本ページはプロモーションが含まれています

男性が女性に求める年収は?結論をお伝えします。

男性が女性に求める年収は500万
女性が男性に求める年収と同じ
男性も女性にある程度のお金を
求めるようになりました。

足切りラインは最低年収400万円
その結果日本人の4人に1人が
今の年収だと求められている年収にいけず
生涯独身で生きているそうです。

男性が女性と結婚するのにも
女性が男性と結婚するのにも
年収500万円ほど必要になりますが、
転職することで安定したお金や
しあわせな結婚生活を過ごす
ことができます!

恋人とのデートは客船デートでも
恋人を喜ばせることができたり、
おしゃれにワイン片手に、
広い家で家族と過ごしてみたり
するのも良いかもしれませんね!

年収500万円に達成していない方へ
応募から転職まであなた専任のサポーターが
マンツーマンで転職をサポートしてくれます
普通の求人サイトで仕事を探すより簡単で
あなたの希望条件に沿った転職が実現できます

  1. 男性が女性に求める年収【500万】
    1. 女性が男性に求める年収と同じ
      1. 理由は、男女平等だから
      2. 男も女も支えられたいのは一緒
  2. “男性が女性に求める年収”を知る前にまず日本全体の平均年収を知ろう
    1. 日本の正社員である給与所得者の平均年収は523万円
    2. 男女別の正社員の平均年収は、男性583万円、女性406万円
    3. 国税庁の最新データによると日本全体の平均年収は458万円
    4. 非正規やパート・アルバイトを含めた平均年収は「458万円」だった
  3. 日本の正社員の年収中央値は350万円
    1. 男女別の平均年収は男性449万円、女性347万円
    2. 男女別の年収の中央値は男性400万円、女性303万円
  4. 平均値はすべての数字の合計を均等に分けたときの数値
    1. 中央値はすべての数字を小さい順と大きい順に並べて真ん中にくる境界値
    2. 年収の相場が知りたい時は中央値を見るべきだと言われているよ
  5. 結婚相手に求める最低年収、男女の平均は「462万円」
    1. 男性→女性に求める最低年収、平均373万円、中央値300万円
    2. 女性→男性に求める最低年収、平均550万円、中央値500万円
    3. 「最低年収400万円」が男女とも結婚相手に求める“足切りライン”か
  6. 生涯未婚率は20年の国勢調査で男性が28・3%、女性が17・8%
    1. リアルタイムで日本人の4人に1人、6人に1人が生涯独身つらぬく
    2. そりゃ男女ともに今の自分の年収だと結婚あきらめるしかないよね
    3. 安月給で結婚して子育てしてなんて罰ゲーム以外の何物でもない
    4. ぶっちゃけ男性が女性の年収を重視する人ってそんないない事実
    5. 一方で女性が高年収を公開すると完全なるヒモ男だけ群がる事実
    6. 女性は社会的に自立進んできたけど結婚はしたいという人が多数な事実
    7. 残るのは4人に1人の男がいま現在生涯独身であるという残酷な事実
    8. やはりすべての元凶は低年収にあるのが結論と言わざるを得ない
  7. 職種別の年収中央値の1位は「医師」で855万円
    1. 医師には転職してもいますぐは絶対なれない職業だから参考ならん
    2. ちなみに2位が運用(ファンドマネジャー/ディーラー)で710万円
    3. 3位が投資銀行業務で700万円、4位がMR(営業系)で650万円
  8. 業種別の年収中央値の1位は「たばこ」業界で700万円
    1. 2位は「投信/投資顧問」で600万円
    2. 3位は「医薬品メーカー」で550万円
      1. 職種よりも業界次第で稼げる年収は相当変わってくるんだね
      2. やりたい仕事は稼げる業界に入ってからやれる部署にいけばいいよね
  9. まとめ←男性が女性に求める年収は、女性が男性に求める年収と一致

男性が女性に求める年収【500万】

男性と女性が互いに相手に求める年収が「500万円」となる現象は、男女平等の考え方が背景にあります。

男性と女性とじゃ考え方が違うっていうものね!

