プロモーションが含まれております

司法書士事務所の事務は辞めたい人だらけ。そうでしょう?

司法書士事務所を辞めたいと思う理由には
未経験で入れるが仕事量が多すぎることや
顧客の電話対応が嫌だったり、
従業員にまで気を配り続ける必要が
あるということが大きく、
司法書士に話しかけるタイミングとして、
機嫌のいい時にしか話しかけられません。

専門用語を覚えても当たり前のように
扱われているため、褒めてもらえません。

辞めたい人向けに転職するなら、
別の会社で司法書士補助者になることや
医療事務に転職する事、
エンジニアとして働き始めるのも良いと、
おすすめしておきます。

司法書士事務所ではたらいていたと
いうだけで転職の場面ではかなり有利になって
IT系の仕事に就けたり、
医療事務になれたり、
仕事を変えるだけでプライベートも
変わってきますよ。

しんどいと思いながら働くよりも、
楽しんで働けて、
お給料も今より高くなる可能性のある
仕事に転職する準備を始めてみても
良いかもしれないですね。

まるすけ社長

岩手出身の40代後半以上の転職エージェント。2児の父。高卒・おにぎり工場勤務からリクルートに転職。そのあと、独立して人材紹介や派遣とかの会社を創業。みんなの転職クラブ創業者。

まるすけ社長をフォローする

年収500万円が目指せる
無料の転職サイトはdoda

司法書士事務所事務の辞めたい苦悩、大公開

司法書士事務所での事務職は、外から見える以上に厳しい現実があります。多くの苦悩が日常茶飯事です。

一般の人には見えない苦労をされているのじゃな…ぜひともそれについて知りたい

未経験OKだが仕事量多すぎる←マルチタスクやん

未経験からスタートできるというメリットがある一方で、仕事の量は想像以上に多いです。

司法書士って聞くだけで大変そうな仕事って印象があるもんね。

事務所の掃除

毎日の清掃から始まり、事務所を清潔に保つ責任も事務職にはあります。

職場はきれいじゃないと信用問題にも繋がりそうだよね。

顧客の電話対応

顧客からの電話に対応することも日常的な業務で、時には難しい問い合わせにも対処しなければなりません。

そう聞くと、常に頭を抱えている人もいそうじゃな…

従業員のスケジュール管理

司法書士を含む従業員全員のスケジュール管理も重要な仕事の一つです。

郵便物・書類の管理

郵便物や重要な書類の管理も、細心の注意を払って行う必要があります。

転職エージェントを使ってみたい

編集部
編集部

どれ使えばいいの?
とりあえず転職エージェント登録らしいけど

編集部
編集部

年齢制限で断られた…

編集部
編集部

お給料とか休み
増えるか不安…

そもそもやりたいことない
とりあえず会社辞めたい

無料dodaなら解決できます

転職エージェント業界大手のdoda年齢・学歴・職歴一切不問で、転職カウンセリングや書類作成サポート、応募手続き代行から入社後のアフターフォローまで完全無料で受けられます。さらに、応募するときは企業への推薦状まで用意してくれるので、あなたの特性を最大に活かしてくれます。

顧客だけでなく従業員にまで気を配り続ける働きかた

事務職の仕事は、顧客サービスだけでなく、職場の円滑な運営にも貢献するものです。

全員分のお茶入れは当然の仕事←まるで家政婦

職場での飲み物の準備も事務職の役割。まるで家政婦のような仕事も日常茶飯事です。

司法書士に話しかけに行くのはご機嫌が良いタイミング

司法書士とのコミュニケーションは繊細さが求められ、彼らの機嫌を読むスキルも必要になります。

唸っている時に絶対話しかけちゃダメ!

司法書士と補助者は仲良くなれない←宿命

プロフェッショナルな環境で働く中で、司法書士と補助者間には自然と距離が生まれます。

士業ってプライドが高い人ばかりで辛い←書類間違いの指摘は無視される

書類の間違いを指摘しても、高いプライドから反発されることがあり、コミュニケーションが取りにくいです。

仕事にプライドをもっているからこそ、私生活でも大変なんじゃな

専門用語を覚えても誰も褒めてくれない←当たり前?

専門用語を覚えることは期待されている基本であり、その努力が特別に評価されることは少ないです。

頑張っても評価の対象が高い位置にあるのきつくない!?

【更新】2024年06月18日
1分で分かる人気転職エージェントBEST10【実績・評判】

司法書士事務所の事務は2度とやりたくない!辞めたい人向け転職

司法書士事務所の事務職からの転職を考えているなら、新しいキャリアの道は広がっています。以下の職種は、特に注目されている選択肢です。

転職に注目の職種3選

難易度の高い仕事をしてたんだから、きっと良い転職先を見つけられるよ!

①現職の知識を活かすなら:別の会社で司法書士補助者になる

既に身につけた専門知識や経験を活かして、環境や条件の異なる別の司法書士事務所で補助者として働くことも一つの方法です。

②資格不要で入社可能な職:医療事務に転身する

医療事務は資格がなくても始められる職種で、人と接することが好きな人に向いています。研修制度が整っている場所も多く、安定したキャリアを築けます。

医療事務なら収入面も安心できそう!

③キャリアアップするなら:未経験OKエンジニア←人手不足らしい

IT業界は未経験からでも挑戦できるエンジニアの職があり、現在人手不足で需要が高まっています。独学や専門学校での学習を経て、新たなキャリアを築くことが可能です。

手に職をつけることで将来安泰じゃよ!

まとめ←司法書士事務所の事務は辞めたい予備軍。転職してみては?

司法書士事務所の事務職からの転職を考えるのは、多くの人にとって自然な流れです。別の職種への転職は新たな可能性を開くチャンスです。現職で培ったスキルを活かして司法書士補助者として異なる環境で働く、医療事務やIT業界など、全く新しい分野に挑戦するなど、選択肢は幅広くあります。

パソコンが使える、コミュケーションが取れるってだけで転職に有利になるよ!

【最新】2024年06月18日
オススメ転職エージェント