会社が沢山あった

「62歳いりませんかー」といろんな物流会社に声を掛けました。すると、驚いたことに

物流会社の人事
物流会社の人事

欲しいです!
面接させてください!

物流系の人事
物流系の人事

管理部門を任せたいです!

と想像以上に好感触。物流業界は高齢化が進みすぎていて、管理職は若い人よりも年配者の方がベストとことでした。62歳のRさんは管理部門としてはぴったりの人材でした。

Rさんに「給料高くないけど、面接してみますか?」と聞いたところ

Rさん
Rさん

管理部門はやりたい

とのことだったので面接を3社セッティング。

3社内定獲得

そして、面接の結果3社とも内定を獲得しました。(※62歳で3社内定は相当すごいです。)
 

履歴書ってどうすれば?←担当の転職エージェントに書いてもらおう

転職活動において、履歴書の作成は非常に重要なプロセスです。履歴書はあなたの経歴やスキルをまとめた、企業に提出する最初のドキュメントです。この重要なステップで、転職エージェントのサポートを受けることは非常に有益です。

就職活動では履歴書が重要なのは分かってはいるけど、転職エージェントのサポートって聞いたら費用が掛かると思うけど、、、料金は高いのかな?

転職エージェントは無料で転職サポートしてくれる人たち

転職エージェントは、求職者に無料で転職サポートを提供するプロフェッショナルです。彼らは、求職者と企業の橋渡しを行い、最適なマッチングを目指します。そのため、履歴書の作成アドバイスから、面接対策、条件交渉まで、転職に関するあらゆる面でサポートを受けることができます。

無料で相談ができるなら、自分一人で悩むよりサポートを受け、ライバルとの差をつけて転職に有利な状況が作れるかと思います!

だから、履歴書も面接対策も安心

履歴書の書き方に自信がない、どのように自分をアピールすれば良いかわからないという場合でも、転職エージェントはその道のプロフェッショナルです。あなたの経歴やスキルを最大限に活かす履歴書の作成方法をアドバイスしてくれますし、効果的な面接対策も提供してくれます。

その道のプロフェッショナルの後ろ盾があれば、人前で話す事が苦手な私にも面接官の前で自信を持って挑む事ができる。

入社できる会社を探して紹介してくれます

転職エージェントは、あなたの希望やスキルに合った企業を探し出し、紹介してくれます。これには、一般に公開されていない非公開求人へのアクセスも含まれるため、より多くの選択肢から最適な職場を見つけることができます。

普段は、コンビニにある求人誌で探していましたが、非公開求人へのアクセスが出来るなら、自分に合った求人の選択枠が増えるのはとてもありがたい。

シニアの転職だとしても安心です

シニア層の転職も、転職エージェントはサポートしています。年齢を重ねた分、豊富な経験や専門知識を持っているシニア層に対し、その価値を理解し、適切なポジションを提案してくれます。シニアの転職市場に精通しているエージェントであれば、年齢に関する懸念を払拭し、安心して転職活動を進めることができます。

今まで培ってきたスキルを活かして、次の職場でも第一線で活躍できる事はとても素晴らしい事だし、若い方にも負けないぞって感じで生き生きと働けそうだな。

【更新】2024年05月16日
1分で分かる人気転職エージェントBEST10【実績・評判】

シニアの転職市場の真実

シニア層の転職市場は、従来のイメージとは大きく異なる動きを見せています。高齢者の就業機会が拡大し、60歳を超えてからのキャリア形成も珍しくなくなってきています。

60歳を超えても向上心を持って、上のキャリアを目指せるのはとても良い。自分がその年を迎える頃には、それが当たり前の時代であって欲しいな!

