本ページはプロモーションが含まれています

胚培養士の年収は高い?低い?医療業界で比較すると…

ばい…ばいようし…?

はいばいようしって読むらしいよ!

男性の人には直接関わってないから知ってる人も少ないかも!


医療業界には様々な職種がありますが、その中でも胚培養士という職業はどれほどの年収を得ているのでしょうか?興味深いことに、胚培養士の年収は看護師や臨床検査技師と大差ないと言われています。しかし、それが高いのか低いのか、他の医療職と比較してどうなのでしょうか?

[kjk_ab id="3"]

胚培養士の年収は高い?低い?←医療業界内のポジション

胚培養士の年収、気になる金額は一体どのくらいなのでしょうか?実は、この職業の平均年収は300万円から500万円とされています。これは、他の医療職に比べてどうなのでしょうか?例えば、産婦人科医の年収は約1428.9万円と言われており、これに比べると胚培養士の年収はかなり低めです。しかし、普通のサラリーマンに比べれば、それでも十分高額ではないでしょうか?

産婦人科医の年収高すぎ!

胚培養士の平均年収は300~500万円←看護師、臨床検査技師と同程度

では、他の医療職と比較してどうでしょう?実は、看護師の年収も平均しておよそ508.1万円、臨床検査技師の年収も508.9万円と、胚培養士とほぼ同じ水準です。これらの職業も、専門性の高い技術と知識が求められるため、その報酬もそれなりに高いのですね。しかし、医療業界の中でも特に高い年収を得ている産婦人科医と比べると、やはり差は感じられます。一体、この差は何なのでしょうか?

産婦人科医の年収は1428.9万円←普通のサラリーマンとかできない(笑)

他の職業の年収と比較

産婦人科医の年収は1428万円ですが、サラリーマンの平均年収は約441万円です。

それに比べて、300万円から500万円ほどの胚培養士はサラリーマンよりは年収があるとは言えど、スキルがなければ、年収を上げることができません。
胚培養士の仕事は決して楽な仕事ではないので、サラリーマンと同じくらいの年収だと割に合わないと思ってしまう人も少ないと思っています。

看護師の年収は508.1万円

医者とその他の医療系の職とじゃ全然桁が違うんだね…

臨床検査技師の年収は508.9万円

臨床検査技師も調べる職だけど、胚培養士より気持ち年収が高めなんだね!

世間全体と比べても同程度←世間全体の平均年収は458万円

さらに、興味深いのは世間全体の平均年収との比較です。日本全体での平均年収は約458万円と言われています。これを考えると、胚培養士の年収は決して低いわけではなく、むしろ一般的な水準を保っていることがわかります。ただし、医療業界内では、特に専門性の高い職種ほど高い報酬を得る傾向にありますね。それでは、胚培養士はどのような役割を担っているのでしょうか?そして、その役割が報酬にどう反映されているのか、さらに掘り下げてみましょう!

検査を1回で済ませることができるエンドメトリオ検査が成功例の1つだよね!

胚培養士が収入を上げるには?給与アップの方法5選

胚培養士の年収は、他の医療職と比べて平均的ですが、もっと収入を上げたいと考えている方も多いでしょう。では、どうすれば胚培養士の収入を上げることができるのでしょうか?実は、さまざまな方法があります!ここでは、給与アップのための5つの方法を紹介します。

胚培養士の未来について

日本の少子化が進む中、不妊で悩んでいる人も多くいると思うので、いつになっても需要のある仕事だと思います。

①給与交渉

まず最初に考えられるのは、やはり給与交渉です。実は、給与交渉を行うことで、年収をアップさせることが可能です。しかし、これには正しいアプローチと戦略が必要です。自分のスキルや貢献度をしっかりと評価してもらい、それに見合った給与を求めることが重要です。ただし、交渉には自信と根拠が必要ですね!

譲れない部分は譲らない!

給料は生活するのに必要になってくるお金です。妥協をしないようにしましょう。

②認定資格を取得

次に、自分の専門性を高めるために、認定資格を取得する方法があります。特定の技術や知識を証明する資格を持つことで、より高い給与を交渉する材料になります。さらに、資格を持つことで、より多くの職場からのオファーが期待できます。

胚培養士の資格を取るには?

胚培養士には「生殖補助医療胚培養士」と「認定臨床エンブリオロジスト」の2種類の資格があり、どちらも開催元が違うので、試験方式や問題が違ってきます。

認定臨床エンブリオロジストは限られた人の見にしか公表されておらず、情報を上げることができませんが生殖補助医療胚培養士の方なら毎月4月末に試験が開催されていることがわかっています。

③現場経験を積みスキルアップ

現場経験を積むことも、給与アップへの近道です。経験を積むことで、さまざまな状況に対応できるスキルが身につきます。これは、自分自身の価値を高めることに直結します。経験豊富な胚培養士は、より高い給与を得ることが可能です。

スキルが身に付きやすい医療業界

スキルを身につけていけば、評価される可能性が高い医療業界は向上心を高めやすく、成長もしやすいですね。

④同業種間で転職

同業種間での転職も一つの手です。異なる施設や病院に移ることで、新しい機会やより高い給与を得られる可能性があります。転職市場では、経験豊かな専門職が高く評価される傾向にあります。

産婦人科から小児科に移るのもスキルアップになるかな!?

