プロモーションが含まれております

音響エンジニアとは?←仕事内容から将来性までまるっと解説!

音響エンジニアとは、音の世界におけるクリエイターです。

年収500万円が目指せる
無料の転職サイトはdoda

音響エンジニアとは?←音のデザイナー

この間のMrs. GREEN APPLEのコンサート最高だったぁ~♪歌がいいのはもちろん、音を全身で浴びてる感じっていうのかなぁ~。

やっぱりコンサートは音が命だよね♪じつは俺の友達があのコンサートのPAエンジニアやってたんだよね♪

PAエンジニア??

音響エンジニアのことだよ☆PA=Public Addressの略で、直訳すると「大衆への伝達を行う人」って意味なんだけど、要は音響設備を使用して、その空間にいるすべての人に音を届ける人ってことだよ!!

そんな仕事があるんだね!!たしかに同じ空間でも場所によって音の聞こえ方って違かったりするもんね~。それを調整する音のデザイナーなんだね♪

音響エンジニアは音をデザインするスペシャリスト!

音響エンジニアは「音のデザイナー」とも言えます。彼らは、単に音を録音するだけでなく、その音質を調整し、最適化することで、聴き手にとって最も心地良い音を創り出します。たとえばMrs. GREEN APPLEの「ケセラセラ」を立体音響で聞くと広がりや奥行きを感じられて、自分自身だけの為にライブで歌ってくれているような臨場感が味わえます。

転職エージェントを使ってみたい

編集部
編集部

どれ使えばいいの?
とりあえず転職エージェント登録らしいけど

編集部
編集部

年齢制限で断られた…

編集部
編集部

お給料とか休み
増えるか不安…

そもそもやりたいことない
とりあえず会社辞めたい

無料dodaなら解決できます

転職エージェント業界大手のdoda年齢・学歴・職歴一切不問で、転職カウンセリングや書類作成サポート、応募手続き代行から入社後のアフターフォローまで完全無料で受けられます。さらに、応募するときは企業への推薦状まで用意してくれるので、あなたの特性を最大に活かしてくれます。

音響エンジニアに資格は必要?学校はあるの?

私もなんだか音響エンジニアに興味湧いてきた♪でも、なにも専門的な資格も持ってないし、今更遅いかな・・・

音響エンジニアは特別な資格や学歴は不要←熱いハートは忘れずに!

音響エンジニアになるために、特別な資格や学歴は必ずしも必要ではありません。大切なのは、音に対する情熱と、音響技術に関する深い理解です。実際、業界には独学でスキルを身につけ、成功しているプロフェッショナルも多くいます。しかし、専門的な知識を身につけることは、キャリアの構築に大きな助けとなります。はじめは音響スタッフとして働くことになるでしょう。そこでケーブルの八の字巻きを事前に身につけおいて、現場でキレイに素早く巻くことが出来れば「おっ!使えるやるだな♪」って一目置いてもらえるかも!!

専門知識を学べる学校、持っていたら有利な資格はあるよ!

舞台機構調整技能士という舞台装置の操作やメンテナンスに精通し、公演中の機構トラブルを解決する資格があります。この資格を持っていると就職に有利になってくるでしょう。また、コンサート会場やスタジオに機材を運搬する事もあるので、普通自動車免許を取っておくと良いでしょう。

音響エンジニアの就職先は?←音ある場所に居場所アリ!

音響エンジニアの活躍の場は多岐にわたります。音が存在するあらゆる場所で、彼らの技術が求められています。

①テレビ局

テレビ局では、番組制作における音声の録音や編集、効果音の追加など、音響エンジニアの役割は非常に重要です。生放送やドラマ、バラエティ番組など、様々な形式の番組で、彼らの技術が活かされています。

②ラジオ局

ラジオ局では、音声のクリアさと質が非常に重要です。音響エンジニアは、生放送や録音された番組の音声を最適化し、聴きやすい放送を作り出します。

③コンサートホール

コンサートやライブイベントでは、音響エンジニアは、パフォーマンスを最大限に引き立てるための音響設計を行います。彼らの技術によって、観客に忘れられない音楽体験が提供されます。

アーティストみたいに表に出る仕事じゃないけど、音響エンジニアってほんとカッコイイ仕事だと思うよ。そんな仕事してる友達に憧れちゃうぜ!!