再雇用上限は上がっている「70代で再雇用も増えた」

多くの企業では、再雇用の年齢上限を引き上げています。これにより、70代での再雇用が増加しており、シニア層が長く働ける環境が整備されつつあります。これは、労働人口の減少や高齢化社会の進行に対応するため、経験豊富なシニア層の力を引き続き活用したいという企業側のニーズが高まっていることを示しています。

定年を迎えても働きたいと思っている人は沢山いると思うし、少子化で働き手の確保が困難な時代とマッチしているし、そうあるべきだと思います。

「シニアジョブ」というシニア専門の転職サイトも登場

シニア層向けの転職支援が充実してきており、「シニアジョブ」のようなシニア専門の転職サイトも登場しています。これらのサイトは、シニア層のニーズに特化した求人情報を提供し、60歳を過ぎてからの転職活動をサポートしています。これにより、シニア層が自分の経験やスキルを活かせる新たな職場を見つけやすくなっています。

シニア専用のサイトも登場してさらなる雇用が生まれている事は今後の日本も捨てたもんじゃない。皆さんの力で日本もまだまだ発展していけます!!

←60歳転職は全然可能な環境に

以上の動向から、60歳を超えた後の転職は全然可能な環境になってきています。再雇用の上限年齢の引き上げや、シニア専門の転職サイトの登場など、シニア層が活躍できる場が広がりつつあります。これは、社会全体がシニア層の働く意欲と能力をより高く評価し始めていることの表れです。シニア層の方々は、これらの機会を活用して、充実した後半生のキャリアを築いていくことが期待されます。

諦めて後悔する前に一度、相談してみましょう。老後の奥さん、孫との楽しい時間がきっと

あなたを待っています。私はそうなりたい!!!

60代の転職は厳しい?←かんたん

60代での転職が厳しいと思われがちですが、実はそうでもありません。現代の日本では、高齢者の就業機会が徐々に増えており、60代でも活躍できる場が広がっています。

60代だからと諦めていませんか?人生は、まだまだ続きます。これからもあなた自身の力が世の中には必要です。私は60代でもバリバリ輝きたい!

日本の平均年齢は47歳

日本の労働力人口の平均年齢は47歳と高めです。これは、社会全体が高齢化していることを示しており、60歳での転職が決して珍しいことではなくなっています。

私の職場でも若い人は少ないと感じております。会社の今後100年後を考えた時に

シニア層の力は必然だと私はそう思っています。

60歳って案外普通

現在の日本において、60歳での転職は決して特別なことではありません。多くの企業が経験豊富なシニア層の採用に積極的で、60代の知識とスキルを高く評価しています。

もちろん、目指すはイケオジ!せっかく学んだスキルの持ち腐れはもったいない!

dodaとかの転職エージェントは年齢不問

dodaをはじめとする多くの転職エージェントでは、年齢を問わずに転職サポートを提供しています。これは、年齢に関わらず、個々人の経験やスキルが重視されるようになってきていることの現れです。

人が年を重ねても挑戦できる環境があるのはすごい!

シニア採用の会社も増えてる

最近では、シニア層を積極的に採用する企業が増えています。特に、保険会社のコールセンターや、接客業、監視・保守業務など、経験や人生の知恵を活かせる職種での需要が高まっています。

あなたのスキルを必要としている方は必ずいます。

※保険会社のコールセンターとか

例えば、保険会社のコールセンターでは、豊富な人生経験を持つシニア世代が顧客からの信頼を得やすいというメリットがあります。こうした職場では、60代の新たなスタートを応援してくれることも少なくありません。

やっぱり、話しをしていても安心感があり、この人に任せたいと思います。

そう思われる人になりたい。

60代は管理部門になら転職できる

シニア世代でも転職・就活はできます。理由は、ベテランならではの知見や権威が必要だからです。若い人がワイワイガヤガヤ働いている会社に一人でも年配のベテランが入ってきたらピシっ!と引き締まります。管理職(人事・経理・統括・総務)などの職種であれば、人生経験を活かして活躍できるかと思います。

とはいえ、60代の転職は難しいです。管理部門は募集枠が少ないので運とタイミングで転職成功は左右されます。ですから、チャンスを逃さないようにしましょう。

60代ならではの皆さんの活躍を楽しみにしております!

60代が利用できる転職サービス

まるすけ社長
まるすけ社長

60歳以上の方が利用できる転職エージェントサービスは非常に少ないです。転職サポートをしてくれる無料のサービスをいくつかピックアップしてみましたのでご参考ください。

 

【最新】2024年05月16日
オススメ転職エージェント