プロモーションが含まれております

「自衛隊辞めたい」←普通です。一般企業の方が年収高くて休みも多いって本当?

「自衛隊辞めたい」←普通です。一般企業の方が年収高くて休みも多いって本当? 自衛隊から転職

自衛隊、辞めたいな…

一般企業ってどれくらいの年収なの?休みは多いのかな?

企業によって様々です。

年収や休みだけでなく自分にとってベストな転職先を見つけたい方は、ぜひ読んでくださいね!

年収500万円が目指せる
無料の転職サイトはdoda

自衛隊を辞めたい理由

自衛隊を辞めたい理由

自衛隊を辞めたいと考える方の理由は様々です。厳しい訓練や長時間の労働、出動のリスクなど、自衛隊員特有の悩みがあります。また、家族との時間が取れないことや、将来の不安も大きな理由の一つです。

寮生活の気苦労、外出許可証をもらうために上司の機嫌を伺うことにストレスを感じています。仕事にやり甲斐を感じられません。制限が多くあり、早く辞めたいなと思いました。

厳しい訓練と長時間の労働

自衛隊の訓練は非常に厳しいものであり、長時間の労働も求められます。これにより、体力的にも精神的にも大きな負担がかかります。

日々の疲労が積み重なってくると、精神的に追い詰められてくるよね。

出動のリスク

自衛隊員は災害派遣や国際平和協力活動など、様々な場面で出動することがあります。これにより、命の危険にさらされることもあります。

災害やコロナ対応、海外派遣…

危険と隣り合わせの大変なお仕事ね。

自衛隊の方には、本当に感謝しかないです!

転職エージェントを使ってみたい

編集部
編集部

どれ使えばいいの?
とりあえず転職エージェント登録らしいけど

編集部
編集部

年齢制限で断られた…

編集部
編集部

お給料とか休み
増えるか不安…

そもそもやりたいことない
とりあえず会社辞めたい

無料dodaなら解決できます

転職エージェント業界大手のdoda年齢・学歴・職歴一切不問で、転職カウンセリングや書類作成サポート、応募手続き代行から入社後のアフターフォローまで完全無料で受けられます。さらに、応募するときは企業への推薦状まで用意してくれるので、あなたの特性を最大に活かしてくれます。

自衛隊をやめるまでの流れ

自衛隊を退職するにあたり、計画的に進める必要があります。

次の就職先を探す

安定した次のステップへと移るためには、新しい仕事を見つけることが重要です。

次を見つけていれば辞めてから焦る必要もないので安心ですね。

家族・恋人を説得する

自身の決断を理解してもらうために、大切な人としっかり話し合います。

大切な人に理解してもらえるように、ちゃんと説明しておかないとその後の関係性にも影響が出そう…

自衛隊の仲間への根回し・口止め

円滑に退職するためには、仲間内での理解と協力が必要です。

退職するからと同僚との関係性を切るわけじゃありません。

人としての常識的な行動が大切です。

上官への報告の練習

上官への報告は緊張するもの。事前の準備と練習が必要です。

家探し

新たな生活を始めるためには、住む場所を確保することも大切です。

一般企業の年収と休みの実情

一般企業の年収と休みの実情

一般企業に転職することで、年収が上がり、休みも増えると考える方が多いです。しかし、実際には企業によって大きな差があります。

国税庁の「令和3年分民間給与実態統計調査」では、平均年収は約443万円となっています。

年間休日96日で平均年収である443万円の場合。週のお休みは1、2日になります。1日の勤務時間が8時間であれば、時給は2000円以上になりますが、残業などで勤務時間が長くなることも考えられます。

年間休日96日は一般的に少ない日数です。休みが少ないデメリット(プライベートの時間が少ない、ゆっくり休めないなど)があるため、443万円の年収であっても満足度が下がるかもしれません。

年収や休日を個別に判断せず、総合的に判断することが大切ですね!

年収の違い

一般企業の年収は、業種や職種、地域によって大きな差があります。また、経験やスキルによっても変わります。

いろんな条件はあるけど、一般企業なら収入を大きく上げるチャンスもあるよね!