⑤他の業種に転職←専門知識が活かせる医療専門ライターは稼げるらしい!?

最後に、全く異なる業種への転職を考えるのも一つの方法です。例えば、医療専門ライターとしてのキャリアを築くことも可能です。専門知識を活かして、医療関連の記事や資料を作成することで、意外と高い収入を得ることができるかもしれません。医療の専門知識は、他の多くの分野でも重宝されるため、新たな収入源として大いに期待が持てます!

胚培養士に関する最新情報

現在は保険適用となった不妊治療を利用し、体外受精で授かる人が多いようです。

その背景には胚培養士の活躍があり、繊細かつ素早い仕事力のおかげで不妊治療に成功する人が多くなっていることもわかりました。

もっとも妊娠率が低い日本での胚培養士の需要はこれからも高まっていくと思います。

胚培養士の未来は明るい!←将来的に 胚培養士の需要は高まる!

胚培養士の職業は、実は将来的に非常に明るい展望を持っています。その理由の一つが、2022年4月に不妊治療が保険適用となったことです。この変更により、これまで高額な費用がネックとなっていた不妊治療がより手軽に受けられるようになりました。これは、胚培養士にとって非常に大きなニュースです。なぜなら、これによって不妊治療を希望するカップルが増え、胚培養士の需要が高まることが予想されるからです。

不妊治療の保険適用について

以前では高額だった不妊治療も近年、保険が適用され治療費が3割負担になりました。

一般不妊治療では「タイミング法」や「人工授精」
生殖補助医療では「体外受精」や「顕微授精」や「男性不妊の手術」

などが例に挙げられます。
男性も女性も保険適用されるのはかなり嬉しいですね。

2022年4月に不妊治療が保険適用に

この保険適用は、胚培養士にとって非常に重要な変化をもたらします。保険適用により、不妊治療を受けるハードルが下がるため、多くの夫婦が治療を受けることが可能になります。これによって、胚培養士の仕事量も増え、彼らの役割がさらに重要になると考えられます。

俺も奥さんに一緒に受けようって提案してみよっと!

ART「高度生殖補助医療」による出生児数は増加傾向

さらに、ART(高度生殖補助医療)による出生児数が増加傾向にあることも、胚培養士にとっては良いニュースです。これは、高度な技術と知識を持つ胚培養士の需要が高まることを意味しています。技術の進歩とともに、胚培養士のスキルがより重要視され、その専門性が高く評価されるようになるでしょう。

昔じゃARTがあることによって子供が生まれることって考えられなかったよね!

まとめ←胚培養士の年収は医療業界では高くないけど、将来的に勝てる業種!

胚培養士の年収は、現時点では他の医療職と比較しても平均的な水準にあります。しかし、保険適用の拡大やARTの発展により、不妊治療を求める人々が増えていく中で、胚培養士の需要は間違いなく高まっていきます。これは、将来的に胚培養士がより良い報酬を得る機会が増えることを意味しています。

医療事業の発展のおかげだね!

これからは胚培養士の時代!←ぼろ儲けも夢じゃない!?

胚培養士の役割と専門性が今後ますます重要になることは間違いありません。技術の進歩と社会的な需要の増加に伴い、彼らの報酬も上昇する可能性が高いです。これからの胚培養士は、ただの医療職ではなく、多くの家族に希望を与える重要な役割を担う存在です。まさに、胚培養士の時代が到来するかもしれませんね!これからの展望に期待大です!

不妊に悩んでいる人たちの手助けになれる仕事、かっこいいね!

(スポンサーPR
2024.02.11更新:
🆕最新の社会人サービス

お金をかけずにITエンジニアになれる。
一生使えるスキルを習得。

20代女性
20代女性

化粧品販売員からWebエンジニアになって在宅ワーク

無料説明会の詳細はこちら>>ラクスパートナーズ


内定獲得率80.4%
最短2週間で正社員の内定獲得

コンビニバイトからゲーム会社の正社員

無料カウンセリングの詳細はこちら>>ハタラクティブ


アクセンチュア、デロイト…など
年収数千万のコンサルタント。

営業からコンサルタントに

無料カウンセリングの詳細はこちら>>アクシスコンサルティング


※上記、広告掲載期間終了次第非表示となります