本ページはプロモーションが含まれています

自衛隊の再就職は難しい←どこに就職してる?【厳しい悲惨な末路になる前に】

自衛隊の再就職のリアル←どこに就職してる?【厳しい悲惨な末路になる前に】 自衛隊から転職

「自衛隊 再就職」と検索すると下の候補には

  • 「自衛隊 再就職 厳しい」
  • 「自衛隊 再就職 規制」

なんか出てきてドキッとしたんじゃないでしょうか?めちゃくちゃ怖いですよね。

ですが、安心してください!

この記事では「不安だなぁ…」と思う方に向けて、なぜ自衛隊の就職が厳しいのかの解説と、自衛隊向けの転職サービスも紹介します。

この記事を読んだ後にはきっと、玄関で靴ひもを結んでる自分が待ってます!

  1. 自衛隊員の再就職規制とは?
    1. 再就職規制の具体的な内容
  2. 自衛隊が再就職するのは難しくない
    1. 理由①メンタルが強い人材は採用されやすい
    2. 理由②経歴がはっきりしている
    3. 理由③不動産・営業業界は元自衛官募集をしているところもある
  3. 再就職のポイントは?
    1. ①就職エージェントに仕事探しをサポートしてもらう
    2. ②明確に稼ぎたい年収を決める
    3. ③志望業種を間違えない
      1. 不動産業界は優遇されやすい
      2. IT営業関連も優遇されやすい
  4. 再就職の透明性の確保
    1. 再就職情報の届出
  5. 自衛官が退職して再就職する理由は?
    1. ①肉体・精神的に辛い
    2. ②もっと高収入が得たい
    3. ③家族との時間を確保したい
    4. ④任期満了
    5. ⑤将来への不安
  6. 任期制自衛官の場合は再就職支援もあるものの…
    1. 無料で資格が取得できるものの…就活では使えない
    2. 大手優良企業の求人はなかなか見つからない
  7. 再就職の監視体制
    1. 再就職の違反行為と罰則
  8. 自衛隊に再就職のサポートってあるの?
      1. 自衛隊の再就職のリアル←どこに就職してる?【厳しい悲惨な末路になる前に】再就職先の選び方
  9. まとめ←自衛隊の再就職は面倒だけど人生のビッグイベント!
  10. 自衛隊が再就職するのは難しい?←違う
    1. 自衛隊で培われたスキルはビジネスでも活用できる
      1. 候補生であっても問題ない
      2. まずはオンラインで就職相談ができるエージェントを活用しましょう

自衛隊員の再就職規制とは?

自衛隊員の再就職規制とは?

自衛隊員の再就職に関する規制は、公務の公正性を保持し、国民からの信頼を確保するために導入されたものです。具体的には、自衛隊員やOBが遵守しなければならない法律上のルールとして位置づけられています。この規制は、一般職の国家公務員と同様のものが平成27年10月1日から適用されています。

自衛隊員やOBが遵守しなければならない法律上のルールとして

  • 現在働いている隊員が、転職したいと思っている会社に自分の情報を教えたり、会社から情報もらったり、会社で働くことの約束の禁止
  • 現在働いている隊員が「他の隊員」「元隊員」を別の会社に再就職させるために情報を渡したり、その会社から情報をもらうことの禁止
  • 自衛隊を辞め別の会社に再就職した人が、自衛隊にいたときの隊員に、再就職した会社の仕事を頼んだり、その仕事をしないように頼んだりすることの禁止

再就職規制の具体的な内容

再就職規制には、他の隊員やOBの再就職依頼や情報提供の規制、在職中の利害関係企業への求職の規制、再就職者による依頼等の規制などが含まれます。これらの規制は、公務の公正性を確保するためのものであり、違反すると罰則が科される可能性があります。

自衛隊から保険業に!

プロフィール‼
  • 退職前の階級:1等海佐
  • 現役時の特技:回転翼操縦士
仕事の内容‼
  • 保険業
  • 保険会社で、交通事故の対人賠償に関する損害サービス業務を担当しています。交通事故を起こしてしまった人の相談や事案解決の為の業務を行なっています。
自衛隊で活きたこと‼

あいさつや礼儀の厳しい教育と訓練のおかげで、打たれ強い精神力になり、退職後の仕事でものすごく役に立っていると実感しています。

自衛隊が再就職するのは難しくない

自衛官は規律が厳しいから、いい人材が多いイメージです。

理由①メンタルが強い人材は採用されやすい

自衛隊で鍛えられた精神力は、ビジネスの世界でも大きな武器になります。プレッシャーの中で冷静に判断し、困難を乗り越える力は、多くの職場で求められています。

理由②経歴がはっきりしている

自衛隊での勤務は、責任感やチームワークを重視する文化の中で行われます。そのため、自衛隊出身者は、経歴が明確で信頼性が高いと見なされます。

理由③不動産・営業業界は元自衛官募集をしているところもある

不動産や営業の分野では、元自衛官の持つ強いメンタリティや組織で働く経験を高く評価する企業が多くあります。そのため、これらの業界では再就職が比較的スムーズに進むことがあります。

再就職のポイントは?

