本ページはプロモーションが含まれています

美容師を辞めて後悔してる人!←転職メリットを伝えたい

長時間労働、少ない手取り、少ない休日
3年で離職してしまう人が多い美容師…
続けたくないなら転職もアリ。

美容師で鍛えられた
世代関係なく話せるトークスキル
提案通りに仕上げられる力、常に流行を捉えられる敏感さは
必ず他の業種でも活かすことができる!

美容アドバイザー、美容ディーラー、美容学校の講師など
多くの転職先がある!

美容師からの転職は難しくない!

転職できたら
福利厚生も良くなって
給料も上がって
労働時間も減って

もう転職しない理由が無いよね。

不安なのはわかる
でも行動しない限りは不安は消えない

悩んでるならやってみようよ
転職は簡単!

!★一番最後に書こう★!【バラ色の未来】
(文章で執筆:そして、↑のボックスについて分かった人に訪れる”バラ色の未来”を描く。スマホで読みやすいように縦長にして、超わかりやすく、ひらがな多めで伝える。「お金」「時間」「家族」「恋愛」の視点から描けると最高)

年収500万円に達成していない方へ
応募から転職まであなた専任のサポーターが
マンツーマンで転職をサポートしてくれます
普通の求人サイトで仕事を探すより簡単で
あなたの希望条件に沿った転職が実現できます

美容師を辞めたこと後悔してるの?←経験を活かそう

美容師として働いた経験は、さまざまな職種で価値があります。もし美容師を辞めたことに後悔があるなら、そのスキルを別のフィールドで活かすチャンスを見つけましょう。

美容師の転職先は美容メーカー、美容学校、ネイリスト、アパレルショップなどがあるよ!

(参考:美容師からの転職!おすすめの職種と志望動機の例文も大公開!)

異業種で活かせる美容師のスキル

美容師の仕事は、単に髪を切ること以上のスキルを要求されます。コミュニケーション能力、トレンドへの敏感さ、顧客の要望を形にする能力など、これらは多くの職種で強みとなります。

仕事中のトークスキルは今後の転職でも特に武器になるよね!

①どんな世代とも世間話できる←営業接客に強い

美容師は様々な年代の人とコミュニケーションを取るため、営業や接客業でその能力を生かすことができます。人と話すのが得意なら、このスキルが大きな武器になります。

お得意のトークスキルでいろんなお仕事のことまで聞けちゃったり!

転職エージェントを使ってみたい

編集部
編集部

どれ使えばいいの?
とりあえず転職エージェント登録らしいけど

編集部
編集部

年齢制限で断られた…

編集部
編集部

お給料とか休み
増えるか不安…

そもそもやりたいことない
とりあえず会社辞めたい

無料dodaなら解決できます

転職エージェント業界大手のdoda年齢・学歴・職歴一切不問で、転職カウンセリングや書類作成サポート、応募手続き代行から入社後のアフターフォローまで完全無料で受けられます。さらに、応募するときは企業への推薦状まで用意してくれるので、あなたの特性を最大に活かしてくれます。

②要望、提案通りに仕上げる←アドバイザーの素質あり

顧客の要望を正確に理解し、満足のいく結果を提供する能力は、コンサルタントやアドバイザーとしても役立ちます。人の要望に応え、アドバイスを提供することで価値を生み出すことができます。

要望通りのヘアスタイルにする細かさ丁寧さが他の職種にも活かせられる!

③ジャンル問わずトレンドを仕入れる←バイヤー向き

流行に敏感であることは、ファッションや小売業のバイヤーにとって重要な資質です。美容師としての経験を活かして、トレンドを見極める仕事に挑戦するのも良いでしょう。

体験談や知識を聞けることはネットの情報より確実性があるよ!

美容師って歳とってもやれるの?←3年離職が多い

美容師は身体的、精神的に要求される職業であり、業界内での3年以内の離職率が高いことが知られています。歳を重ねても続けることは可能ですが、キャリアの途中で異業種への転職を考える人も少なくありません。

3年以内だとほとんどの人はまだ20代のため転職はしやすい!

異業種に転職する理由←メリット多数

美容師から異業種へ転職を考える理由は様々ですが、その多くには明確なメリットが存在します。

労働時間、ワークライフバランス、給料が良くなることが多いよ!