女性が男性に求める年収と同じ

これまで女性が男性に経済力を求めることが多かったのに対し、今では男性も女性に同等の経済力を求めるようになりました。

時代は共働きの時代になってきて妻にも少し働いてもらってるよ。

理由は、男女平等だから

男女平等の観点から、経済的責任は男性だけでなく女性にも平等に求められるようになっています。これは社会の変化を反映しています。

ジェンダーも問題になってきてる今、皆と同じ扱いじゃないと批判の嵐よ

男も女も支えられたいのは一緒

経済的な支えだけでなく、感情的な支えを求めることも男女共通です。お互いに支え合うことで、より充実した関係を築くことができるでしょう。

どっちかが頼りっきりなのは、やっぱりいい関係とは言えないよね。

“男性が女性に求める年収”を知る前にまず日本全体の平均年収を知ろう

結婚を考える際、相手に求める年収が話題になることがあります。しかし、その議論をする前に、日本の平均年収を理解することが重要です。

日本の正社員である給与所得者の平均年収は523万円

これは正社員として働く多くの人の年収です。この数字は経済状況を反映しており、職種や地域によって差があります。

平均年収くらい稼げていれば、普通の生活は難なくできそうだよね。

男女別の正社員の平均年収は、男性583万円、女性406万円

男性と女性の間には明確な年収差が存在します。これは、性別による職場での役割や機会の違いを示しています。

国税庁の最新データによると日本全体の平均年収は458万円

非正規雇用者やパート・アルバイトを含めると、日本全体の平均年収は458万円となります。この数字は、日本の労働市場の多様性を表しています。

それでも400万円台にはのっているのがすごいかも!

非正規やパート・アルバイトを含めた平均年収は「458万円」だった

すべての雇用形態を考慮に入れた場合の平均年収も458万円です。結婚相手に求める年収を考える時、これらのデータを基に現実的な目標を設定することが大切です。

日本の正社員の年収中央値は350万円

日本における正社員の収入について見ると、年収の中央値は350万円となっています。これは、全正社員の収入を中央で分けた時の値です。

半分くらいがこのくらいなのね…すごくわかりやすいわね。

男女別の平均年収は男性449万円、女性347万円

男性と女性の平均年収を見ると、男性は449万円、女性は347万円となっており、男性の方が平均的に高い収入を得ています。

男女別の年収の中央値は男性400万円、女性303万円

年収の中央値に着目すると、男性は400万円、女性は303万円です。これもまた、男性が女性よりも高い収入を得ていることを示しています。

男性は力仕事が得意だからっていうのもありそうだよね!

平均値はすべての数字の合計を均等に分けたときの数値

平均値は、全てのデータの合計をデータの個数で割った値です。これにより、データセット全体の「平均的な」状況を把握できます。

中央値はすべての数字を小さい順と大きい順に並べて真ん中にくる境界値

中央値は、データを小さい順に並べたときに、真ん中に位置する値です。これはデータセットの極端な値の影響を受けにくいため、より実態を反映していると考えられます。

年収の相場が知りたい時は中央値を見るべきだと言われているよ

年収の相場を知りたい場合、中央値を見ることが推奨されます。平均値に比べて、中央値は高収入者や低収入者の極端な影響を受けにくいため、一般的な労働者の年収をより正確に反映しています。これにより、現実に即した年収の見積もりが可能となります。

大きすぎる目標値設定は心が折れてしまう原因にもなるからね…

結婚相手に求める最低年収、男女の平均は「462万円」

結婚を考える際、相手に求める年収は重要な要素の一つです。この平均値は、男女共に考慮される経済的な基準を示しています。

男性→女性に求める最低年収、平均373万円、中央値300万円

男性が女性に求める最低年収は平均で373万円、中央値で300万円となっています。これは、男性が結婚相手に対して経済的な期待をある程度抱いていることを示していますが、女性が男性に求める年収に比べると低めです。

女性→男性に求める最低年収、平均550万円、中央値500万円

一方、女性が男性に求める最低年収は平均で550万円、中央値で500万円と、男性が女性に求める年収よりも高いです。これは、経済的安定を結婚生活における重要な要素とみなしている女性が多いことを反映しています。

やっぱり結婚生活送るならちょっとの贅沢と安定が欲しいの!

「最低年収400万円」が男女とも結婚相手に求める“足切りライン”か

男女ともに、結婚相手に求める年収の“足切りライン”として400万円が一つの基準となっている可能性があります。この数字は、結婚相手に期待する経済的な安定感を示しており、現代の結婚観における一つの指標と言えるでしょう。

転職エージェントを使ってみたい

編集部
編集部

どれ使えばいいの?
とりあえず転職エージェント登録らしいけど

編集部
編集部

年齢制限で断られた…

編集部
編集部

お給料とか休み
増えるか不安…

そもそもやりたいことない
とりあえず会社辞めたい

無料dodaなら解決できます

転職エージェント業界大手のdoda年齢・学歴・職歴一切不問で、転職カウンセリングや書類作成サポート、応募手続き代行から入社後のアフターフォローまで完全無料で受けられます。さらに、応募するときは企業への推薦状まで用意してくれるので、あなたの特性を最大に活かしてくれます。

生涯未婚率は20年の国勢調査で男性が28・3%、女性が17・8%

日本での生涯未婚率は、男性が約4人に1人、女性が約6人に1人という高い数字を記録しています。これは、結婚を取り巻く環境が厳しいことを示しています。

いい女性を見つけても結婚まで行くのが難しそうってことがわかるね…

リアルタイムで日本人の4人に1人、6人に1人が生涯独身つらぬく

このデータは、日本社会の結婚観や生活スタイルの多様化を反映しています。結婚への価値観が変わりつつある現代の状況を示しています。

そりゃ男女ともに今の自分の年収だと結婚あきらめるしかないよね

経済的な理由から結婚を諦める人が増えています。特に年収が結婚の大きなハードルとなっていることがうかがえます。

乗り越えていけるパートナーを選べば大丈夫!