営業に行って、100回、断られても折れない鋼の精神をもっていそう(笑)

①就職エージェントに仕事探しをサポートしてもらう

就職エージェントを利用することで、自身のスキルや経験を活かせる職場を見つけることができます。専門家のサポートを受けることで、再就職活動がより効率的に進むでしょう。

②明確に稼ぎたい年収を決める

希望する年収を明確にすることで、自分に合った求人を効率的に探すことができます。また、面接時にも自分の価値をしっかりと伝えることができるようになります。

③志望業種を間違えない

元自衛官がケーキ屋さんに面接に来たら、「違うだろ」って突っ込むかも(笑)

不動産業界は優遇されやすい

不動産業界は、交渉力やストレス耐性が求められるため、自衛隊出身者が活躍しやすい分野の一つです。

IT営業関連も優遇されやすい

IT営業では、新しい技術やサービスを理解し、顧客に提案する能力が求められます。自衛隊で培った学習能力や粘り強さが、この分野でも強みとなり得ます。

元自衛官の説明にはすぐに納得させられそう!

再就職の透明性の確保

再就職の透明性の確保

改正自衛隊法では、自衛隊員の再就職に関する透明性を確保するための取り組みが強化されています。具体的には、防衛省や内閣が隊員やOBの再就職情報を収集し、一元管理することで、その情報を公表することが義務付けられています。

改正自衛隊法とは、もともとの自衛隊法を変えたり、ルールをつけ足したりできる法律のことです。具体的には、自衛隊の行動や権限や隊員の扱いなどが改正自衛隊法によって変えることができます。

再就職情報の届出

再就職に関する情報の届出は、隊員が在職中に再就職の約束をした場合や、管理職隊員が公的機関や営利企業に再就職する場合など、特定の条件下で必要とされます。この届出は、再就職の透明性を確保するための重要な手段となっています。

透明性を確保するとはいえ、かなり複雑なんだね…。でも平等に新しい仕事に就くためには重要だね。

自衛官が退職して再就職する理由は?

体力仕事だから、自衛官はとてもキツイだろうな!

①肉体・精神的に辛い

自衛官の仕事は、肉体的にも精神的にも厳しい環境が多いです。限界を感じたり、健康を守りたいと考えたりすることが、再就職を考える一因になることがあります。

友達の自衛官を見ていると、体を鍛える事が生きがい見たいな友達は結構います!

②もっと高収入が得たい

自衛隊での給与が、自分や家族の将来に対する希望に合わないと感じる場合、より高収入を求めて民間企業への転職を考える自衛官もいます。

災害時など休みを返上してまで被災者の救援へ向かう自衛官の給料が低いと思うのは僕だけですか?

③家族との時間を確保したい

自衛官は長時間勤務や突発的な任務が多く、家族と過ごす時間が限られがちです。家族との絆を深めたい、大切な人との時間を増やしたいという思いから転職を考えることもあります。

やっぱり、家族が一番大事ですね!家族の支えがあっての仕事ですから。

④任期満了

任期制の自衛官の場合、任期が満了した際に再就職を考えるのは自然な流れです。次のキャリアを模索する良い機会となります。

⑤将来への不安

自衛隊員としてのキャリアに将来性を感じられない、あるいは職業としての安定や昇進に不安を感じることも、再就職を考える大きな理由です。

任期制自衛官の場合は再就職支援もあるものの…

自分の職場にも最近、自衛官から転職で就職してきました。

無料で資格が取得できるものの…就活では使えない

自衛隊では多くの資格を無料で取得できる機会がありますが、民間企業でその資格が直接活かせるかは、求める職種によります。実際に転職活動をする際には、その資格がどれほどの強みになるかを見極める必要があります。

無料で資格を取得できても、将来の事を考えた時に役に立つのかな?