ほんとまさに!!私たちが音に気持ちよく酔いしれるのは音響エンジニアのおかげなんだよね

④舞台

劇場や舞台での演劇やミュージカルでは、音響エンジニアは、音楽、効果音、俳優の声などのバランスを取りながら、作品の世界観を豊かに表現します。

⑤Web業界

Web業界、特に動画コンテンツの制作では、高品質な音声が不可欠です。音響エンジニアは、オンラインメディアにおいても、その技術を活用し、魅力的なコンテンツ作りに貢献します。

【更新】2024年06月19日
1分で分かる人気転職エージェントBEST10【実績・評判】

音響エンジニアの求人はどこで探せばいいの?

音響エンジニアの職を探す際には、多様な方法があります。それぞれの方法には特徴があり、自分に合った探し方を見つけることが重要です。

転職エージェントに紹介してもらうのがテッパン

未経験なら未経験なりの職場、経験者なら経験者なりの職場を紹介してくれる

もしくは、売り込み←鋼のメンタル必須(笑)

レコード会社などに、ガンガン自分を売り込むのもアリです。最近ならYouTubeを使っても良いかもしれませんね。

音響エンジニアの年収は?←正直ピンキリ

音響エンジニアの年収は、職種や勤務形態、経験やスキルによって大きく異なります。

アルバイトなら約200万円

アルバイトやパートタイムで音響エンジニアとして働く場合、年収は約200万円程度となることが一般的です。このレベルでは、経験を積むためのステップとして捉えることが多いです。

音響会社に就職できたら、600~800万円

正社員として音響関連の会社に就職できれば、年収は600万円から800万円程度になることが期待できます。特に経験を積み、高度なスキルを持つエンジニアは、より高い収入を得ることが可能です。

売れっ子フリーランスになれば年収1,000万円も夢じゃない!

フリーランスとして成功すれば、年収1,000万円を超えることも夢ではありません。高い技術力と独自のクライアントネットワークを築くことができれば、安定した収入と自由な働き方が実現可能です。

音響エンジニアの仕事ってどんな人が向いている?

音響エンジニアとして成功するためには、特定の性格や興味が重要になります。音響エンジニアに向いている人の特徴を探りましょう。

①音楽が好き←コレ絶対!

音楽への情熱は、音響エンジニアにとって最も重要な要素です。音楽を深く理解し、愛することが、クオリティの高い音響制作への第一歩となります。

②表に出るのが苦手←音で現場を盛り上げる影の立役者!

表舞台に立つことが苦手な人でも、音響エンジニアとしてなら、裏方として大きな役割を果たすことができます。音によって現場を支え、作品に命を吹き込むことが、この職業の魅力の一つです。

③オタク気質←スペシャリストとオタクは紙一重( 艸`*)

音響技術や音楽に対する深い興味と情熱を持つ「オタク」気質の人は、音響エンジニアとして成功しやすいです。細部にこだわり、常に最良を追求する姿勢が、高品質な作品を生み出す秘訣となります。たとえば、同じバンドの演奏でもテレビ番組によって「今日の音はなんだか軽いな」「今日は低音が響いててかっこいいな」と違いを感じることがあるなら、それは音響エンジニアとしての素質があるのかもしれませんよ♪

音響エンジニアの将来性は?←かなり有望!

音響エンジニアの需要は、今後も拡大していくと予想されます。新しいメディアの出現や、ライブエンターテイメントの進化など、音響技術が求められる場は日々増えています。

音響エンジニアの未来

新しいテクノロジーやデジタルメディアも進化して、音の技術も上がってきています。そんな中で音響エンジニアの仕事はさらに発展していくと予想されます!例えばVRでは臨場感のある音が重要です。また、コロナが収束して、コンサートやイベントもどんどん大規模なものが増えてきています。そんな中で高品質で没入感のある音響を届けられる音響エンジニアは今後も活躍の場が多きに期待できます!!

音響エンジニアの需要は拡大中←狙うなら今!

デジタル化の進展や多様なコンテンツへの音響技術の応用により、音響エンジニアへの需要は増加の一途をたどっています。この分野でのキャリアを考えている人にとって、今がチャンスと言えるでしょう。

まとめ←音響エンジニアになって、音楽業界を盛り上げよう!

音響エンジニアは、音楽業界の重要な一翼を担っています。情熱を持ち、専門性を追求することで、音楽やエンターテイメントの世界において、重要な役割を果たすことができます。音響エンジニアとしてのキャリアを目指す方々には、この充実した職業道が待っています。

【最新】2024年06月19日
オススメ転職エージェント