本ページはプロモーションが含まれています

PEファンドに転職←採用年齢は?学歴は必要?衝撃の事実

PEファンド(プライベート・エクイティ・ファンド)への転職は、多くのプロフェッショナルにとって興味深い選択肢です。しかし、多くの疑問が浮上します。特に採用年齢や学歴が条件を満たしているかは、転職を考える上で重要なポイントです。

疑問を解決しにレッツゴー!

まるすけ社長

岩手出身の40代後半以上の転職エージェント。2児の父。高卒・おにぎり工場勤務からリクルートに転職。そのあと、独立して人材紹介や派遣とかの会社を創業。みんなの転職クラブ創業者。

PEファンドは転職先として新しい選択肢

PEファンドは、その名の通り、投資を主な業務とするファンドです。一般的な金融機関とは異なり、直接企業への投資や企業の経営参画を行います。こうした点が、PEファンドを「新しい転職先」として魅力的にしています。

くじらキャピタル株式会社は、 国内のPEファンド業界のプレイヤーとそのファンド規模をまとめた「カオスマップ2024年版」を作成‼

今年度の特徴は、「日本版サーチファンド」の勢いが来てるそう。なんだかワクワク!

すみません。アーニャがでました。

参考:【日本のPE業界が一目でわかる】国内プライベート・エクイティ・ファンド業界カオスマップ(2024年版)

AIで仕事が奪われる時代、投資する目はAIが代替できない仕事

AIの台頭により、多くの業務が自動化されつつあります。しかし、投資判断や企業価値の分析など、人間特有の洞察力が求められる分野は、まだAIには代替できない重要な仕事です。PEファンドでは、こうした「人の目」が重要な役割を果たします。

AIにはできない仕事はまだまだあるね!

未来のユニコーンを輩出しよう

PEファンドの最大の魅力の一つは、将来有望なスタートアップや未来のユニコーン企業を見つけ出し、成長をサポートすることです。ここでいう「ユニコーン」とは、評価額が10億ドルを超えるスタートアップのことを指します。PEファンドに関わることで、未来を創る一端を担うことができるのです。

「ユニコーン企業」について説明しますよ!名前からしてザ・アメリカンですね。

「ユニコーン企業」とは、評価額が10億ドル以上、かつ設立から10年以内の未上場ベンチャー企業のこと。

でまあ、それでもっと詳しく掘り下げて「ユニコーン企業」を満たす条件として

  • 設立が10年以上
  • 評価額が10億ドル以上
  • 上場していない
  • テクノロジー関連の企業

があります。

世界にはユニコーン企業が1000社あるらしいんですが、日本ってそのうちの10社しかないんですよね…

日本でユニコーン企業が少ない理由として

  • ベンチャー企業への投資額が少ない
  • 起業する人自体が少ない

っていうのが主な理由です。

PEファンドの採用年齢は?50歳以上でも大丈夫?

PEファンドへの転職において、年齢は一つの重要な要素です。しかし、一般的な企業とは異なり、PEファンドでは年齢が必ずしもネガティブな要素ではありません。

確かに、年齢の観点から言えば、若い方がいいとは思う…。でも何歳からでも挑戦できるってめっちゃいいことだと思うな!

【結論】PEファンドへの転職で年齢は関係ない

実際、PEファンドでは年齢よりも経験や専門性が重視されます。特に、金融業界や特定の業界での豊富な経験を持つ中高年のプロフェッショナルは、その知識と経験を活かすことができるため、高く評価される傾向にあります。

PEファンドに転職って、まだ将来が見えない成長する企業を見極めて投資するってことだよね…普通の人にはできない仕事でしょ…。

むしろ、年齢が高いほうが有利←専門性が見られる時代

専門性や深い業界知識は、PEファンドで求められる重要なスキルです。したがって、長年にわたる経験を積んだ50歳以上の個人は、若手にはない価値を提供できる可能性があります。

ゴンとかキルアにはない長年の修業を積んだ戦略の知識と経験…まさにネテロ会長的な!!?…もしかして、ご存じない…??

PEファンドがよく募集している職種

PEファンドでは様々な職種が求められています。以下に、特に需要の高い職種を紹介します。

いろんな仕事を見てみよー

【財務コンサル】←会計・資金調達の知識が必要

財務コンサルタントは、PEファンドにおいて中核を担う職種の一つです。企業の財務分析、資金調達戦略の策定など、専門的な知識と経験が求められます。

株式会社renueは、支出の自動管理・最適化ツール「SubFi」の新機能として

Chat GPTなんかで有名なGPTモデルを活用した新機能「AIコンサルタント」を含む2つの機能が新登場!