休みの違い

一般企業の休みも、業種や職種によって異なります。また、企業の規模や文化によっても変わるため、一概に言うことはできません。

土日や祝日が休みっていう一般的な企業もあれば、逆にそんな日が稼ぎ時って職業もあるから一概には言えないね。

厚生労働省の「令和4年就労条件総合調査」では、年間の休日数の平均は107.0日となっています。

一概には言えませんが、年間休日数が105日以下の企業は休日が少ない、120日以上の企業は休日が多いと考えることができます。

【更新】2024年06月18日
1分で分かる人気転職エージェントBEST10【実績・評判】

隣(一般企業)の芝生が青く見える理由

一般企業での働き方は、自衛隊とは異なる環境があり、魅力的に映ることがあります。

厳しい訓練は無いよね

一般企業では、自衛隊のような肉体的な訓練は通常ありません。

会社それぞれに特性があるから、仕事内容も全く異なりますね。

上下関係は厳しくないよね

企業によりますが、自衛隊ほど形式的な上下関係は少ない場合が多いです。

自衛隊で培った上下関係は、どんな企業でも素晴らしい礼儀として感じてもらえるのではないでしょうか。

長時間の拘束なんて無いよね

勤務時間が定められていて、自衛隊ほどの長時間労働がないこともあります。

家族や恋人と一緒に過ごす時間はたっぷりあるよね

勤務体系にもよりますが、一般企業ではオフの時間を家族と過ごしやすいです。

家族との時間を大事にしたいと考えるなら、転職が最適かもしれないね。

一人暮らしって快適だよね

自衛隊のような共同生活ではなく、プライベートな空間を持てることが魅力です。

自衛隊から一般企業への転職方法

自衛隊から一般企業への転職方法

自衛隊から一般企業への転職は、一般的な転職とは異なる点があります。そのため、しっかりと準備を行い、成功させるためのポイントを押さえることが大切です。

転職成功のポイント

  • 転職活動は在職中から行う
  • 転職理由は前向きに
  • 自己分析を行う
  • 転職エージェントの利用

転職先の選び方

転職先を選ぶ際には、自分の経験やスキルを活かせる企業を選ぶことが大切です。また、企業の文化や働く環境も考慮することが重要です。

自分の経験やスキルと企業がほしい人材をうまくマッチングさせることが、転職成功のカギとなります。

転職エージェントの利用

転職エージェントを利用することで、自衛隊から一般企業への転職がスムーズに行えることがあります。エージェントは、求人の紹介や面接の対策など、転職活動をサポートしてくれます。

転職成功のポイント

自衛隊から一般企業への転職方法

転職を成功させるためには、自分の強みや経験をアピールすることが大切です。また、企業の文化や働く環境に合った人材を求めているかも確認することが重要です。

自衛隊は2年で退職し、トラックドライバーに転職しました。

トラックドライバーは集団ではなく、1人仕事になります。人と接することが得意ではないので、自分に合っていると思います。体力が必要な仕事内容ですが、自衛隊で鍛えた私にとっては楽に感じました。

自分の性格を把握し、仕事内容を理解したうえで就職することが大事だと思いました。

自分の強みや経験をアピール

自衛隊で培った経験やスキルをアピールすることで、企業にとって魅力的な人材となります。

自衛隊員には当たり前にできることが、企業にとっては魅力的なスキルになることも。

自分では強みに意外と気づきにくいものです。

しっかり自分の強みを把握しましょう。

企業の文化や環境に合った人材を求めているか確認

企業の文化や環境に合った人材を求めているか確認することで、転職先での適応がスムーズに行えることがあります。

「理想的な環境」や「やりたいこと」に重点を置いて転職活動をしがちですが、「耐えられることと耐えられないこと」「避けたいこと」という観点からも自己分析をするは大切です。また、転職先となる企業を様々な視点で調べることも重要です。

自己分析はもちろん、転職を考えている企業の分析もしっかりと行う必要があります。

自衛隊をやめた後に予想される変化

自衛隊を退職すると、生活や環境に大きな変化が訪れることがあります。

安定収入がなくなる

自衛隊では安定した収入がありますが、民間に転職するとその安定が失われる可能性があります。

自衛隊はあくまでも公務員だから、安定した収入は約束されてますもんね…

一人暮らしが寂しい

自衛隊のような共同生活から一人暮らしになると、孤独を感じることがあるかもしれません。

確かに共同生活に慣れてしまった後、ひとり暮らしをするとなると寂しさはひとしお…

体を動かさなくなり一気に太る

日常的に体を動かす習慣がなくなると、体重が増加することも考えられます。

環境が変わるだけでなく体にも変化が現れる可能性があるから、気を付けないといけませんね。

痩せるためにジムに通う

体重増加に対処するため、ジムで運動を始めることも一つの手です。

金銭的に追い込まれる

新しい職場での収入が安定するまで、経済的な厳しさに直面することもあります。

安定した収入は、自衛隊であるメリット。

しばらくは覚悟も必要かも。

転職後の生活の変化

自衛隊から一般企業への転職方法

転職後の生活は、自衛隊時代とは大きく異なることがあります。そのため、新しい環境に適応することが大切です。

まっさらな気持ちで、新しいことをどんどん吸収していきましょう!

新しい環境に適応する

転職先での新しい環境に適応することで、より充実した生活を送ることができます。

転職先と自衛隊のやり方の違いに戸惑っています…

自衛隊の経験やスキルを活かすことはとても大切です。

しかし「自衛隊ではこうやっていたから…」と勝手に判断してしまうと、ミスに繋がることがあります。自衛隊での正解は、転職先でも正解とは限りません。

わからないことや判断に迷うことは積極的に質問し、新しい環境に適応していきましょう!

家族との時間を大切にする

転職後は、家族との時間を大切にすることができるようになります。これにより、より豊かな生活を送ることができます。

家族と過ごす時間が増えると、自分だけでなく家族にも良い影響が出てくるでしょう。特にお子さんがいるご家庭では、その瞬間しか出会えない子どもの成長があります。子どもとの思い出をたくさん作りたいものですね。

「自衛隊辞めたい」←普通です。一般企業の方が年収高くて休みも多いって本当?

自衛隊を辞めて一般企業に転職することは、多くの自衛隊員が考える選択の一つです。自衛隊での経験を最大限に活かし、新しい環境での成功を目指しましょう。

転職には不安がつきものです。私も転職を何度か経験しました。辞める決断、新しい仕事、生活の変化…心配事はたくさんありました。

その反面、新しい自分に出会える喜びもあります。成長していく自分にワクワクできるって、素敵なことですよね。

皆さんにとってベストな選択ができるよう、応援しています!

【最新】2024年06月18日
オススメ転職エージェント