大手優良企業の求人はなかなか見つからない

自衛隊員から民間企業への転職を考える際、特に大手や優良企業の求人を見つけるのは容易ではありません。しかし、自衛隊で培ったリーダーシップや協調性、ストレス耐性などの能力は多くの企業で高く評価されます。自身の経験やスキルを適切にアピールすることが重要です。

精神力と忍耐強さを前面的に出していけば、右に出る者は居ないと思います!

再就職の監視体制

再就職の監視体制

再就職の監視体制は、再就職等監視分科会を中心に構築されています。この分科会は、防衛大臣の権限委任を受けて、再就職の監視機関としての役割を果たしています。また、再就職の調査権限も持っており、違反行為の調査や監視を行うことができます。

公正取引委員会が元事務総長が在職してるとき、職員を学校法人に再就職させようと、職員の情報を法人側に渡したことで、再就職等監視委員会から国家公務員法違反になると認定されました…。

参考:公取委元事務総長、再就職させる目的で職員情報提供 規制違反と認定

再就職の違反行為と罰則

再就職の違反行為には、証人喚問や書類提出要求への応じない行為、虚偽の陳述や記載、立入検査の拒否や妨害などがあります。これらの違反行為を行った場合、3年以下の懲役や100万円以下の罰金が科される可能性があります。

違反行為をしないように、しっかりルールは確認しないとだね。

自衛隊に再就職のサポートってあるの?

自衛隊に再就職のサポートってあるの?

自衛隊員の再就職をサポートするための機関や団体も存在します。例えば、自衛隊援護協会は、退職する隊員の再就職をサポートするための情報提供や就職援助を行っています。これにより、隊員がスムーズに再就職活動を行うことができるようサポートされています。

転職サービス支援団体

自衛隊援護協会
  • 無料職業紹介
  • 企業説明会
  • 職業訓練の支援

参考:自衛隊援護協会

株式会社パソナ
  • 個別のキャリアコンサル
  • 面接対応・応募
  • 再就職先のマッチングなど...

自衛隊の再就職のリアル←どこに就職してる?【厳しい悲惨な末路になる前に】再就職先の選び方

再就職先を選ぶ際には、自分の経験やスキルを活かせる場所を選ぶことが重要です。また、自衛隊の経験を活かせる企業や団体も多く存在しますので、転職エージェントを活用してリサーチして、自分に合った再就職先を見つけることが大切です。

まとめ←自衛隊の再就職は面倒だけど人生のビッグイベント!

まとめ←自衛隊の再就職は面倒だけど人生のビッグイベント!

違反行為をしないように調べつつ、しっかりと再就職の準備をしよう!

自衛隊が再就職するのは難しい?←違う

自衛隊での経験は、民間企業でも非常に価値があります。チームワーク、リーダーシップ、厳しい状況下での判断力など、多くのスキルがビジネスシーンでも活かせます。

めっちゃ、色々な語学力をもっていそうでスーパーマンに見えてしまう。

自衛隊で培われたスキルはビジネスでも活用できる

自衛隊での訓練や任務は、ストレスマネジメントやリスク管理といった、企業が求める能力を身につける絶好の機会です。これらのスキルは、どんな業界でも重宝されます。

日々の訓練で、徹底管理された人材は何処でもすぐに対応しそうな感じがする!

候補生であっても問題ない

自衛隊の候補生プログラムに参加していた方も、そこで得た経験や学んだことを活かすことができます。リーダーシップの基礎やチームで働くためのコミュニケーションスキルは、職場での成功に直結します。

私も実は、高校卒業後に、精神力を鍛える為に、入隊を考えていた時期がありました!!

まずはオンラインで就職相談ができるエージェントを活用しましょう

再就職を考える際は、オンラインで相談できる就職エージェントの利用がおすすめです。自分の経験やスキルをどのようにアピールすればよいか、専門のアドバイザーがサポートしてくれます。自衛隊での経験を活かしたキャリアプランを一緒に考えてみましょう。

(スポンサーPR
2024.02.11更新:
🆕最新の社会人サービス

お金をかけずにITエンジニアになれる。
一生使えるスキルを習得。

20代女性
20代女性

化粧品販売員からWebエンジニアになって在宅ワーク

無料説明会の詳細はこちら>>ラクスパートナーズ


内定獲得率80.4%
最短2週間で正社員の内定獲得

コンビニバイトからゲーム会社の正社員

無料カウンセリングの詳細はこちら>>ハタラクティブ


アクセンチュア、デロイト…など
年収数千万のコンサルタント。

営業からコンサルタントに

無料カウンセリングの詳細はこちら>>アクシスコンサルティング


※上記、広告掲載期間終了次第非表示となります