安月給で結婚して子育てしてなんて罰ゲーム以外の何物でもない

経済的に厳しい状況での結婚や子育ては、大きな負担となります。安定した収入がなければ、家庭を持つことへの不安が増大します。

ぶっちゃけ男性が女性の年収を重視する人ってそんないない事実

多くの男性は、結婚相手の女性に高い年収を求めていない現実があります。これは、従来の男女の役割観に基づくものです。

一方で女性が高年収を公開すると完全なるヒモ男だけ群がる事実

高収入の女性がヒモ男性に狙われるという現象もあり、これは女性の経済的自立が進む中での新たな問題となっています。

女性は社会的に自立進んできたけど結婚はしたいという人が多数な事実

女性の社会進出やキャリア形成が進む一方で、多くの女性が結婚を望んでいるというのが現状です。これは、仕事と家庭の両立に対する願望を示しています。

やっぱり人として生涯独り身は寂しいから、そばにいてくれる人が欲しくなるよね

残るのは4人に1人の男がいま現在生涯独身であるという残酷な事実

生涯未婚の男性が多いというのは、社会的な課題とも言えます。これは、結婚に対する男性の価値観や経済状況が影響していると考えられます。

やはりすべての元凶は低年収にあるのが結論と言わざるを得ない

結婚を取り巻くさまざまな問題の根底には、低年収という経済的な要因があります。経済的な安定が結婚や家庭生活の基盤となるため、収入の向上が重要な課題となっています。

お金はどうしてもかかってくるから安定してる人を選びたいよな…

職種別の年収中央値の1位は「医師」で855万円

日本において、医師の年収は非常に高い水準にあります。これは、長年の専門教育と厳しい資格要件が背景にあるため、簡単に転職できる職業ではありません。

医師には転職してもいますぐは絶対なれない職業だから参考ならん

医師という職業は、特別な訓練と資格が必要であるため、他の業界から簡単に移ることはできません。そのため、他の職種を考える際の直接的な参考にはなりにくいです。

ちなみに2位が運用(ファンドマネジャー/ディーラー)で710万円

運用業界の職種では、ファンドマネジャーやディーラーが高い年収を得ています。これは、金融市場の専門知識と経験が高く評価されるためです。

3位が投資銀行業務で700万円、4位がMR(営業系)で650万円

投資銀行業務や医薬品業界のMR(医薬品情報担当者)も高収入の職種として挙げられます。これらの職種は、専門性と高いスキルが求められるため、年収が高くなる傾向にあります。

やっぱ銀行員だよね~お金の計算も得意そうだし!

業種別の年収中央値の1位は「たばこ」業界で700万円

たばこ業界は、高い利益率と安定した市場需要に支えられ、業界全体で高い年収を実現しています。そのため、年収中央値が700万円と非常に高くなっています。

2位は「投信/投資顧問」で600万円

金融業界の一翼を担う投信や投資顧問業界も、専門性が高く、高年収が期待できる業界です。年収中央値が600万円となっており、専門知識を活かした高収入を目指せます。

3位は「医薬品メーカー」で550万円

医薬品メーカーは、研究開発や医薬品の販売に関わる専門職が多く、高度な知識と技術が求められるため、年収中央値が550万円となっています。医薬品業界の成長とともに、安定した高収入を望むことができます。

医療に関わる業界はなくなることがないから、今後にも期待できるよね!

職種よりも業界次第で稼げる年収は相当変わってくるんだね

業界によって求められるスキルセットや市場の動向が異なるため、同じ職種でも業界によって年収が大きく変わることがあります。そのため、高収入を目指す場合は業界選びが重要になってきます。

やりたい仕事は稼げる業界に入ってからやれる部署にいけばいいよね

自分がやりたい仕事を見つける上で、まずは高収入が期待できる業界に入ることが一つの戦略となり得ます。業界内でのキャリアアップや部署間の移動を通じて、最終的に希望する職種や仕事内容に近づいていくことが可能です。高収入とやりがいの両方を追求するには、業界選びとその中でのキャリアパスの構築が鍵となります。

まとめ←男性が女性に求める年収は、女性が男性に求める年収と一致

男性が女性に求める年収と、女性が男性に求める年収は同じであるという現状が浮かび上がっています。

まずは年収500万円をどう達成するか考えてみることから始めよう!

【最新】2024年04月21日
オススメ転職エージェント