こちらの機能なんとですね…

  • 自社の支出を分析したり
  • 同業他社の動向と比べてコスト戦略を提案しちゃったり…

とまあすごいんですヨ。

財務・会計データの登録した後には、自動で分析して、企業が毎回支払っている契約を抽出してコストの構造を洗い出したり…

そして、全部の項目を登録すると

  • 部署・部門別のコスト構造
  • 今月末の出金額予測

なんかができるそう。

AIちゃん、あんたすごいよ…

営業←投資先の発掘

営業職は、新たな投資先を発掘し、関係を構築する重要な役割を担います。市場の動向を理解し、潜在的な投資機会を見つけ出す能力が必要です。

私の潜在能力も見つけてもらえませんか??

広告運用スタッフ←投資した会社を伸ばすために必要

PEファンドが投資した企業の成長をサポートするため、広告やマーケティングの専門家も重要です。特にデジタルマーケティングの知識が求められます。

マーケティングの知識が必要な理由として

企業の会社の競争力をあげることが、めちゃ重要だから!

特にデジタルマーケティングの知識が求められるのは、一般の人が毎日、SNSやYouTubeなんかのデジタルメディアに触れるからですね。

そこから戦略だったり、施策を考えるからデジタルマーケティングは企業の競争力を上げるために必要なんです。

PEファンドの入社に学歴は必要?←不要

PEファンドへの転職において、学歴は必ずしも重要な要素ではありません。

学歴はあくまでどんな仕事をするか予想するためで、投資銀行などで働いたことあって、現職で問題無く働けてるなら

「学歴が早慶未満だから×」というファンドは少数派だと思います。

実績としても、会計士や弁護士を採用の評価に入れてるファンドには一定の割合で仕事についてると思います。うちの会社にもいます。

参考:質問箱

PEファンドの転職は会社で身に着けた専門性が必要「学歴関係ない」

PEファンドでは、特定の学歴よりも、実際の職務経験やその中で培われた専門性が重視されます。そのため、学歴ではなく、個々の経験やスキルが転職の成功に大きく影響します。

確かに、学歴は大切かもしれないけど、実際仕事ができるかのほうが大事だよね。え?…わ、私できますよ?…

【まとめ】PEファンドに転職したらゆっくり高収入

PEファンドへの転職は、金融業界の中でも特に高収入が期待できる分野です。

お金もだけどめちゃくちゃ成長もできそうだね!

PEファンドは大規模のコンサルだからアットホームな会社が多い

PEファンドは、大規模な投資を行う一方で、社内の雰囲気はアットホームなことが多いです。社員一人ひとりが重要な役割を担い、比較的自由な働き方が可能です。

雰囲気がいい会社って、変に気を使わなくていいし、自分の意見も言いやすい環境だからいいよね。

比較的自由に働ける

PEファンドでは、自分の専門性を活かしつつ、柔軟な働き方ができることが多いです。自分のキャリアをさらに伸ばしたい方にとって、魅力的な選択肢となり得ます。

これといった時間の縛りがあるわけでもなく、それでいてある程度自分の裁量で仕事ができるのは憧れるなー。

自分の専門分野があればPEファンドを見つけてみましょう

自分の専門分野や経験を活かして、PEファンドでのキャリアを築きたい方は、積極的に情報を収集し、転職の機会を探してみることをお勧めします。PEファンドは、あなたの経験を価値あるものに変える場所です。

PEファンドでのキャリアはスーパーサイヤ人ゴッドいや、スーパーサイヤ人ブルーになれるかもネ…。

(スポンサーPR
2024.02.11更新:
🆕最新の社会人サービス

お金をかけずにITエンジニアになれる。
一生使えるスキルを習得。

20代女性
20代女性

化粧品販売員からWebエンジニアになって在宅ワーク

無料説明会の詳細はこちら>>ラクスパートナーズ


内定獲得率80.4%
最短2週間で正社員の内定獲得

コンビニバイトからゲーム会社の正社員

無料カウンセリングの詳細はこちら>>ハタラクティブ


アクセンチュア、デロイト…など
年収数千万のコンサルタント。

営業からコンサルタントに

無料カウンセリングの詳細はこちら>>アクシスコンサルティング


※上記、広告掲載期間終了次第非表示となります