プロモーションが含まれております

自衛隊すぐ辞める方法【最短】一任期で辞める人の特徴は?転職先はどこがいい?

自衛隊すぐ辞める方法【最短】一任期で辞める人の特徴は?転職先はどこがいい? 自衛隊から転職

自衛隊に入ったばかりだけれど、正直辞めたい

自衛隊員にとっての任務は、身体的にも精神的にも非常に要求されるものです。中には入隊後、厳しい訓練や上下関係の中で「この道は自分には合っていない」と感じる人もいます。

年収500万円が目指せる
無料の転職サイトはdoda

自衛隊退職プロセス←スムーズな移行

自衛隊退職プロセス←スムーズな移行

自衛隊からの退職は、一定のプロセスと手続きを要します。ここでは、最短での退職手続きについて詳しく見ていきましょう。

自衛隊の退職手続きって面倒だよね?

最速で辞める方法←知るべき事項

最短で辞めるためには、入隊後3年未満の一任期での退職が可能であることを知っておく必要があります。一任期終了前の退職を希望する場合は、所属部隊の人事課に相談してください。

自衛隊の退職制度には「若年定年制」「任期制」があります。

そのため、ほとんどの人が50代前半ないし20代半ばで退職することになっています。

過酷な訓練や、人間関係、現場で活動するためには体力や強靭さが必要だからです。

いずれの場合も退職の際には再就職のサポートが受けられるので、自分の進みたい道を常に考えておくといいですね!

もちろん、任期制の場合は自衛隊を続けるという選択も選べるので後悔のない選択をしてください。

退職手続きの詳細←事前準備の重要性

退職には書類の提出が必須です。退職願や所要の申請書を事前に準備し、所定の手続きを迅速に進めるためには、関連する規則や手続きを事前に理解しておくことが大切です。

転職エージェントを使ってみたい

編集部
編集部

どれ使えばいいの?
とりあえず転職エージェント登録らしいけど

編集部
編集部

年齢制限で断られた…

編集部
編集部

お給料とか休み
増えるか不安…

そもそもやりたいことない
とりあえず会社辞めたい

無料dodaなら解決できます

転職エージェント業界大手のdoda年齢・学歴・職歴一切不問で、転職カウンセリングや書類作成サポート、応募手続き代行から入社後のアフターフォローまで完全無料で受けられます。さらに、応募するときは企業への推薦状まで用意してくれるので、あなたの特性を最大に活かしてくれます。

自衛隊辞めて大丈夫?

自衛隊を辞めるかどうかは大きな決断です。辞める前に、メリットと自分に合っているかをよく考えましょう。

どんなことにも一長一短、メリットとデメリットがありますよね。

仕事において自分が大切にしたいことも、改めて考えてみましょう!

辞めないメリット

自衛隊には、以下のようなメリットがあります。

自衛隊を続けることで守られるものも、もちろんあるんだよなぁ。

①国家公務員なので職業が安定している

自衛隊員は国家公務員です。そのため、職業が安定しており、将来も安心です。

会社の倒産、リストラなどに怯えて過ごすことはたしかになさそう。

②福利厚生が手厚く、衣・食・住が保証されている

自衛隊は福利厚生が充実しています。生活の基本的な部分が保証されるため、安心して働けます。

さすが国家公務員ですね!手当も一般企業より充実しているみたいです。

辞めた方がいい人はどんな人

しかし、以下のような人は、退職を考えるかもしれません。

①プライベートを充実したい人

自衛隊の生活は厳しい面もあり、プライベートの時間が限られることがあります。

厳格な規則に縛られていると、プライベートで羽目を外すことも難しいんだよな~

②訓練などで心身ともに疲れ切っている人

厳しい訓練や任務が続くと、心身ともに疲れてしまうことがあります。

このまま無理をして続けていても、心や身体も壊してしまう可能性が…

病気で辞めるようなことになる前に、別の道を考えることも必要かも。

③そもそもタテ社会が苦手な人

自衛隊は階級制度があり、タテ社会が基本です。これが苦手な人はストレスを感じやすいです。

体育会系の頂点っていう感じですね。向き不向きが大きく分かれそう。

【更新】2024年05月16日
1分で分かる人気転職エージェントBEST10【実績・評判】

強い引き留めにあったら

退職したいときに強い引き留めにある場合、以下の方法が考えられます。

退職代行サービス

代行サービスを使えば、直接交渉する必要がなく、スムーズに退職手続きを進められる場合があります。

弁護士に依頼

法的な問題が絡む場合や、複雑な事情がある場合は、弁護士に相談するのが良いでしょう。

自衛隊は独特な組織でもあります。自分ひとりで解決できないことは、プロを頼りましょう。

自衛隊すぐ退職のタイムライン←計画的なアプローチ

自衛隊すぐ退職のタイムライン←計画的なアプローチ

退職すると決めたら、どれくらいの時間がかかるのか、そのタイムラインを理解することが重要です。

退職までの一般的な期間←実際にかかる時間

通常、退職願を提出してから実際に退職が認められるまでには数週間から数ヶ月かかることが一般的です。計画的に動き始めることで、退職後の準備期間を有意義に使うことができます。

退職を決めてから、直属上司、上位の隊長達や人事担当との面接。

さらに、提出書類も上司達のリレーにかかり、やっと承認に至り諸手続きを行います。

自衛隊という組織が民間企業とは違う体系なので仕方ないですが、退職までの長い期間を耐える

強い退職の意志も必要ですね。

心構えと期間のバランス←心理的準備

退職を決意するときは精神的な負担が伴います。この期間は、次のステップへの移行に向けて、精神的にも準備を整える大切な時間となります。

上司達に引き留められても自分の気持ちをしっかり伝えられるような心構えは必要です。

自分の気持ちをしっかり整理して挑みましょう!

