プロモーションが含まれております

行政書士をやめたい人に贈る考えかた

行政書士をやめたいと思ったきっかけとして
人数そうかしてきたことや、
AIに仕事を取られてしまうという不安、
書類作成の多さにストレスを
感じることも関連してきています。

行政書士にこだわらなくても、
受かるレベルの頭脳があれば、
宅建の仕事や、FPの仕事、
公認会計士になることも
出来ると思うので、
転職も視野に入れてみましょう。

書類づくりに慣れているなら、
事務などの職業にも簡単に転職
できるはずで、
次のキャリアもある程度、
選び放題です。

そのためには今は準備期間として、
資格の勉強などを進めておくと、
収入も下がるどころか上がるのに、
ストレスの少ない仕事に
つけると思います!

行政書士:川又友彰

かい行政書士事務所 代表行政書士。日本行政書士会連合会 第21080673号。日本最大級1700人規模のLINE重要書類作成サービスを運営。他、建設業許可・入管・風営法許認可。

まるすけ社長をフォローする

年収500万円が目指せる
無料の転職サイトはdoda

行政書士をやめたいと考えたきっかけ

行政書士としての仕事に疑問を持ち始めたのには、いくつかの理由があります。

行政書士って頭使いそうな仕事だからこそ想像がつかない苦労がありそう…

行政書士の人数増加←自分が不要に思えてきた

行政書士の数が増え続ける中で、自分の存在価値に疑問を持つようになりました。競争が激化し、自分が不要に思えてきたのです。

行政書士って増えてるの!?未だに何に関わってるのかわからないんだけど

転職エージェントを使ってみたい

編集部
編集部

どれ使えばいいの?
とりあえず転職エージェント登録らしいけど

編集部
編集部

年齢制限で断られた…

編集部
編集部

お給料とか休み
増えるか不安…

そもそもやりたいことない
とりあえず会社辞めたい

無料dodaなら解決できます

転職エージェント業界大手のdoda年齢・学歴・職歴一切不問で、転職カウンセリングや書類作成サポート、応募手続き代行から入社後のアフターフォローまで完全無料で受けられます。さらに、応募するときは企業への推薦状まで用意してくれるので、あなたの特性を最大に活かしてくれます。

将来AIに仕事を取られる危機感

技術の進化とともに、AIが書類作成などの業務を代行する日が来るかもしれないという危機感を感じ始めました。将来性に不安を覚えるようになりました。

最近はAIが議事録を自動で作ってくれるみたいだもんね。

書類作成しすぎてハゲ化進行(した気がする)

日々の書類作成のストレスが原因で、髪の毛が薄くなってきたように感じるほど、仕事のプレッシャーを強く感じています。

曖昧な書類を作ってはいけないところに、さらにストレス感じそう

行政書士をやめたいのは当然、だからやめていい

行政書士としてのキャリアに疑問を感じることは自然なことです。多くの専門職が存在する中で、自分に合った道を探求することが重要です。

行政書士にこだわる意味ある?

行政書士の職に未来を感じられない、または他に興味がある分野が見つかった場合、転職を考えるのは理にかなっています。自分のスキルや興味を生かせる仕事を見つけることが大切です。

【更新】2024年06月18日
1分で分かる人気転職エージェントBEST10【実績・評判】

行政書士に受かるレベルの人におすすめできる別の資格

かなり頭良さそうだからなんでも受かるよ、きっと

宅建←独占業務あり

宅地建物取引士(宅建)は、不動産取引を専門とする独占業務を持っています。この資格は、不動産業界で幅広く活用できます。

不動産なら年収も高そうだし、融通も利きそうな印象ある!

ファイナンシャルプランナー(FP)

ファイナンシャルプランナーは、個人の資産管理やライフプランニングを支援します。金融知識を活かして、多くの人の生活を支える仕事です。

公認会計士←行政書士+税理士

公認会計士は、会計監査や財務アドバイスを行う高度な専門職です。行政書士と税理士の知識があれば、さらに上のレベルの資格を目指すことができます。

最上級に近い存在になれるかもしれないね!

まとめ←行政書士やめたいなら、他の仕事もありなのでは?

行政書士をやめたいと考えるのは、自分に合った仕事を見つけるための第一歩です。行政書士の資格を持つ能力があれば、宅建士やファイナンシャルプランナー、公認会計士など、他の専門職にも挑戦できる可能性が高いです。これらの資格はそれぞれ独占業務があり、専門性の高いキャリアを築くことができます。

行政書士になれた実績があるだけでもすごいんだよ!自信もって次に進もう!

【最新】2024年06月18日
オススメ転職エージェント