①平均年収320万は少なすぎる…←年収アップ

美容師の平均年収は320万円程度と言われており、経験を積んでも収入が大きく上がりにくい傾向にあります。異業種への転職は、年収アップを目指す有効な手段です。

雇われ美容師の内はどうしても給与が低くなってしまいます。

②給料の割に働きすぎ問題←残業時間が減る

長時間労働が常態化している美容業界では、給与と働きすぎのバランスが取れていないと感じる人も多いです。転職により、残業時間が減り、ワークライフバランスが改善される可能性があります。

空いた時間で副業に挑戦してみるのもいいかも!

③福利厚生が不十分すぎる…←厚生年金に加入できる

美容師として働く中で、福利厚生の不十分さを感じることもあります。特に個人経営のサロンでは、厚生年金の加入が難しい場合も。異業種への転職は、福利厚生が整った職場を見つける機会になります。

働き方、少ない休日、少ない給与……とても大変だね。

④立ちっぱなしで辛い…←体力面の不安解消

美容師は立ち仕事が基本で、長時間の立ちっぱなしは体への負担が大きいです。転職により、体力的な負担が少ない職種を選ぶことができ、長期的な健康維持につながります。

⑤友人と予定が合わない…←土日祝に休むことも

美容師は土日や祝日も働くことが多く、プライベートの時間が取りにくい職業です。異業種に転職することで、週末や祝日に休める職場を選ぶことが可能になり、友人や家族との時間を大切にできます。

ワークライフバランスがしっかりしていると日々の充実さも大きく変わってくる!

美容師からの転職は選択肢が多い!←3ジョブ紹介

美容師としての経験は、他業種でも非常に価値が高いです。美容師から異業種へ転職を考える際、以下のような職種が選択肢として挙げられます。

①美容アドバイザー

美容アドバイザーは、お客様の肌の悩みを聞き、最適な化粧品を提案するプロフェッショナルです。化粧品は多くの女性にとって欠かせないものであるため、この職は将来的にも安定して長く働ける可能性が高いです。

お客様とのトークで培ったスキルが十分に活かせるね!

【更新】2024年04月17日
1分で分かる人気転職エージェントBEST10【実績・評判】

お客様の悩みを聞きアドバイスする化粧品販売のプロ

化粧品の知識だけでなく、コミュニケーション能力が求められます。美容師の経験が生きる職業です。

化粧品は女性の必需品だから将来が安心←長く働ける

化粧品業界は常に新しいトレンドが生まれるため、学び続ける姿勢も大切です。

新しい情報で刺激があるから働き続けても飽きることが無い!

②美容ディーラー

美容ディーラーは、美容室に必要な商品を提供するメーカーと美容室の間をつなぐ仲介人です。この仕事では、営業スキルと接客スキルが鍛えられ、他業種でも通用するスキルを身につけることができます。

美容室にシャンプーやハサミなどを卸すメーカーとの仲介人

美容業界の知識が活かせる仕事で、新しい商品の情報をいち早くキャッチすることができます。

実際に道具を使用したことがある美容師が一番詳しく説明できる!

営業×接客のスキルが身に付いて他業種でも食べていける

多様なスキルが身につくため、将来的なキャリアの選択肢が広がります。

もしかしたらディーラーの仕事はなくなるかも…

しかし、デジタル化の進展により、業界の変化に柔軟に対応する必要があります。

③美容学校の講師

未来の美容師を育成する美容学校の講師も、美容師の経験を活かせる職業です。教える喜びと共に、安定した働き口を見つけることができます。

実際に美容師をやってみての体験談を交えてより詳しい講義をすることが可能!

未来の美容師を育てる専門学校の先生

美容師としての実務経験を生かし、次世代の美容師に知識と技術を伝えます。

私学共済保険に加入できるから安心して働ける

公的な保険制度に加入できるため、福利厚生面での安心感も得られます。

労働時間も働き方も美容師をやっているときよりも良くなる!

【まとめ】美容師を辞めたこと後悔してる?経験を活かして転職しよう

美容師を辞めたことに後悔を感じている人もいるかもしれませんが、美容師としての経験は多くの職種で価値があります。例えば、美容アドバイザー、美容ディーラー、美容学校の講師など、美容師のスキルを活かして活躍できる職場はたくさんあります。これらの仕事では、人と話す能力や最新のトレンドを追いかける好奇心、顧客のニーズを満たす提案力が強みになります。美容師として培った経験を生かし、新たなキャリアを築くことができるのです。転職は新しい可能性への扉を開く一歩。自分の能力と経験を信じて、次のステップに踏み出しましょう。

美容師からの異業種への転職は難しくない!今すぐ転職!

【最新】2024年04月17日
オススメ転職エージェント