意思表示をしてからは周りの目も気になるかもしれませんが、退職まで任務をしっかり果たしてやるべきことをやれば下を向く必要はありませんよ!

キャリアの棚卸をしておく

キャリアを考える時、自衛隊で取得できる資格を知っておくと有利です。ここでは、自衛隊員が任期中に取得可能な資格を紹介します。

1任期で取れる資格に何がある?

サクッと取れて、今後も役立つ資格ってなんだろう?

①陸上自衛隊4資格

陸上自衛隊では、以下の資格が取得可能です。

・大型自動車免許

大型車を運転できるようになります。

・大型特殊自動車免許

特殊な大型車の運転が可能になります。

ブルドーザーやフォークリフトを運転できる免許ですね!

これを持っていると建設業や農業でも重宝される存在に♪

・ドーザ免許

建設機械の一種であるドーザの操作ができるようになります。

・2級土木施工管理技士

土木工事の施工管理ができるようになります。

②航空自衛隊2資格

航空自衛隊で取得できる資格には、以下があります。

航空自衛隊だからこそ取得を目指せるものも。任期のうちに確実に取っておきたいですね!

・1等航空整備士

航空機の整備に関する高度な知識と技術が身につきます。

・乙種第4類危険物取扱者

危険物を安全に取り扱うための資格です。

③海上自衛隊4資

海上自衛隊での資格取得は、以下の通りです。

・1級小型船舶操縦士

小型船舶を操縦するための資格です。

・乙種第4類危険物取扱者

航空自衛隊と同じく、危険物の安全な取り扱いができるようになります。

企業からの需要も多く、転職時に有利に働く資格です。取っておいて損はないですよ。

・2級ボイラー技士

ボイラーの操作に必要な技術が身につきます。

・1級ボイラー技士

より高度なボイラー技術を習得できます。

ボイラールームがある施設で活躍できる資格です。

大きな病院やホテルなどにもニーズがありますよ!

自衛隊 退職後のキャリア選択←新たな道へ

自衛隊 退職後のキャリア選択←新たな道へ

自衛隊を辞めた後のキャリアパスは、多くの可能性に満ちています。

自衛隊から転職の市場価値の再評価

自衛隊の経験は多くの職場で強みとなる可能性があります。セキュリティ、リスク管理、プロジェクトマネジメントなど、多様な分野が自衛隊の経験を求めています。

実際に自衛隊から民間企業にIT業界に転職した人もいます。

自衛隊での業務・活動とは違う畑ですが、プロジェクトマネジメントで粘り強さや根気強さが役立っているのだとか。

過酷な現場での経験が大切な資質になったのですね。

転職支援の利用←サポート体制の活用

退職後のキャリア支援を提供するプログラムや、転職エージェントの利用も一つの手です。これらの支援を通じて、新しい職を見つけることができます。

辞めても再入隊できる?

一度自衛隊を辞めて、また入ることってできるのかな?

できるとしたら、なにか条件はある?

再入隊の可否

自衛隊では、一定の条件下での再入隊が可能な場合がありますが、その条件は変わることがあります。

年齢制限

再入隊には年齢制限があります。この年齢制限は、自衛隊の種別や募集要項によって異なります。

健康状態

再入隊希望者は、健康診断を受ける必要があります。健康状態が基準を満たしていることが必要です。

体力必須の自衛隊。健康であることは絶対です!

過去の勤務評価

以前の勤務評価が再入隊の可否に影響を及ぼすことがあります。

空き状況

希望する部隊や職種に空きがあるかどうかも、再入隊の可否に影響します。

そっか~、当然、以前入隊していた部隊に空きがない可能性もあるということですね…

まとめ←自衛隊すぐ辞めるのは問題ない

まとめ←自衛隊すぐ辞めるのは問題ない

自衛隊は「すぐやめる」人はめちゃめちゃいます。そして、大体ほとんどの人が数年で辞めていきます。そして、辞めたほとんどの人が『おっっっ元自衛隊ですか!?スゴイですね』と社会から称賛されながら民間企業で働いています。

元自衛隊ってだけで有利ですよ

ぶっちゃけ、元自衛隊の人は優秀です、だから某大手不動産会社は自衛隊採用専門部署をつくって年間1000万円~の給与で求人活動をしていたりします。それぐらい民間企業では重宝されている経験です。

実際のところ←ダラダラいるよりすぐ辞めた方がいい

世の中「行動力」の時代に突入していて、転職が当たり前の世界になっています。だから、変にストレス抱え続けて自衛隊を続けるより、民間で新しいスキルを身に着け続ける方が、人生の選択肢は間違いなく増えるとは思います。

『無料』転職エージェントにまずは相談

どの転職エージェントも無料で利用できるので、まずは「どんな働き方がしたいか?」「男女比は?」「初任給は?」などなど自分の希望条件を伝えて、新着の求人情報を入手しましょう。

今すぐ行動←転職失敗のほとんどは「めんどくさい」

決して急かすわけではないですが、転職活動は行動が命です。というか、ほとんどの人が「転職しようかなー」と考えて30歳、40歳、50歳・・・と歳を取って、手遅れになります。まずは「自衛隊辞めてやる!」と覚悟を決めて行動してみましょう!辛い訓練は必ず民間企業で評価されるはずです。(どの転職エージェントを使っても良いですが、選択肢の大手を使っておけば間違いないかなと思います。)

自衛隊での経験は転職でアピールできる財産です!

まずは、無料の転職エージェントやサイトで情報収集から始めてみましょう!

【最新】2024年05月16日
オススメ転職エージェント